-並び替え-

-現在の検索条件-

36
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

プジョー
106106ラリー1.3PROCAR
118.8万円
新着
プジョー 106 106ラリー1.3PROCAR

プジョーの106(Id:4160408)の中古車詳細 >

85923km
東京都
H.7年(1995)
修復歴 : 無し
PEUGEOT106RALLYE1.3PROCAR 95年式 平成30年12月20日 ホワイト 走行距離 85,923km 新車並行車 装備(左ハンドル 5速マニュアル AC センター吹き出し口 CDデッキ ETC 純正アルミホイール リアスポイラー フォグランプ 盗難防止システム HID(HIGH/LOW切り替え式) スーパースプリントGr.Nサイレンサー アースイングシステム) ※当社販売・管理車両!11年間当社でメンテナンスさせていただきました! ※希少なテンサンラリーの中でもさらに希少なPROCAR! ※テンサンラリーとしてはかなりの低走行です! ※納車整備付(12ヶ月点検)+α ※保証付き(3ヶ月又は3000km) 「車輌データ」 全長(mm):3,565全幅:1,605全高:1,360 ホイールベース:2,385トレッド前/後(mm):1,450/1,430 車両重量(kg):840 車両総重量:1,115 最低地上高:--- 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):1,920,000円(税抜き) 「エンジンデータ」 種類:直列4気筒SOHC 8V 総排気量(cc):1,294cc ボア×ストローク(mm):75.0×73.2 圧縮比:10.2:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):100/7,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):11.2/5,400 *ラリー1.3専用アルミブロックエンジン、専用ファイナルギア、軽量フライホイール(約4kg) 燃料タンク容量(L):--- 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:175/60-14 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検増し締め、エンジン廻り点検調整、タイミングベルト、テンショナ-ベアリング点検又は交換、 各ベルト点検又は交換、ウォーターポンプ点検又は交換、ブレ-キ廻り点検調整、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検又は交換、 操舵系点検・修理、エアコン点検修理、足回り点検修理、油脂類交換(エンジン、ブレ-キ、ミッション、冷却水)、他 【お店から一言】 何と11年前に販売させていただいた106ラリー1.3PROCARが戻ってきました! 販売させていただいてから11年間当社でメンテナンスをお任せ頂いてきた個体です。 近年、10数万km走行は当たり前のテンサンラリー(106S16も10万km超えは当たり前)にあって 8.6万kmの低走行!探しても見つかる個体ではありません! テンサンラリーをご存じでもPROCARの存在は知らないと言う方も少なくないと思いますので少しご説明を。 テンサンラリーの派生モデルでパワーステアリング無しの車両がベースです。エアコンが標準装備(と言っても日本で装着しています)、 センター吹き出し口が標準装備!基本的にテンサンラリーはセンター吹き出し口もついていないのが普通なので、あえて装着しています。 そしてリアスポイラーも標準装備、さらにフロントフォグランプも!簡単な盗難防止装置も付いています。乗る度にリモコン操作が必要な為、 ほとんどの車では外されていたりしますが現車はちゃんと生きています! そしてホイールが106Xsiと同じデザインのものが標準装備。外装には専用のデカールが貼られていましたが 新車販売当時はちょっと派手なためか最初から剥がして欲しいという方が少なくありませんでした。 私も何台か剥がすことになったのを覚えています。現車もリアゲートのデカール以外はすでにありません。 肝心な「PROCAR」が残っているのが嬉しいですね! 今現在、市場に出回っているテンサンラリーの中ではかなり走行距離が少なく良いコンディションを維持している個体ですが、 すでに22年が経過しているわけですから納車整備では通常の中古車よりも突っ込んだ整備が必須なのは言うまでもありません。 またプジョー106シリーズの1車種とはいえ実際に乗って、触れて、整備をした経験のある方はプロでも多くはありません。 もちろんディーラーでも同じです。 やはりテンサンラリーを熟知して長年扱ってきた経験値の高いプロがしっかりとメンテナンスを実施することが、 これから何年間と楽しくテンサンラリーに乗って行くには絶対条件といえるでしょう。 だからこそ購入するときはそのショップが適切かどうかを良く考えてから決めて頂きたいと思っています。 ロッソコルサでは自社・認証工場にて攻めの整備「ロッソコルサ仕上げ」にて全方位からしっかりと整備を実施いたします。 SOHC、1.3リットルで100PSを叩き出す専用エンジンに900kgを大幅に切る超軽量ボディ、 ファイナルギアが低められた専用クロスミッションに軽量フライホイール!そこから生まれる痛快な走りこそテンサンラリーの最大の魅力です! 1.3ラリーから始まる106ラリーの系譜の中で、ホモロゲーションを取っているのはこのテンサンラリーだけ!(コアサポートにはプレートが!) 「ラリーの中のラリー」テンサンラリーはラテン車好きだけでなく、走り好きな車趣味人にとっても刺さる車です! 新車時から扱ってきた経験とノウハウを持ち、日本でも一二にテンサンラリーに精通したロッソコルサでなければ実現できないことが沢山あります! 本来の性能を発揮できていてこそ本当のテンサンラリーを手に入れたと言えるのではないでしょうか? 間違っても「なんちゃってテンサンラリー」を買わないように気をつけてください。
ロッソコルサ
アルファロメオ
1562.5 V6 24V Qシステム
64.8万円
アルファロメオ 156 2.5 V6 24V Qシステム

