-並び替え-

-現在の検索条件-

1760
見つかったよ

神奈川県の中古車(62ページ目)

メルセデスベンツ
CクラスステーションワゴンC220d スポーツ
売約済み
メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン C220d スポーツ

メルセデスベンツのCクラスステーションワゴン(Id:4802206)の中古車詳細 >

14000km
神奈川県
H.28年(2016)
修復歴 : 無し
僕はディーゼル好きだ! スタートはW123の300Dからスタートし4気筒の240Dにも乗った(最悪だったけど) 300TDにも乗ったが、ベストなw123ディーゼルはターボ無しの5気筒ディーゼルの300Dだった! W124のディーゼルも新車でたくさん販売した。 ボディーカラーがボーナイトでフルオプションでオーダーした御客様もいたなー W201のディーゼルターボも販売した、良いクルマだった! W210になって、本国では存在したが日本国内には正規輸入をしていなかった。 時代は流れ、ディーゼルエンジンは「エコ」になったのだ! 世間に、環境に協力している良い人として写りたいのであればディーゼルです。 燃料費を安く済ませたいのであればディーゼルです。 トルクフルで、楽しい走りをしたい方はディーゼルです。 ........と、言うように悪いことが無いのですが、唯一反論したいと思っている方はエンジンのアイドリング時の音ですよね? ただ、どのメーカーのディーゼルエンジンの音よりもはるかにメルセデスのエンジン音の方が静かです。 例えば、某VOLVOのディーゼルもしくは某MINIのディーゼルは、信号待ちで背後から迫ってくると、まるで佐川急便のトラックが近くに来たのかと勘違いする。 最近のメルセデスモデルのヒット作は、このC220dエンジンを載せたモデルなのかもしれない。 おッと!車両ストーリーを忘れていた! ワンオーナー!(ほぼお一人で運転なされていました) 完全密閉ではないが紫外線を防ぐ屋内ガレージ保管車 (ボディのメッキモールも輝いています)
T-WORKS
シトロエン
DSID20
売約済み
シトロエン DS ID20

シトロエンのDS(Id:4783234)の中古車詳細 >

56522km
神奈川県
H.12年(2000)
修復歴 : 有り
僕が好き好んで仕入れたクルマだと思います? そりゃー嫌いでもないんだけど、T-WORKSの路線ではないのは分かっています。 T-WORKSに入庫した流れは........ 42年間も輸入車を販売していると、色々なしがらみが発生するのです。 某、東海地域の輸入車販売シトロエンの代理店の大先輩で、僕がまだ輸入車業界の右も左も分からない小僧だったころに 可愛がっていただいたのですが、大先輩は地主さんのためにクルマ屋さんをやめて悠々自適な生活をなされていて今回のDSを所有なされていました。 ところが、このDSにワゴンがあるようで、そちらに目が良き今回のDSをお預かりにさせていただいた流れなんです。 委託でお預かりした時に、大先輩から言われた一言が........ 「このシトロエンを商談しに来る御客様は、お前よりはるかにシトロエン通なので、余計なことは喋るなよ!」 確かに、僕にはチンプンカンプンだが、米とかソーセイジ&パンを食べている人種では、この奇抜なデザインは考えつかない。 間違えなく生まれてからずーと、スパゲティを主食としている人種でないとこのデザインは生まれないのであろう! 価格も大先輩からお預かりした金額をストレートに提示します。 お好きな方は、早く持って行ってください(笑)
T-WORKS
フォルクスワーゲン
T3 CAMPER WESTFALIAT3 WESTFALIA
売約済み
フォルクスワーゲン T3 CAMPER WESTFALIA T3 WESTFALIA

