-並び替え-

-現在の検索条件-

65
見つかったよ

BMW 1シリーズの中古車(4ページ目)

BMW
1シリーズ116iA スタイル ワンオーナー ハーフレザー HDDナビ 走行1700キロ
売約済み
BMW 1シリーズ 116iA スタイル ワンオーナー ハーフレザー HDDナビ 走行1700キロ

BMWの1シリーズ(Id:4657691)の中古車詳細 >

1700km
埼玉県
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
足代わりに使うコンパクトカーに、走りの楽しさを求めるのは無茶な話なのか。その答えがノーだという事は、1シリーズのステアリングを握ったことがある方なら、大きく頷く事でしょう。このクラスで唯一のFRレイアウトに、必要にして十分なパワーのエンジンを搭載した1シリーズは、他のメーカーの同カテゴリーの車両とは一線を画す出来栄え。それもそのはずで、兄貴分の3シリーズに近いシャシーレイアウトで、走りの質はワンランク上と言っても過言ではないからです。しかし最新型の1シリーズは残念ながら前輪駆動となってしまったため、1シリーズのアイデンティティと言える後輪駆動を楽しめる年代は、F20系が最後となってしまいましたね。だからこそ今、F20系1シリーズを楽しんでおくべきタイミングと言えるでしょう。 自動車業界で長く働いていると、ごくまれに面白い事があり、この年式で1700キロの走行距離とは、いったいどんな使い方をしていたのか疑問に思ってしまうほど。下記に記録簿を記載していますが、どこかのお店に長い期間売れることなく在庫されていたわけでもなく、新車から一人のオーナーさまに大切に扱われた車両なのですから驚きですね。なんせ、新車登録から初めての12ヶ月点検までで250キロしかマイレッジが伸びていない訳ですから、新車から現在までの車歴のほとんどをガレージで過ごしたであろう事は、想像に難くありませんね。 こちらの車両は、F20系1シリーズとしては前期モデルに当たります。デビュー当初は見慣れないフェイスに戸惑った方も多かった前期モデルですが、シュッとした顔つきに変わった後期モデルと見比べると、なんとなく愛嬌がある前期フェイスも悪くないなんて感じてしまうのは、ついついブサカワな犬を選びたくなってしまう感情に似ているかもしれませんね。もちろん走りの良さなど、実力が伴っているからこそではあるのですが。 116iの中でも、装備の面で充実している「スタイル」になります。ノーマルの1シリーズと比較すると、オシャレさがプラスされた車両で、例えばフロントグリルや、バンパーモールにホワイトのアクセントが入るのが外見上の特徴のひとつ。特にこちらの車両はボディカラーがブラックサファイア・メタリックですから、そのコントラストが見事。エクステリアだけでなく、インテリアもホワイトをモチーフにしていて、シートはサイド部分がレザーで、センター部分がメトロクロスの、シルバーパールグレーのハーフレザーシート。トリムパネルはホワイトアクリルガラストリムという、まるで真っ白な陶磁器のようなトリムが装着されます。ナイトドライブを美しく演出してくれるアンビエントライトは、BMW伝統のアンバーの他に、ブルーにチェンジする事も可能です。 オプションで装着されるナビゲーションに関してご説明します。情報量が多く、処理速度も速いHDDナビゲーションで、操作はシフトノブ後方のi-DRIVEコントローラーで行います。ラジオチューナーとCDはもちろんですが、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、スマートフォンやMP3プレーヤーなどの音楽を、クリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャック、ステアリングから手を放す事無く、オーディオなどの操作が可能なマルチファンクションステアリングスイッチなど、上級モデルに負けない装備となります。 搭載されるエンジンは直列4気筒1600CCターボエンジン。もはや近年のBMWでは定番といえる直4エンジンですが、パワーは136馬力と控えめ。しかし街中での運転のしやすさの指標と言えるトルクは、22,4キロ。おまけにエンジン回転数が1350rpmから4300rpmまでフラットにトルクが出るので、低回転しか回せない街中から、高速道路の追い越し車線まで、見事にカバーしてくれるグッドバランスなエンジン。エコプロモードなどを選択できる、効率の良い8速オートマチックで燃費も良好なのも嬉しいですね。 修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと完備した、東京23区内ワンオーナーの車両。1700キロのマイレッジでは、BMWではナラシ運転も終わっていないほどの距離と言えるでしょう。ローマイレッジな車両で特に感じるのが、シートのヘタリの無さ。ドライバーがシートに座る時間が多いほどヘタリますし、徐々にヘタリが出るので、オーナーさんは感じにくいのですが、シャキッとしたシートに座ってみると「新車の頃はこんなに座り心地が良かったのか」と痛感してしまいます。ここまでのローマイレッジのF20系の前期モデルは、今後は出会えないかもしれないので、ちょっとでも気になった方は、ご覧になる価値がある1台と言えます 平成26年09月 保証証発行(BMWサービス工場) 平成27年09月 000253キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年09月 000613キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年09月 000894キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成30年09月 001207キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
1シリーズM135i カーボンスポイラー バックカメラ
売約済み
BMW 1シリーズ M135i カーボンスポイラー バックカメラ