アルファロメオの156(Id:4141080)の中古車詳細 >

65112km
東京都
H.16年(2004)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO 156 V6 24V Q-SYSTEM 04年式 車検2年付き ロッソアルファ 走行距離65,112km ディ-ラ-車 装備(右ハンドル 4AT FULL CL キーレスエントリー ETC CDデッキ ナビ Wエアバック サイドエアバック HID ABS ブラックレザーシート 17インチAW XYZ製車高調整式サスペンション 等長フロントパイプ 社外ステンリアサイレンサー) ※当社販売・管理車両! ※前々回納車整備時に多数整備済み! ※納車整備付(24ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,430 全幅:1,755 全高:1,415 ホイールベース:2,595 トレッド前/後(mm):1,510/1,500 最低地上高:140 車両重量(kg):1,470 車両総重量:1,745 乗車定員(名):5 トランク容量(L):378 最小回転半径(m):5.8 新車価格(円):4,290,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,492 ボア×ストローク(mm):88.0×68.3 圧縮比:10.3:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):192/6,300 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):22.2/5,000 燃料タンク容量(L):63 駆動方式:FF ミッション形式:マニュアルモード付4速電子制御式オートマティック タイヤサイズ:205/55R16 【前回納車整備内容】 平成27年2月6日(53,427km時) 法定12ヶ月点検一式、エンジン廻り点検、タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、タイミングベルトアイドラ、ドライブベルト、 ドライブベルトテンショナー、ドライブベルトアイドラ、ウォーターポンプ点検、スパークプラグ点検、ブレ-キ廻り点検・調整、 フロントパッド残約10.0mm、リアパッド残約6.8mm、各マウント、ブッシュ類点検、ドライブシャフトブーツ左右・INブーツバンド交換、 各ホ-ス類点検、足廻り及び駆動系点検、油脂類点検・交換(エンジン、ブレ-キ、冷却水)、エンジンオイルレメント交換、エア-エレメント点検、バッテリー点検、RECS施行、他 【前回納車整備内容】 平成25年8月8日(47,018km時) 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、タイミングベルトアイドラ、ドライブベルト、 ドライブベルトテンショナー、ドライブベルトアイドラ、ウォーターポンプ交換、サーモスタット交換、ヘッドカバーガスケット前後交換、 スパークプラグ交換、ブレ-キ廻り点検・調整、フロントパッド残約10.1mm、リアパッド残約7.8mm、各マウント、ブッシュ類点検、 エンジンロアマウント交換、エンジントルクロッド交換、ドライブシャフトブーツ左右・IN/OUT全交換、各ホ-ス類点検、 足廻り及び駆動系点検、サスペンション一式交換(XYZ全長式車高調整式サセペンションにて)、油脂類点検・交換(エンジン、ATF、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、 エンジンオイルエレメント、エア-エレメント交換、バッテリー交換、エンブレム前後交換、フロントワイパーブレード交換、他 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り点検・調整、各マウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換、 タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、カムシャフトシ-ル点検又は交換、 足廻り及び駆動系点検、油脂類点検・交換(エンジン、ATF、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、エンジンオイルエレメント交換、 エア-エレメント点検、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両のアルファロメオ156 V6 24V Qシステムが戻ってきました! 平成25年2月時の納車整備時にかなり手を入てから約1.8万km!現在もグッドコンディションを維持しています! 現車は、いわゆる後期型の156では最終モデルに当たりますが、フェイスリフトを受けて雰囲気もグッと近代的になりました。 セレスピードとは違いV6Qシステムは普通(トルクコンバーター式)のオートマチックトランスミッションを載せたタイプ。 セレスピードでは多少慣れが必要だった坂道発進もクリープしてくれるので安心です!エンジンもトルクフルなV6、2.5L、DOHC、24V!192PSの余裕の走りはまさに「大人のワゴン」です! ロッソアルファのボディも2トーンやピンク色とは無縁の真っ赤なボディを良いコンディションで維持しています! 真っ赤なボディに対して内装はブラックのフルレザー!ぐっと落ち着いた室内は余裕のある大人の空間を演出しています。 オートマでも、やっぱり自分が操りたいと思うのがイタリア人?シフトチェンジが楽しめる「マニュアルモード」付きで、より自分の意思で156をコントロールできます! そしてこの車の最大の魅力は何と言っても贅沢なV6エンジン!そのエンジンを、この価格で味わうことができるのも最高ですね! そして、忘れてはいけないのが独特の「エキゾーストノート」!昔から「アルファサウンド」とか「アルファミュージック」何て言われてきたほど! 現車はフロントパイプを社外の等長式にリアサイレンサーを社外のステンレスタイプに変更済み! 元々魅力的な排気音がさらにアップグレードされています! 排気系だけではなく足廻りも抜かりはありません!サスペンションはXYZ製の全長式車高調整ショック、もちろん減衰力も調整できます! ホイールは純正17インチに交換済み!ショックは減衰力調整式ですから、街乗りではコンフォート、高速やワインディングではスポーツ方向へ振ることも可能です! 家族と出かけるときにはオシャレな「大人のセダン」として、一人で走りたいときには貴方の相棒として。 「男」を忘れていないお父さんに、是非乗っていただきたい1台です! もちろん、右ハンドルのオートマ車ですから、女性にも優しいアルファロメオです! 安全やエコの呪縛によって、似たり寄ったりになってしまった昨今の車をみると、改めて156のデザインがカッコイイことが良くわかります。 是非、店頭にて、現車を見てください!
ロッソコルサ
ホンダ
オデッセイ2.4アブソルート純正HDDナビ車高調社外19インチAW
89万円
ホンダ オデッセイ 2.4アブソルート純正HDDナビ車高調社外19インチAW

ホンダのオデッセイ(Id:4097589)の中古車詳細 >

67702km
千葉県
H.18年(2006)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓
https://youtu.be/IjgWBomkhAg

