-並び替え-

-現在の検索条件-

4
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

アルファロメオ
GTV3.0 V6 24V
売約済み
アルファロメオ GTV 3.0 V6 24V

アルファロメオのGTV(Id:3931578)の中古車詳細 >

77777km
東京都
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO GTV 3.0 V6 24V 02年式 車検2年付 ロッソアルファ 走行距離77,777km ディ-ラ-車 装備(右ハンドル 6MT FULL CL 社外リモコンキー ABS Wエアバック CDデッキ タンレザーシート AW ETC HID(LOW) 等長フロントパイプ オーバーレーシング製ステンリアサイレンサー ブレンボ4PODキャリパー(フロント) リアスポイラー ) ※当社販売・管理車両! ※入庫時エンジン載せ替え、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り全交換、サーモスタット交換、クラッチO/H済み! ※タンレザ-内装! ※納車整備時タイヤ4本新品交換サービス! ※納車整備付(24ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,290 全幅:1,780 全高:1,315 ホイールベース:2,540 トレッド前/後(mm):1,510/1,530 車両重量(kg):1,420 車両総重量:1,640 乗車定員(名):4 新車価格(円):4,650,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,958 ボア×ストローク(mm):93.0×72.6 圧縮比:10.0:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):218/6,300 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):27.0/5,000 燃料タンク容量(L):70 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:205/50R16 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り点検・調整、各マウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換、 タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、エアクリーナーエレメント点検 又は交換、プラグ点検又は交換、油脂類点検・交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、 エンジンオイルエレメント点検又は交換、ワイパーブレード点検又は交換、バッテリー点検又は交換、前後エンブレム点検又は交換、 タイヤ4本交換、他 入庫時エンジン載せ替え、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り全交換、サーモスタッ ト交換済み! 【お店から一言】 当社販売・管理車両のアルファロメオGTV 3.0 V6 24Vが入庫しました! 前オーナーさんがもう少しで自宅に着くというところでオーバーヒートにあってしまい残念なことにエンジンに 大きなダメージを受けてしまい入庫しました。エンジンをオーバーホールするか?それとも程度の良い中古エンジンを見つけて載せ替えるか? いずれにしても多額の修理代がかかってしまいます。 そこにきて、今までご実家にお住まいになっていたのですが引っ越しをされることになり家賃や駐車場代を考えると 維持することが厳しくなってしまう為に今回は手放さざるを得なくなってしまいました。 肝心のエンジンが使用不可能な状態では販売することもできません。そうなると廃車という選択枝も考えなければならない状況ですが、 ただでさえ希少なGTV、さらにはエンジン以外はいたって問題ないどころか外装も内装も良いコンディションを維持しています。 これを廃車にしたら車の神様に申し訳が立ちません。そこで何とか程度の良い中古のエンジンを探して載せ替えることにしました。 ところがそう簡単にはいきませんでした・・・。 現車の型式は「GH-916C1B」でちょうど中間のモデルになりますが探して出てくるのは初期モデルの「GH-916C1」ばかり。 こうなるとエンジン型式が違ってしまい車検に通りません。最終モデルは「GH-916CXB」になりこれも使えません。 ただでさえ台数の少ないGTVの中でさらに希少な中間モデル。工場向上の中で圧エンジンが見つかるのを末しかありません。 まつこと数ヶ月、心も折れかけてきた頃ついにエンジンを発見しました! 同じエンジンを乗せているスパイダーの部品取り車から外されたエンジンです!型式もエンジン型式もバッチリ同じ! もちろん、そのエンジンを手配していよいよ復活への作業が動き始めました! ようやくエンジンの目処がついたのですが今度はコンディションが気になります。