-並び替え-

-現在の検索条件-

206
見つかったよ

BMW ミニの中古車(6ページ目)

BMW
ミニクラブマン クーパー 限定車ウェンブリー サンルーフ バイキセノン ワンオーナー
179.2万円
BMW ミニ クラブマン クーパー 限定車ウェンブリー サンルーフ バイキセノン ワンオーナー

BMWのミニ(Id:4353357)の中古車詳細 >

21290km
埼玉県
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
偉大な初代のクラシックミニの後継と言う、重いプレッシャーを背負いながら登場したセカンドジェネレーションのMINIも、さまざまなバリエーション展開をしながら、早くも3代目に突入。2代目で登場したクロスオーバーや、現行モデルでは全車が3ナンバーサイズになったこともあり、「あんな大きくなってミニなんて名前はないでしょ」なんて憎まれ口をたたく人もいますが、あのシルエットは紛れもなくMINI。初代の可愛らしいデザインだけじゃなく、ピリッと辛口なエンジンも踏襲して、現在もミニは進化し続けているのはご存じのとおりですね。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったミニは、セカンドジェネレーションのミニでいう所の「2代目」となるR56系をベースに、使い勝手を大幅に向上させたクラブマン。初代ミニに倣えば「カントリーマン」や「トラベラー」などのネーミングが思い浮かぶ、ワゴンタイプのミニ。80ミリほどホイールベースを延長した姿は、さながらダックスフントの様に胴長。この独特なシルエットもクラブマンの魅力のひとつですね。 ボディカラーはペッパー・ホワイト・ソリッドに、ブラックのルーフのコンビネーション。さらにこちらの車両は「ウェンブリー」となります。ウェンブリーはモデルの後半に登場したパッケージオプションなので、厳密に言うと限定車ではないのですが、マニア心をくすぐる厳選された専用装備が魅力。精悍な17インチサイズのアルミホイールは、ブラックに塗装されたコニカル・スポーク・アルミホイール。エンジンフードとサイドには専用ストライプが貼られます。他の人とはちょっと違った特別な1台をお求めの方にピッタリな1台と言えるでしょう。 また、非常に珍しいオプションとして、ガラスサンルーフと、バイキセノン・ヘッドライトが装着されています。ガラスサンルーフは2枚の大型ガラスで後席まで解放感がいっぱい。チルトは2枚とも、スライドはフロント側が開くシステムで、ルーフライニングに装着されるシェードはメッシュというオシャレさ。そしてバイキセノン・ヘッドライトは説明する必要もないほどに知名度が高いですが、ガス放電による圧倒的な明るさと、優れた省消費電力が魅力。ターボエンジンのクーパーSには標準なのですが、クーパーではハロゲンライトがデフォルトなので、この装備は嬉しいですね。それにしても限定車のウェンブリーにさらにオプションを装着するという「増し増し」な車両は非常に珍しいですが、どちらも希少性だけでなく、実用性のあるオプションとして人気がありますね。 修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと完備した車両となります。新車から一人のオーナーさまに大切に扱われたワンオーナーの車両で、走行距離は年式を考慮するとかなりローマイレッジな部類に入る21200キロとなります。基本的にはノーマルの状態をキープした車両ですが、高速道路を多用するドライバーさんにはありがたいETCを装備。信頼のパナソニック製で、カードの挿し忘れなどを防止できる音声タイプとなります。また、近年では装着率が上がっている、ドライブレコーダーを装備。ケンウッド製で、キーのON/OFFに連動していますから、面倒な操作も不要。こういった装備が装着されているのはありがたいだけでなく、前オーナーさまの車に対する愛着が感じられる要素と言えますね 平成23年09月 000007キロ MINI納車前点検(MINIサービス工場) 平成24年08月 003411キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成25年08月 007339キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成26年08月 010603キロ 法定2年定期点検(1回目車検・MINIサービス工場) 平成27年11月 014302キロ 臨時整備履歴(プログラミング・MINIサービス工場) 平成28年08月 016455キロ 法定2年定期点検(2回目車検・MINIサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
ミニクーパーSクロスオーバー ワンオーナー 社外ナビ&ワンセグ
189万円
BMW ミニ クーパーSクロスオーバー ワンオーナー 社外ナビ&ワンセグ

BMWのミニ(Id:3964147)の中古車詳細 >

33620km
埼玉県
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
幅広いバリエーションを有するBMWが手がけた「新世代ミニ」の中でも、もっとも大きなボディを身にまとうクロスオーバー。日本以外ではカントリーマンという往年のオールドミニのファンにとっては懐かしいネーミングを付けていますが、クロスオーバーの名に相応しい逞しいボディと、ミニの名に恥じないキビキビと街中も高速道路も走るドライビングプレジャーを兼ね備えています。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったクロスオーバーは、パワーに余裕のあるクーパーSとなります。新車からひとりのオーナー様に大切に扱われたワンオーナーで、記録簿は新車から都内BMWミニサービス工場で毎年発行された5枚が揃っています。車検が長いのも見逃せませんね。あまり街中でも見かけない洒落たカラーは、ライトコービーにホワイトルーフの組み合わせ。カロッツェリア製のメモリーナビを装着している点も嬉しいですね。ミニのシートカバーで有名なCAVANAのシートカバーを装着しています。 平成23年10月 MINI納車前点検(MINIサービス工場) 平成24年09月 007149キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成25年09月 013018キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成26年10月 021607キロ 法定2年定期点検(1回目車検・MINIサービス工場) 平成27年10月 027285キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成28年10月 033196キロ 法定2年定期点検(2回目車検・MINIサービス工場)
ロッソカーズ
menu