-並び替え-

-現在の検索条件-

14
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

メルセデスベンツ
GLクラスGL550 AMGエクスクルーシブパッケージ
388万円(商談中)
メルセデスベンツ GLクラス GL550 AMGエクスクルーシブパッケージ

メルセデスベンツのGLクラス(Id:4979308)の中古車詳細 >

40000km
東京都
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
2013年 メルセデスベンツ GL550 4MATIC AMGエクスクルーシブパッケージ COLOR:オプシディアンブラック フル装備 SDナビテレビ 本革シート サンルーフ AMGエクスクルーシブパッケージ 22インチアルミ 純正リアモニターx2 360°カメラ スマートキー Bluetooth接続可能 7人乗り キセノンライト LEDポジションランプ LEDテールレンズ ウッドパネル パークトロニクス ABS エアバック 電動リアゲート 電動サードシート 4WD GPSレーダー探知機 ETC 記録簿 2014年11月 3700km 2016年12月 10900km 2019年2月 15400km 2021年2月 36500km の時の記録簿がございます。 まろやかな怪物 7年ぶりにモデルチェンジした「GLクラス」は、メルセデス・ベンツの最大SUVである。 7人乗りの5ドアボディーは全長かるく5.1m超、全幅ほぼ2m、車重は2.5トンを超す。 メルセデスの四駆といえば、日本では「Gクラス」の人気が高いが、 G550の2m近い全高を除けば、「GL550」の巨漢ぶりは圧倒的だ。 これまでの5.5リッターV8に代わる新エンジンは、直噴の4.7リッターV8ツインターボ。 つまりVIPセダンの「S550」と同じパワーユニットを持つ「陸の王者」である。 少し前の朝日新聞で見た全面広告では大きく“The Monster”とうたっていた。 日本語のコピーでも「いま、怪物があなたの存在を超えてゆく」なんて書いてある。 メルセデスがモンスターを自称するなんて、メルセデスもクダけてきたというか、 開けてきたというか。それも新型GLクラスにかける意気込みの表れだろうか。 だが、高速道路のSAでバトンタッチして走り出すと 、新しいGL550にモンスターなんて雰囲気はみじんもなかった。 100km/h時のエンジン回転数は7段ATのトップギアでわずか1600rpm。 静かなことは言わずもがなだ。試乗車には21インチホイールのAMGエクスクルーシブパッケージ がセットされていたが、エアサスペンションのもたらす乗り心地はまろやかの一語。 295/40というファットなピレリPゼロを履いているにもかかわらず、 まるで毛足の長いカーペットの上を走っているかのようである。 ハイウェイクルーズの安楽さといったらない。 車重2.5トンオーバーの四駆が発揮する突進力は、ただでさえスゴイはずなのに、 新型GLクラスの“4MATIC”にはさらに「クロスウインドアシスト」という制御が組み込まれている。 80km/h以上で走行中、ESPで横風を検知し、 各輪へのトルク配分をコントロールして直進安定性を高めるというものだ。 “坂知らず”の動力性能直噴4.7リッターV8ツインターボは435ps。 わずか1800rpmから生みだされる最大トルクは70kgmを超す。 同じエンジンのSクラスセダンより500kg以上重いとはいえ、 箱根の頂上を目指すワインディングロードでも、動力性能は“坂知らず”である。 エアサスをSPORTモードに切り替えると、足まわりは明確にスポーティーに変わり、 ハンドリングも侮れない。 さすがにアイポイントは高いが、身のこなしに気になるほどの腰高感はない。車検証によると、 軸重は前1370kg/後1220kg。つまりボンネットにAクラスが1台乗っているようなものだが、 意外やノーズヘビーな感じはない。ステアリングがすっきり軽いのもうれしい。こう見えて、 フットワークにドテッとしたアンコ型の気配はない。「走れるモンスター」である。 ちなみに燃料タンク容量は100リッター。メルセデスの乗用車でいちばん大きい。 “マイリマシタ感”を与えてくれるクルマタテ5145mm、ヨコ1980mmの“敷地”に しつらえられた高床式キャビンは、言うまでもなく広い。2、3列目シートを畳むと、 荷室はカーペットの上だけで186cmの奥行きがとれる。3列7人乗りのシートレイアウトは、 一般的な2+3+2。ただ、2列目と3列目に前後スライド機構はなく、 大の大人がゆったり座れるのは2列目までだ。 そのセカンドシートはリムジン並みの広さだ。1360万円のハイエンドSUVだから、至れり尽くせりは当然だが、 なかなかの見ものは2、3列目シートの電動フォールディング機構である。 ボタンひとつで最後にゴロンと前転するセカンドシートの変身ぶりなどは、動きも音もスペクタクルだ。 エンジン音も乗り心地も、ステアリングやペダルの操作フィールも、いちいち真綿でくるんだようにやさしい。 エンジンのパワフルさとシャシーの速さは別格だ。 現行メルセデスのなかでもひときわ強い“マイリマシタ感”を与えてくれるクルマである。 メルセデス・ベンツGL550 4MATICボディーサイズ:全長×全幅×全高=5145×1980×1850mm ホイールベース:3075mm 車重:2590kg 駆動方式:4WD エンジン:4.7リッターV8 DOHC 32バルブターボ トランスミッション:7段AT 最高出力:435ps(320kW)/5250rpm 最大トルク:71.4kgm(700Nm)/1800-3500rpm タイヤ:(前)295/40R21(後)295/40R21(ピレリPゼロ) 燃費:7.9km/リッター(JC08モード) ※参考資料です※ 2013年 メルセデスベンツ GL550 4MATIC AMGエクスクルーシブパッケージ COLOR:オプシディアンブラック
有限会社 アリーナ
日産
セレナ★後席モニター★2.0ハイウェイスターS-ハイブリッド★エマージェンシーブレーキ★
95万円
日産 セレナ ★後席モニター★2.0ハイウェイスターS-ハイブリッド★エマージェンシーブレーキ★