詳細画像はこちら(YouTube)↓
https://youtu.be/XFeitJ9S-kk

★出ました!ミニバンの帝王!ホンダRB1型オデッセイ!平成18年8月登録!後期モデル!
★2.4アブソルート/2WD!3列シート7人乗り!5速オートマ車!プレミアムホワイトパール!
★K24A型2400cc/i-VTECエンジン搭載の200馬力!気になる燃費は11,0km/Lです!
★実走行123,385km!取説・保証書・記録簿完備!安心のタイミングチェーン車!
★修復歴無し!第三者JAAA日本自動車鑑定協会発行の鑑定書付ですのでご安心下さい!
★純正フルエアロ!純正アブソルート専用エアロバンパー後!純正サイドステップ!
★社外フロントグリル一体型バンパースポイラー!同色グリル!エンブレム!
★純正OPLEDハイマウントストップランプ付リアスポイラー!メッキグリル!エンブレム!
★キーレスエントリー!ルーム球すべてLED球に施工済!
★純正HIDヘッドライト!純正クリアフォグランプ!ボディ同色電動格納ウインカードアミラー!
★ハーフシェイドフロントガラス!UVカット&プライバシーガラス!5面フィルム貼り!
★社外車高調にてローダウン施工!SSR製ヴィエナ19インチアルミ!メッキリム!
★無限製エアロドアバイザー!メッキアウタードアハンドル!リアワイパー!
★純正8インチHDDインターナビ!Mサーバー+ラジオ+CD+DVDビデオ!6スピーカー!
★純正バックカメラ!純正分離型ETC!Wエアバック!EBD付ABS!VSA(TRC)!クルコン!
★スペアキー(キーレス)2本!イモビラーザー!ブラック革コンビシート!アームレスト!
★純正革巻ステアリング!ステアリングスイッチ!アルミスポーツペダル&フットレスト!
★ブルー照明自発光メーター!液晶トリップメーター(外気温/平均燃費/瞬間燃費表示)!
★黒木目調パネル!VTR入力付センターテーブル!バニティミラー!サングラスホルダー!
★車名入アルミスカッフプレート!助手席シートバックポケット!パワーソケット!
★3列シート!ウォークスルー!ドリンクホルダー!各ドアポケット!荷室アンダーBOX!
★車速連動間欠フロントワイパー!バニティミラー!サングラスホルダー!ルームランプ!
★2列目センターアーム レスト!3列目分割可倒式シート!サイドポケット!カップホルダー!
★ISO FIX対応チャイルドシート固定専用バー(2列目)!テザーアンカー(2列目左右席)!
★灰皿!サンバイザー!カード&コインホルダー!ラゲージルームランプ!グローブボックス!
★インパネボックス!リアデフォッガー!スペアタイヤ/パンダジャッキ/車載工具完備!
★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん保証付き!
★格安プライスにてドレスUPパーツや最新地デジTVチューナー等お取付可能です!
★保証は1年間/走行距離無制限保証致します!全国24時間対応ロードサービス付き!
★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します!
★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております!
★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間ず~とオイル交換無料です!


☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆
☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆

☆☆ホンダRB1型オデッセイの詳細は!?☆☆
3代目となる、ミニバンの代表かつ先駆車であるホンダオデッセイ。低重心パッケージによる高い走行性能に、今回エクステリアデザインをよりスポーティに変更するとともに安全装備などを充実させた。立体駐車場にも入庫を可能にしながらも、3列7人乗車と十分な積載能力を持ち合わせる。エンジンは、2.4L DOHC直列4気筒i-VTEC。レギュラーガソリン対応は160馬力、プレミアムガソリン仕様は高圧縮比で200/190馬力を発生する。インパネに配したトランスミッションは、CVT(無段変速機)+7スピードモードか、5速オートマティック+Sマチックの2タイプ。グレードは、最上級「L」と充実装備の「M」、新設定ベーシックな「B」タイプ。それに高出力エンジン搭載で新18インチアルミホイール装着の「アブソルート」をラインアップ。「M」には、エアロフォルムバンパーやサイドシルガーニッシュなどを装備した「M・エアロパッケージ」を用意する。インテリアカラーにビスタ、ダークグレー(以上、Lタイプ、Mタイプ専用色)、ウォームグレー(アブソルート専用色)を新設定、セキュリティアラームを新たに採用(アブソルート、Lタイプ、Mタイプに標準装備)した。


★この車への「お問合せ」・「無料見積り依頼」、「在庫確認」は、お気軽にどうぞ!
★当店の在庫情報、お店へのアクセスは【店舗詳細ページ】をご覧ください。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
プジョー
106S16 Ltd
108万円
プジョー 106 S16 Ltd

