-並び替え-

-現在の検索条件-

3
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

フィアット
アバルト プントスーパースポーツ
売約済み
フィアット アバルト プント スーパースポーツ

フィアットのアバルト プント(Id:3885104)の中古車詳細 >

5875km
東京都
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
ABARTH Punto super sport 14年式 平成29年3月26日 グリジオカンポボーロ 5,875km ディーラー車 装備(左ハンドル 6Fマニュアル レザーステアリング FULL フロントフォグランプ リアスポイラー CDデッキ ETC Wエアバック サイドエアバック サイドインパクトバー ABS EBD(電子制動力配分装置) ESP(ASR/MSR/HBA/ASR-OFFスイッチ付き) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング 17インチ専用アルミホイール ブレンボ4PODモノブロックキャリパー(フロント) プライバシーガラス BMC製エアクリーナー RaceChip(228PS) ※特別限定車!超希少車! ※ワンオーナー車! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※ディーラー保証付き(保証継承手続きサービス) 【車輌データ】 全長(mm):4,080 全幅:1,720 全高:1,470 ホイールベース:2,510 トレッド前/後(mm):1,480/1,475 最低地上高: 車両重量(kg):1,250 車両総重量:1,470 乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):3,090,000-(税別) 【エンジンデータ】 種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ 総排気量(cc):1,368 ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):180/5,750 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):27.5/2,500 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:6速フロアマニュアル タイヤサイズ:215/45R17 【整備内容】 保証継承点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検 、足廻り点検、駆動系点検、油脂類点検又は交換(エンジン、ミッション、クーラント、ブレ-キ、クラッチ、冷却水)、他 【お店から一言】 ABARTHプントの最終モデルが入庫しました!しかも特別限定車の「スーパースポーツ」です!走行距離も6千km弱! ガレージ保管のワンオーナー車!前オーナーはタバコを吸われませんほとんど新車といってもいいくらいです! 残念ながら2014年を最後にABARTHプントのデリバリーは終了・・・。 確かに人気ではABARTH500には負けていましたが車の「でき」は圧倒的にABARTHプントのほうが上でした。 「これぞターボ!」と思わず叫びたくなる180PSのパワーと世界的エコの呪縛をぶった切るようなクロスした6速ミッション! この組み合わせで面白くないはずがないではないか!熱くなった頭が少し冷静さを取り戻した頃に 「そう言えばこの車、17インチだったよね?」と疑ってしまうほどのボディ剛性! アルファロメオでも18インチはおろか17インチでさえ履きこなせているとは一度も思ったことのない自分が 17インチであることを忘れてしまうのだから恐れいるしかありません。「イタリア車だって、やればできるじゃん!」 ここ数年で私に一番衝撃を与えてくれました。 標準のABARTHプントをさらにチューニングした「スーパースポーツ」。パワーは163PSから180PSに! 23.5kg/rpmから27.5kg/rpmへアップしたトルクは低速域から胸の空くような加速を手に入れました! 昔と違い、エンジンだけではなく大幅にアップしたパワーに見合う改良が各部にも施されています。 20mm低められた車高、大幅にアップしたパワーを確実に路面に伝えるべく17インチの専用アルミホイールに 215/45サイズのタイヤ、そこに「ブレンボ製」モノブロック4PODキャリパーを奢り、「走る・曲がる・止まる」を 高次元で堪能することができる!正にこれこそ真の「ABARTH」だ! もう一つ付け加えておくと、ノーマルでも180PSを叩き出すこの車に、前オーナーはさらにパワーアップを望んで 「Race Chip」という部品を取り付けて、こともあろうに228PSを叩き出すモンスターに仕立てて乗っていたのだから驚く・・・。 ちなみに部品の脱着は簡単なのでいつでもノーマルに戻すことも可能だ。 それでもこのパワーを一度味わってしまったら・・・やっぱりこのままでいい!と思うかも? 販売当時、何故かABARTH500よりもABARTHグランデプントのほうが安かったが、 両車を乗り比べて思ったのは「この価格、逆じゃやないの?」という素朴な疑問。率直に言って、車の出来が全然違う! その後、新車価格は逆転したことで、私の感覚は間違っていなかったと納得することに。 確かに、ABARTH500のほうが見た目は可愛いし「うけ」は良いかもしれないが、本当に走りを楽しめるのは 、間違いなくABARTHプントのほうだと断言したい! そして、リアシートもちゃんと使えることもABARTHプントの魅力ということも付け加えておこう。 最近の「あれ?いつからターボが効いてるの?」というような「eco」目的のへなちょこターボとは違う 「これぞターボエンジン!」という加速を味わえるのは、このABARTHプント「スーパースポーツ」こそ!頭で考えるな、感性で操るんだ! それが「ABARTH」の乗り方だから!
ロッソコルサ
プジョー106ラリー1.3
売約済み
  プジョー106ラリー1.3

