-並び替え-

-現在の検索条件-

5
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

BMW
3シリーズ320d ワンオーナー クルーズコントロール コンフォートアクセス 
249.4万円
BMW 3シリーズ 320d ワンオーナー クルーズコントロール コンフォートアクセス 

BMWの3シリーズ(Id:4458761)の中古車詳細 >

10400km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
過密した日本の道路事情に良く合ったDセグメントのボディに、高性能なエンジンとFRレイアウトという高級車と同じ駆動方式のおかげで上質な乗り味で、スポーティで若々しいイメージのルックスで、どこに乗り付けても恥ずかしくないステイタス性を持ち合わせている3シリーズは、日本だけでなく、世界的に見ても人気が高く、スポーツセダンの世界的指標となっています。今回ロッソカーズのラインナップに加わった3シリーズは、近年人気の高いディーゼルターボエンジン搭載の320d。ワンオーナーで、走行距離は10500キロ弱と、非常にローマイレッジな車両となります。ユースドカー市場では人気があるにもかかわらず、意外に台数が少ないブラックサファイアのボディカラーもいいですね。 日本のマーケットでディーゼルエンジンと言うと、「うるさい」「振動が多い」「遅い」「黒煙ばっかり吐き出す」というネガティブな4拍子が揃っていて、良くないイメージが定着しているかもしれません。しかし世界に目を向けて見ると、燃費が良くて、トルクフルなおかげで街中から高速道路までストレスなく乗れて、CO2削減に大きな効果があるという、ポジティブな意見が多いエンジン。とくにヨーロッパでは、もはやガソリンエンジンよりもランクが上で、「地球環境を考えている、エココンシャスな人がチョイスする車」というステイタス性を持っています。事実、日本の正規ディーラーで、BMWやミニのディーゼルエンジン搭載車を試乗した方たちは、次の購入の候補のひとつに入れたい人や、抵抗なく購入したという方がほとんど。それも若い方であればあるほど、ディーゼルエンジンを選ぶという統計が出ています。 実際にディーゼルエンジンがどれだけ魅力的かと言うのを文章でご理解いただくのは難しいですが、直列4気筒2000CCツインパワーターボエンジンは、パワーは184馬力と、ガソリンエンジンの320iとほぼ同等ですが、トルクは38.7キロと、一昔前のガソリンV型8気筒4000CCに匹敵するほどの太いトルクを持っています。それも低回転からモリモリと発生するトルクのおかげで、スタート&ストップが多い首都圏では市街地で乗りやすく、トルクがあればあるほど疲れないと言われる高速域でも、その実力をいかんなく発揮してくれます。振動はガソリン直4エンジンと同じくらいで、騒音はアイドリング時に車外で耳を澄ますと少しカラカラ音が大きいかな?と言う程度。深夜や早朝の住宅街で気を遣うレベルではないでしょう。 装備に関してご説明致します。ドアロック・アンロックと、エンジンのON/OFFは、ポケットやバッグにキーを入れたままでOKなコンフォートアクセスを備えています。また、キーを持っていれば、リアバンパー下に足をかざせば、トランクリッドが開くスマートオープナーを装備しています。純正で装着されるナビゲーションは、処理速度が速く、情報量も多いHDDナビとなり、オーディオはAM/FMチューナはもちろん、CDプレーヤー、CD音源を録音できるミュージックサーバー、MP3プレーヤーやスマートフォンに入った音楽を、クリアな音質で聴くことができるAUXジャックが備わります。 こちらの車両は、ひとりのオーナーさまに大切に扱われた車両で、修復歴は無く、記録簿も完備した車両。走行距離は非常に少ない10500キロで、インテリアは禁煙だったこともあり、非常にキレイなコンディションをキープしています。 平成25年11月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成26年12月 002985キロ 法定1年定期点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成27年12月 005366キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年11月 007739キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
6シリーズ650iMスポーツ・パッケージ ベージュ革 LEDライト 20アルミ
399.6万円
BMW 6シリーズ 650iMスポーツ・パッケージ ベージュ革 LEDライト 20アルミ