プジョーの106(Id:4077615)の中古車詳細 >

68094km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
PEUGEOT106S16LTD 03年式 平成30年 3月31日 インディゴブルー 走行距離68,094km ディーラー車 装備(5速 FULL CL リモコンキー ABS Wエアバック ETC CDデッキ レザー/アルカンタラコンビシート レカロリクライニングシート(運転席) AW 他) ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月又は3000km) ※希少!走行6.8万km台!車検長い! 【車輌データ】 全長(mm):3,690 全幅:1,620 全高:1,370 ホイールベース:2,385 トレッド前/後(mm):1,400/1,355 最低地上高:--- 車両重量(kg):930 車両総重量:1,205 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):5.25 新車価格(円):2,250,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒DOHC16V 総排気量(cc):1,587 ボア×ストローク(mm):78.5×82.0 圧縮比:10.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):118/6,600 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):14.5/5,200 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:185/55R14 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検締め付け、エンジン廻り点検、ミッション駆動系点検、ブレ-キ廻り分解点検、足廻り点検、 タイミングベルト及び各ベルト類点検又は交換、タイミングベルトテンショナー及び各テンショナー類点検又は交換、 ウォーターポンプ点検又は交換、エンジンマウント点検又は交換、ブッシュ、ブ-ツ類点検、 油脂類(エンジン、ミッション、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)点検・交換、他 【お店から一言】 最終モデルの106S16LTDが入庫しました!走行距離が6.8万kmを超えたばかりの最近では希少な低走行! 車検も来年の3月いっぱいまで残っています! もちろんコンディションも走行距離に恥じない状態を維持しています!外装も入庫時にルーフ、ボンネットなど退色があったところは再塗装しました! ヘッドライトも綺麗な状態を保っています! 内装は運転席がレカロのリクライニング式のセミバケットシートに交換済み!純正のMDデッキはCDデッキに交換されています。 基本的にそれ以外はノーマルの素性の良い個体です! 現在、市場に出回っている個体の中でも1,2を争うコンディションだと思います! ロードテストを実施しましたが足廻りなども問題なく、まだまだしっかり感が残っているくらいです! エンジンも調子良く高回転まで気持ち良く回ってくれました!今では低めのミッションを駆使して小気味よいシフト操作を楽しんで頂けること間違いありません! これからの季節はとっても気になるエアコンもバッチリ効いていました!最近の日本の夏はかなりのモノですからね! これがないと始まりません!もちろん納車整備でもしっかりと点検させていただきますよ! 年々世の中から「小型車」と呼べる車がなくなっている状況ですが、そんな中106S16はまさに「小型車」の中の「小型車」! 最近では小型車でも乗車定員が4名という車が増えていますが106S16はこのサイズでも5名乗車です! いざ!というときには5人乗れるのは心強いと思いませんか?室内も想像以上に広いのも美点なんです! そんな「小型車不毛の時代」こそ真の小型車を改めて見直そうではなりませんか! フランス生まれの小型車、106S16LTDの実力を是非一度体感してください! 貴方のご来店をお待ちしております!
ロッソコルサ
アルファロメオ
156スポーツワゴン2.5 V6 24V Qシステム
75.6万円
AIS検査済
アルファロメオ 156スポーツワゴン 2.5 V6 24V Qシステム

アルファロメオの156スポーツワゴン(Id:4077614)の中古車詳細 >

52946km
東京都
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO156SW V6 Q-SYSTEM 05年式 車検2年付き ロッソアルファ 走行距離52,946km ディ-ラ-車 装備(4AT 右ハンドル FULL CL リモコンキー ABS Wエアバック サイドエアバック ETC HDDナビ・TV 純正17インチAW クルーズコントロール) ※希少後期、V6スポーツワゴン! ※車検2年付き! ※HDDナビ・TV付き! ※納車整備付(24ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,440 全幅:1,755 全高:1,415 ホイールベース:2,595 トレッド前/後(mm):1,510/1,500 最低地上高:140 車両重量(kg):1,470 車両総重量:1,745 乗車定員(名):5 トランク容量(L):378 最小回転半径(m):5.8 新車価格(円):4,290,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,492 ボア×ストローク(mm):88.0×68.3 圧縮比:10.3:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):192/6,300 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):22.2/5,000 燃料タンク容量(L):63 駆動方式:FF ミッション形式:マニュアルモード付4速電子制御式オートマティック タイヤサイズ:215/45R17 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り分解・点検、各エンジンマウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換、 タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、カムシャフトシ-ル点検又は交換、 足廻り及び駆動系点検又は交換、油脂類点検・交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、エンジンオイルエレメント、 エア-エレメント点検又は交換、ワイパーブレード点検または交換、バッテリー点検又は交換、他 【お店から一言】 ブルーに続いてロッソアルファの156SW V6 Qシステムが入庫しました! フェイスリフト後の後期モデルです!ボディカラーは一番人気のロッソアルファ! 入庫時にルーフやボンネットなど退色の目立つところを再塗装しました!やっぱり赤い方がいいですよね! 走行距離は5.3万km弱と少ない個体。ロードテストでも足廻りから嫌やな異音も皆無!低走行距離も伊達ではありません! エンジンの調子も本来のV6エンジンを味わえるコンディションを維持しています!これからたっぷりと走れること間違い無しですね! 外装は部分的に再塗装をしましたので綺麗になってますが内装も嫌なヤレはありません。基本的にフルノーマルの素性の良い個体です。 唯一の変更点はオーディオがHDDナビ・TVに変わっていることとETCが装着されていることくらい。 個人的にはうれしいのが灰皿が小物入れに変わっているところ!私としては結構ポイント高いです! もちろんご希望があれば灰皿に戻すことも可能ですので遠慮なくおっしゃって下さい! 愛車の空間はプライベートな空間ですから只でさえ肩身の狭い思いをされている愛煙家の方にとっては車の中は誰にも邪魔されずにタバコを楽しめる空間ですからね。 インダッシュタイプのナビは格納すれば邪魔になりませんからせっかくデザインの良いダッシュボードの雰囲気を保てるのが嬉しいですね! 今までにもアルファロメオのV6エンジンを数台乗り継いできましたがやっぱり良いですね! オートマとのマッチングも良く低回転からトルクフルなお蔭でアクセルペダルを沢山踏み込まなくても車がス~と前に進んでいきます。 気持ちにまで余裕が生まれ走りまでジェントルになるから不思議ですね。 2.5LのエンジンはSOHCで160PSからDOHCで200PS近くまで性能が上がっています。これだけ馬力があれば余裕の走りも納得です! 2Lのセレスピードとは違いV6Qシステムは普通(トルクコンバーター式)のオートマチックトランスミッションを載せたタイプ。 セレスピードでは多少慣れが必要だった坂道発進もクリープしてくれるので安心です!オートマ免許の女性でも運転しやすいですよ。 オートマでも、やっぱり自分が操りたいと思うのがイタリア人?シフトチェンジが楽しめる「マニュアルモード」付きで、より自分の意思で156をコントロールできます! 156SWの魅力はエンジン以外にも沢山!なによりもしのイタリアンデザインは数あるワゴンの中でも1,2の素晴らしさだと思います。 ベースであるセダンのデザインが素晴らしいのですが他のワゴンではどうしても室内空間などの使い勝手を優先するためにデザインが崩れがちですが156SWではワゴンだけどデザイン優先! ということで(私が勝手に思っているのですが・・・)室内空間はセダンとほとんど変わりません。でもそれでいいのです! だってアルファロメオなんですから! 使い勝手を犠牲にしてもカッコ良くする!それがアルファロメオでありイタリアの車なんですから! 年式を感じさせないグッドコンディションの個体ですが、納車整備では攻めの整備「ロッソコルサ仕上げ」で安心して長距離を乗っていただけるコンディションにてお渡しいたします! この車の最大の魅力は何と言っても贅沢なV6エンジン!そのエンジンを、この価格で味わうことができるのも最高です! そして、忘れてはいけないのが独特の「エキゾーストノート」!昔から「アルファサウンド」とか「アルファミュージック」何て言われてきたほど! そんな排気音が標準装備です! 家族と出かけるときにはできの良いスポーツワゴンとして、一人で走りたいときには貴方の相棒として。 「男」を忘れていないお父さんに、是非乗っていただきたい1台です! もちろん、右ハンドルのオートマ車ですから、女性にも優しいアルファロメオです! 安全やエコの呪縛によって、似たり寄ったりになってしまった昨今の車をみると、改めて156のデザインがカッコイイことが良くわかります。 是非、店頭にて、現車を見てください!
ロッソコルサ
フィアット
アバルト 500ベースグレード
139.3万円
フィアット アバルト 500 ベースグレード