BMWの1シリーズ(Id:4414707)の中古車詳細 >

9500km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
コンパクトカーのカテゴリーでは唯一と言っても良いFRレイアウトを採用した1シリーズの中でも、かなりなホットモデルと言えるM135i。本来であれば5シリーズや7シリーズに搭載される直列6気筒3000CCターボエンジンを搭載しているわけですから、ちょっと一般的な車ではないかもしれませんが、それこそ腕に覚えのある方であれば、これ以上ない相棒になってくれるでしょう。FRレイアウトの高性能エンジンで、日本でも扱いやすいボディサイズという、まるで日本の車好きの為の様な車なわけですからね。 今回ロッソカーズで入荷した車両は、走行距離は9500キロという、年式を考慮すると非常にローマイレッジな車両となります。ボディカラーは近年のBMWの新定番と言えるアルピン・ホワイト3で、修復歴などのない車両。インテリアは禁煙ですから、イヤなタバコ臭さや、シートやカーペットへの焦げ跡などもない、クリーンなインテリアとなります。また、フロントをキリッとした顔つきにしてくれる、リップスポイラーを装着。美しい織目のカーボン製となります。 M135iについて、さらっとおさらいすると、BMWの弟分と言える1シリーズに、BMWの伝家の宝刀と言える直列6気筒エンジンを搭載したホットモデル。ターボで武装した3000CCエンジンは320馬力のパワーと、45.9キロとトルクと言う、ボディサイズからは想像つかない程に熱い心臓を備えています。これだけの高性能を持て余すことなく走らせられるのは、BMWならではの高剛性ボディと、きめ細やかな制御をしてくれる電子デバイスのおかげ。路面状況がドライだろうがウエットだろうが、車を信じてアクセルだってブレーキだって床まで踏みつける事が出来る安心感も兼ね備えています。 エクステリアから普通の1シリーズのMスポーツと、M135iを見分けるのはなかなか難しいですが、冷却性能を高めるためにオミットされたフォグランプと、精悍なフェリック・グレーに塗装されたドアミラーと、アルミホイールの隙間からチラリと見える対向キャリパーのMスポーツブレーキくらいでしょう。もっとも、M135iほどの高性能な車では、リヤビューを拝まされる事の方が多いでしょうから、左右出しのマフラーで判別するのが一番手っ取り早いかもしれませんね。 インテリアも、Mモデルに準じたフィニッシュとなります。ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーのインテリアに鋭く輝く、アルミニウム・ヘキサゴン・トリムパネルに、パドルシフトを装着したスポーツステアリング。激しい横Gでもしっかりと身体をホールドしてくれるスポーツシートなど、生粋のMモデル程は過激ではないにせよ、十分にスポーツマインドにあふれたインテリアとなります。また、フロントドアを開けた際のエントランスプレートや、メーター液晶部分にM135iのロゴが入るのがオーナー心をくすぐりますね。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります。 平成25年12月 000011キロ BMW納車前点検(BMW新車整備センター) 平成26年05月 000155キロ サービスキャンペーン(BMW新車整備センター) 平成27年02月 001226キロ 法定1年定期点検(BMW新車整備センター) 平成27年09月 001730キロ リコール対応(燃料ポンプ交換・BMW新車整備センター) 平成27年10月 001743キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年12月 003956キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成29年11月 006504キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
menu