フォルクスワーゲンのT3 CAMPER WESTFALIA(Id:4780312)の中古車詳細 >

68503mile
神奈川県
H.3年(1991)
修復歴 : 無し
僕の毎日の仕事の一つが、全国で行われている100か所以上ありそうな各オークション会場にヴァナゴンが出品されていないか?どうか、 パソコンとにらめっこするのが、大切なお仕事なのです。 簡単に分かりやすくすると、指名手配している犯人が全国隅々までのオークション会場に出ていないか? 毎日チェックしているのです。 おかげで老眼は進み、メガネ無しでは全く文字が見えなくなってしまいました。 まずはパソコンでチェックして状態を見定めます。 でも、基本は現車を自分の目で見て、室内の匂いをかがないと納得できない性分なので必ず見に行きます! 過去、一番の遠方は北海道は札幌のオークション会場。 羽田から飛行機乗って行くんです。 そして現車を見て納得して購入してからが、普通のクルマ屋さんと違うところです。 そうです! 自走で走って帰るのです! 走らなくては、クルマの良さも悪さも車はドライバーに語ってくれません。 僕は時間が許す限り自走で帰ります。 昨年は、札幌方面の御客様から2台のヴァナゴンを買い取らせていただきました。 勿論、2台とも自走で帰ってまいりました。 そんな、ひま人と思われるようなチェックをしていて見つけました! T-WORKSが以前に濃厚な納車整備をして東海地方に、納めさせていただいた逸品です 心がつながっているお客様ですと、ヴァナゴン高価買取店のT-WORKSへと御譲りいただけるのですが ワンクッション、地方の中古車業者さんなどを通して販売すると、どうしてもT-WORKSへは戻ってこない事があるのです。 そんな時は、T-WORKSの全精力をかけ、買い戻します! それは、T-WORKSのメカニック達が、愛情無くしては語れないほどの手を入れ、パーツ交換をして、長いものでは2~3か月かけて納車整備をしたからです。 車両金額は高額になりますが、価値のある金額です。 御理解いただければ幸いです。 ちなみに、新車並行車ですので、ヒありの心配ございません。御安心です!
T-WORKS
ポルシェ
911 type964 Carrera2Carrera2
売約済み
ポルシェ 911 type964 Carrera2 Carrera2

ポルシェの911 type964 Carrera2(Id:4777803)の中古車詳細 >

33458km
神奈川県
H.5年(1993)
修復歴 : 無し
T-WORKSは、どのメーカーの専門店ではありません。 前にも言いましたが、絶対に専門店にはならないのです。 理由は2つ その① 特にマニアックなクルマの専門店になると、市場に良いクルマが無いために、展示場を見栄え良く見せるために 台数を多く展示しなくてはならないのです。 そのために、本来の意図としないクタクタクルマも仕入れなくてはならず、悪循環になってしまう事 その② とにかく好きなクルマが多いため、VWも好きだしM.BENZも大好き、勿論ポルシェも..... 色々なクルマに触れて、乗ってみて楽しみたいのです! 僕の奥深いところには、1968年フォードムスタングファーストバックをクルマ人生にもう一度入れたいのですが...... (実は、世間の右も左も分からない20才位の頃に1968年の本物のGT350を若気の至りで購入した経歴があるのです) T-WORKSは、昔からポルシェは売ってもフェラーリは売りません。 何でかって、ポルシェならコンビニ行けるけど、フェラーリではコンビニ行けないでしょう! フェラーリは、日常の足として使えない靴で例えるとパーティーにしか履いていけないエナメルの靴なんです。 その点、僕的にはポルシェは良く言ってスエード地のチョット高級な運動靴! 事実、コンビニに留まっているフェラーリって見たことないでしょう? 僕が思うには、外車入門時にVWビートルを乗った人は、どちらかって言うとポルシェ派でわないだろうか? しかもバイク好きだろう? そしてT-WORKSが、ポルシェを過去に販売したモデルとして、もっとも販売した台数が多いいのは、このカレラ2なのです。 でも今後この先、ここまでのコンデションのカレラ2には、お目にかかれないでしょう。 僕達も、しっかりと目に焼き付けて記憶に残さなければならない一台でもあります。 今回、素晴らしいコンデションのカレラ2を御譲り頂いた前オーナーには社員一同感謝いたします。 大切にお乗り頂けるDNAをお持ちで必ずや引き継いでいただけるオーナーへバトンタッチいたします。 今回のクルマも、間違えなく専門店が白旗を振るコンデションのカレラ2なのです。 追伸.......新車時の保証書、12枚の整備記録簿(最後の31592Kmの整備記録簿はポルシェセンターみなとみらいです)完備!
T-WORKS
フォルクスワーゲン
ユーロバン MV 2.5TDI WESTFALIAMV 2.5TDI WESTFALIA
売約済み
フォルクスワーゲン ユーロバン MV 2.5TDI WESTFALIA MV 2.5TDI WESTFALIA