日産のセレナ(Id:4909881)の中古車詳細 >

80000km
埼玉県
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
☆★☆平成26年セレナハイブリッド入庫しました☆★☆ ☆フリップダウンモニター ☆SDナビ ☆DVD再生 ☆CD ☆インテリキー ☆ETC ☆両側パワースライドドア ☆エマージェンシーブレーキ ☆レーンアシスト ☆LEDライト ☆フォグランプ ☆バックカメラ ☆純正エアロ ☆純正アルミ ※お車の方は、国道新463バイパス沿い国道4号バイパス寄り! 車買取アスピレーションの看板が目印です! ※電車の方は、スカイツリー線北越谷駅西口までお越しください。 お電話いただければ送迎いたします。 安心の自社納車前点検にて1ヵ月走行無制限保証!!別途有料にて1年間・2年間・3年間の走行距離無制限保証制度あります!修理上限金額・修理回数制限なし!「237点」を誇る保証になります。全国のディーラーまたは提携指定工場で修理を受けていただくことが可能ですので、遠方のお客様でも安心してご利用いただけます。24時間・365日対応のロードサービス付き! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ☆お客様第一主義☆ ☆当社は創業以来お客様第一主義に徹してまいりました。 おかげさまで販売・車検・修理・保険などリピーターのお客様が大半を占めるようにもなり お客様がお客様をご紹介していただけるなどのこともなどもあり、とても感謝する日々です。 近年のガソリン高騰などにより需要が減少するなか当社をお選びいただけるようがんばります! アフターにも自信があります!お客様が後悔のしない車選びをどうか当社にお任せください! 是非この機会に当社をお選びいただき満足いくカーライフをお届けください! 最後までご参照ありがとうございます。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 諸費用も良心的な価格で頑張ります! ☆自社ホームページ☆ http://www.aspiration.biz
車の廃車無料!廃車買取中!越谷市!車買取専門(有)アスピレーションJU適正販売店
日産
セレナ★後席FDモニター★2.0ハイウェイスターVセレクション+セーフティーS-ハイブリッド
109万円
日産 セレナ ★後席FDモニター★2.0ハイウェイスターVセレクション+セーフティーS-ハイブリッド

日産のセレナ(Id:4852265)の中古車詳細 >

81900km
埼玉県
H.27年(2015)
修復歴 : 無し
☆★☆平成27年セレナハイブリッド入庫しました☆★☆ ☆フリップダウンモニター ☆SDナビ ☆DVD再生 ☆CD ☆地デジTV ☆インテリキー ☆衝突軽減ブレーキ ☆レーンアシスト ☆両側パワースライドドア ☆LEDライト ☆フォグランプ ☆バックカメラ ☆純正アルミ ※お車の方は、国道新463バイパス沿い国道4号バイパス寄り! 車買取アスピレーションの看板が目印です! ※電車の方は、スカイツリー線北越谷駅西口までお越しください。 お電話いただければ送迎いたします。 安心の自社納車前点検にて1ヵ月走行無制限保証!!別途有料にて1年間・2年間・3年間の走行距離無制限保証制度あります!修理上限金額・修理回数制限なし!「237点」を誇る保証になります。全国のディーラーまたは提携指定工場で修理を受けていただくことが可能ですので、遠方のお客様でも安心してご利用いただけます。24時間・365日対応のロードサービス付き! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ☆お客様第一主義☆ ☆当社は創業以来お客様第一主義に徹してまいりました。 おかげさまで販売・車検・修理・保険などリピーターのお客様が大半を占めるようにもなり お客様がお客様をご紹介していただけるなどのこともなどもあり、とても感謝する日々です。 近年のガソリン高騰などにより需要が減少するなか当社をお選びいただけるようがんばります! アフターにも自信があります!お客様が後悔のしない車選びをどうか当社にお任せください! 是非この機会に当社をお選びいただき満足いくカーライフをお届けください! 最後までご参照ありがとうございます。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 諸費用も良心的な価格で頑張ります! ☆自社ホームページ☆ http://www.aspiration.biz
車の廃車無料!廃車買取中!越谷市!車買取専門(有)アスピレーションJU適正販売店
BMWアルピナ
B7スーパーチャージ ロングホイールベース 左ハンドル 地デジ バックカメラ
399.6万円
BMWアルピナ B7 スーパーチャージ ロングホイールベース 左ハンドル 地デジ バックカメラ

