-並び替え-

-現在の検索条件-

1751
見つかったよ

神奈川県の中古車(62ページ目)

トヨタ
クラウン2ドアHT2000SL
159.8万円
トヨタ クラウン2ドアHT 2000SL

トヨタのクラウン2ドアHT(Id:3797321)の中古車詳細 >

119248km
神奈川県
S.44年(1969)
修復歴 : 不明
クラウン2ドアHT
☆★☆ただいま買い取り超強化中!通常よりとっても頑張ります!!売却ご検討中の方は今がチャンスです!☆★☆なかなかお目に掛かれない50クラウンの2ドアハードトップ!しかも希少な前期型!価値ある1台を逃さないでください!!傷みの少ないボディは非常にしっかりしており、塗装状態も良く好感が持てます♪フロアや下回り、エンジンルームやトランク内の状態も良くコンディションの良さが窺い知れます♪グリルやライト周り、前後メッキバンパーの状態も良好なのでほんと雰囲気良いですね♪そして室内のほうも清潔感があり状態良好で、一部シートの切れこそありますが気になるレベルでもなく、やはり“オリジナル”という点が素晴らしいです♪インパネ周辺も良い状態ですよ♪そして機関のほうも非常に調子が良く、M型エンジン&ワンキャブの組み合わせはクセもなく吹け上りも良好♪扱い易さがまた良いです♪更に今回クラッチ交換・ブレーキ関係一式リフレッシュ致しました!快調そのもの!後々だとかなり大変な作業ですので正直かなりオイシイですよ♪♪フロアMTとの組み合わせで快適なドライビングをお楽しみ頂けます♪旧車として価値のある1台、永く付き合って頂けると幸いです♪♪お問い合わせお待ちしております♪旧車川口店より毎月第3水曜日営業のお知らせ!☆☆☆“水曜日しか休みが無い”“水曜日が時間作りやすい”という方の為に旧車のFLEXは毎月第3水曜日を営業しております!12月は21日!皆様のご来店、心よりお待ちしております☆☆☆※11月の毎月第3水曜日の営業は社員研修のため臨時休業いたします。
フレックスオートレビュー 株式会社 旧車 横浜店
フォルクスワーゲン
ユーロバンWESTFALIA CV
売約済み
フォルクスワーゲン ユーロバン WESTFALIA CV

