-並び替え-

-現在の検索条件-

162
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

マツダ
MPV23S 後期型 社外フリップダウンモニター 両側電動スライドドア バックカメラ 全国1年保証付
49.9万円
新着
マツダ MPV 23S 後期型 社外フリップダウンモニター 両側電動スライドドア バックカメラ 全国1年保証付

マツダのMPV(Id:4659001)の中古車詳細 >

90800km
埼玉県
H.20年(2008)
修復歴 : 有り
◇コミコミ価格69.9万円◇

コミコミ価格の中には下記内容が含まれています

・全国1年保証
・納車前安心整備
・鑑定書発行
・車検2年取得
・名義変更
・外装ポリマーコート
・車内クリーニング/オゾン消臭

*月割り自動車税や陸送費やオプション費用などは別途かかりますのでご了承ください



こちらのMPVはズバリ「後期型」!
メッキパーツを多用し、ヨーロピアン調のデザインでとってもオシャレなミニバン!

そして!!「社外フリップダウンリアモニター」付!
地デジTV、DVDが視聴可能です!お子様も大喜び♪

さらに!「両側パワースライドドア付き」!!
安価なMPVだとパワースライドドア自体付いていないものが多い中、しっかりと両側パワースライドドアを装備!

他にも、!「バックカメラ」を装備!!
安全に車庫入れを行えます。これなら運転が苦手なママも安心♪

この型のMPVは「カラクリシート」と言って、2列目シートが独立したキャプテンシート・繋げたベンチシート、どちらにもアレンジが可能です。

社外HDDナビ、CD再生、ミュージックサーバー、ビルトインETCも付いて内外装がキレイで状態の良いものは、このお値段ではなかなかありません。


【基本スペック】

★H20年式MPV 23S 後期型
★走行距離:9.1万km
★車検:2年取得
★修復歴:有り
★色:パールホワイト
★排気量:2300CC
★乗車定員8名
★後期型
★純正エアロ
★純正17インチアルミホイール
★革巻ステアリング
★HIDヘッドライト
★フォグランプ
★電動格納ミラー
★ウィンカーミラー
★ドアバイザー
★両側パワースライドドア
★2列目「カラクリシート」
★リア5面プライバシーガラス
★キーレスキー
★社外フリップダウンリアモニター
★社外HDDナビ
★バックカメラ
★地デジTV
★CD
★DVD再生
★ミュージックサーバー
★ビルトインETC
★外装ポリマーコート施工
★車内クリーニング済み
★オゾン消臭除菌済み
★全国1年保証付き
★機関良好、走行テスト済み
★交換不要なタイミングチェーンで安心



▼代表者プロフィール
https://www.lineup-car.com/history/
▼社員プロフィール
https://www.lineup-car.com/staff/
▼お客様インタビュー
https://www.lineup-car.com/interview/
▼適正価格とは?
https://www.lineup-car.com/reasonable/
▼車選びのQ&A
https://www.lineup-car.com/qa/
▼ローン事前審査
https://www.lineup-car.com/loan/
▼無料相談
https://www.lineup-car.com/soudan/
株式会社 ラインアップ
BMW
3シリーズ320iA X-Drive ラグジュアリー レザー 純正HDDナビ バックカメラ
259.2万円
BMW 3シリーズ 320iA X-Drive ラグジュアリー レザー 純正HDDナビ バックカメラ