BMWの6シリーズ(Id:4401887)の中古車詳細 >

24460km
埼玉県
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
熱く荒々しい運動性能を、流体の如く流れる美しいスタイリングで隠す。6シリーズとは代々そういうものです。 第一世代は、世界一美しいクーペと言われた、E24系。第二世代は、初代のプレッシャーを軽々とクリアして、美しさと力強さのあるスタイリングで我々の目の前に復活したE63系。そして今回ロッソカーズに入庫した車両は、第三世代と言える、現行モデルのF13系です。写真で見ると、美しい反面、少々線が細く見えがちな現行6シリーズですが、実物を見ると、美しい中にもしっかりとした芯が存在する骨太感があり、その存在感に否定的な意見は説得力をなくすでしょう。 こちらの車両は、BMWの遺伝子をより濃く反映した、Mスポーツ・パッケージ。もはやBMWでは無くてはならない看板グレードとなっています。ただ硬いだけでなく、ドライバーに路面状況をフィードバックしてくれるサスペンションや、厚い空気の壁を切り裂くMデザインのバンパー。しっかりと身体をホールドしてくれるスポーツシートや、正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリングなど、クルマ好きを自称するのであれば、誰にでもダイレクトに心に突き刺さる説得力を持ち合わせています。 下世話な話ですが、上級グレードに位置される650iには、その価格に相応しい装備は標準で装着されます。半ドアまで閉めれば確実にロックしてくれるソフトクローズドアや、ナイトドライブをやわらかく包んで演出してくれる、インテリアのアンビエント・ライトなどは、640iではオプション設定となります。 650iという車名と排気量に統一性が無いのは、近年のBMWのデフォルトですが、4400CCのターボエンジンですから、シートに押し付けられるような暴力的な加速感を味わうことが可能。もちろん6シリーズは大人のクーペですから、鍛えた腕力を仕立ての良いスーツで隠すように、ジェントルに走るべき。もっとも407馬力もあるわけですから、少し腕に覚えのある方にとって不足ないパワーではありますがね。 修復歴はなく、記録簿を完備した車両。アルピン・ホワイト3のボディカラーのMスポーツというと、近年では最も人気のあるカラーですが、ブラック系で統一されるインテリアがベージュレザーという点も見逃せないポイント。インテリアを広々と、そして華やかに演出してくれるカラー。アンビエントライトに照らされるナイトドライブは、より一層ラグジュアリーな演出と言えますね。足元のタイヤ&アルミホイールは1インチアップの20インチとなります 平成23年12月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成24年11月 004857キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年12月 005597キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年03月 019279キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
3シリーズ320Iツーリングハイライン 黒革シート サンルーフ HID
49.9万円
BMW 3シリーズ 320Iツーリングハイライン 黒革シート サンルーフ HID

BMWの3シリーズ(Id:4220465)の中古車詳細 >

66000km
東京都
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
装備充実で美車のBMW320Iツーリング入庫いたしました!黒本革シート!サンルーフ!イカリングキセノンライト!パワーシート!プッシュスタート!カロッツェリアナビ地デジTV!CD!AUX!
ウッドパネル!アルミ!キーレス!サテライトスイッチ!マニュアルモードオートマ!

綺麗な車ですが、自社工場完備していますので、気になる箇所、ヘコミ、キズ等、御座いましたら、お気軽にお申し出ください、
当社負担で、納車までには板金塗装等をして、綺麗に仕上げて、ご納車致します。

法定整備付
法定24ヶ月点検整備(車検点検整備)安心の納車点検整備渡し オイル交換・エレメント交換・ブレーキパット点検・オーディオ点検・エアコン点検・ミッション点検・足回点検・灯火各部点検・他

納車前には、納車点検整備、オイル交換、ルームクリーニング、外装コーティングをもう一度、無料で行ない納車致します。

法定24か月点検整備(車検点検整備)諸費用込み支払総額¥67.2万円(都内、近県登録、店頭納車)別途、全国登録、陸送納車承ります。

各社、楽々オートローン クレジットカード払い 取扱店

ご希望、ご要望、ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご連絡ください、

日本全国、どちらでも、販売、納車いたします、遠方の方も陸送費半額フェアー実地しておりますので、お気軽にご相談ください、

下取りの廃車の処理もお値段を付けします、お気軽にご相談ください

2007年11月一部改良
.2モデルの装備をさらに充実させた320iと325iの装備をさらに充実させた。従来オプションで用意されていたコンフォートアクセスやクロームテールパイプトリムなどを、320iで約33万円分、325iで約58万円分も標準装備。価格は据え置きとされた。また320iに搭載される直4エンジンは出力が6ps向上している。(2007.11)