フォルクスワーゲンのユーロバン(Id:4593432)の中古車詳細 >

41895km
神奈川県
H.6年(1994)
修復歴 : 無し
何といっても、走行距離41895kmが自慢のユーロバンキャンパーです! 中古車の相場の基準すべてが走行距離ではないのですがT-WORKSでは、あくまでも走行距離を重視します。 全てのユーザーが、そうではないのですが走行距離が、その車の使用頻度をある程度知らせてくれるのです。 確かに走行距離が少なくても、前オーナーがヘビースモーカーとか、すんごい体臭の持ち主とか、獣臭い動物などを同乗していたとかetc...... そんなことが、ありうるので僕のクルマの仕入れは、どんなに遠方でも、ほぼ100%クルマのある場所へ向かい現車を見て、 エンジンなどの音を聞いて、室内の匂いをクンクンとかいで、最後に自分の手でハンドルを握り試運転をして、自分が納得してから仕入れます。 まさに、自分が購入するつもりのウキウキした気持ちで。 でもこれは、プロのクルマ屋としてあたりまえの行為。 普通の買取屋さんとは、違います! 買い取った車を、トラックにのせてドナドナしません。 ちゃんと、育てて良い性格のにして、ストレスのない広々した次の牧場への架け橋をT-WORKSでは、心掛けています。 今回のユーロバンCVを含め、T-WORKSで他店では行わない、過剰整備を含めた納車整備をして、T-WORKSオーラ満載で御納車させて頂いた車が街を走っている姿を見て 第2第3のユーロバンキャンパーファンが増える事が、一番嬉しいことなんです。 これは、余談ですが......... 最近、T3、T4の価格が高騰しています。 ユーザーの方におかれましては、便乗して高額を提示しているクルマ屋さんも出没しています。 「どうも、T-WORKSのホームページ見ていると売れてそうで、儲かると思うからT3,T4を仕入れて売ろう!」なんて思って販売しているんでしょうね。 確かに、T-WORKSのT3,T4は売れています。 しかも高額で、市場の価格をリードしているとも意識しています。 ただしT-WORKSは、なんちゃってヴァナゴン屋さんではなく車両販売価格には、海外から取り寄せた消耗パーツをふんだんに交換している事を 称するビッシリと書き込まれた、分解整備記録簿を納車時にお渡ししているのです。 (それでも、全ての交換をしている訳ではないので、100%故障しないヴァナゴンは用意は出来ませんよと、付け加えて........) 脅かす訳ではありませんが、シリンダーヘットにクーラント漏れのよだれの跡見たいのが残ってませんか? 燃料タンクは樹脂ではないので、タンク内は錆びてませんか? リヤエンジンから、フロントのラジエターまでの長さのアッパーとロアのウォーターホースは大丈夫ですか? なんちゃってヴァナゴン屋さんは、車両価格は真似できても、長年に渡って学習してきた壊れやすい箇所、消耗しやすいパーツを理解してません。 それに加えて、海外からの送料が高額になったのも分かるんですが、並行パーツ屋さんに高額を吹っ掛けられます。 (注)OEMパーツはすべてが優秀ではありません、安いと思って購入した燃料ポンプも,ものによっては数日でダメになる事も......... 本音言って、僕自体中古車並行は残念ながら買いません。 正確に言うと、買えません! 理由は、ほぼ走行距離が20万km~30万kmオーバーがざらで、50万kmも走っているような、独特のヤツレ感があるのです。 個人の感覚の相違はありますが、国内で加走行と呼ばれるヴァナゴンならば、リフレッシュは可能ですし、可能でした。 ただし、海外のはかなりの高額を貢がないと、リフレッシュできないのです。 だって、資格なんて必要としない国のメカニックもしくは素人がガレージで楽しみながらの(苦戦しながら)整備がほとんどですかね。 自分にとっての、良いヴァナゴン探しって難しいですね!
T-WORKS
フォルクスワーゲン
ヴァナゴンユーロバンMV
売約済み
フォルクスワーゲン ヴァナゴン ユーロバンMV

フォルクスワーゲンのヴァナゴン(Id:4589858)の中古車詳細 >

37843km
神奈川県
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
歴代のフオルクスワーゲンのワンボックス史上、 材質、作りこみの良さでは、自称ナンバーワンと思っている後期モデルのT4。 エンジンも2.8リットターの余裕のあるパワーでは、気持ちにも余裕を与えてくれる。 そして室内のレイアウトは家族連れに人気のあるキッチンが無く、室内を大きく活用できるタイプのMVがベース。 たまに見かけるこのMVタイプのポップアップルーフののウエストファリアなんですが、 今回、このユーロバンのボディーカラーは誰がどう見ても純正色ではありえないベージュ! 確かに元色はシルバーメタリックなのは、細かい箇所を探ればちらほら........ 「オールペイントした塗り替え車?」 いやいや、T-WORKSでは決定的な致命傷ではない限り、全日本オリジナル協会のメンバーなので、強制的な塗り替えは好みません。 今回T-WORKSではチョットした、いたずらをしました! (いたずらにしては、高額なイタズラですが........) 「ラッピングです!」 そうです! 多少の料金をお支払いいただければ、もとの通りのオリジナルの塗装に早変わり! 狭い日本ですが、ユーロバンのキャンパーをラッピングしている好きものは、まずお目にかかれないのでは! 車も車人生一回キリです、いろいろなカラフルな洋服を着せてあげて、一緒に楽しみましょう! 最終モデルのT4 ウエストファリアキャンパー、低走行は希少です!
T-WORKS
フォルクスワーゲン
カラベル
売約済み
フォルクスワーゲン カラベル