フィアットのアバルト 500(Id:4004353)の中古車詳細 >

79943km
東京都
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
ABARTH 500 09年式 平成30年7月19日 ホワイト 79,943km ディーラー車 装備(右ハンドル 5Fマニュアル FULL Wエアバック サイドエアバック ABS CDデッキ ETC ABCペダル ESP(ASR/MSR/HBA) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング レザーシート(フロントのみレッド/ブラックのコンビ)16インチアルミホイール 前後レッドキャリパー フォグランプ リアスポイラー ローダウンスプリング 社外リアサイレンサー サジタリオECU(バージョンプリモ) フロントタワーバー リアフロアバー アルミフューエルキャップ 社外テールレンズ ※タイミングベルト・ウォーターポンプ交換済み(71,350km時)! ※取扱説明書・記録簿あり! ※車検長い! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):3,655 全幅:1,625 全高:1,515 ホイールベース:2,300 トレッド前/後(mm):1,415/1,410 最低地上高: 車両重量(kg):1,110 車両総重量:1,330 乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):2,950,000-(税別) 【エンジンデータ】 種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ 総排気量(cc):1,368 ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):135/5,500 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):18.4/4,500 燃料タンク容量(L):35 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:195/45R16 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、タイミングベルト類及びテンショナー類点検 ウォーターポンプ点検、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検又は交換、足廻り点検、駆動系点検 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、ブレ-キ、冷却水)、他 【お店から一言】 イタリア車の中でも今一番熱いABARTH500が入庫しました! 正規輸入が開始された最初の頃の右ハンドル・5速マニュアルのベースグレードです! 一昔前のイタリア車のように最近ではチューニングされている割合がグッと高いABARTH500ですが、現車もそんな1台です! 足廻りをローダウンスプリングに交換して適度に車高を落とし、ECUをABARTH500のオリジナルパーツを豊富に製作・販売されている 「サジタリオ」オリジナルの「バージョンプリモ」でパワーアップを計っています! ボディにはフロントに「OKUYAMA」のストラットタワーバー、リアトランクにはフロアバーが装着されています。 実は輸入が始まった頃に乗ったものよりもボディ剛性が高く感じたのですがタワーバーとフロアバーは伊達ではないようですね! リアサイレンサーにはフェラーリではお馴染みの「チュービスタイル」のステンリアサイレンサーが装着されています! 音量はけして大きすぎないので適度な心地よいエキゾーストノートを楽しんで頂けると思いますよ! 内装はレザーシート!フロントはセミバケットタイプでレッドとブラックのコンビ! ロアシートはブラックにレッドステッチと贅沢な内装はABARTH500をさらに魅力的にしてくれます! 外装ではリアコンビネーションランプを社外品に交換されています。ノーマル部品もありますからいつでも元に戻せるのも嬉しいですね! ドアミラーカバーもクロームメッキタイプに変わっていますがレッドタイプもちゃんとあります! 隠れたおしゃれ?としてはフューエルキャップがアルミ製に交換されています!ガソリン給油時にもついにんまりしちゃうかも! 初めてのマイナーチェンジを受け手一つ前のモデルになった初代ABARTH500ですが まだ見慣れていないせいかこちらのほうがより「らしく」見えるのは私だけでしょうか? また色んなモデルが出てくる度に価格も上がってきてしまいなかなか手が出なかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ようやくこなれてきた個体も出てきた今、近年では珍しくなったホットハッチ!ABARTH500との時間を楽しんでみるのも良いですね! 納車整備では長年ラテン車を扱ってきた経験とノウハウを生かした「攻めの整備」 ロッソコルサ仕上げを実施、自社・認証工場にて毎日の通勤でも安心してお乗り頂けるコンディションにてご納車させていただきます! 最新のABARTHもロッソコルサにお任せ下さい!
ロッソコルサ
プジョー
106S16 Ltd
売約済み
プジョー 106 S16 Ltd