基本情報
.ワゴンになっても理念は変わらず3シリーズのプラットフォームをベースにステーションワゴンのボディをまとったツーリングが設定された。先代のモデルに比べるとひと回り大きくなったボディによりラゲージスペースは標準時の460Lから最大の1385Lまで拡大できるようになった。エンジンは160kW/250N・mのパワー&トルクを発生する2.5Lの直6DOHCの1機種で、駆動方式はFR、そして電子制御6速ATが組み合わされる。縦置きエンジンや前後50:50の重量配分など、BMW車の特徴を受け継ぎ、高い走行性能が確保されている。安全装備や快適装備などは基本的にセダンと共通だ

スペック

駆動方式
FR(後輪駆動)

車両型式
ABA-VR20

トランスミッション
6AT
.

寸法・重量・その他
.


全長×全幅×全高
4525×1815×1450mm

室内長×室内幅×室内高
−×−×−mm

ホイールベース
2760mm

最低地上高
145mm

車両重量
1540kg

乗車定員
5名

シート列数
2列

ドア数
5枚

標準カラー
ブラックIIソリッド、アルピン・ホワイトIIIソリッド、ブラック・サファイアメタリック、チタン・シルバーメタリック、モナコ・ブルーメタリック、アークティックメタリック、スパークリング・グラファイトメタリック、ディープ・グリーンメタリック、モンテゴ・ブルーメタリック、プラチナ・ブロンズメタリック、バーベラ・レッドメタリック、クリムゾン・レッドソリッド

オプションカラー
-
.

エンジン
.


種類
直列4気筒DOHC

エンジン形式
N46B20B

過給器
なし

総排気量
1995cc

使用燃料
ハイオク

燃料タンク容量
60L
.

性能
.


最高出力
156ps(115kw)/6400rpm

最大トルク
20.4kg・m(200N・m)/3600rpm

パワーウェイトレシオ
10.0kg/ps

燃料消費率(10/15モード走行)
11.4km/L

最小回転半径
5.3m
.

動力伝達・走行装置
.


タイヤ
205/55R16

ブレーキシステム(前)
Vディスク式

ブレーキシステム(後)
Vディスク式

サスペンション(前)
ストラット式

サスペンション(後)
−

★この車への「お問合せ」・「無料見積り依頼」、「在庫確認」は、お気軽にどうぞ!
★当店の在庫情報、お店へのアクセスは【店舗詳細ページ】をご覧ください。

スタッフ一同、お客様からのお問い合わせをお待ちしております。
株式会社 オートクラブオオツカ
BMW
6シリーズ630iA LCIモデル ブラックレザー 19アルミ
売約済み
BMW 6シリーズ 630iA LCIモデル ブラックレザー 19アルミ

