-並び替え-

-現在の検索条件-

2
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

アルファロメオ
ブレラ3.2JTSスカイウィンドーQ4 Qトロニック4WD 6AT
売約済み
アルファロメオ ブレラ 3.2JTSスカイウィンドーQ4 Qトロニック4WD 6AT

アルファロメオのブレラ(Id:3480752)の中古車詳細 >

89000km
兵庫県
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
★ブレラのウィークポイントのプロペラシャフトの新品交換済で安心です♪デザインコンシャスな一台です!!

【装備/オプションなど】
●4WD/(Q4)トルセン・センターデフ(メカニカル式)
●6速AT(Qトロニック)
●スカイウィンドゥ
●ポルトローナフラウ社製レザーインテリア
●純正18インチアルミホイール
●ナビ/TV/バックモニター
●ETC
●インテリキー
●HIDライト
●パワーシート
●取扱説明書/記録簿他・・・


【アルファブレラって!?】
●イタリアンクーペの宿命の『人を振り返らせ、視線を釘付けにしてしまうデザイン。』
まるで美しい女性を表現する様な要望をアルファブレラは背負い産まれてきた・・・・.
これだけで、所有する価値があると思えるのは私だけでしょうか!?

エクステリアデザインは『官能的なデザイン』・『モダンデザイン』の巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ自身が自由にデザインした同名のスタイリングコンセプトが発端なだけにそりゃカッコ良く美しいのも納得出来ますよね。
未来的!?なルーフデザインはフロントウィンドゥが屋根まで伸びている様に見えるSKY WINDOWを採用し、室内から大きな空を切り取って観ることが出来、雨の日のドライブでさえ楽しくさせます。暑い陽差しの時は大型のシェイドも有るのも嬉しいですね。
そしてナニよりもブレラのチャームポイントは、グラマラスなヒップライン♪
張りのある面と、美しくV字を描くリアウィンドゥはまさに、美しい女性の後ろ姿をイメージさせますね♪

そして、インテリアも豪華で期待を裏切りません!!
伝統の3連メーターや、3連エアダクトなどは往年のファンも嬉しい演出・・・。
そして高級家具メーカーで有名な「ポルトローナフラウ社」の高級レザーインテリアが奢られまさに隙ナシ!!今回ご紹介させて頂いたブレラは、発売当初人気の高ったブルーとタバコ(薄い茶色)のツートーンのインテリアカラー♪

トランク容量も300Lと外観からは想像出来ないラゲッジ容量を確保し、
フルタイム4WD、雨でも楽しめるスカイウィンドゥ、そしてドライブする事、所有する事が嬉しくなるポルトローナフラウレザーインテリア、そして現代彫刻の様な美しいボディデザイン、洗練された走りと、まさに全天候型グランドツーリングカーと言えますね。

【スタッフより一言】
●今回入庫のアルファブレラですが、内外装共に非常に美しく、
しかもトラブルも少ない希少の『JTSスカイウィンドーQ4 Qトロニック4WD (6AT搭載車)』です。セレスピード等とは違って、Qトロニック(AT)はトラブルも少なく、イージーにアルファの世界を楽しめる・・・
そんな一台です♪ 気になるブレラのお決まりのウィークポイントのプロペラシャフトですが、ご安心下さい!! もちろん新品交換済みです!!(コレが意外と高く付くのです(笑))車検も『平成28(2016)年10月まで』残っていますので乗り出しもお安くお買い得な一台です☆是非、美しいイタリアンクーペでグランドツーリングをお楽しみ下さい♪
官能のアルファロメオの世界がアナタをお待ちしております♪

【詳細写真】
●エクステリア
http://blog.kobe-square.net/?eid=1227842
●インテリア
http://blog.kobe-square.net/?eid=1227841

【新車時基本スペック】
■新車時基本スペック■
■アルファ ロメオ アルファブレラ スカイウインドーJTS Q4 Qトロニック 4WD
●発売年月:07(H19)/03
●車体寸法(全長×全幅×全高):4415×1830×1380(mm)
●シート列数:2列
●ホイールベース:2530mm
●使用燃料:ハイオク
●車両重量(AT/MT/CVT):1780/-/-(kg)
●駆動方式:四輪駆動(4WD)

