-並び替え-

-現在の検索条件-

1971
見つかったよ

神奈川県の中古車(47ページ目)

メルセデスベンツ
190クラスアンファング
95万円
メルセデスベンツ 190クラス アンファング

メルセデスベンツの190クラス(Id:4477227)の中古車詳細 >

49852km
神奈川県
H.2年(1990)
修復歴 : 無し
今年の10月の事です。 「関西のYANASEにいた友人より紹介してもらって、電話しました! 父親が乗っていて、長らく置きっぱなしになっている190Eを買取してくれませんか?」 僕は以前にも数台のメルセデスを関西の某YANASEにいた方から紹介を得て、出向いた事があり どれも的を得たコンデションの良い車で、すぐに関西空港行のチケットを予約した。 朝一番の飛行機で現地へ到着し、拝見させて頂くと............ 確かにワンオーナーで、完全密閉式のガレージには入ってるが、各所のブラックモールが生きて無い。 ドアの内張り上部も縮んでいるで、恐らく100%のガレージ保管では無く、屋外にも置かれている事があったのだろうと、納得はした。 ただし、内装は清潔で28年前を感じさせない位、使用感が少ない。 それよりも、車には至って変態な僕は、パワーウインドウではない手巻きのハンドルでガラスを上下させるのが新鮮で仕方なく、 フロント、リヤ共にアームレスト無しで、当時の190Eラインナップのプライスリーダー的な存在だった事を思い出し 当時、僕も一台だけ新車で販売した記憶がよみがえった。 この希少な190Eは、平成21年より車検を継続していなかったため、約9年間もエンジンもかけられずに、完全密閉の屋内ガレージに保管されていたのだ。 9年間エンジンをかけないとどういう事が発生するかと言うと............ まず、燃料が腐ってしまい燃料の役目を果たさず、ドロドロになってしまうのです。 このエンジンをかけ、スタートさせるためにかなりの苦労があるのです。 燃料の通るラインのほとんどを交換し、もちろん燃料ポンプ、フィルター、燃料タンクetc.......... 金額にして数十万円がかかってしまうのです。 でもある意味、この190Eに御興味を持って、お買い求めいただくお客様にとっては、安心できる内容の整備を施しますので良い話です。 そして、そこまでの苦労をしても再生させる意味を持ち合わせるのがW202 190Eだと信じて僕達はプライドを持って販売いたします。
T-WORKS
フォルクスワーゲン
カラベルシンクロ
価格応談
フォルクスワーゲン カラベル シンクロ

フォルクスワーゲンのカラベル(Id:4476708)の中古車詳細 >

79672km
神奈川県
H-元年(1989)
修復歴 : 無し
今回のコメントですが、思うところありまして、表題をつけさせていただきます........... 「ディーラー車になりたかったVWヴァナゴンシンクロ! 」 そう! T-WORKSコメントマニアの方であれば以前のコメントで見かけた、例のあれです! 残念ながら前回の絶妙なタッチのコメントはサーバートラブルでなくなってしまいましたが、 大まかな内容は再現できます! それでは、スト―リー好きの貴殿にお送りする壮大な車人生の流れをお楽しみください。 .................... 物語は日本全体が狂っていたバブル最中! 全てはお金で物事が動き、そしてお金で処理されていた時代の 1989年12月 株式会社ヤナセ札幌営業所からの、恐らくかなりの財力の持ったお客様からオーダーを受けたと思われる「VWカラベルGLシンクロ」を 「ヤナセユニュウヘイコウアツカイ」として本社経由でヤナセ札幌にて小樽の個人名で登録。 (今では、こんなイレギュラーな事は許されないよね! でもこのシンクロ、日本の株式会社ヤナセからドイツのVW社へオーダーが入り、船で日本に上陸された時には 間違えなくディーラー車として迎え入れてくれ、販売されるのだと思っていたのに、今も残るヤナセ社内のコンピューターには 「ヤナセユニュウヘイコウアツカイ」に」なってしまい、さぞかし無念だったと僕は察するのです) 続きます........ファーストオーナーは、2005年まで所有なされ走行距離19624kmまで御乗りになられ、この時点でヤナセでの整備記録簿が6枚 セカンドオーナーは、札幌市内のオーナーで2007年21139km~2009年までの2年間所有されちゃんとヤナセ整備記録簿が2枚あります。 ただし、2014年サードオーナーになりチョツト質が落ち、当時の税金逃れではありませんがナンバープレートが、お二人の前オーナーから引き継いだ「札幌33ナンバー」を無くし「札幌11ナンバー」へ、大変失礼ながら毎年の税金をケチルオーナーでは、もう株式会社ヤナセでの整備は望めなく民間整備工場の整備記録簿2枚あります。 そして、縁があり僕は札幌まで呼ばれ3人の前オーナー様たちのDNAを引き継ぎながらも、のんびりと札幌から自走で横浜まで帰って来たのです。 数日が経ち、当社へポルシェ911ターボルックスピードスターで乗り付けたお客様がこのシンクロの運命を変えてくれました。 当然ながら、メイドインT-WORKSに仕上げるための重整備は行いました。 そこからが、このシンクロ君の強い運を持っているところです。 まずは、ビルシュタインのショック&強化スプリングの4本とも交換(自社の判断で交換不要の現状でしたが........) 最大のすごさは、オーディオです........つべこべ言いません。 装着業者さんのブログをご覧ください。 細部にわたるまで、メチャクチャこだわってます! http://worxautoalarm.dreamlog.jp/archies/5324062.html では、何故そんなにも、貢いだシンクロが T-WORKSへ戻ってきたか......... 効きたいよねー! 教えますから、ご来店下さい! ********************************************************** T-WORKSは、他社の外車屋さんと異なったスタイルを自慢としてます。 とくに、輸入車の中でも、 VWヴァナゴンT-3&T-4、VOLVOクロスカントリー、M.BENZ W123.W124も大好きです。 ただし、専門店ではないし、専門店になるつもりもありません。 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台6-19-2 TEL:045-831-2310 FAX:045-833-6363 http://www.t-works.info 定休日:水曜日 **********************************************************
T-WORKS
menu