BMWの6シリーズ(Id:4419182)の中古車詳細 >

48500km
埼玉県
H.20年(2008)
修復歴 : 無し
日本では2ドアクーペと言うと、若者の乗り物と言うイメージがありますが、ヨーロッパの2ドアクーペは大人の乗り物。ここで言う大人とは、ただ年齢を重ねたという事だけではなく、気持ちにも振る舞いにも余裕を感じさせる、紳士的な大人というイメージ。とは言え、美しい大型のクーペから美しい女性が髪をなびかせて降りてきたら、心を奪われてしまうのも事実。洋の東西も性別も問わずに、クーペのある生活というのは、なんとも華やかで、エキサイティングで、そしてすべてに余裕を感じる生活と言えるでしょう。若輩者な私としては、少しばかり背伸びしないと乗りこなせないのでは?と、ちょっぴり心配になりそうな、BMWが世界に誇るクーペ、6シリーズを入荷しました。 世界一美しいクーペと呼ばれた初代6シリーズが途絶えて約14年後に、見事に復活した第2世代のE63系6シリーズ。当時は賛否両論であったBMWのデザイン革命の真っただ中のデビューという事もあり、これまでのBMWのデザインテイストとは異なるスタイリングで登場しましたが、実は綿密に計算され尽くした、確信犯的なデザインであった事は、長い年月が経っても古く見えないという事が証明してくれています。だからこそ、ホワイトやブラックとは違い、ちょっと目線を変えるだけで様々な表情に変化してくれるミネラル・シルバーのボディカラーは実にいいですね。 こちらの車両は、E63系6シリーズでも、LCIモデルと呼ばれる後期型。一目で6シリーズと分かるスタイリングはそのままに、各部をリフレッシュしたおかげで、車が若々しく見えますね。バンパー類がリデザインされたのも、新しく見せてくれる要因のひとつですが、なんといってもライト技術が進化してLEDが多用された事が大きいのではないでしょうか。例えば点滅のキレが良いウインカーや、バータイプのテールランプなど、近年の車両では当たり前の装備を装着している事で、古臭さを払拭してくれていますし、インテリアでは、電子シフトやキーを挿さなくてもエンジンのスタート&ストップが可能な、コンフォートアクセスなど、使い勝手は前期モデルとは比べ物にならない程に進化しています。それはメカニズムにも同じことが言えます。BMWが長年温め続けた伝家の宝刀と言える、直列6気筒エンジンを搭載。E63系では、V型8気筒エンジンが印象的ですが、ちょうどこの時期にデビューした新開発のマグネシウムブロックのN52型エンジンを搭載。NAエンジンながら272馬力のカタログパワーとなります。 インテリアはブラックで統一された精悍なカラーが魅力。ウッドパネルもダーク系カラーが使われているので、とても引き締まった印象を与えてくれますね。先に紹介した電子シフトは、同年代の5シリーズなどに採用されたシフトノブとは形状が異なるスポーツシフトノブ。手に馴染む形状なので素早い操作が可能ですが、シフトアップ&ダウンはステアリングに装着されたパドルシフトでも可能となります。6シリーズともなるとボディサイズも相応ですから、リアシートも常識的な広さとなるのも嬉しいですね。ピラーから上は解放感のあるグレーカラーリングとなりますが、それ以上に解放感を与えてくれるグラスルーフは、サンルーフとは比較にならない程の大型なガラス。開ける事はできませんが、チルトアップは可能ですから、ちょっとした換気にも便利ですね。ちなみに室内側のシェードは電動式となります。 純正で装着されるナビゲーションは、情報量が多く処理速度も速いHDDナビで、操作はシフトノブ後方にあるiーDRIVEコントローラーで行います。オーディオはAM/FMチューナーとCDプレーヤー。オプションでiーPOD専用のDOCKコネクターをグローブBOXに備えます。こちらはアーティスト名や曲名が、純正モニターにすべて反映され、選曲も車両のオーディオスイッチや、ステアリングスイッチで操作が可能となる、非常に便利なオプションとなります。 修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと完備した車両となります。足元のアルミホイールは本来は18インチサイズとなりますが、こちらの車両はBMW純正オプションの19インチサイズの、スタースポーク・スタイリング249が装着されます。組み合わされるタイヤは、ヨコハマタイヤの高級車用タイヤのアドバンdBで、溝はしっかりと残っています。ドアロック開錠のタイミングで、ドアミラーに内蔵されたLEDが足元を照らしてくれるウェルカムライトや、ドアを開けた時に見えるエントランスプレートにはアンバーに輝くイルミネーション・エントランスカバーを装備。また、インテリアの各部に間接照明のアンビエントライトを装備しますから、美しくナイトドライブを演出してくれます。これらを合わせたライトパッケージを装備しています。トランクスペースは、当時、自動車のデザイン革命と言われた、通称「バングル・バッド」のおかげでクーペとしては予想外の広さですから、ちょっとした旅行カバンやスーツケースなら、余裕で積みこむことが可能です。デザイン優先なだけでなく、実用性も兼ね備えているところは、さすがにドイツの工業製品と言えるでしょう。 平成20年03月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成21年03月 005650キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成22年02月 010710キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成23年03月 015532キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成24年05月 018572キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年03月 022660キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成27年04月 030767キロ 法定2年定期点検(3回目車検・BMWサービス工場) 平成28年02月 035327キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年03月 040730キロ 法定2年定期点検(3回目車検) 平成30年07月 048139キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
menu