BMWアルピナのB7(Id:4540522)の中古車詳細 >

48500km
埼玉県
H.18年(2006)
修復歴 : 無し
BMWほど、走りを全面的に押し出したプレミアムカーのメーカーは他に無いでしょう。そんなBMWの走りに心底惚れ込んでいるBMWは世界中にいますが、そんなBMWでも、もはや物足りないという贅沢な顧客のために少数生産されるアルピナの車両は、その存在自体が別格。もしそれが、BMWのフラッグシップである7シリーズとなると・・・。その答えには微塵のマイナス要素もあるはずがありません。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったのはアルピナB7スーパーチャージ。コードネームはE65ではなくE66ですから、ロングホイールベースとなります。標準ボディの7シリーズというだけでも十分に大きいというのに、140ミリ長くなったホイールベースのおかげで、その大きさにはさらに拍車がかかっています。これほどの車を所有されるオーナー像としては、自らステアリングを握るのがお好きなのは当然の事で、さらに大切なゲストへの最高のおもてなしも忘れない、全てに気を配ることが出来る方でしょう。 アルピナというと、やはり選びたいアルピナブルー・メタリックはもはや定番カラーですが、こちらの車両は周りの風景を華やかに、クルマの存在を美しく見せてくれるアルピン・ホワイト。アルピナの車両に必ず装着されるプロダクションプレートに刻まれる番号は、125となります。 賛否両論あったE65/66系7シリーズのスタイリングは、見れば見るほどに否定的な意見を説得力のないものとし、長い時間を経てもなお古さを感じさせず、見た瞬間に7シリーズと分かるもの。そういった意味では大成功となったデザインと言えますが、LCIモデルと呼ばれる後期モデルで、顔つきがスタイリッシュになったこともあり、お好きな方も多い事でしょう。 控えめを美徳とするアルピナの流儀に則って仕上げたB7のスタイリングは、外見上ではフロントとリヤの空気の流れを調整するスポイラーと、アルミホイールが目立つ程度。年々細くなるアルピナのデコラインは、ゴールドをチョイスしています。ボディには修復歴はなく、これだけ大きなアルミホイールにもガリ傷が無いところを見ると、前オーナーさまは気を遣って大切にお乗りになったのでしょう。 ゆっくりと大きなドアを開け、室内を見てみましょう。7シリーズがベースとなるB7ですから、装備に不満はありません。上質な触り心地のフルレザークラブのシートと、温かみのあるアルピナスペシャル・ウッドパネルが貴方をもてなしてくれます。バックレスト上部の角度やサイドサポートの幅の調整など、体型に合わせてきめ細かく調整できるコンフォートシートには、アルピナのエンブレムが入り、インテリアの各部にアルピナのコーポレートカラーであるブルーとグリーンのストライプが配されます。そしてリアシートには、前後スライド機能や、バックレストのリクライニングやフロント同様の微調整が可能な、リアコンフォートシートを装備します。センターアームレストには、リア席用の純正モニターを操作できるiーDRIVEコントローラーやパワーシートスイッチなどが装備され、左右バックレストの中央には、ボトル2本を収納できる温度調整式クーラーボックスが備わります。リア専用オートエアコンから送られる空気と、リアシートのリクライニングを目いっぱいまで倒して足を伸ばしてもフロントシートに足が届かないほどに広大なフットスペースに、ちょうどいい温度に冷やされた飲み物など、陸の上のファーストクラスと言えるでしょう。 ロングホイールベースの車両という事もあり、リアシートが特等席と思われがちですが、ドライバーズカーとしても第一級のアルピナB7スーパーチャージ。やはりドライバーズシートが特等席と言えるでしょう。先に紹介したコンフォートシートに座ると、アルピナ専用のスウィッチトロニックが装備されたラヴァリナレザーののステアリングや、アルピナらしいブルーの計器板に赤の指針となるメーターなどの他には、通常の7シリーズで見た風景と一緒となりますから、操作に戸惑うことはありません。この快適な空間で唯一の違和感は、シートのバックレストに押し付けられる強烈な加速Gくらいしかありません。もっとも、アルピナを選ばれる方は運転も紳士的でしょうから、そんな心配は無用と言えるでしょうが。 大きく長いボンネットの下には、V型8気筒4400CCという、机上で見た限りでは普通の745iと同じエンジンが搭載されます。しかしこのクルマはアルピナ。当然、普通ではありません。アルピナで徹底的にチューニングされ、ラジアルコンプレッサーのスーパーチャージャーという新しいパートナーとタッグを組んだこのエンジンは、もはやスーパースポーツカーに匹敵する500馬力というパワーと71.4キロという、途方も無い数値を叩き出しています。電子キーを挿してスタートボタンを押すと、いとも簡単に目覚めるエンジン。初めは少々ラフな回転ですが、わずかな時間ののち、あのハイパワーが嘘のようにジェントルなアイドリングに変わります。踏み込んだ時だけ聞かせるエキゾーストノートは、オーナーにとって最高のサウンドでしょう。 Dレンジで走っている限りは、まったく普通のクルマとして街を、ワインディングを、ハイウェイを走らせることが可能。しかしアクセルを少し多めに踏んでみると、別世界への扉が開かれます。21インチという大径タイヤ&ホイールを履いているというのに、ちょっとアスファルトが荒れてゆっくり走りたくなるほどの嫌な路面も、荒波でも体勢崩れない豪華客船が波を軽くいなすかのように、さらりと乗り越えます。懐の深いサスペンションは、大きく重たく、しかしパワーのある車体であるにもかかわらず、見事な身のこなしとなります。若干ローダウンされ、ハンドリングもクイックになっている点もありますが、腕に覚えのある方であれば、最高のパートナーとなる事は間違いありません。 装備に関しても触れておきましょう。この年代では標準で装着されるナビゲーションはHDD方式となっています。こちらの純正モニターに、AVインターフェイスを使用して地上デジタルチューナーを装着。純正のテレビは残念ながらアナログ放送に対応している旧態依然としたものですから、これはありがたいですね。また、バックカメラも装備していますので、標準で装着される障害物センサーのパークディスタンス・コントロール(PDC)とバックカメラがあれば、大きなボディでも車庫入れのストレスが大幅に減りますね。最近の車では標準装備されつつある、いわゆるスマートキーもオプション装着されているのも嬉しいポイントで、キーをポケットなどに入れておけば、ドアロックのオープン&クローズやエンジンスタート&ストップなどが可能なコンフォートアクセスを装備。リアシートにお乗りの方のプライバシーを守り、直射日光を遮ってくれるローラーブラインドは、リアガラス用とリアドアガラス用ともに電動で、リア席はもちろん、ドライバーズシートからも操作が可能。寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターは、フロントシートだけでなくリアシートにも装備。ドアの開け閉めの時に半ドアまで閉めれば確実にロックしてくれるソフトクローズドアや、電動でトランクの開閉を行えるオートマチック・トランクリッドオペレーションは、早朝や深夜の閑静な住宅街での乗り降りや荷物の出し入れに便利ですね。 ルーフライニングは、上質な触り心地のインディビデュアル・アルカンタラルーフライニングで、リアシート用のルームランプカバーとリアエアコンのカバー部分にレザー&アルピナカラーのステッチが入るのは、アルピナ専用オプションとなります。こちらの車両は修復歴は無く、アルピナ専用の取扱説明書などもしっかりと完備した車両となります。ボディには、前オーナーさまがガラスコーティングを施工したばかりというグッドコンディションとなります。また、前オーナーさまのこだわりで、リング状に輝くポジションライトには純白に輝くLED、ロービームにはケルビン数が高めなバーナー、フォグランプにはディスチャージライト、ライセンスプレートライトにもLEDを装着するというこだわり。イカリングやナンバー灯などのLEDやフォグランプのHID化に関しては、当店でも非常にリクエストが多いですから、既に装着されているのは非常に嬉しいですね。サイドガラスをぐるりと囲むウインドウモールは、曇りやすいクロームメッキではなく、艶のあるブラックのハイグロスシャドウラインとなります ☆インディビデュアル・アルカンタラ・ルーフライニング(アルピナ専用オプション 360,000円) ☆ルーフハンドル・ウッド(アルピナ専用オプション 90,000円) ☆ルームランプカバー・レザー(アルピナ専用オプション 150,000円) ☆リアエアコンカバー・レザー(アルピナ専用オプション 110,000円) ☆後席用オートエアコン&温度調整式クールボックス(BMWオプション 270,000円) ☆コンフォート・アクセス(BMWオプション 160,000円)
ロッソカーズ
トヨタ
ポルテ130i パワースライドドア キーレス CD ETC 美車
20.2万円
トヨタ ポルテ 130i パワースライドドア キーレス CD ETC 美車