フォルクスワーゲンのユーロバン MV 2.5TDI WESTFALIA(Id:4774433)の中古車詳細 >

90083km
神奈川県
H.12年(2000)
修復歴 : 無し
僕自身であれば、この仕様でまったく御不満ございません。 満タンで1000km近く燃費が伸びるTD i エンジンにマニュアルミッションなんて 想像するだけで、チョー魅力的! しかも、ポップアップルーフにキッチンシンク無しの広々の、MV内装! もう一つおまけに、殺し文句で「 FFヒーター付き!」 ここまでで指が5本も折れましたよ! (追伸ですが、過去に当社にてポップアップルーフテント交換済です) こんな車で、国から頂いた10万円握りしめて少し高価な食材を買い込んで、普段よりチョット贅沢なキャンプ行きましょう! 真夏でも、標高の高いキャンプ場へ行けば、夜は寒いくらいなんで、ひょっとしてFFヒーターの出番もあるかも。 ステイホームと簡単に言うが、いくら愛する奥さんと言えども、毎日朝から晩まで寝る直前まで顔を合わせていると 「いい加減、どっか行ってよ!」なんて普段では全く口に出さないことも言われたりして.......... そんな時は、まさに一人キャンプ! もしくは息子と男同士のキャンプ(またの名をプチ家出)しましょう! めんどくさいテントの設営は、必要ありません、快適な室内のベットで熟睡してください。 翌日のテントの撤収作業も必要ありません。 気楽に出かけ、気楽に帰りましょう! それを具体的に実行できる魔法のキャンパーがココにあります!
T-WORKS
フォルクスワーゲン
ユーロバン multivan VR6 WESTFALIAmultivan VR6 WESTFALIA
売約済み
フォルクスワーゲン ユーロバン multivan VR6 WESTFALIA multivan VR6 WESTFALIA

フォルクスワーゲンのユーロバン multivan VR6 WESTFALIA(Id:4774437)の中古車詳細 >

132818km
神奈川県
H.10年(1998)
修復歴 : 無し
何事にも終わりよければ、すべて良しなんて事もあるように T4の最終モデルは、T4を数台乗り換えてきたクルマ屋の僕好みの仕上がり。 通常の5気筒2500ccのエンジンに比べ、V6 2800ccのエンジンは多少は燃費悪くなるが ほとんどの御客様は試乗すれば、ニッコリしていただける余裕の走りに、取りつかれる。 ダッシュボードまわりなど、各部も洗礼されたデザインも嬉しいし、今では当たり前だが22年前でもWエアーバックが嬉しい さて、悩みは運転席と助手席の後ろ側のシートレイアウトがMV派とCV派に分かれるところ。 MVの室内スペース、もしくはフラットベットのスペースを広く取りたい派か? CVのフラットベットのスペースは小さくなると思うけどシンク、冷蔵庫、小物を収集出来る棚があるモデルを好むか? 僕的にも、どちらも良いので勝敗は付けない。 ただ、基本的に室内で火を起こす事はしないと思うけど、キャンプは行きだすと小物が増えて収納する場所が欲しくなるのも事実 ただMVの場合、小物はセカンドシート下の簡易クーラーボックス内にも、しまえるし何とかなるかな。 現に、この前まで乗っていたT4ウエストファリアもMVだったんです。 実際に、御来店いただきポップアップルーフを上げて、フルフラットシートにしてください。 他車では感じる事の出来ない開放感が味わえます。 最後にとっても良い物が装着されています。 FFヒーター付きです!
T-WORKS
メルセデスベンツ
ミディアムクラス 230E
売約済み
メルセデスベンツ ミディアムクラス 230E