の(Id:3588491)の中古車詳細 >

73919km
東京都
H.7年(1995)
修復歴 : 有り
PEUGEOT106RALLYE1.3 95年式 平成29年4月8日 ホワイト 走行距離73,919km 新車並行車 装備(5速 エアコン パワステ ABS センター吹き出し口 ETC CDデッキ ABCペダル ブルーマジック製クイックシフト ミシュラン製スティールホイール ダイレクトエアクリーナー タコ足 Cピラーバー トランクフロアバー 、社外リアサイレンサー) ※修復歴車(フロントコアサポート修正、他) ※希少!エアコン・パワステ・ABS付き! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付(3ヶ月、又は3000km) 「車輌データ」 全長(mm):3,565全幅:1,605全高:1,360 ホイールベース:2,385トレッド前/後(mm):1,450/1,430 車両重量(kg):860 車両総重量:1,115 最低地上高:--- 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):1,920,000円(税抜き) 「エンジンデータ」 種類:直列4気筒SOHC 8V 総排気量(cc):1,294cc ボア×ストローク(mm):75.0×73.2 圧縮比:10.2:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):100/7,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):11.2/5,400 ラリー1.3専用アルミブロックエンジン、専用ファイナル、軽量フライホイール(約4kg) 燃料タンク容量(L):--- 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:175/60-14 ホイール:5.5J×14インチ ET16 【前回納車整備内容】 平成25年10月1日(66,295km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ブレーキ廻り分解・点検・修理 リアホイールシリンダー左右交換、Pバルブ交換、フロントブレーキパッド残8.8mm、リヤブレーキライング残 4.2mm ブレ-キオイル交換、サイドブレーキワイヤー点検調整、足廻り点検・修理、ショックアブソーバー前後交換 フロントロアアーム左右交換、フロントアッパーマウント左右交換、エンジン廻り点検・修理、タイミングベルト・テンショナ-点検 ウォーターポンプ点検、オルタネーター交換、オルタネーターベルト交換、スピードメーターケーブル交換、フューエルセンダーユニット交換 ラジエーター交換、クーラントオイル交換、エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換 パワステオイル交換、スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ステアリングラックエンドキャップ交換 リアサイレンサー交換(中古部品にて)、マフラー吊りゴム交換、タコ足取り付け、エアコンガス真空引き・ガスチャージ フロントウインカー左右交換、ライト廻り点検、ミッションオイル交換、他 【前回車検整備内容】 平成27年4月10(72,001km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ブレーキ廻り分解・点検・修理 