トヨタのポルテ(Id:3933369)の中古車詳細 >

126000km
東京都
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
きれいなポルテ入庫いたしました!アクアマイカメタリック色!パワースライドドア!キーレス!ETC!CD!プライバシーガラス!サイドバイザー

法定整備付
法定24ヶ月点検整備付※貨物など一部車両は12ヶ月点検整備
安心の納車点検整備渡し オイル交換・エレメント交換・ブレーキパット点検・オーディオ点検・エアコン点検・ミッション点検・足回点検・灯火各部点検・他

納車前には、納車点検整備、オイル交換、ルームクリーニング、外装コーティングをもう一度、無料で行ない納車致します。

法定24か月点検整備(車検点検整備)諸費用込み支払総額¥33.9万円(都内、近県登録、店頭納車)別途、全国登録、陸送納車承ります。

各社、楽々オートローン クレジットカード払い 取扱店

ご希望、ご要望、ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご連絡ください、

日本全国、どちらでも、販売、納車いたします、遠方の方も陸送費半額フェアー実地しておりますので、お気軽にご相談ください、

下取りの廃車の処理もお値段を付けします、お気軽にご相談ください


基本情報
.助手席側にアクセスしやすい大開口スライドドアを採用2BOX形状でコンパクトサイズながら、助手席側には1枚のスライドドアを採用。その開口部は幅、高さともアルファードを上回る大きさだ。これにより、前席と後席へのアクセスが同時に可能で、人も荷物も同じドア(フランス語でポルテ)から乗れるという新しい機能を備えた。室内の広さも特筆すべきで、室内高はアルファードよりも高い1390mmを実現。前後の席間のゆとりもセルシオを凌ぐ。また低くフラットな床、豊富なシートアレンジなどミニバン並みのユーティリティも魅力だ。搭載エンジンは1.5Lと1.3Lの4直で、いずれも4AT。駆動方式はFFのみ。



駆動方式
FF

車両形式
CBA-NNP10

トランスミッション
コラム4AT
.

寸法・重量・その他
.


全長×全幅×全高
3990×1690×1720mm

室内長×室内幅×室内高
2145×1370×1390mm

ホイールベース
2600mm

最低地上高
150mm

車両重量
1090kg

乗車定員
5名

シート列数
2列

ドア数
3枚

標準カラー
-

オプションカラー
-
.