BMWの3シリーズ(Id:4654799)の中古車詳細 >

24900km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
近年のBMWの「駆動輪革命」とも言える大改革は、FRの絶対的信者だったBMWがなぜ?とファンが思ってしまうほどに多角的になっていますね。もはやFF/FR/4輪駆動と、全ての駆動を生産しているメーカーとなっているわけですから、時代もずいぶん変わったと思う往年のBMWファンも多い事でしょう。もっともコンパクトクラス以外はFRをベースにしたトルク変動分散4輪駆動というのがBMWらしいこだわりとも言えますね。BMWでは4輪駆動の事を「X-Drive」と呼びますが、このX-Driveは従来のBMWらしいダイナミックな走りはそのままに、トラクションが必要な時には車体を安定させてくれるので、もはやFRでは制御しきれないハイパワーな車両にとっては必然と言えるでしょう。そして何より、降雪地帯で今まではBMWを諦めていたコンシューマーにとっては、これ以上にないプレゼントと言えるでしょう。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、そのX-Driveの車両ですが、SUVとは違い、一般的なセダンの3シリーズを4輪駆動にした、320i X-Driveラグジュアリーとなります。3シリーズに4輪駆動というと、なかなかイメージが湧きにくいかもしれませんが、過密した日本の交通インフラで扱いやすいボディサイズに、ラグジュアリーならではの充実した装備、そして天候を気にする事無く目的地を目指せる4輪駆動ならではの安定した走りを兼ね備えた、究極の実用車と言えるでしょう。それはもちろん、降雪地帯にお住まいの方や、降雪地帯に向かう機会が多い方にもオススメですが、もはや首都圏でも突然の積雪や、思いがけない大雪などもあり得る訳で、万が一の保険代わりにX-Driveをチョイスするのも良いですね。 こちらの車両は3シリーズの中でも、グレード名のラグジュアリーの名に相応しい、充実した装備が魅力。エクステリアは派手さが無く、落ち着いた印象を与えてくれ、各部にクローム処理されたモールディングが装着されます。インテリアは触り心地の良いレザーと、鏡面仕上げが美しいウッドパネルなどに包まれています。もちろん3シリーズでは純正HDDナビゲーション&バックカメラや、キーを出さずにドアロック&アンロックやエンジンスタート&ストップが可能なコンフォートアクセスなど、欲しい装備はほぼ揃っています。近年のBMWでは走りのイメージが強いMスポーツが定番となっていますが、しなやかな乗り心地と、BMWらしい上質さを兼ね備えたラグジュアリーを選ぶというのもアリですね。 「BMWと言えば直列6気筒エンジン」という図式は、近年では薄れてきている感がありますね。特にCO2削減や、対衝突安全性の面では不利な部分もあり、直列4気筒エンジンがだいぶ主流となってきましたね。こちらの車両も直列4気筒エンジンを搭載しています。しかしBMWが造ったエンジンですから、動力性能には不満はありません。3シリーズの中でも、ロープレッシャーなターボを装着したエンジンは184馬力で、力強く走らせる為に必要なトルクは24.5キロとなりますから、必要にして十分、いや、十分以上と言えるでしょう。それはもちろん、効率の良いトランスミッションありきとなります。こちらの車両のオートマチックは、このカテゴリーにしては少々贅沢とも言える8速ATとなります。 こちらの車両は、走行距離が約25000キロと、年式を考慮するとローマイレッジな車両となります。ドイツ車としてはナラシ運転が終わって、やっと角が取れ始めた、ちょうど脂の乗ったタイミングと言えます。もちろん修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと残った1台。インターネットの普及で、3シリーズに限らず、車も価格重視で選ぶ傾向にありますが、生まれは同じでも育ちが違っては、同じ土俵に立たせるにはあまりに乱暴。長くBMWライフを満喫するためにも、コンディション重視で選ぶべきでしょう。もちろんこちらの車両は、ロッソカーズが自信を持ってオススメできる車両となります。また、4輪駆動の車両で気になる、シャシーの錆ですが、こちらの車両は東京23区内で使用された車両で、融雪剤が撒かれた地域にはほとんど行かなかったようで、キレイなコンディションをキープしていることも付け加えておきましょう。 平成25年12月 新車保証書発行(BMWサービス工場) 平成26年06月 000013キロ BMW納車前点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成27年02月 005198キロ 法定1年定期点検・BPS納車前点検(BMWサービス工場) 平成27年12月 009939キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年12月 013461キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成30年12月 021627キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成31年02月 022149キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
3シリーズ320iA ラグジュアリー ワンオーナー ベージュレザー バックカメラ
189.2万円
BMW 3シリーズ 320iA ラグジュアリー ワンオーナー ベージュレザー バックカメラ