フォルクスワーゲンのカラベル(Id:4586228)の中古車詳細 >

不明
神奈川県
H.2年(1990)
修復歴 : 無し
T-WORKSでは、いったい何十台、何百台のヴァナゴンの納車点検をしてきたのだろう? 通常の輸入車の販売店は納車整備におおよそ一週間位の納車整備の日程で行っているはず。 いや、2~3日間もあれば十分に作業は終えるであろう。 ところがヴァナゴンの場合に御契約時に「納車整備は1か月~2か月はかかりますよ!」なんてニコニコしながら説明します。 いわゆる、T-WORKSでここまで整備してくれていれば、万が一故障してもしょうがないと納得してくださるコンデションまで仕上げるのです。 万が一納車整備中にシリンダーへッとからクーラントが漏れてしまっても御客様にお納めする前であれば、エンジンを下ろしてオーバーホールする作業代金は 責任をもって当社で負担いたします。 ヴァナゴンに関して、一本筋の通った販売意識を持っているのです。 他店と異なったポリシーを持ち合わせないと、個人資本で41年間も経営できないのです。 どこかのサイトに、「いつまでも成長無く大きくならない会社」と、御意見いただきましたが、 僕は、ぜんぜん全く、T-WORKSを大きくしようなんて考えていません。 自分たちの好きな車を、共有する考えを持ったお客様とお付き合い出来れば幸せです。 自分に問いかける言葉に、「身の丈に合った.......」と、心掛けています。 僕には身の丈に合わないのでフェラーリは乗らないし、売りません! 僕には身の丈に合わないので金銀財宝を身に付けません 僕には身の丈に合わないから会社を大きくはしません。 なので、未完成な身の丈に合った会社作りはまだまだ続くのです......... おあとが、よろしいようで......... 大事な事を忘れました。 今回も、シリンダーへッとよりクーラント漏れを起こしていたので、エンジンを下ろして手厚いサービスの、 エンジンオーバーホールをさせていただきます。
T-WORKS
フォルクスワーゲン
カラベルGL
売約済み
フォルクスワーゲン カラベル GL

フォルクスワーゲンのカラベル(Id:4581402)の中古車詳細 >

26393km
神奈川県
H.2年(1990)
修復歴 : 無し
何から書いていいのか..... どういう風に表現すればリアルに伝わるのだろう?......... ネタを先に言ってしまえば、29年間ワンオーナー、屋内ガレージ、実走行26393km いわゆる、由緒正しい育ちの中で、すくすくと育った希少な、お坊ちゃま? 僕達T-WORKSは、どこのクルマ屋さんよりも、もしくは、どこのナンチャッテヴァナゴン屋さんに負けない位の ヴァナゴンを見てきました。 ボロいやつ、臭いやつ、一見見た目だけが素晴らしく綺麗なやつ、素晴らし振りをしているボロいヴァナゴン ここのところ、ワンオーナーのヴァナゴンに出会う機会が2回も続いていのるが、嬉しい限りで 普通の人なら盆暮れ正月が一緒に来たようだと表現するが、 僕は、ホルモン、ハラミと牛タンが一緒に来た方が、よっぽど嬉しいのだが.......... 使用頻度が少なければ、それだけ消耗していないというのも事実 陽に当たっていなければ、紫外線に焼けてないというのも事実 触った回数、握られた回数が少なければ、ステアリング自体の材質も傷んでいない ブレーキペダルも踏んでないんだから、ゴムも減っていない。 独特の室内の匂い、ヴァナゴン臭も正当な良い感じ それにもまして、今回の2万キロで、僕の最大のお勧めしたい感動箇所は、内装です。 シートのじゅうたん&フロアのジュウタンが、過去に見てきたヴァナゴンのシートカラーと異なるんじゃないかと思う位、綺麗&清潔です。 下手な表現ですが、じゅうたんに、ほほずりしても気持ち良いほどのコンデションなのです。 ノストラダムスの大予言よりも間違えなく当たる大予言をします。 「おそらく、この先、走行距離26393万キロを下回るヴァナゴンの入庫は無いでしょう!」 そして、これから十数年が過ぎ高額になってしまったヴァナゴンを購入出来なかった方は、足をバタバタさせて悔しがるであろう!
T-WORKS
フォルクスワーゲン
ユーロバン
売約済み
フォルクスワーゲン ユーロバン