エンジン
.


種類
直列4気筒DOHC

エンジン形式
2NZ-FE

過給器
なし

総排気量
1298cc

使用燃料
レギュラー

燃料タンク容量
45L
.

性能
.


最高出力
87ps(64kw)/6000rpm

最大トルク
12.3kg・m(121N・m)/4400rpm

パワーウェイトレシオ
13kg/ps

燃料消費率(JC08モード走行)
-

燃料消費率(10/15モード走行)
16.4km/L

最小回転半径
5.1m
.

動力伝達・走行装置
.


タイヤ
175/70R14

ブレーキシステム(前)
Vディスク式

ブレーキシステム(後)
ドラム式

サスペンション(前)
ストラット式

サスペンション(後)
トーションビーム式
.

グレード一覧スペック
株式会社 オートクラブオオツカ
ホンダ
N BOXカスタムLターボ 純正8インチ プレミアム インターナビ
売約済み
ホンダ N BOXカスタム Lターボ 純正8インチ プレミアム インターナビ

ホンダのN BOXカスタム(Id:4923258)の中古車詳細 >

1123km
東京都
H.33年(2021)
修復歴 : 無し
令和3年 N-BOX Custom L・ターボ 純正8インチ プレミアム インターナビ COLOR:クリスタルブラック・パール ワンオーナー 新車パッケージ ホンダセンシング 純正8インチインターナビテレビ ターボ 本革巻ステアリングホイール パドルシフト 両側電動スライドドア DVD再生CD録音可能 LEDヘッドライト ハーフレザーシート バックカメラ LED室内灯 Bluetooth接続 純正ドアバイザー フロアマット オプション15インチアルミ ドアミラーカバー ルームミラーカバー テレビキャンセラー スマートキー エアバック フォグランプ ABS セキュリティー ETC2.0 ホンダ新車5年保証 記録簿 保証書   オプション 純正8インチインターナビテレビ 216,920円 15インチアルミホイール 166,320円 ナビスペシャルパッケージ 57,860円 ETC 19,800円 ETC2.0ATT 18,590円 ドアミラーカバー 12,320円 ナビATT 6,600円 ルームミラーカバー 5,280円 ETCセットアップ 2,750円 テレビキャンセラー 16,500円 ホイルナット 3,080円 ガラスコーティング 33,000円   ※オプション総額 約55万円 「N-BOX」をマイナーモデルチェンジし発売 軽乗用車最大級の室内空間はそのままに、所有する喜びをより一層得られるようなデザインへと進化 N-BOXは、よりお客様のライフスタイルに馴染むよう、シンプルかつ機能性を磨いたデザインに、N-BOX Customは、より一層所有する喜びを得られるよう高級感・存在感を追求したデザインとしました。 安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や走行性能を進化させることで、日常の安心・快適さを更に向上させました。 パーキングセンサーシステムを追加 Honda SENSINGの後方誤発進抑制機能にも用いるソナーセンサーを4個へ増やすことで、後方の障害物の接近を検知しドライバーに注意を促すパーキングセンサーシステムを追加し、駐車時などで更なる安心感を得られることを目指しました。 デザイン シンプルでありながら見る人に強い印象を残すN-BOX。 大胆な造形で力強さと精悍さを感じさせるN-BOX Custom。 それぞれに際立つ個性と、軽自動車という枠にとらわれない質感で、乗る人の洗練された感性に響くデザインを目指しました。 インテリア 乗るほど、使うほどに実感できるN-BOXの快適さは、デザインや色はもちろん、素材選びにまでおよぶこだわりから。クルマで出かけるときにも家で感じるようなリラックスを届けたい。求めたのは、乗るすべての人が心地よく過ごせることでした。 室内空間 人を中心に考えた、広さと使いやすさ。Honda独自の発想で軽最大級の広さを実現したN-BOX。その上でこだわったのが“この広さをどう活かすか”でした。 目指したのは、あらゆる生活に応える使いやすさ。生活スタイルにあわせて、自分にぴったりなN-BOXを選べることです。 前席用i-サイドエアバッグシステム +サイドカーテンエアバッグシステム〈前席/後席対応〉 胸部へのダメージを低減するサイドエアバッグと、頭部や頚部を保護するサイドカーテンエアバッグ。 ナビ装着用スペシャルパッケージ リアワイドカメラなどHonda純正ナビをより便利に使えるアイテムをパッケージ。 本革巻ステアリングホイール&パドルシフト ステアリングには手に馴染む上質な本革を採用。パドルシフトによるマニュアル感覚のシフトチェンジも楽しめます。 高効率 CVT(無段変速オートマチック) ボディーの軽量化に合わせて、変速特性の最適化やフリクションの低減、そして高速走行時のエンジン回転数を低く抑える設定などにより、さらなる低燃費に貢献しています。 ターボならではのパワフルな走りにさらなる磨きを。 電動ウェイストゲートが必要トルクに応じて過給圧をコントロール。ターボならではのパワフルな走りに加え、レスポンスの向上と、さらなる低燃費を追求しています。 パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル、タッチセンサー/挟み込み防止機構付、リモコン&運転席スイッチ開閉式) リモコンなどで自動開閉。さらに、Hondaスマートキーを携帯していれば、軽い力で解錠とドアオープンが行えるイージーオープンドアハンドルも採用しています。 Honda SENSING 事故に遭わない社会の実現を目指して。先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを搭載。多彩な機能で、より快適で安心なドライブをサポートします。 予防安全性能 レーダーとカメラで危険を検知。 複数の先進技術で安全・快適なドライブをサポート。 衝突軽減ブレーキ(CMBS) 横断中の自転車にも対応。運転時の安心感を高めます。 夜間の歩行者にも配慮。 予防安全性能評価において 最高ランクの「ASV+++」を獲得 安全装備としてHonda SENSING、9灯式フルLEDヘッドライト、運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、トラクションコントロール、VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)、ブレーキアシスト、EBD、盗難防止システム、後席3点式シートベルト等を装備 エンジンは水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ 最高出力 47kW(64ps)/6000rpm 最大トルク 104N・m(10.6kg・m)/2600rpm タンク容量/27リットル 燃料消費率 25.0km/リットル JC08モード燃費 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン 最小回転半径 4.7m 令和3年 N-BOX Custom L・ターボ 純正8インチ プレミアム インターナビ COLOR:クリスタルブラック・パール
有限会社 アリーナ
トヨタ
シエナリミテッド V6 3500 2WD
売約済み
トヨタ シエナ リミテッド V6 3500 2WD