メルセデスベンツのミディアムクラス 230E(Id:4763967)の中古車詳細 >

93000km
神奈川県
S.60年(1985)
修復歴 : 無し
1985年 今から35年も前の車です。 ただし、世間もそうだが僕自身もW123は、クラッシックカーとは言える領域では無い。 中途半端と言えば中途半端な古さなのかもしれないが、僕にはW123は、物凄く思い入れが強い 以前にも書いたかと思うが、僕のメルセデスベンツのスタートは、W123なのです。 先代の社長がヤナセから新車販売成績の御褒美に、夫婦でハワイ旅行の招待を受けている時に 当時、VWが販売主力だったT-WORKSに初めて中古の展示車としてメルセデスを仕入れ、 ハワイから帰国後の社長に、「ヤクザが乗るような車を仕入れたな!」と、お叱りを得たことを思い出す。 そう! この1990年頃から、僕のスタンドプレーに似た中古車の仕入れが始まったのです。 必然的に、僕のプライベートカーもW123マイブームが訪れ、キャブレターの230から始まり230E、240D、300D、300DTと 目ま苦しいかのように、乗換えましたが本音を言うと、僕自身のBESTオブW123はターボ無しの300Dで、しかも赤に乗ってました。 時代の流れ、もしくは思い付きのように自分勝手な当時の東京都知事に勝手に作られた法律のおかげで、現在W123ディーゼルの神奈川県の登録が出来なくなっています。 T-WORKSの御客様には、300TDTをお乗りの御客様がいて、エンジンをガソリンエンジンに載せ替えてでもW123を乗り続けたいと230Eの4気筒エンジンに 載せ替え、今も元気に走っていらっしゃいます。 (実は、湯河原の湘南ナンバーと清川村の相模ナンバーは、今現在も唯一神奈川県で登録可能なんです!) 当時から、右ハンドル設定車が少なく、W123右ハンドルは極めて希少価値があると知っていた僕は、ある日VWヴァナゴンキャンパーを買いに、名古屋のオークション会場へ 出掛けた時に、出会いました。 全体的な外装のコンデション、内装のコンデションも前オーナーが大切にしていた事が伺えました。 ただし、ただしですが外装の塗装部分がほぼ全体に、ひび割れていたんです。 これは、当時のメルセデスに良く見られる症状で、生産過程の工場内での下地の問題ではないかと思いますがで、良ーく見るとあるのです。 ........そこで、よせば良いのに、いつもの癖で余計な正義感は生まれてしまい。 元通リのヒビ割れの無いW123に戻してあげたくなってしまったのです。 作業は、写真のように簡単に塗装するのではなく、塗装部分を全て削り落とし、鉄板の状態に戻さなければならない気の遠くなるような作業なのです。 修理期間約6か月、時間もかかりましたがお金もかかりました。 そうです、ボディレストアをいたしました。 だから、僕達はこのW123をショールームの中に入れてあげることにしました。 6か月も入院生活をしたんですから、世間に出る前に雨風、夜露、紫外線等を避けさせるために、ショールームでリハビリをさせます。 今日、W123を見ていたら、気付く事がありました。 外装はオールペイント終え、ブランド物の洋服で言うとベルサーチのスーツでビッシリと決まってます! ところがふと足元見ると、くすんでみそぼらしいアルミホイルの靴を履いていました! 例えると、上半身ベルサーチだけど、足元の靴は汚れた月星の運動靴なのです! 早速、工場に連絡して純正アルミホイールのペイントを依頼しました! 現場の塗装の職人さんに、「当時のメルセデスのアルミホイルの色はシルバーだけど、少し白っぽいですからね」と、念を押しながら......... いったい、素晴らしく仕上がってきたW123の今後のクルマ人生を共にする方は、どんな方なんだろう? ドラマテックな出逢いの瞬間を、僕達T-WORKS社員は、見ることが出来るのが幸せです。 追伸.....写真のアップが遅れてますが、営業の石井君が御多忙の振りをしてましてスミマセン     御指導&御鞭撻は、直接営業石井までお願いいたします。
T-WORKS
フォルクスワーゲン
カラベルGL
売約済み
フォルクスワーゲン カラベル GL