BMWの3シリーズ(Id:4623920)の中古車詳細 >

42200km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
過密した日本の交通インフラでは、大きすぎる車は扱いにくく、ちょうどいいサイズ感で、高性能で上質な車を選ぼうとすると、意外に選択肢が少ないもの。となると、おのずと輸入車に目が行きますよね。Dセグメント・クラスの中でも、希少となったFRレイアウトに、高性能なエンジンという組み合わせで、唯一無二の存在と言える、BMW3シリーズ。スポーツサルーンの世界的指標となっている1台です。サイズが限られたDセグメントでは、スペース効率の観点では不利なFRレイアウト。エンジンを縦置きにせざるを得なく大長くなるボンネットに、室内の真ん中を通る邪魔なセンタートンネル。しかしBMWがFRレイアウトにこだわるのは、その走りの良さ。エンジンを縦置きにすると、フロントのタイヤを極限まで前に出すことが出来て、フロントのオーバーハングを短く、ホイールベースを長くとる事が可能で、回頭性能と高速安定性の両方を兼ね備える事ができ、センタートンネルのおかげでシャシーは高剛性。そして、操舵と駆動が別々なおかげで、自然なステアリングフィールや加減速が可能。走りを極めれば、自然と辿り着くのがFRレイアウトなのです。 ちょっと前説が長くなりましたが、今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、F30系の3シリーズ。先代モデルとなってしまいましたが、現行モデルの「G系」はかなりなキープコンセプトと言うこともあり、「F系」も決して古さを感じさせないですし、見慣れたスタイリングは、誰が乗っても、どこに乗り付けても違和感のない安心感がありますね。幅広いグレード展開だったF30系3シリーズは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンとハイブリッドエンジンの3本立てで、標準モデルからオプションでモダン・ラグジュアリー・スポーツ・Mスポーツとさらに5本立てで、選ぶのが迷ってしまいそうですが、こちらは一般的なガソリンエンジンの320iで、上質な装備が魅力のラグジュアリーとなります。BMWというとスポーツ性能に重きを置く方が多く、Mスポーツに人気が集まりがちですが、BMWには高級感を求める方も非常に多く、ラグジュアリーも人気のあるグレード。Mスポーツの固めな足回りや、ホールド性能優先のシートより、しなやかなドライブフィールで心地よい座り心地のシートに身体を包まれて長距離の目的地を目指すのも、悪くない選択肢ですよね。だいたいにして、走りにこだわりを持つBMWですから、Mスポーツ以外でも走りは十分に合格点を与えられるほどに「しっかり感」のあるサスペンションの味付けですからね。 ラグジュアリーというグレードでは、やはりその充実した装備が一番の魅力と言えるでしょう。インテリアは適度な包まれ感と解放感がバランスよく融合しています。Mスポーツなどではブラックを基調としたインテリアですが、こちらの車両は華やかなベージュのインテリアカラー。シートはレザーで、運転席と助手席には寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターを備えています。インテリアの各部には、間接照明のアンビエントライトが備わりますから、ナイトドライブを美しく演出してくれます。ブラックのインテリアでもアンビエントライトは装備されますが、明るいカラーのインテリアの方が映えますね。エクステリアでは、BMWの伝統と言えるキドニーグリルの縦ルーバーや、フロント&リアのバンパーモール、サイドウインドウモールなどはクローム処理されています。ボディカラーがブラックサファイア・メタリックなので、特にクロームとの相性が良いですね。足元のアルミホイールは標準車では16インチですが、ラグジュアリーでは1インチアップの17インチで、繊細なフィンが美しいマルチスポーク・スタイリング414が装着されます。 日本仕様の3シリーズでは、本国ではオプション扱いの装備はほとんど標準で装着されますから、欲しい装備はほぼ揃っていると思って頂いて結構です。ナビゲーションは上級車種と同じくHDDナビゲーションで、ラジオ・CDはもちろん、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、スマートフォンやMP3プレーヤーなどの音源をクリアな音質でお聴き頂けるAUX、アーティスト名や曲名なども出せるUSB、そもそも有線の接続すら必要ないBluetoothなど、お好きな音楽に包まれて、快適なドライブをお楽しみ頂けます。バックカメラはステアリングガイド連動で、リアバンパーに内蔵された障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)は、音とグラフィックで障害物を知らせてくれますし、オプションでフロントバンパーにもPDCを装備していますから、車庫入れだけでなく、狭い場所での車体感覚もつかみやすく、うっかりバンパーを壁に擦ってしまうアクシデントも防げますね。 ずっとこだわり続けていたこともあり、「BMWと言えば直列6気筒エンジン」というイメージをお持ちの方も多いと思います。かく言う私もそうですが、そういった図式は、近年では薄れてきている感があります。特に年々厳しくなるCO2削減目標や、対衝突安全性の面では長いエンジンは不利な部分もあり、直列4気筒エンジンがだいぶ主流となってきています。こちらの車両も直列4気筒エンジンを搭載しています。しかしBMWが造ったエンジンですから、退屈なエンジンなはずがありません。3シリーズの中でも、ロープレッシャーなターボを装着したエンジンは184馬力で、力強く走らせる為に必要なトルクは24.5キロとなりますから、必要にして十分、いや、十分以上と言えるでしょう。組み合わされるオートマチックは、多段の8速となりますから、効率が良く、スパスパとシフトアップしてゆきますが、シフトショックも少なく、今現在この車は何速で走っているのだろう?と疑問に思ってしまうほどにスムーズ。燃費が良いのも嬉しいポイントですね。シフトノブは近年のBMWと同様の電子シフトノブで、操作しやすくスタイリッシュなデザインです。 こちらの車両は、東京23区内で使用されたワンオーナーの車両で、点検記録簿を見てみると新車で購入したBMWディーラーのサービス工場で発行されています。それも下記の通りに1年ごとに発行されていますので、よほど愛情を持って所有していたのでしょう。汚れが目立ちがちなカラーのインテリアですが、キレイな状態をキープしています。もちろんルーフライニングもキレイな状態で、ヨーロッパ車にありがちな天井の垂れなどもありません。室内の灰皿やシガーライターは使用した形跡のない禁煙車で、イヤなタバコ臭さはもちろん、シートやカーペットの焦げ跡などもないクリーンな状態となります。 平成24年09月 000009キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成25年07月 008925キロ 法定1年定期点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成26年08月 014316キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年07月 018640キロ 法定2年定期点検・臨時整備(リコール)・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成28年07月 025518キロ 法定1年定期点検・臨時整備(リコール)(BMWサービス工場) 平成29年07月 030222キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成30年07月 036715キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
menu