-並び替え-

-現在の検索条件-

2591
見つかったよ

SUV/クロカンの中古車(107ページ目)

クライスラー
ジープグランドチェロキーSRT8 6.4HEMI SARONAフルエアロ LEXANI22AW VIPER サンルーフ
売約済み
情報更新
クライスラー ジープグランドチェロキー SRT8 6.4HEMI SARONAフルエアロ LEXANI22AW VIPER サンルーフ

クライスラーのジープグランドチェロキー(Id:4653328)の中古車詳細 >

48900km
栃木県
H.27年(2015)
修復歴 : 無し
【SOLD OUT】 埼玉県S様、ご成約を頂き誠にありがとうございました。 【YOUTUBE】にて動画をご覧いただけます♪ ◆https://www.youtube.com/watch?v=Yy_DlQI_zi0&feature=youtu.be ◆https://www.youtube.com/watch?v=VBkE-FiOatw&feature=youtu.be ◆https://www.youtube.com/watch?v=Sa0seEqAEsU ■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ オススメポイント ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━ こちらのJEEPグランドチェロキーSRT8。只者ではございません! 6.4L-V8 HEMI SANONAフルエアロ レグザーニ22inch ローダウン ブレンボ ブレーキ・キャリパー VIPERセキュリティ なかなか同じ車両に乗っている人はいないので振り返る人続出です 遠方の方からのご連絡もお待ちしております! ■╋■━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 主要装備 ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━ ・正規ディーラー車 ・AT( パドルシフト付) ・右ハンドル ・パノラマ/ガラスサンルーフ(電動ブラインド付) ・HDDナビ&地デジ ・VIPERセキュリティ ・ETC ・黒革シート&ベンチレーション ・ハンドルヒーター ・ドライブレコーダー ・レーダー探知機 ・HID/キセノン ・アルミホイール:レグザーニ22inch ・ローダウンサス ・社外マフラー ・ブレンボキャリパー ・その他、ラグジュアリー装備多数 ・整備記録簿 ・スペアキー ・修復無し ■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ エクステリア ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━ HEMIエンジンのハイパフォーマンスSRT8をさらに磨き上げたこの一台! 是非試乗に来てください! 修復暦は無いので、ゆがみや大きな傷はありません! ※通常仕様による傷はご了承ください。 ■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ インテリア ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━ 5人乗りの広々とした室内と分割可倒式のリアシートはゴルフバッグ も楽に積めます! もちろん車内はクリーニング済みです! 後部座席や、荷台に至るまで良好な状態で納車できます!!! 納得していただけることまちがいなし! ■╋■━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 機関 ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━ 弊社にて走行テスト済み。異音、オイル漏れはありません。 エアコン・電気系統もチェック済み!気持ちよく走れます! ■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ お客様とのお約束 ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 弊社は、大切なお客様に売って終りのサービスはしておりません。 オリジナルメンテパックなどもご用意しております! お気軽にご相談ください! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ JEEPグランドチェロキーSRT8に関するお問合せは・・・ 栃木で輸入車といえば! Aチーム! 株式会社A-TEAM 〒329-4407 栃木県栃木市大平町川連596番地1 TEL:0282-24-8068 営業時間:10:00-20:00 水曜定休 ホームページ:p://www.ateamcar.com/ 見積り下取り、注文販売等何なりとお気軽にお問い合わせ下さい! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Aチーム 《株式会社A-TEAM》(エーチーム)
メルセデスベンツ
GLクラスGL550 AMGエクスクルーシブパッケージ
売約済み
メルセデスベンツ GLクラス GL550 AMGエクスクルーシブパッケージ