異音はしていないか?オイル漏れは大丈夫か? 不安が頭をよぎっては消えよぎっては消えを繰り返しますがここは信じて末しかありません。そして待望のエンジンが届きました! しっかり木の台座に固定され梱包されて届いたエンジンとついにご対面です。グルグル巻にされた梱包材を外して 現れたエンジンを舐め回すように確認します。中古エンジンなのでピカピカとはいきませんが大きなオイル漏れの跡も確認できません。 クーラント漏れもないようですがアルファロメオのV6エンジンではサーモスタットのOリングが経年劣化でクーラント滲みをおこし易いので 作業性の良いエンジン単体のうちにサーモスタットと合わせて交換をすることにします。いつ交換されたのかわからないタイミングベルト関係も ウォーターポンプを合わせて交換しておきたいところです。もちろん後は実際に載せてエンジンをかけてみないことには最終的な判断はできません。結果が出るまでの時間はとても長く感じるモノです。 日々の仕事の合間に少しずつエンジンを仕上げていきました。各部を点検しながら必要な部品を手配し交換していく、地味な作業です。 このGTVが復活してあのV6サウンドを放ちながら走っている姿を想像しながら作業を進めていきます。 もどかしいような待ち遠しいような何とも言えない時間が過ぎていきます。 今回はエンジンこそ開けてはいませんが各部の点検、部品の交換をしながらちょっとお色直しもやってやります。 特にインテークパイプはアルファロメオのV6エンジンのアイデンティティでもありますから外したついでにピカピカにみがいてやりました。 これだけでもエンジンを眺めていたくなりますよね。そうそう、エンジンを載せ替えるついでですからクラッチもO/Hします。 なるべくネガは消しておきたいので。 日々の作業の合間を縫っての作業ですから思いの外時間がかかってしまいますがエンジンも一通り作業を終えて主のいなかったエンジンルームに 新しい心臓が載ることになります。ここでもダメにはなていなかったのですが空っぽのエンジンルームだからこそ 作業性の良いところで交換すべくクラッチホースをステンメッシュで製作・交換しました。 そして無事にあるべきエンジンを取り戻したGTVが再び鼓動を打ち始めるときがやってきました。油脂類を交換しクーラントを入れて 数ヶ月ぶりにエンジンに火が入ります。エンジンは大丈夫なのか、アイドリングは正常か、異音はないか、オイルはもれないのか・・・ 幾多の不安とともにワクワクドキドキの期待は膨らみます!さぁエンジン始動です! 一瞬のくすぶりを見せてあっけなくエンジンは目覚めました!アイドルアップの効いたエンジンはV6らしい排気音を奏でながら 長い眠りから目覚めたのです。各部が熱で焼ける臭いがしてきます。それも少しの間でしだいにオイルが行き渡りメカニカルノイズも 少しずつ小さくなっていき本来のアルファロメオV6エンジンのスムーズで粒の揃ったエンジン音になっていきました。 私の心配をよそに気持ち良さそうに綺麗なアイドリングを続けているエンジンに思わず「お帰り!」といってしまいました! 撮影のため久し振りに公道を走るGTV。そのエンジンは滑らかな回転を続けピニンファリーナの美しいデザインのボディをいとも容易く前へ前へと引っ張っていきます。 エンジンオイルが暖まった頃合いで少し回転を上げてやると間髪入れずに加速をはじめ心地よいアルファロメオV6サウンドを聞かせてくれました。 等長フロントパイプとオーバーレシングのステンリアサイレンサーは伊達ではありませんでした。 排気音もけして大き過ぎず排気音をさらに魅力的に演出してくれています。 エンジンのことばかりになってしまいましたがタンレザーの内装も傷みも少なく良いコンディションを維持しています。 個人的には真っ赤なボディにタンレザーは一番似合うと思うのですがいかがでしょうか?大型の専用リアスポイラーもいいですね。 外装では前後のエンブレムも美しい状態を保っています。ボディも極端な色焼けもなく美しいデザインをさらに映えさせてくれています。 GTV専用の16インチアルミホイールが足下を飾りホイールの隙間から除く「ブレンボ4PODキャリパー」がさりげなく高性能を主張しています。 これも大きなお世話かも知れませんが新しいオーナーさんには是非インチアップはなさらないでいただきたい。 ピニンファリーナの斬新なデザインはモダンとクラシックが見事に融合されています。 このデザインにはこの50扁平がベストだと思うのですがいかがでしょうか? ついに復活を遂げたアルファロメオGTV!見て良し、乗って良し、所有して良し!と3拍子そろったアルファロメオのスポーツクーペ! 贅沢で官能的なV6エンジンとの組み合わせはアルファロメオ好きでなくても車好き、スポーツカー好きなら気になる存在であることは間違いありません! 二度と出てこないであろう至極のスポーツクーペは想像以上に貴方の人生を変えてくれること間違いなし! 少しでも気になりだしたら貴方はこのGTVの虜になっているかも知れません。 男なら人生に一度くらいこんなカッコイイ車に乗っておくべきだと断言しておきます!
ロッソコルサ
アルファロメオ
ブレラ3.2JTSスカイウィンドーQ4 Qトロニック4WD 6AT
売約済み
アルファロメオ ブレラ 3.2JTSスカイウィンドーQ4 Qトロニック4WD 6AT