トヨタのシエナ(Id:4917273)の中古車詳細 >

30000mile
埼玉県
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
米国トヨタ シエナの入庫です!! グレードは最上級グレードリミテッドでカラーはブリザードパール!!! 担当 田中大輔 080-1025-1963まで 【トヨタ シエナ】 今回、紹介するトヨタ・シエナはアメリカ流のミニバンだ。シルエットを眺めると、日本で販売されているトヨタ・エスティマを重ねたくなるが、シエナのボディサイズは全長5085mm、全幅1983mmと、エスティマよりも250mm以上長く、150mm以上も広くなっている。そのサイズは、いわゆるアメリカンフルサイズSUV & ピックアップトラックに近いと表現するとイメージしやすいかもしれない。ただし、サイズが似ているといっても、このシエナのプラットフォームはFFベースであり、FRベースとなるSUVやピックアップトラックよりも、キャビンスペースは広く、ボディサイズから想像する以上の居住性をもっている。セカンドシートはスライド機構により、広過ぎると表現したくなるほどの足下スペースがあるし、サードシートは足下スペースはもとより座面長もしっかりと確保してある。もちろん、ボディサイズがもたらすワイド感はまさに広々としか表現しようのないスペースを実現しており、さまざまな制約の中で作り込まれた日本のミニバンにはない、余裕ともいえるゆとりを感じる。 ただ、これまでのアメリカのミニバンは、質感という面では、日本製ミニバンに届いていなかったのも事実で、特に、高級感を謳うには装備から走りにおけるまで不満があった。しかし、アメリカでも、ミニバンに高級車テイストが求められるようになり、このシエナもインテリアや走りにおける質感を大きくブラッシュアップした。 搭載されるエンジンはV6/3.5Lで、6ATを組み合わせて、2tオーバーのボディを軽快に走らせる。ロングホイールベースがもたらす安定感、アッパークラス感を狙った走り、そしてハイレベルのボディ剛性など、トピックは数多いが、いずれも高級を語るに相応しい内容となっている。気になる取り回しは、ボディそのものは大柄であっても、タイヤの切れ角を大きく確保しているため、意外にも小回りが利くことがポイントだ。ステアリングフィールに重厚さが与えられ、また、正確さを高めたシャシーも手伝って、スポーティテイストを強く感じ取れる。とは言っても、快適性を優先するミニバンらしく、乗り心地に少しのコトコト感を許すだけで、スパルタンに繋がるような不快感は見当たらない。 皆とは違うミニバンに乗りたい、快適性をさらに求めたい、そう思っている人には、満足できるミニバンだ。 初代 1997年~2010年 1997年 - プレビア(日本名エスティマ)の後継車種として北米市場に投入された。前身モデルとは打って変わってオーソドックスなFFミニバンとなり、弱点だったボディサイズと衝突安全性と動力性能の改善を図っている(ボディサイズを大型化し、V6エンジンを搭載した)。プラットフォームはカムリと共用している。 2代目 2003年~2010年 2003年1月 - デトロイトモーターショーで発表。ボディサイズはさらに大型化した。 2006年 - この年のモデルでフェイスリフトを実施。 3代目 2010年~2018年 エンジンは269PSの3.5L・V6「2GR-FE」とヴェンザに搭載される189PSの2.7L・直4「1AR-FE」の2種で、ともに6ATと組み合わされる。駆動方式は両エンジンとも2WDとAWDから選択可能。サイズはさらに大きくなり、全長5,085mmx全幅1,986mmx全高1,750mm、ホイールベースは3,030mmとなっている。韓国・台湾でも発売されているが、台湾ではサイズがシエナと比較し小さいが、高級志向のアルファードと併売されている。 2010年2月 - 発売開始。 2011年11月 - 米韓自由貿易協定の一環として韓国トヨタを通じて韓国で発売を開始。北米市場以外での販売はモデル史上初となる。 2018年 - 後期型にマイナーチェンジ。
田中自動車販売 有限会社
BMW
3シリーズ335iAクーペ Mスポーツ・パッケージ ブレンボブレーキ ビルシュタイン車高調 RAYS19AW
売約済み
BMW 3シリーズ 335iAクーペ Mスポーツ・パッケージ ブレンボブレーキ ビルシュタイン車高調 RAYS19AW