フロントブレーキパッド残10.7mm、リヤブレーキライング残 3.0mm、ブレ-キオイル点検、リアホイールシリンダー点検 サイドブレーキワイヤー点検調整、エンジン廻り点検・修理、エアクリーナー点検・清掃、プラグ交換、ホース廻り点検 タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、オルタネーターベルト点検、エンジンオイル点検、ク-ラントオイル点検 パワステオイル交換、ライト廻り点検、バッテリー点検、ワイパーラバー交換(3本)、他 【前回1年点検整備内容】 平成26年10月17日(70,269km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、エアエレメント点検・清掃、サーモスタット交換 クーラントオイル交換、ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキキャリパー交換(106S16用中古部品にて) ブレーキマスターシリンダータンクキット交換、ホイールシリンダー左右交換、リアホイールナット左右交換、リアホイールキャップ左右交換 ブレーキフルード交換、他 【整備内容】 法定12ヶ月点検+α、タイミングベルト、テンショナ-ベアリング点検又は交換、オルタネーターベルト点検又は交換 ウォーターポンプ点検又は交換、ブレ-キ廻り分解・点検、E/Gマウント点検又は交換、足回り点検又は交換 ブッシュ、ブーツ類点検又は交換、各ホース類点検、油脂類交換(エンジン、ブレ-キ、ミッション、冷却水)、他 【お店から一言】 平成25年10月に販売させていただいたテンサンラリーが2年ぶりに帰ってきました!走行距離が7.4万kmと、いまではかなりの低走行車! さらに稀少なエアコンとパワステがついていて、何とABSもついています!テンサンラリーの中では「フル装備」仕様! 走りの車の宿命か、フロントのコアサポート部分に軽度の修復歴がありますが、ボディもかなりしっかりしていて遠慮なくガンガン走って頂けるコンディションです。 前オーナーさんが購入後に足廻りをリフレッシュ!フロントを車高調整式に変更 リアのトーションバーを強化品に変更してさらに「走り」に磨きがかかって帰ってきました! 希少な「RALLYE」デカールも残っています!これは嬉しい!エアコンもきちんと効いて、何とも快適なテンサンラリーです。 内装もこの年式では良いコンディションを保っています!テンサンラリーの魅力はなんと言っても860kgの軽量ボディと100PSを叩き出す専用エンジンとのコンビネーション! 高回転型のエンジンをブン回して、クロスしたミッションを小気味よく操作する楽しさは、他の車では絶対に味わうことはできません! まさにオーナーだけの特権ですね! これからさらに5年、10年と楽しんでいただくために、私たちは「手間」と「コスト」を惜しみません。 テンサンラリーを熟知した当社自慢の「ロッソコルサ仕上げ」で、テンサンラリーらしく元気に走り回れるコンディションに仕上げていきます! テンサンラリーのようにドライバーの五感にビンビン訴えてくる車なんて、そうはありません! この車の価値がわかる方に乗っていただきたい!元々台数の少ないテンサンラリー、その中でも、さらに希少なエアコン・パワステ・ABS付き! テンサンラリーが欲しい!と思っているアナタ!テンサンラリーに会いに来てください!
ロッソコルサ
アルファロメオ
1473.2 GTA
売約済み
アルファロメオ 147 3.2 GTA