プジョーの106(Id:4143996)の中古車詳細 >

88434km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
PEUGEOT106S16LTD 03年式 平成30年 3月18日 ホワイト 走行距離 88,434km ディーラー車 装備(5速 FULL CL リモコンキー ABS ダブルエアバック サイドエアバック ETC MDデッキ レザー/アルカンタラコンビシート AW 社外ステンリアサイレンサー 他) ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月又は3000km) ※タイヤはYOKOHAMA S drive、製造時期は2016年です! 【車輌データ】 全長(mm):3,690 全幅:1,620 全高:1,370 ホイールベース:2,385 トレッド前/後(mm):1,400/1,355 最低地上高:--- 車両重量(kg):930 車両総重量:1,205 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):5.25 新車価格(円):2,250,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒DOHC16V 総排気量(cc):1,587 ボア×ストローク(mm):78.5×82.0 圧縮比:10.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):118/6,600 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):14.5/5,200 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:185/55R14 【前回納車整備内容】 平成25年7月5日(走行距離67,853km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・増締め、ブレーキ廻り分解・点検、ブレーキパッド&ローター点検、ブレーキフルード交換・エア抜き、 ミッションオイル交換、タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、オルタネーターベルト、ウォーターポンプ交換、 クランクプーリー交換、クラッチO/H一式、メインシャフトシール交換、クランクシール交換(リア)、デフサイドシール左右交換、 シフトリンクロッド交換(3本)、ステアリングラックブーツ交換、サーモスタットハウジング交換(ロッソコルサオリジナル強化品)、 ショックアブソーバー一式交換(ビルシュタインにて)、フューエルフィルター交換、プラグ点検、エアクリーナーエレメント交換、 エンジン点検・診断一式、クーラントオイル交換、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、パワーステアリングオイル交換、 エンジンマウント(3箇所)交換、バッテリー交換、ワイパーブレード交換(前後)、オイルフィラーキャップ交換、マフラージョイントkit交換、他 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検締め付け、エンジン廻り点検、ミッション駆動系点検、ブレ-キ廻り分解点検、足廻り点検、 タイミングベルト及び各ベルト類点検又は交換、タイミングベルトテンショナー及び各テンショナー類点検又は交換、 ウォーターポンプ点検又は交換、エンジンマウント点検又は交換、ブッシュ、ブ-ツ類点検、 油脂類(エンジン、ミッション、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)点検・交換、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両の106S16LTDが入庫しました!ボディカラーは高年式にしかないホワイト! 前オーナーさんの乗り換えに伴い当社へお譲り頂きました。 最近では10万km超えが当たり前の106ですが現在の走行距離は88,434km!最近では低走行車です! 外装、機関共に走行距離を思わせないコンディションを維持しています。真っ白なボディは目立つような大きなキズやヘコミはなし!まだまだ艶々しています! 内装も年式相応のやれはありますがレザーとアルカンタラのコンビシートには破けていたり穴が開いていたりということはありません! 機関に関しても、エンジンもまだまだ元気!アクセルに対するレスポンスも健在!106らしい小気味の良い運転を思う存分楽しんで頂けるコンディションです! 足廻りはビルシュタインに交換済み!タイヤ2016年製造のYOKOHAMA Sdriveを履いていて山もタップリ残っています! 当分は交換の必要はありませんね! 外見では唯一の変更点がアルミフューエルキャップ!さりげなく106のスポーティーさを主張していますね! 見た目も走りも年式や走行距離を感じさせないグッドコンディションの1台です。さらに長年プジョー106を扱ってきた当社が蓄積してきた経験とノウハウをフルに投入して 攻めの整備「ロッソコルサ仕上げ」を実施することでまだまだ走りを楽しんでいただけるコンディションを目指します! 細かい部分から大きな部分、時には大胆に時には繊細に、法定点検以上の整備内容で、毎日の通勤でも安心してお乗り頂けるコンディションにてお渡しいたします。 「動けばいい」程度の整備ならどこでもできますが、106S16の本来の「味」を堪能していただけるレベルまで持っていかなければ整備の意味がありません! 是非一度足をお運び頂きご自身の目で確かめてください! 貴方のご来店をお待ちしております!
ロッソコルサ
フィアット
アバルト プントスーパースポーツ
売約済み
フィアット アバルト プント スーパースポーツ