フォルクスワーゲンのユーロバン(Id:4584871)の中古車詳細 >

103000km
神奈川県
H.9年(1997)
修復歴 : 無し
まさしく僕が現在、家族用に乗っているモデルと同じなんで、思い切りコメント書けます! 最大のセールスポイントは、やはりエンジンですかな。 なんせ、余裕のあるエンジンで乗っていて楽さを感じます。 燃費は多少悪いけど毎日乗る車じゃないし、人間も車も余裕は必要です。 (でも、本音は後期モデルのイケメンの顔つきなんだよな!) MV(マルチバン) 室内レイアウトも、キャンプキットはいらないんです。 車内で火を起こす事など危険なんで、amazonでヤザワのトラベルマルチクッカーを2578円で買えば ゴハンも炊けるし料理も備え付きのテーブルで可能! 就寝時は、狭いポップアップルーフ部のベットは、当然のように一家の主のお父さんに寝て頂き 大事なお子様とオニ嫁様には、広々した一階のベットルームで御休み頂ければ、全ては丸く収まるかと........ (やはり男とは、会社で上司の顔色見て、家庭で奥さんの顔色見て忖度する事で、大きい懐を身に付け、大きい人間になるのだと...... そんなオヤジの背中を見て子供は小さくまとまった子供になってしまうのか?) タイヤは、いつものミシュラン新品に、ホイルはガリ傷があったので4本ともリメイク。 僕の願望としては、ウエストファリアの制服との言える、フィアマのサイドオーニングとフィアマのサイクルキャリアを付けて頂ければ 「今度のT-WORKSキャンプに参加しませんか?」と、ナンパされそうなビジュアルに変身! 僕が、実際にVWT4~T5、T6を扱ってきた経験上のお話をさせていただくと、VW史上で最も質感が良いのはT4の後期モデルだと思う。 T4,T5,T6と、数字が多くなって行くにつれて、国産車の乗り心地、ハンドリングになってしまう寂しさを感じてます。 特にT6はについては、おそらく僕自身は購入しないだろう。 あくまでも個人の主観だが、残念などこにでもありそうな車で、フォルクスワーゲン臭さを感じない仕上がりになっている。 最もVW社に限らず、どのメーカーも昔からのファンではなく、新規のユーザーがターゲットになっているのも現状だろうが......... WEST FALIA製のキャンピングの方が色気があり、いかにも外車のキャンピングカーオーラが随所に漂う ところが、T5あたりのキャンピングカーになると、整理整頓が整いすぎてまるでA型の性格のキャンピングカーになってしまう。 ちなみにWEST FALIA製は、楽天的なB型かな? やはり、見る側に回ると、見ていて楽しいのは人間でも、物作りでもB型が、なんとなく楽しそうだと思わない? 最強なのは、発想は気ままなB型、製作は忠実なA型なんてどう? 総理大臣B型、国会議員全員A型、そして国民はパッパラパー!(ちょっと言いすぎ.....調子にのるな!) 要するに、完成度の高い車は好まないし、好まれないのと、長く歴史は続かない.......... 不完全、隙間、改良箇所あり、アバウトの方が、僕をはじめ人間は魅力を感じ、タイプ2キャンパーに始まり、 世界に圧倒的ファンを作り、長いVWキャンパーの歴史を築いていくのであろう。 そして僕をはじめ、これから購入なさろうとしているしているユーザーも、 そのVWキャンパーの長い歴史に参加しようとしている。
T-WORKS
menu