-並び替え-

-現在の検索条件-

111
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

メルセデスベンツ
EクラスオールテレインE220d 4マチック オールテレイン
492.8万円
新着
メルセデスベンツ Eクラスオールテレイン E220d 4マチック オールテレイン

メルセデスベンツのEクラスオールテレイン(Id:4838477)の中古車詳細 >

33909km
神奈川県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
僕が車に求めるものは、どんな悪路で悪天候になっても家族のもとえ帰れる万能な車です。 このオールテレーンは、悪路悪天候に加え4輪駆動なので、半端ない雪道までもスタットレスさえ履いていれば へいちゃらで走る事が可能かと思えば、高速道路で遠方に行っても最小の疲労感だけで済むのも特典! 排気量は2000cc 4気筒ターボエンジンなのだが、なかなか馬鹿にできず素晴らしい加速感と アイドリング時にもディーゼルと忘れる位の静かさ! そして最後になりましたが、燃費です。 街中でも12km前後、高速道路で15km以上の燃費で走行します。 まさに、良い事だらけで悪い個所がないのです! 良い事だらけのはずです........新車価格なんと950万円もするんです。 声を大にして言い切ります! 「世界最高のステーションワゴン」間違えありません! ........と、ここまで強調して言えるのは、日本一うたぐり深い僕もオールテレンの発売してすぐにオーダーして 日本全国のオークション会場もしくは買取に走り回り3年間で5万キロも使用しているからなのです! 僕達の世代は、W123、W124時代からメルセデスのステーションワゴンにかなりの思い込みを持っていて メルセデスの中で、一番オシャレなモデルはステーションワゴンで最もステータスであるのです。 でも、現代になりメルセデスEクラスのワゴンもありきたりになり、ひねくれものの僕は、ひとひねりして他人と異なるオールテレンなのです。 タイヤもデザイン重視の、ペラペラになって乗り心地もゴツゴツ感の足回りより、このオールテレンの足回りはエアサスで滑らかな乗り心地が味わえます。 ちなみに今回のオールテレンは、ほとんど運転席しか使用されておらず屋内ガレージに保管されたコンデションの良いオールテレンでして クラッシックメルセデスからマニアックな車まで盛りだくさんの数十台もお持ちの方で、当社の御意見番的な存在でもある方のクルマです。 次のオーナーに向け、3年目の車検をYANASEで済ませ、タイヤも新品に交換していただき、至りに着くセリのクルマを仕入れさせていただきました。 この場を借りて御礼申し上げます。 いつも、感謝しております。
T-WORKS
シボレー
アストロLS
173.8万円
シボレー アストロ LS

シボレーのアストロ(Id:4828839)の中古車詳細 >

58950km
神奈川県
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
T-WORKSにしてみれば、「意表を突く」ようなシボレーアストロの入場です! 1985年の発売以来T-WORKSでも、ディーラー車をはじめ、スタークラフトやらエクスプローラーなど かなりの台数を売りましたが、個人的にアストロは嫌いじゃありません。 本当は、1993年あたりのメッキバンパーのディーラー車が好きなんですがねー もうなかなかコンデションの良いのが無くて....... ブュイックリーガルワゴンも大好き! 当時僕が乗っていたのは、スピードメーターの針が横に動く1993年モデルのベージュ! 父親が、初代ビュイックパークアベニューに乗っていて、影響受けたな! 実は、VW T3&T4好きの僕ですが、アメリカ車も大好きでして 20才代前半で、若気の至りで、スティーブマックイーンに憧れ1968年の当時のディーラーの丸紅物のシェルビーGT350を 乗っていた時期もあるほど....... その後も、エルカミーノ乗ったりフルサイズのシボレーバンに乗ってスノーボードに行ったり. 久々に、オリジナルでコンデションの良いアストロに出会ってしまい、 その場を動けなくなり子供がダダをこねるように手に入れました。 AWDでは、ボディが重たくなり走らないので、軽く良く走る2WDが良いんです! 知ってますか? この当時から、世界で一番壊れないクルマは、「アメ車」なんですって!
T-WORKS
メルセデスベンツ
E350 アバンギャルドE350 アバンギャルド
216.7万円
メルセデスベンツ E350 アバンギャルド E350 アバンギャルド