フィアットのアバルト プント(Id:4143512)の中古車詳細 >

7340km
東京都
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
ABARTH Punto super sport 14年式 平成31年3月26日 グリジオカンポボーロ 7,340km ディーラー車 装備(左ハンドル 6Fマニュアル レザーステアリング FULL フロントフォグランプ リアスポイラー CDデッキ ETC Wエアバック サイドエアバック サイドインパクトバー ABS EBD(電子制動力配分装置) ESP(ASR/MSR/HBA/ASR-OFFスイッチ付き) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング 17インチ専用アルミホイール ブレンボ4PODモノブロックキャリパー(フロント) プライバシーガラス BMC製エアクリーナー スロットロルコントローラー ※特別限定車!超希少車! ※2オーナー車! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※時社保証付(3ヶ月又は3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,080 全幅:1,720 全高:1,470 ホイールベース:2,510 トレッド前/後(mm):1,480/1,475 最低地上高: 車両重量(kg):1,250 車両総重量:1,470 乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):3,090,000-(税別) 【エンジンデータ】 種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ 総排気量(cc):1,368 ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):180/5,750 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):27.5/2,500 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:6速フロアマニュアル タイヤサイズ:215/45R17 【整備内容】 保証継承点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検、 足廻り点検、駆動系点検、油脂類点検又は交換(エンジン、ミッション、クーラント、ブレ-キ、クラッチ、冷却水)、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両のABARTHプントの最終モデルが入庫しました! しかも特別限定車の「スーパースポーツ」です!走行距離も7,340kmです! 当社のお客様で地方のオーナーさんからワンオーナー車としてお譲り頂き昨年の12月に2ndオーナーさんへ納めさせて頂いたのですが 複数台数のお車をお持ちのお客様で,なかなか乗ってやれないということで今回当社へ里帰りしました。 ABARTHプントのデリバリーは残念なことに2014年を最後に終了・・・。 確かに人気ではABARTH500には負けていましたが車の「でき」は圧倒的にABARTHプントのほうが上でした。 「これぞターボ!」と思わず叫びたくなる180PSのパワーと世界的エコの呪縛をぶった切るようなクロスした6速ミッション! この組み合わせで面白くないはずがないではないか!熱くなった頭が少し冷静さを取り戻した頃に「そう言えばこの車、17インチだったよね?」と疑ってしまうほどのボディ剛性! アルファロメオでも18インチはおろか17インチでさえ履きこなせているとは一度も思ったことのない自分が17インチであることを忘れてしまうのだから恐れいるしかありません。 「イタリア車だって、やればできるじゃん!」ここ数年で私に一番衝撃を与えてくれました。 標準のABARTHプントをさらにチューニングした「スーパースポーツ」。パワーは163PSから180PSに! 23.5kg/rpmから27.5kg/rpmへアップしたトルクは低速域から胸の空くような加速を提供してくれます! 昔と違い、エンジンだけではなく大幅にアップしたパワーに見合う改良が各部にも施されています。 20mm低められた車高、大幅にアップしたパワーを確実に路面に伝えるべく17インチの専用アルミホイールに215/45サイズのタイヤ、 そこに「ブレンボ製」モノブロック4PODキャリパーを奢り、「走る・曲がる・止まる」を高次元で堪能することができる! 正にこれこそ真の「ABARTH」だ! 販売当時、何故かABARTH500よりもABARTHグランデプントのほうが安かったが、両車を乗り比べて思ったのは「この価格、逆じゃやないの?」という素朴な疑問。 率直に言って、車の出来が全然違う!その後、新車価格は逆転したことで、私の感覚は間違っていなかったと納得することに。 確かに、ABARTH500のほうが見た目は可愛いし「うけ」は良いかもしれないが、本当に走りを楽しめるのは、間違いなくABARTHプントのほうだと断言したい! そして、リアシートもちゃんと使えることもABARTHプントの魅力ということも付け加えておこう。 最近の「あれ?いつからターボが効いてるの?」というような「eco」目的のへなちょこターボとは違う 「これぞターボエンジン!」という加速を味わえるのは、このABARTHプント「スーパースポーツ」こそ!頭で考えるな、感性で操るんだ! それが「ABARTH」の乗り方だから!
ロッソコルサ
プジョー
106ラリー1.3 AC・PS付き
売約済み
プジョー 106 ラリー1.3 AC・PS付き