フォルクスワーゲンのカラベル(Id:4741535)の中古車詳細 >

83882km
神奈川県
H.2年(1990)
修復歴 : 無し
いつものゲスな例えから本日もスタートいたします! 僕の営業マンとしてのスタートは、1978年の最終VWビートル1200LEが新車で販売していた頃から始まった。 40年も前の事だが、当時のヤナセ横浜支店のショールームにはガラス越しに坂道を上るビートルが展示されていたのを薄っすらと覚えている。 しばらくし、日本のバブルの真っただ中で輸入車の販売を鼻息バフバフで活動してきました。 そんな中、これまた夜のクラブ活動も、かなり忙しく御盛んでした。 当時の遊び人師匠先輩方の会話でこんなのを覚えている........ 「夜のクラブ活動もキャバクラからスタートし、フィリピン、韓国と他国籍軍にまでも手出して夜遊びしたが、やっぱり日本人が一番!基本は日本女性だな!」 そう! 夜のクラブ活動にも、何でも基本がある事を忘れてはいけないと、遊びの中でもなかなか良い事言うなと、遊び人のどうしようもない先輩から教わったもんだ! 61才になり、相変わらずに、まずは基本を大切にしている僕はヴァナゴンにも基本を求めた! 「やっぱり基本に戻るとT3は、ディーラー車!」 正統派ヴァナゴンって感じ! 右ハンドルでも、身体に間違えの無いシートポジションを用意してくれるのはVWの自慢でもある 大人7人がチャンと前を向いて座り、移動をするのに間違えなく2020年の現在でも、世界一安全なワンボックスでもある。 世界一だと自慢できないのが、壊れるところですかね(苦笑)訂正です!、壊れるのではなく部品の消耗なのです。 でも、100%とは言いませんが、出来る限りのメンテナンス、主に消耗パーツの交換を行い納車します。 そして、納車整備の工程は出来る限りLINEなどを通して、作業状況を報告いたします。 T-WORKSをはじめ、ヴァナゴンの車両価格が高額なのには、こういった意味があるのです。 その整備内容も交換部品も、全て分解整備記録簿に明記され納車いたします。 この分解整備記録簿の内容で、ある程度ちゃんとした価格で販売しているヴァナゴン屋さんかが判断できるのです。 価格高騰の便乗なんちゃてヴァナゴン店に要注意! もう一つヴァナゴンの危険な買い方をお教えします。 全てではありませんが、個人売買です。 クルマの部品は、永久的に消耗、寿命の無い部品はありません。 全てが、いつかは寿命を迎え機能を果たさなくなり、大小何らかのトラブルを巻き起こします。 ただしその部品は、「もうすぐ寿命ですよ!」とは、行ってくれませんし、知らせてくれません。 仮に、部品の寿命が1~10まであるとします。 10まで使い切らないとそのパーツは壊れません。 9,9でも壊れないでしょう! 個人売買でよく聞くコメント.....「エンジンの吹けも良く、調子よく走りますよー!」 そりょやーそうです、部品の寿命が10までではなく9,9ですから....... 全てのパーツが使い切っていても9,9なら快調に走るのです。 ましてやヴァナゴンに対しての知識もなく、初めて購入する方などは、受付の顔写真だけで決めて入店してドアが開いた瞬間、 動物園かジェラシックパークに来たかのような女性と数時間の間、過ごさなければならない崖から飛び降りるようなもんなのです! (表現が、非常に上手く言えなくてすみません) ヴァナゴンを納車整備した業者であれば理解できると思うのですが、経験上最低30万円~100万円以上の納車整備費用がかかります。 個人売買の方々は、T-WORKSで幾ら位で売っているから、同じ価格で何て、スーパー都合のいい表現をします。 見た目は同じかもしれませんが、味噌も、○も一緒にされては困ります。 見た目同じなら、食べてみてください。 まずは、匂いで分かるはずですから......... おあとがよろしい様で.........
T-WORKS
menu