メルセデスベンツのGLクラス(Id:4979308)の中古車詳細 >

40000km
東京都
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
2013年 メルセデスベンツ GL550 4MATIC AMGエクスクルーシブパッケージ COLOR:オプシディアンブラック フル装備 SDナビテレビ 本革シート サンルーフ AMGエクスクルーシブパッケージ 22インチアルミ 純正リアモニターx2 360°カメラ スマートキー Bluetooth接続可能 7人乗り キセノンライト LEDポジションランプ LEDテールレンズ ウッドパネル パークトロニクス ABS エアバック 電動リアゲート 電動サードシート 4WD GPSレーダー探知機 ETC 記録簿 2014年11月 3700km 2016年12月 10900km 2019年2月 15400km 2021年2月 36500km の時の記録簿がございます。 まろやかな怪物 7年ぶりにモデルチェンジした「GLクラス」は、メルセデス・ベンツの最大SUVである。 7人乗りの5ドアボディーは全長かるく5.1m超、全幅ほぼ2m、車重は2.5トンを超す。 メルセデスの四駆といえば、日本では「Gクラス」の人気が高いが、 G550の2m近い全高を除けば、「GL550」の巨漢ぶりは圧倒的だ。 これまでの5.5リッターV8に代わる新エンジンは、直噴の4.7リッターV8ツインターボ。 つまりVIPセダンの「S550」と同じパワーユニットを持つ「陸の王者」である。 少し前の朝日新聞で見た全面広告では大きく“The Monster”とうたっていた。 日本語のコピーでも「いま、怪物があなたの存在を超えてゆく」なんて書いてある。 メルセデスがモンスターを自称するなんて、メルセデスもクダけてきたというか、 開けてきたというか。それも新型GLクラスにかける意気込みの表れだろうか。 だが、高速道路のSAでバトンタッチして走り出すと 、新しいGL550にモンスターなんて雰囲気はみじんもなかった。 100km/h時のエンジン回転数は7段ATのトップギアでわずか1600rpm。 静かなことは言わずもがなだ。試乗車には21インチホイールのAMGエクスクルーシブパッケージ がセットされていたが、エアサスペンションのもたらす乗り心地はまろやかの一語。 295/40というファットなピレリPゼロを履いているにもかかわらず、 まるで毛足の長いカーペットの上を走っているかのようである。 ハイウェイクルーズの安楽さといったらない。 車重2.5トンオーバーの四駆が発揮する突進力は、ただでさえスゴイはずなのに、 新型GLクラスの“4MATIC”にはさらに「クロスウインドアシスト」という制御が組み込まれている。 80km/h以上で走行中、ESPで横風を検知し、 各輪へのトルク配分をコントロールして直進安定性を高めるというものだ。 “坂知らず”の動力性能直噴4.7リッターV8ツインターボは435ps。 わずか1800rpmから生みだされる最大トルクは70kgmを超す。 同じエンジンのSクラスセダンより500kg以上重いとはいえ、 箱根の頂上を目指すワインディングロードでも、動力性能は“坂知らず”である。 エアサスをSPORTモードに切り替えると、足まわりは明確にスポーティーに変わり、 ハンドリングも侮れない。 さすがにアイポイントは高いが、身のこなしに気になるほどの腰高感はない。車検証によると、 軸重は前1370kg/後1220kg。つまりボンネットにAクラスが1台乗っているようなものだが、 意外やノーズヘビーな感じはない。ステアリングがすっきり軽いのもうれしい。こう見えて、 フットワークにドテッとしたアンコ型の気配はない。「走れるモンスター」である。 ちなみに燃料タンク容量は100リッター。メルセデスの乗用車でいちばん大きい。 “マイリマシタ感”を与えてくれるクルマタテ5145mm、ヨコ1980mmの“敷地”に しつらえられた高床式キャビンは、言うまでもなく広い。2、3列目シートを畳むと、 荷室はカーペットの上だけで186cmの奥行きがとれる。3列7人乗りのシートレイアウトは、 一般的な2+3+2。ただ、2列目と3列目に前後スライド機構はなく、 大の大人がゆったり座れるのは2列目までだ。 そのセカンドシートはリムジン並みの広さだ。1360万円のハイエンドSUVだから、至れり尽くせりは当然だが、 なかなかの見ものは2、3列目シートの電動フォールディング機構である。 ボタンひとつで最後にゴロンと前転するセカンドシートの変身ぶりなどは、動きも音もスペクタクルだ。 エンジン音も乗り心地も、ステアリングやペダルの操作フィールも、いちいち真綿でくるんだようにやさしい。 エンジンのパワフルさとシャシーの速さは別格だ。 現行メルセデスのなかでもひときわ強い“マイリマシタ感”を与えてくれるクルマである。 メルセデス・ベンツGL550 4MATICボディーサイズ:全長×全幅×全高=5145×1980×1850mm ホイールベース:3075mm 車重:2590kg 駆動方式:4WD エンジン:4.7リッターV8 DOHC 32バルブターボ トランスミッション:7段AT 最高出力:435ps(320kW)/5250rpm 最大トルク:71.4kgm(700Nm)/1800-3500rpm タイヤ:(前)295/40R21(後)295/40R21(ピレリPゼロ) 燃費:7.9km/リッター(JC08モード) ※参考資料です※ 2013年 メルセデスベンツ GL550 4MATIC AMGエクスクルーシブパッケージ COLOR:オプシディアンブラック
有限会社 アリーナ
メルセデスベンツ
GLKクラスGLK300 4マチック
売約済み
メルセデスベンツ GLKクラス GLK300 4マチック

メルセデスベンツのGLKクラス(Id:4967783)の中古車詳細 >

35341km
神奈川県
H.22年(2010)
修復歴 : 無し
続......変な色モータース! 毎度言いますが、メルセデスがすべてにおいて素晴らしい車だから、誰もがみんな乗るのも良く理解できる! だから、僕を筆頭に人と異なるものを欲しがる変わり者にしてみると、やはりボディーカラーで個性を出すしかなくなってくる。 そんな個性を、ふんだんにかもし出すカラーなどメルセデスジャパンの区役所のようにお堅い脳みその役人みたいな人たちの目に映る車のカラーは モノクロの白黒でしか映っていないので、気の利いた車のボディーカラーなんてそんなにあるわけじゃない。 言葉変えれば、イレギュラーに日本に上陸したカラーを狙うしかないのだ。 ましてや、同じ考えを持ち合わせた人たちは山ほどいるようで、気の利いたボディーカラー人気は集中して相場を一段階も二段階も超えた高値がついてしまうのも現状でして..... 個性豊かであっても、基本がなってないと手を出さないT-WORKSは、より一層と仕入れのハードルが高くなるわけだが そこは自分の気に入った車であれば、いつものように相場を飛び越えても持ち帰り店頭に並べます! 売れなかったら? 自分で乗れば良いじゃないですか? そう!好きな車を仕入れていれば、どうしても売れない場合は自分で見立てた車に乗れるのだからうれしい限り! でも必ずやお気に入りいただけます。 その要因は........まずはブラックのバンパーが付いているオフロードパッケージ!、特殊なボディーカラー、角ばった独特のデザイン、走行距離35000km、Wサンルーフ、 うーんっ! たまらない!
T-WORKS
menu