アルファロメオの147(Id:2819736)の中古車詳細 >

60610km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO147GTA
03年式 2年付き ロッソアルファ走行距離60,610km ディーラー車
装備(6F 左ハンドル FULL CL キーレスエントリー ETC CDデッキ CDチェンジャー ABS 4エアバック HIDヘッドライト イモラナチュラルレザーシート VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール) 、ASR(アンチスリップ・レギュレーション) 、MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール)、 FPS(火災防止装置) 、他)
「装着済み社外パーツ」
ASSO17インチ軽量アルミホイール
DECK APレーシング6PODキャリパー、ビッグローターキット(340mm/2ピース):フロント
DECK ビッグローターキット(2ピース):リア
ステンメッシュブレーキホース
等長フロントパイプ
スポーツキャタライザー(部品単体にてお渡し)
チタンリアサイレンサー(センター~エンド)
DECK 車高調整式サスペンション スプリング:ハイパコ
LSD
リアタワーバー
フレックス強化アルミラジエーター:放熱塗装・RED
リア強化ピロパラレルリンク
フロントカーボンリップスポイラー

※1オーナー車!
※イモラナチュラルレザー!
※入庫時、当社にてヘッドO/H済み!もちろん、ウォポンを含むベルト廻り全交換済み!
※入庫時、当社にてインジェクター再生・洗浄済み!レベリングインジェクター!(誤差1%未満)
※入庫時、当社にて前後エンブレム新品交換済み!
※納車整備時、フロントローター&パッド(DS2500)交換!FキャリパーO/H!
※納車整備付(24ヶ月点検+α)
※保証付き(3ヶ月、3,000km)
【車輌データ】
全長(mm):4,200 全幅:1,765 全高:1,430
ホイールベース:2,545
トレッド前/後(mm):1,520/1,505 最低地上高:---
車両重量(kg):1,390 車両総重量:1,665
乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):---
新車価格(円):4,441,500円
【エンジンデータ】
種類:V型6気筒DOHC24バルブ 総排気量(cc):3,179
ボア×ストローク(mm):93.0×78.0 圧縮比:10.5:1
最高出力(ps/rpm)(DIN):250/6,200
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):30.6/4,800
燃料タンク容量(L):60 駆動方式:FF
ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:225/45ZR17
【整備内容】
法定24ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、フロントブレーキローター(左右)&パッド(DS2500)交換、フロントキャリパーO/H、エンジンヘッドO/H済み、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り全交換済み、右デフサイドシール交換済み、ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、ミッション・駆動系点検、エアコン点検・修理、バッテリー交換、油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ)、他
【お店から一言】
近代アルファロメオの中でも群を抜いてホットな奴、アルファロメオ147GTAが入庫しました!以前勤務していたディーラーで、新車を購入されたお客様から連絡をいただき引き取りの相談を受けたときに「タイミングベルトのコマ飛びでエンジンが・・・」とのこと。結局、修理には多額の費用が掛かるために、悩んだあげく修理を断念、でも、このまま解体されてしまうのはあまりにも忍びないということで、当社にお声をかけていただきました。そんな事情の車をいままでも引き取って修理をして復活させてきた私のところにお話がきたのも何かの縁。幸い、エンジン以外は大きな問題もなく、エンジンさえちゃんと直せば、まだまだ十分楽しめるコンディションに復活させる自信がありましたから、迷わずエンジンを開けることに。幸い、片側のバンクだけのダメージだったので、曲がったバルブを新品に交換してやり、ヘッドのO/Hを実施。もちろん、ベルト廻りも全て交換!147GTAの心臓は再び鼓動を打ち始めました!改めて現車のスペックを確認すると、ワンオーナー、低走行の6万km+α!何よりも、走りの147GTAをさらに尖らせるべく前オーナーが大枚をつぎ込んでインストールされたスペシャルパーツがてんこ盛り!これ以上何をすれば良いの?と言わんばかりの充実ぶりだ!きっと、元気なときには前オーナーを存分に楽しませたであろうこの147GTA。再び蘇り、新しいオーナーをGTAの快楽の世界へと誘ってくれること間違いなし!今では生産が終わってしまったアルファロメオ史上最高のV6エンジンこそ、147GTAを手に入れる最大の理由と言っても過言ではない。さらにはこの147GTAには、そのエンジンを余すことなく味わうためのスパイスが、至る所にふんだんに散りばめられているのです!この147GTAを手に入れる資格がある者は、このエンジンを使い切る自信がある者だけだ!と言ってもいいくらい!電子スロットルとはとても思えないアクセルレスポンス!回せば回すほど底なしのパワーが湧き出てくるアルファロメオ史上最強のV6エンジン!DOHC、3.2L、250PSの自然吸気エンジンは、エンジンをかけた瞬間「こいつ、只者じゃないな!」とドライバーを挑発してきます。とにかく、せっかくの147GTAに乗っていただくなら、全開で走れるコンディションでないと意味がありません!その為には、エンジンだけが良くてもダメ!納車整備では、APracingの6PODキャリパーが装着されている340mm、2ピースタイプのフロントブレーキローターとパッドも交換します!パッドはフェロードDS2500!近年、エコの呪縛に牙を抜かれた車ばかりですが、147GTAは、今では絶滅危惧種の「超攻撃型」の車です!ひとたびアクセルを床まで踏み込めば、あっと言う間に別世界!あっ、言っておきますがくれぐれも免許がなくならないように気をつけてくださいね!大人が本気で遊べる車、それがこの147GTAです!
ロッソコルサ
menu