■INFORMATION■
スクエアは認証工場が始めたクルマ屋です。
ラテン車やイギリス車の様な楽しいクルマをもっとお客様に知って頂きたい。
そんな想いでラテン車、イギリス車を取り扱っております。
一番のネガティブな要素は、国産車と比べると壊れやすい。修理が高い?
そんな皆さまの心配を少しでも軽減出来ます様に、特に整備に力を入れております。
全車、保証付販売は勿論、GTAや3.2V6エンジン、旧車などにはリフレッシュプランもご用意しております。
美しいボディを眺めているだけでは勿体ない!!
是非、ガンガン乗り回して本来のクルマの楽しさをご体感下さいませ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■法人名 :有限会社スクエア
■住所 :神戸市北区八多町吉尾1301-3
■OPEN :9:30~19:30
■CLOSE :定休日/水曜日
■TEL :078-891-5189
■Factory :近畿運輸局認証工場第7070号
■設備 :イタリア・フランス車用テスター
■PIT :リフト2機
■WORK :車検/一般整備/修理/事故/買取/販売など
■URL : http://kobe-square.net

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【店主よりひと言】

●クルマの魅力ってなんでしょうか?
便利さや経済性・・・それも大切ですが、やはり忘れちゃいけないのが
パッション(情熱)でしょ!?
乗って楽しく、観てワクワクドキドキする。
そんな楽しさがまだまだラテン車やイギリス車には残っています。
国産車が忘れてしまったモノ・・・。
もう一度、思い出してみませんか?

そうドキドキした初恋を思い出して♪
有限会社スクエア
アルファロメオ
スパイダー3.2JTS Q4 Qトロニック ディスティンクティブ4WD フラウウレザー
売約済み
アルファロメオ スパイダー 3.2JTS Q4 Qトロニック ディスティンクティブ4WD フラウウレザー

アルファロメオのスパイダー(Id:3178147)の中古車詳細 >

33000km
兵庫県
H.20年(2008)
修復歴 : 無し
★走行たったの33.000キロの極上スパイダー入庫しました!! フラウレザー装備!!

■装備(オプションなど)■
●6速AT車
●フラウレザー
●パワーシート
●シートヒーター
●CD
●キーレス
●電動オープン
●アルミホイール
●記録簿
●4WD
●新車並行車

■オススメPOINT■
希少!!3.2/Qトロニック搭載車搭載の美しいスパイダー入庫しました。
ピニンファリーナとジウジアーロのWネームの何とも贅沢なスパイダーなのです☆
美しくエキセントリックなデザインにフラウレザー採用のラグジーインテリア♪
官能のサウンドに爽快なハンドリング♪ ホントこれを楽しいと感じない人が世のクルマ好きにいるのでしょうか? 艶のあるデザインのクルマが少なくなった今、本当にアルファロメオと云うメーカーは罪なメーカーですね。

走行もたったの33.000キロの極上車!!
お探しの方、是非見逃さない様にして下さいねー☆
内外装・機関共に良好で車検も残ったオススメの一台です。



■詳細写真■
●エクステリア
http://blog.kobe-square.net/?eid=1227774
●インテリア
http://blog.kobe-square.net/?eid=1227773


■新車時基本スペック■
■アルファ ロメオ アルファスパイダー 3.2 JTS Q4 Qトロニック ディスティンクティブ 4WD
●発売年月:08(H20)/08
●車体寸法(全長×全幅×全高):4400×1830×1395(mm)
●シート列数:1列/2人乗り
●ホイールベース:2530mm
●使用燃料:ハイオク
●車両重量(AT/MT/CVT):1860/-/-(kg)
●駆動方式:四輪駆動(4WD)


■INFORMATION■
スクエアは認証工場が始めたクルマ屋です。
ラテン車やイギリス車の様な楽しいクルマをもっとお客様に知って頂きたい。
そんな想いでラテン車、イギリス車を取り扱っております。
一番のネガティブな要素は、国産車と比べると壊れやすい。修理が高い?
そんな皆さまの心配を少しでも軽減出来ます様に、特に整備に力を入れております。
全車、保証付販売は勿論、GTAや3.2V6エンジン、旧車などにはリフレッシュプランもご用意しております。
美しいボディを眺めているだけでは勿体ない!!
是非、ガンガン乗り回して本来のクルマの楽しさをご体感下さいませ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■法人名 :有限会社スクエア
■住所 :神戸市北区八多町吉尾1301-3
■OPEN :9:30~19:30
■CLOSE :定休日/水曜日
■TEL :078-891-5189
■Factory :近畿運輸局認証工場第7070号
■設備 :イタリア・フランス車用テスター
■PIT :リフト2機
■WORK :車検/一般整備/修理/事故/買取/販売など
■URL : http://kobe-square.net

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【店主よりひと言】

●クルマの魅力ってなんでしょうか?
便利さや経済性・・・それも大切ですが、やはり忘れちゃいけないのが
パッション(情熱)でしょ!?
乗って楽しく、観てワクワクドキドキする。
そんな楽しさがまだまだラテン車やイギリス車には残っています。
国産車が忘れてしまったモノ・・・。
もう一度、思い出してみませんか?

そうドキドキした初恋を思い出して♪
有限会社スクエア
menu