アルファロメオのブレラ(Id:3480752)の中古車詳細 >

89000km
兵庫県
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
★ブレラのウィークポイントのプロペラシャフトの新品交換済で安心です♪デザインコンシャスな一台です!!

【装備/オプションなど】
●4WD/(Q4)トルセン・センターデフ(メカニカル式)
●6速AT(Qトロニック)
●スカイウィンドゥ
●ポルトローナフラウ社製レザーインテリア
●純正18インチアルミホイール
●ナビ/TV/バックモニター
●ETC
●インテリキー
●HIDライト
●パワーシート
●取扱説明書/記録簿他・・・


【アルファブレラって!?】
●イタリアンクーペの宿命の『人を振り返らせ、視線を釘付けにしてしまうデザイン。』
まるで美しい女性を表現する様な要望をアルファブレラは背負い産まれてきた・・・・.
これだけで、所有する価値があると思えるのは私だけでしょうか!?

エクステリアデザインは『官能的なデザイン』・『モダンデザイン』の巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ自身が自由にデザインした同名のスタイリングコンセプトが発端なだけにそりゃカッコ良く美しいのも納得出来ますよね。
未来的!?なルーフデザインはフロントウィンドゥが屋根まで伸びている様に見えるSKY WINDOWを採用し、室内から大きな空を切り取って観ることが出来、雨の日のドライブでさえ楽しくさせます。暑い陽差しの時は大型のシェイドも有るのも嬉しいですね。
そしてナニよりもブレラのチャームポイントは、グラマラスなヒップライン♪
張りのある面と、美しくV字を描くリアウィンドゥはまさに、美しい女性の後ろ姿をイメージさせますね♪

そして、インテリアも豪華で期待を裏切りません!!
伝統の3連メーターや、3連エアダクトなどは往年のファンも嬉しい演出・・・。
そして高級家具メーカーで有名な「ポルトローナフラウ社」の高級レザーインテリアが奢られまさに隙ナシ!!今回ご紹介させて頂いたブレラは、発売当初人気の高ったブルーとタバコ(薄い茶色)のツートーンのインテリアカラー♪

トランク容量も300Lと外観からは想像出来ないラゲッジ容量を確保し、
フルタイム4WD、雨でも楽しめるスカイウィンドゥ、そしてドライブする事、所有する事が嬉しくなるポルトローナフラウレザーインテリア、そして現代彫刻の様な美しいボディデザイン、洗練された走りと、まさに全天候型グランドツーリングカーと言えますね。

【スタッフより一言】
●今回入庫のアルファブレラですが、内外装共に非常に美しく、
しかもトラブルも少ない希少の『JTSスカイウィンドーQ4 Qトロニック4WD (6AT搭載車)』です。セレスピード等とは違って、Qトロニック(AT)はトラブルも少なく、イージーにアルファの世界を楽しめる・・・
そんな一台です♪ 気になるブレラのお決まりのウィークポイントのプロペラシャフトですが、ご安心下さい!! もちろん新品交換済みです!!(コレが意外と高く付くのです(笑))車検も『平成28(2016)年10月まで』残っていますので乗り出しもお安くお買い得な一台です☆是非、美しいイタリアンクーペでグランドツーリングをお楽しみ下さい♪
官能のアルファロメオの世界がアナタをお待ちしております♪

【詳細写真】
●エクステリア
http://blog.kobe-square.net/?eid=1227842
●インテリア
http://blog.kobe-square.net/?eid=1227841

【新車時基本スペック】
■新車時基本スペック■
■アルファ ロメオ アルファブレラ スカイウインドーJTS Q4 Qトロニック 4WD
●発売年月:07(H19)/03
●車体寸法(全長×全幅×全高):4415×1830×1380(mm)
●シート列数:2列
●ホイールベース:2530mm
●使用燃料:ハイオク
●車両重量(AT/MT/CVT):1780/-/-(kg)
●駆動方式:四輪駆動(4WD)

■INFORMATION■
スクエアは認証工場が始めたクルマ屋です。
ラテン車やイギリス車の様な楽しいクルマをもっとお客様に知って頂きたい。
そんな想いでラテン車、イギリス車を取り扱っております。
一番のネガティブな要素は、国産車と比べると壊れやすい。修理が高い?
そんな皆さまの心配を少しでも軽減出来ます様に、特に整備に力を入れております。
全車、保証付販売は勿論、GTAや3.2V6エンジン、旧車などにはリフレッシュプランもご用意しております。
美しいボディを眺めているだけでは勿体ない!!
是非、ガンガン乗り回して本来のクルマの楽しさをご体感下さいませ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■法人名 :有限会社スクエア
■住所 :神戸市北区八多町吉尾1301-3
■OPEN :9:30~19:30
■CLOSE :定休日/水曜日
■TEL :078-891-5189
■Factory :近畿運輸局認証工場第7070号
■設備 :イタリア・フランス車用テスター
■PIT :リフト2機
■WORK :車検/一般整備/修理/事故/買取/販売など
■URL : http://kobe-square.net

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【店主よりひと言】

●クルマの魅力ってなんでしょうか?
便利さや経済性・・・それも大切ですが、やはり忘れちゃいけないのが
パッション(情熱)でしょ!?
乗って楽しく、観てワクワクドキドキする。
そんな楽しさがまだまだラテン車やイギリス車には残っています。
国産車が忘れてしまったモノ・・・。
もう一度、思い出してみませんか?