メルセデスベンツのE350 アバンギャルド(Id:4792227)の中古車詳細 >

35000km
神奈川県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
ウェイブ上の掲載写真ではクルマは綺麗に写ります! まるでキャバクラ店入口の、今日の在籍タレント写真のように(笑) 写真では、紫外線を浴びずに完全密閉のガレージに入っていた車か? 夏の炎天下、もしくは塗装の敵でもある夜露にさらされていた放置プレイの状態で管理されていたクルマかは、 明確にうたっていない。 .......と、いうよりもそんなのに興味がないクルマ屋さんだったりもする、もしくは興味の無い御客様も存在する。 もっと悪いのは、屋内ガレージで保管されていた車と屋外放置プレイのクルマの判断もつかないクルマ屋さんもいるのはまずい。 少なくても僕は判断できる。 完全密閉の屋内ガレージ保管車は、オーラが漂っているのが僕には見える。 そして、僕だったら屋内ガレージ保管車にこだわる。 ボディの塗装が傷んでいないということは、艶があるのです。 ボディのゴム関係も雨、紫外線に当たっていないということは傷んでいないのです。 クルマ選びに国産車ではなく輸入車にこだわって購入するなら、こだわって屋内ガレージ保管車を購入してください。 そして今回の最終モデルのW212 E350アバンギャルドですが、某学校法人の理事長の所有者で 学校の入り口横の、電動シャッター付きの完全密閉のガレージに保管されていました。 理事長は当社からW124 E320→W211 E320→W212 E350と、3台御乗換えになられていたメルセデスファン。 新車時からの点検整備は全て某YANASE磯子支店。 車検時には必ず、YANASEでボディーコーティング&クリアビュー施工をなされ、内装はほとんどお一人でしかお乗りにならないので新車同様。 素晴しいコンデションなのです。 何よりも、僕がお勧めするのはこのモデルにはレーダーセーフティパッケージが組み込まれていて、 人間も感知してブレーキをかけてくれるカメラが付いている事が何よりもセールスポイントです! このシステムは、今後のメルセデスの中古車には無くてはならないシステムになると思う。 僕は当初、年寄りブレーキとか言っていましたが、僕自身が現在、年寄りブレーキ付きのメルセデスに乗って、実際にありがたいシステムだと実感。 久々に、毛並みの良い優等生なメルセデスを御案内できます。 ココからは余談です。 僕は新車から2年経過した中古のクルマを販売するのが多いいんです。 なぜかって言うと新車から3年間が各メーカーの保証が付いており、2年経過している値落ち感とメーカー保証1年が付いているので どこが壊れても保証してくれるのだからです。 ただし、その保証を継承するためにはディーラーで保証継承整備たるものをしなければならないのです。 先日メルセデスC220dの保証継承を終えてYANASE磯子支店で支払った費用が16000円でした。 そのあとにたまたまアウディA3セダンの保証継承しに近所のAUDI港南へお願いしました。 請求されたのが39000円でした! C220dクラスとA3セダンクラスでは、サイズがCクラスの方が上ですよね。 A3の方が格下モデル。 Cクラスと同等モデルのA4だったら保証継承代金は5万円? メルセデスの3倍高いことになる! 半沢直樹の「倍かえし!」以上の金額を支払わされたのです。 勿論、ニコニコ顔で支払ってきましたよ! もっと良い意味でビックリするのがBMWです! 2シリーズの保証継承代金は1万円以下です。 整備の無いようは、3社とも同じです。 今回は、「保証継承代金」でしたが、全ての整備代金が上記の例ではないようにAUDI社には願いたいものです....... 御金持ちの乗るクルマをユーザーに暗示したいのであれば仕方ない。 敵がメルセデスであろうと、ポルシェだろうとAUDIには、向かうところ敵ナシなのか? ..........世界中に敵がいなくても、僕だけは敵になりましょうか? ちなみに、現在のT-WORKSの展示場、過去もそうですが、今後もしばらくはAUDIの在庫はしないでしょう! (クルマ屋の、オーナーが納得して自分が販売するのに似合った、良い物だけを売るスタイルが取れるのが個人営業店の強さなのです)
T-WORKS
ポルシェ
911 Carrera 4SCarrera 4S
327.8万円
ポルシェ 911 Carrera 4S Carrera 4S

ポルシェの911 Carrera 4S(Id:4719959)の中古車詳細 >

66984km
神奈川県
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
今回のクルマも、はしたない御言葉からスタートさせていただきます 「クソも味噌も一緒にするな!」 今回、T-WORKSに入場したポルシェはまさに、天皇陛下御用達の極上の御味噌なのです! ネットで同型ポルシェはたくさん出てます。 写真では、カメラマンの腕と高価なカメラのおかげで、非常に良く映ってます。 現車を見て、触って、室内の匂いを嗅いでください。 良いものを判断できる目を養ってください。 いつも、物事を自分に置き換えて構想する僕にとって 空冷ポルシェの価格高騰のおかげで、もはやどうあがいても購入など考えられません。 そうすると、ポルシェブランドを手に入れるためには、価格高騰をしていない水冷ポルシェに目が映る ただし、普通が嫌いな僕は当時のポルシェ社がターボボディが余っていたために制作された 3,6リッターのエンジンを積んだグラマラスなリアフェンダーを備えたカレラ4Sだろう! それはまさに、前オーナーと同じ考え方! ただし、僕と完全に異なる事が、前オーナーのポルシェを保管しておくためのガレージが素晴らしいのだ! 核シェルターの様な分厚いコンクリートの壁で囲まれ、クルマ2台が余裕で格納され、 バカでかい入口のシャッターは、リモコンボタン一つで動き出すクルマ好きにとってうらやましい限りのガレージで保管されていたのです。 幾ら大切にして保管していても、水冷エンジン御約束のエンジンブローを2年前に起こしてしまいましたが そこはチャンとした大人! 200万円からの費用を支払いコンデションの良いエンジンに戻ってますのでご安心を! 軽々しい言葉に聞こえますが、「男なら一度はポルシエを!」 誰もが抱く事でしょう! 出来れば、セカンドカー もしくはサードカーで所有していただければ幸いです。
T-WORKS
menu