-並び替え-

-現在の検索条件-

2
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

アルファロメオ
1473.2 GTA セレスピード
99.9万円
アルファロメオ 147 3.2 GTA セレスピード

アルファロメオの147(Id:4215445)の中古車詳細 >

56417km
東京都
H.16年(2004)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO147GTA selespeed 04年式 平成31年7月2日 ロッソアルファ 走行距離56,417km ディーラー車 装備(右ハンドル 6速AT(シーケンシャルモード付き)FULL CL キーレスエントリー ETC HDDナビ・TV ABS 4エアバック HIDヘッドライト VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール) ASR(アンチスリップ・レギュレーション) MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール) FPS(火災防止装置) 他) ※低走行車!車検が長い! ※スタッドレスタイヤを夏タイヤに変更できます! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,200 全幅:1,765 全高:1,430 ホイールベース:2,545 トレッド前/後(mm):1,520/1,505 最低地上高:--- 車両重量(kg):1,390 車両総重量:1,665 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):4,441,500円 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24バルブ 総排気量(cc):3,179 ボア×ストローク(mm):93.0×78.0 圧縮比:10.5:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):250/6,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):30.6/4,800 燃料タンク容量(L):60 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:225/45ZR17 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り点検、 ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、ミッション・駆動系点検、エアコン点検、バッテリー点検、 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ、クーラント)、タイヤ4本交換、他 【お店から一言】 近代アルファロメオの中でも群を抜いてホットな奴、アルファロメオ147GTAが入庫しました! 現車は前オーナーさんが大切に乗られていたのですがライフスタイルの変化の為に断腸の思いで手放す決心をされたとのこと。 そこで以前から気になっていた当社ならと大切にしてきた147GTAをお譲りいただきました。 基本的にはフルノーマルの素性の良い個体ですがいくつか前オーナーさんの好みで変わっているところがあるんです。 その一つがシーケンシャルシフトレバー! ノーマルはシフトアップが後ろに、シフトダウンが前にシフトを操作しますが違和感を覚える方も少なくないそうで なんとこの147GTAは逆になっています! シフトアップは手前に、シフトダウンが前に操作できるようになっています。 こちらのほうが自然だということだそうですが単純にシフトレバーの取り付けを180度回転させただけとのこと! なかなかのアイディアですね!でも巷では結構流行っているそうで私が知らなかっただけのようです・・・。 逆になると操作は良いけどシフトパターンが逆になってしまいます!でもご安心を! 何と逆のシフトパターン用のプレートが売っているそうです!いやはやすごいですね! ノーマルの操作がお好みの方には簡単に戻せますので対応いたします。 もちろん、シフトパターンのプレートも含めて戻しますのでご安心を! ETCはもちろんナビ・TVも付いている快適仕様の147GTA! 2DINサイズの画面は大きくて視認性も良く使い勝手は最高ですね! 外装は若干色焼けしていた左右のドアを綺麗に再塗装しました。 ヘッドライトも左右ともに綺麗な状態を保ってます! 147GTAを手に入れると言うことは回せば回すほど底なしのパワーが湧き出てくるアルファロメオ史上最強のV6エンジンを買うと言うこと! DOHC、3.2L、250PSの自然吸気エンジンは、エンジンをかけた瞬間から「こいつ、只者じゃないな!」とドライバーを挑発してきます。 とにかく、せっかくの147GTAに乗っていただくなら、全開で走れるコンディションでないと意味がありません! その為には我々は納車整備を惜しみません!自社・認証工場にて「攻めの整備」を実施致します! 近年、エコの呪縛に牙を抜かれた車ばかりですが、147GTAは、今では絶滅危惧種の「超攻撃型」の車です! 街乗りや渋滞のときにはセレスピードの恩恵をしっかり受けて楽ができ、運転を楽しむときには 戦闘機にもなるこいつは本当にすごい奴です! ひとたびアクセルを床まで踏み込めば、あっと言う間に別世界! あっ、言っておきますがくれぐれも免許がなくならないように気をつけてくださいね!大人が本気で遊べる車、それがこの147GTAです!
ロッソコルサ
フィアット
アバルト 500ベースグレード
135万円
フィアット アバルト 500 ベースグレード

