-並び替え-

-現在の検索条件-

1048
見つかったよ

クーペの中古車(22ページ目)

ベントレー
コンチネンタルR
488万円
ベントレー コンチネンタル R

ベントレーのコンチネンタル(Id:4368508)の中古車詳細 >

51300km
東京都
H.7年(1995)
修復歴 : 無し
1995年 ベントレー コンチネンタル R CONTINENTAL R Mulliner Park Ward フル装備 本革シート エアバック ABS 純正アルミ CDチェンジャー ディーラー車 左ハンドル ETC 取扱説明書 コンチネンタルR(Continental R )はイギリスの自動車メーカーであるベントレーモーターズが販売するクーペタイプの高級車である。1991年から2002年まで販売され、当時ベントレーで最もパワフルで最も高価なモデルであった。このモデルは1965年のベントレー・Sタイプ以来、久々のロールス・ロイスと共有されない独自のモデルである。また初めてGM製4L80-Eトランスミッションを採用したモデルでもある。 ボディーはジョン・ヘファーマンとケン・グリーンリーによりデザインされ、その他のモデルにも展開された。ロールス・ロイスの平らな面とは対照的に、わずかに湾曲した面が与えられた。0.465のCd値自体は平凡だったが、それ以前のベントレーよりは大幅に改善された。コンチネンタルRはサッシュレスドア、後部の微妙なスポイラー効果、18inのアロイホイールを特色とした。 コンチネンタルRにはベントレー・ターボRのギャレット・エアリサーチ(Garrett AiResearch )製ターボチャージャー付き6.75リットルエンジンが搭載された。最高出力は242kW、最大トルクは610N?mであったが、ロールス・ロイスは公式には数値の提供を拒否した。 新しいGM製4L80-Eオートマチックトランスミッションを採用し、前輪はベンチレーテッドディスクブレーキを搭載した。最高速度は233km/h、0-60mph(0-97km/h)は6.6秒であった。 安全装備として運転席・助手席エアバッグ、ABS、トラクションコントロール、前席シートベルトプリテンショナー、後席3点式シートベルト等を装備。 タイヤ前 255/55R17 102W タイヤ後 255/55R17 102W エンジンはV型8気筒OHVICターボ 最高出力 286kW(389ps)/4000rpm 最大トルク 750N・m(76.5kg・m)/2000rpm タンク容量/108リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 -.--m 1995年 ベントレー コンチネンタルR CONTINENTAL R Mulliner Park Ward
有限会社 アリーナ
menu