BMWの3シリーズ(Id:4419602)の中古車詳細 >

53100km
埼玉県
H.20年(2008)
修復歴 : 無し
やはりクーペは美しい。当たり前の話かもしれませんが、実用性という名のもとに背を高くせざるを得ないセダンやワゴンと違い、地を這うように低い全高に、なだらかに弧を描くルーフライン。贅沢に使われる室内空間。後席の居住性を考えずに日常使用できるオーナーの羨ましい環境。そのすべてがクーペの魅力と言えるでしょう。日本では2ドアクーペは若者の乗り物というイメージがありますが、ヨーロッパでは年配の方も選ぶことが多く、スタイリングに派手さや無駄が無く、だからこそ美しさが際立つスタイリングなのでしょうね。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、日本でも扱いやすいボディサイズの3シリーズのクーペ。現在では4シリーズと名前を変えていますが、以前からBMWファンを公言されてる方であれば、3シリーズクーペと言った方が馴染み深いでしょう。その中でもM3に次いでハイパワーな335i。そして各部に手が入った、輸入車が好きで、しかし他の人とは一味違う車に乗りたいという、贅沢な願望をお持ちの貴方の為の1台と言えます。 まずは、モディファイされた部分について触れてゆきましょう。ベースがMスポーツですから、そのままでも十分にグッドルッキングではありますが、大きいアルミホイールとグッと低く構えた姿勢に目が行くでしょう。純正で18インチと、十分に大径のホイールを装着していますが、こちらの車両はさらに1インチアップの19インチ。ジャパニーズメーカーのRAYSシュトーレンMEが装着されています。組み合わされるタイヤはヨコハマタイヤのADVANとなります。そしてサスペンションは、ドイツ・ビルシュタインのBPSキットを装着。車高調ですから、お好みの車高にセットすることが可能です。やはりドイツ車にはフェンダーアーチからチラリと見える黄色いダンパーに憧れる方も多いでしょう。 そして、高性能な車に求められるのは加速性能ですが、それ以上に制動性能も重要。フロントホイールの隙間から顔を出すブレーキは、ドイツ・ブレンボ社の対向6ポッドキャリパーと、大径ブレーキローターを組み合わせたGTブレーキシステムを装着しています。ブレーキペダルのフィーリングを大幅に向上させる、ステンメッシュホースも同時に装着しています。その制動能力は十分以上と言っても過言ではないですが、特筆すべき点はそのブレーキタッチ。ATのクリープ状態のような低速時でも、足の裏に伝わる感触からカチッとした一体感のあるフィーリングとなります。 運転席アウター側のエアコンの吹き出し口のスペースを利用した、P3カーズ製のマルチゲージが装着されるのも嬉しいですね。こちらは、OBDからの情報を知ることが出来るデジタルゲージで、近年のBMWでは見ることができない水温やブースト圧など、さまざまな情報を得る事ができます。 上記のように、車好きなら誰もが知っているはずのメーカーのパーツを装着していますが、その他の点にも触れておきます。BMWの夜の顔と言えば、リング状に輝くポジションライト。もはや日本ではイカリングと言った方が伝わりやすいかもしれませんが、純正ではいかにも電球色と言えるハロゲン球を使用していますが、純白に輝くLEDに交換してあります。それに合わせて、フォグランプのLEDに交換済み。夜の印象はとてもクール。この年代ではライセンスプレートライトもLED化されていますし、ドアロック開錠のタイミングで光る、アウタードアハンドルに内蔵されたウェルカムライトもLEDとなります。ボディに関してはMスポーツがベースですから、大きな変更点はありませんが、控えめなトランクスポイラーが装着されています。 触れば火傷しそうなほどに熱いハート・・・なんて言うとキザかもしれませんが、Dセグメントのボディサイズに、3000CCツインターボを搭載しているわけですから、動力性能に関しては文句の付けようがないでしょう。それもBMWの伝家の宝刀とも言える、直列6気筒エンジン。パワーは306馬力に、40.8キロのトルク。これをサイズもウエイトも少な目な3シリーズのクーペに搭載。ガスペダルを床まで踏み込むと、後ろから蹴飛ばされたような加速が貴方を待っています。もちろんパワーに関してはM3という頂点がありますが、日常生活で扱いやすく、不具合が出た場合の出費などを考慮すると、335iを積極的に選んでも悪くないな、と思ってしまいますね。同じE92系335iでもLCIモデルではツインパワーターボと呼ばれるシングルターボですから、2基のタービンが装着されるのは前期モデルの特権と言えます。 こちらのエンジンを、加速Gだけでなく、サウンドの面でも楽しむことが出来るエキゾーストシステムは、イタリアのスーパースプリント社製のスポーツマフラーが装着されます。輸入車のドレスアップがお好きな方なら、誰もが知ってるメーカーで、その歴史は創業1955年と非常に歴史のあるメーカー。もちろんサウンドだけではなく、性能の向上にも一役買っていることは当然ですね。そして、335iでは純正で左右出しとなりますが、もちろんスーパースプリントのマフラーも左右出しで、テールパイプはデュアルですからリアからの眺めも迫力十分。輸入車のマフラーで左右出しの場合、新品で購入すると非常に高額ですから、後から手を加える事を考えると嬉しい装備と言えますね。 ひどく下世話な話かもしれませんが、335iは最上級グレード。装備もこのクラスでは少々贅沢とも言える、ワンランク上の装備が装着されます。身体をしっかりとサポートしてくれるスポーツシートは、上質な肌触りのダコタ・レザーシート。もちろん全てのアジャストは電動で、寒い朝も暖かく迎えてくれるシートヒーティングを内蔵しています。また、リアガラスには電動のローラーブラインドを備えていますから、真夏の炎天下でも直射日光を遮ってくれます。もはやクルマにはエクイップメントな装備となったナビゲーションは、膨大な情報量と素早い検索を可能にしたハードディスクドライブ・ナビゲーションで、操作はすべてiDriveとなります。登場した当初は物議をかもすと言うより、ネガティブな情報ばかりが耳に入ったiDriveですが、年を追うごとに使いやすさが向上し、慣れてしまえばかなり使いやすいのも事実。とっつきにくい装備であればあるほど、いざ無くなると困るもので、人間の適応能力というのは奥深い物ですね。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります 平成20年01月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成21年01月 006937キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成22年01月 012288キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成23年01月 017606キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成23年08月 022208キロ 臨時整備履歴(サービスキャンペーン・BMWサービス工場) 平成24年02月 025447キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年01月 029572キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成25年05月 031436キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場) 平成27年01月 039382キロ 法定2年定期点検(3回目車検・BMWサービス工場) 平成28年11月 047751キロ 法定2年定期点検(4回目車検)
ロッソカーズ
トヨタ
カローラレビンGTV
売約済み
トヨタ カローラレビン GTV