そうドキドキした初恋を思い出して♪
有限会社スクエア
アルファロメオ
GTV3.2V6-24V リフレッシュプラン付 赤本革シート・インダシュナビ・ETC・保証付
売約済み
アルファロメオ GTV 3.2V6-24V リフレッシュプラン付 赤本革シート・インダシュナビ・ETC・保証付

アルファロメオのGTV(Id:3006421)の中古車詳細 >

100000km
兵庫県
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
★希少3.2V6-24V搭載GTV最終モデル!! 好評のリフレッシュプラン施工済!!

ーー■スクエアから一言■ーー
●今回は熟成したアルファロメオ珠玉のエンジン3.2V6-24V搭載のGTV最終モデルです。
アルファ新時代でJTSエンジンにシフトして数年経ちましたが、
未だに3.2V6エンジンはファンの間では垂涎の的なんですよね。
前回のGTVの時にも記載しましたが、唯でさえ良質な個体が減って行っている今、
もはや絶滅危惧種では無いかと思われる3.2V6搭載車・・・。
発売がモデル末期だった為に、殆ど新車も売れなかった様ですし・・・。

・・・と云う訳で今回も良質なGTVの個体から【スクエア・リフレッシュプラン】を
施工し、新車時の様なレスポンス、官能のアルファサウンド、
軽快ハンドリングに、超軽いクラッチのGTVに蘇りました。
元々、前オーナー様が大切に乗っていらっしゃった事もあり、機関に関しては
この走行距離とは思えない良質な状態が保たれておりましたので
リフレッシュプランをし、お客様にGTV本来の楽しさを味わって頂きたいと考え、施工致しました☆

装備はインダッシュナビ・ETC・赤本革インテリアと豪華で艶のあるインテリアは必見です☆エクステリアは、いわずもがな!! ピニンファリーナの芸術的デザイン!!
ため息が出る様な美しいデザインはまさに伊達オトコのクーペです。
このクルマを普段の足にガンガン乗らないのは勿体無さ過ぎます!! 思いっきり遊んで♪ 旅に出て♪ そしてアルファサウンドをお楽しみください☆ ようこそラテンLIFEへ♪


※(スクエアリフレッシュプランとは?
部品代を除き、整備工賃のみで約50~70万円相当の重整備をさせて頂いております。)


ーー■リフレッシュプラン内容■ーー
●タイミングベルト一式新品交換
●ウォーターポンプ一式新品交換
●クラッチオーバーホール
●エンジン脱着整備(プラグ・シリンダーカーボン除去など)
●フライホイール新品交換
●足廻り/キャリパー・ローター・サス・ブッシュなど
●水廻り/OIL廻り
●テスター診断/診断書お渡し・・・他 多数!!

ーー■お支払い総額■ーー
●上記のリフレッシュプラン、車検2年受け渡し、安心納車整備、諸費用、26年度自動車税、基本保証など全て込で
【お支払い総額143万円】(他府県登録別途要)です。


ーー■詳細写真■ーー
●GTVエクステリア詳細写真
★ http://blog.kobe-square.net/?eid=1227760

●GTVインテリア詳細写真
★ http://blog.kobe-square.net/?eid=1227759

ーー■新車時基本スペック■ーー
■アルファ ロメオ アルファGTV 3.2 V6 24V
●発売年月:03(H15)/07
●車体寸法(全長×全幅×全高):4295×1780×1320(mm)
●シート列数:2
●ホイールベース:2540mm
●使用燃料:ハイオク
●車両重量(AT/MT/CVT):-/1420/-(kg)
●駆動方式:前輪駆動(FF)


■INFORMATION■
スクエアは認証工場が始めたクルマ屋です。
ラテン車やイギリス車の様な楽しいクルマをもっとお客様に知って頂きたい。
そんな想いでラテン車、イギリス車を取り扱っております。
一番のネガティブな要素は、国産車と比べると壊れやすい。修理が高い?
そんな皆さまの心配を少しでも軽減出来ます様に、特に整備に力を入れております。
全車、保証付販売は勿論、GTAや3.2V6エンジン、旧車などにはリフレッシュプランもご用意しております。
美しいボディを眺めているだけでは勿体ない!!
是非、ガンガン乗り回して本来のクルマの楽しさをご体感下さいませ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■法人名 :有限会社スクエア
■住所 :神戸市北区八多町吉尾1301-3
■OPEN :9:30~19:30
■CLOSE :定休日/水曜日
■TEL :078-891-5189
■Factory :近畿運輸局認証工場第7070号
■設備 :イタリア・フランス車用テスター
■PIT :リフト2機
■WORK :車検/一般整備/修理/事故/買取/販売など
■URL :http://kobe-square.net

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
有限会社スクエア
menu