フィアットのアバルト 500(Id:4004353)の中古車詳細 >

79943km
東京都
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
ABARTH 500 09年式 平成30年7月19日 ホワイト 79,943km ディーラー車 装備(右ハンドル 5Fマニュアル FULL Wエアバック サイドエアバック ABS CDデッキ ETC ABCペダル ESP(ASR/MSR/HBA) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング レザーシート(フロントのみレッド/ブラックのコンビ)16インチアルミホイール 前後レッドキャリパー フォグランプ リアスポイラー ローダウンスプリング 社外リアサイレンサー サジタリオECU(バージョンプリモ) フロントタワーバー リアフロアバー アルミフューエルキャップ 社外テールレンズ ※タイミングベルト・ウォーターポンプ交換済み(71,350km時)! ※取扱説明書・記録簿あり! ※車検長い! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):3,655 全幅:1,625 全高:1,515 ホイールベース:2,300 トレッド前/後(mm):1,415/1,410 最低地上高: 車両重量(kg):1,110 車両総重量:1,330 乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):2,950,000-(税別) 【エンジンデータ】 種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ 総排気量(cc):1,368 ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):135/5,500 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):18.4/4,500 燃料タンク容量(L):35 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:195/45R16 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、タイミングベルト類及びテンショナー類点検 ウォーターポンプ点検、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検又は交換、足廻り点検、駆動系点検 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、ブレ-キ、冷却水)、他 【お店から一言】 イタリア車の中でも今一番熱いABARTH500が入庫しました! 正規輸入が開始された最初の頃の右ハンドル・5速マニュアルのベースグレードです! 一昔前のイタリア車のように最近ではチューニングされている割合がグッと高いABARTH500ですが、現車もそんな1台です! 足廻りをローダウンスプリングに交換して適度に車高を落とし、ECUをABARTH500のオリジナルパーツを豊富に製作・販売されている 「サジタリオ」オリジナルの「バージョンプリモ」でパワーアップを計っています! ボディにはフロントに「OKUYAMA」のストラットタワーバー、リアトランクにはフロアバーが装着されています。 実は輸入が始まった頃に乗ったものよりもボディ剛性が高く感じたのですがタワーバーとフロアバーは伊達ではないようですね! リアサイレンサーにはフェラーリではお馴染みの「チュービスタイル」のステンリアサイレンサーが装着されています! 音量はけして大きすぎないので適度な心地よいエキゾーストノートを楽しんで頂けると思いますよ! 内装はレザーシート!フロントはセミバケットタイプでレッドとブラックのコンビ! ロアシートはブラックにレッドステッチと贅沢な内装はABARTH500をさらに魅力的にしてくれます! 外装ではリアコンビネーションランプを社外品に交換されています。ノーマル部品もありますからいつでも元に戻せるのも嬉しいですね! ドアミラーカバーもクロームメッキタイプに変わっていますがレッドタイプもちゃんとあります! 隠れたおしゃれ?としてはフューエルキャップがアルミ製に交換されています!ガソリン給油時にもついにんまりしちゃうかも! 初めてのマイナーチェンジを受け手一つ前のモデルになった初代ABARTH500ですが まだ見慣れていないせいかこちらのほうがより「らしく」見えるのは私だけでしょうか? また色んなモデルが出てくる度に価格も上がってきてしまいなかなか手が出なかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ようやくこなれてきた個体も出てきた今、近年では珍しくなったホットハッチ!ABARTH500との時間を楽しんでみるのも良いですね! 納車整備では長年ラテン車を扱ってきた経験とノウハウを生かした「攻めの整備」 ロッソコルサ仕上げを実施、自社・認証工場にて毎日の通勤でも安心してお乗り頂けるコンディションにてご納車させていただきます! 最新のABARTHもロッソコルサにお任せ下さい!
ロッソコルサ
menu