トヨタのカローラレビン(Id:3046744)の中古車詳細 >

不明
埼玉県
S.61年(1986)
修復歴 : 不明
カローラレビン
激アツのハチロク緊急入庫!!以前当店で販売したHOTなハチロクがコンディションもそのままに帰ってまいりました♪名機4A-Gエンジンに組み合わさるのはなんとSOLEX!しかも鍛造ピストン&HKSハイカム仕様でもぅレスポンス半端ないです♪♪更にタコ足&ストレートマフラーも入って最高のフィーリング!本気でヤミツキになります♪♪もちろん見た目だけではなく“走り”を追求ししっかりと手が入っております♪足回りはフロント車高調にリアは社外ショック(8段調整)♪公認済みオーバーフェンダーに収まるのはワークエクイップ03の8.5J深リムアルミ!傷みも少なくキレイですよ♪フロント・リア・サイドのエアロもバッチリ決まってます♪やっぱりハチロクといえば白/黒パンダですね♪室内のほうもコンディション良好で清潔感もあり、カスタム点は社外3連メーターに社外ステアリング程度でシンプルにまとまっています♪ETCが付いているのも嬉しいですね♪街中~サーキットまで♪これぞライトウェイトFRスポーツ!操る醍醐味を本気で味わえます!お問い合わせはお早めに!!☆☆☆毎月第3水曜日の営業スタート!!“水曜日しか休みが無い”“水曜日が時間作りやすい”という方の為に、毎月第3水曜日の営業を再開致します!!8月は20日!!皆様のご来店、心よりお待ちしております☆☆☆
フレックスオートレビュー 株式会社 旧車 川口店 旧車中古車専門
日産
エルグランド2.5Hスター HDDマルチ地デジDVD再生Bモニタ
売約済み
日産 エルグランド 2.5Hスター HDDマルチ地デジDVD再生Bモニタ

日産のエルグランド(Id:4536383)の中古車詳細 >

96329km
埼玉県
H.22年(2010)
修復歴 : 有り
【最長5年間走行無制限保証】
コンピューター診断機 検査済み良好
走行管理システムにて走行確認済み
■平成22年式 エルグランド 250ハイウェイスター のご紹介です!!

■レアマイスター19インチアルミホイール!
■左側パワースライドドア完備!
■高級感あふれるハーフレザーシート
■メーカー純正HDDナビゲーションを装備!
■音楽CD録音機能やDVD再生機能付き!
■Bluetoothオーディオ機能付き
■フルセグ地デジTV完備!
■インテリジェントキー&プッシュスタート!
■今では必需品のETCはビルトインにて完備しております!
■7人乗りシート!

☆YouTube動画はこちら http://www.youtube.com/watch?v=mi07a9N_2Aw http://www.youtube.com/watch?v=CxTrWymBO2c http://www.youtube.com/watch?v=WEZeMUtEmWs http://www.youtube.com/watch?v=hF92poIjXxY
http://www.youtube.com/watch?v=kEGAAhPnEmQ

★来場が難しいお客様へ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=hF92poIjXxY
☆お振込での支払いが不安な方へ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=WEZeMUtEmWs
★最長5年間の安心整備保証とは ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=kEGAAhPnEmQ
*******
フル装備 / 7人乗り / ☆HDDワイドマルチ☆ / ☆バックカメラ☆ / スマートキー / ☆フルセグ地デジ☆ / ☆DVD再生☆ / ミュージックサーバー / CD / ☆HIDライト☆ / ☆ETC☆ / TCL / イモビ / 横滑防止装置 / エアバッグ / フォグランプ / ABS / アルミ / ☆人気グレード☆ / ☆オゾン除菌・消臭済☆
*******
キャンペーン8
CSオートディーラー 【埼玉岩槻インター】エルグランド専門店
menu