プジョーの106(Id:4081105)の中古車詳細 >

208172km
東京都
H.6年(1994)
修復歴 : 有り
PEUGEOT106RALLYE1.3 94年式 平成30年9月17日 ホワイト 走行距離208,172km 新車並行車 装備(5速 AC PS ETC ABCペダル Defi3連メーター(油圧、油温、水温)ミシュランスティールホイール(6J×14インチ) センターパイプ デビルマフラー ビルシュタインショック フロント:H&Rリアスプリング リア:CLOS強化トーションバー ロッソコルサオリジナル強化コンデンサー センター吹き出し口) ※当社整備・販売車両!. ※希少!エアコン・パワステ付きテンサンラリー! ※タイヤ交換サービス! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付(3ヶ月、又は3000km) ※修復歴車(左フロントに軽微な修復歴有り) ※メーターASSY交換歴あり(99,049km時に91,349kmのものと交換)*当社にて ※クラッチ交換済み(平成28年10月15日、194,323km時)! ※オルタネーター交換済み(平成27年10月4日、174,193km時)! 「車輌データ」 全長(mm):3,565全幅:1,605全高:1,360 ホイールベース:2,385トレッド前/後(mm):1,450/1,430 車両重量(kg):840 車両総重量:1,115 最低地上高:--- 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):1,920,000円(税抜き) 「エンジンデータ」 種類:直列4気筒SOHC 8V 総排気量(cc):1,294cc ボア×ストローク(mm):75.0×73.2 圧縮比:10.2:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):100/7,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):11.2/5,400 ラリー1.3専用アルミブロックエンジン、専用ファイナル、軽量フライホイール(約4kg) 燃料タンク容量(L):--- 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:175/60-14 ホイール:ミシュラン製スティールホーイール(ホワイト)5.5J×14インチ ET16 【前回車検整備内容】 平成27年8月9日(171,907km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ミッションオイル交換(マジック5添加)、 ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド残9.0mm、リヤブレーキライング残 3.8mm、リアハブロックナット交換、 ブレ-キオイル交換、エンジン廻り点検・修理、タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、ウォーターポンプ点検、 オルタネーターベルト点検、エアクリーナー点検・清掃、プラグ交換、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換、 ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ライト廻り点検、 ワイパーブレード交換、ウォッシャータンクキャップ交換、ナンバー灯バルブ交換、RECS施行、クラッチペダル調整、他 【前々回車検整備内容】 平成26年9月7日(167,550km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ミッションオイル交換(マジック5添加)、 シフトリンクブラケット交換、フロントスタビリンクロッド交換(左右)、ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド残9.0mm、 リヤブレーキライング残 3.8mm、リアホイールシリンダー交換(左右)、ブレ-キオイル交換、サイドブレーキワイヤー点検調整、 エンジン廻り点検・修理、タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、ウォーターポンプリアカバー交換、 オルタネーターベルト点検、エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換、 ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ライト廻り点検、他 【前前々回納車整備内容】 平成24年9月10日(150,270km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジンアッパーマウント交換(左右)、右側バッファー交換、 ショック交換(ビルシュタイン)、フロントショックアッパーマウント交換(左右)、フロントロアアーム交換(左右)、フロントスタビリンクロッド交換(左右)、 フロントハブナックル・ドライブシャャフト/S16用に交換(左右・中古部品にて)、タイロッドエンド交換(左)、リアトーションバー交換(CLOS強化品)、 ミッションオイル交換、クラッチO/H(ディスク・カバー・ベアリング)、フライホイール面研磨、リアクランクシール交換、デフサイドシール交換(左右)、 シフトシャフトシール交換、シフトロッド交換(3本)、ステアリングラックブーツ交換、ステアリングエンドブーツ交換、スタビブッシュ交換(左右)、 ラジエーター交換、サーモスタット交換、ラジエーターホース交換(UP/LOW)、ドライブシャフトIN/OUT交換(左右)、ハブロックナット交換(左右)、 ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド・ローター交換、リヤブレーキライング残 4.0mm、ブレーキホース交換(ステンメッシュタイプ)、 ブレーキマスターシリンダー交換(中古部品にて)、ブレ-キオイル交換、リヤ左右ホイルシリンダー点検、サイドブレーキワイヤー点検調整、 エンジン廻り点検・修理、エンジンASSY載せ替え(中古エンジンにて43,214km走行のもの)、 タイミングベルト・テンショナ-交換、ウォーターポンプ交換、オルタネーターベルト交換、バルブクリアランス点検・調整、タペット カバーパッキン交換、 エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換、ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、 スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ライト廻り点検、エアコンコンデンサー交換(ロッソコルサオリジナル強化品)、 ワイパー前後交換(3本)、タイヤ4本交換、他 【前々前々回納車整備内容】 平成21年6月6日(110,976km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ブレーキ廻り分解・点検・修理、 フロントブレーキパッド残9.3mm、リヤブレーキライング残 4.0mm、ブレ-キオイル交換、リヤ左右ホイルシリンダー点検、 サイドブレーキワイヤー点検調整、エンジン廻り点検・修理、エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、 タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、オルタネーターベルト点検、エンジンオイル・エレメント交換、 ク-ラントオイル点検、パワステオイル点検、ライト廻り点検、バッテリー点検、リアウッオッシャーノズル交換、タイヤローテーション、他 【前々前々前回納車整備内容】 平成20年10月18日(109,657km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジンマウント交換(左・右)、エンジンロアマウント交換、 ミッションオイル交換、フユーエルフィルター交換、フューエルタンクキャニスターラインジョイント部折れ製作・修理、フューエルメーターレベルゲージ交換、 ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド・ローター交換、リヤブレーキシュー残 4.1mm、リアハブベアリング交換(左右)、 リアトレーリングアーム交換(左・中古部品にて)、リアブレーキバックプレート交換(左右)、リアホイールシリンダー交換(左右)、サイドブレーキワイヤー点検・調整、 リアハブロックナット交換(左)、ブレ-キオイル交換、エンジン廻り点検・修理、エアクリーナー点検・清掃、プラグ交換(入庫時交換済み)、 ホース廻り点検、タイミングベルト・テンショナ-交換、ウォーターポンプ交換、オルタネーターベルト交換、エンジンオイル、エレメント交換、 ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、スロットル廻り脱着・清掃、アイドルモーター脱着・清掃、各部ホースバンド交換、 エキゾーストマニホールドヒートシールド取り付け、(中古部品にて)、オルタネーター交換、オイルレベルゲージ交換、 フューエルホース交換(エンジンルーム内)、マフラージョイントガスケット交換、マフラークランプ交換(センター・リア)、 ADファン取り付け・配線、ステー製作、ライト廻り点検、バッテリー交換、ワイパー前後交換(3本)、油量/油温計修理、 スピードメーターケーブル交換、スピードメーター交換(中古部品にて)、タコメーター交換(中古部品にて)、タイヤ4本交換、4輪アライメント調整一式、、他 【整備内容】 エンジン点検調整、タイミングベルト・テンショナ-ベアリング点検又は交換、各ベルト・テンショナー点検又は交換、ブレ-キ点検調整、 E/Gマウント点検又は交換、足回り点検又は交換、ブッシュ、ブーツ類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、油脂類交換(エンジン、ブレ-キ、パワーステアリング、ミッション、冷却水)、タイヤ交換、他 【お店から一言】 当社にとって間違いなく特別な存在であるテンサンラリー。当社から巣立っていった多くのテンサンラリーがそうであるように、このテンサンラリーも歴代のお客様に愛され大切に乗り継がれてきた個体です。 テンサンラリーも販売されてから20年以上が経過していますがここ数年私が懸念していることがあります。 それはテンサンラリーを理解していない、あるいは知らない人の手によって不適切な整備をされてしまっている個体が増えていることです。 日本には並行輸入という形で入ってきましたが私の勝手な想像ですが300台は入っていないと思っています。 そうなるといくら車のプロでもテンサンラリーのことを良く知らないとしても無理のないことかも知れません。 仕方のないことかも知れませんが新車時から今まですっと扱ってきた私にとってはどうしても見過ごせない心配事なのです。 せっかくテンサンラリーを手に入れたのに本来の姿からはかけ離れてしまった状態ではオーナーさんも車もお互いに不幸だと思うからです。 偉そうなことをいっていますが自分の言ったことを実現するには本当に大変な思い出取り組んでいます。部品調達はもちろん入手が困難な部品をどうするのか?ということをいつも考えています。 やっぱり理想に近いテンサンラリーに乗って頂きたいから。 現車は希少なエアコン・パワステ付きの個体です。エアコンは旧いタイプのコンデンサーをラジエーター屋さんにワンオフ製作してもらったオリジナル部品を装着しています。 ですのでちゃんと効いてくれるのが密かな自慢です。ただし現在コンプレッサーから異音が出ているので納車整備でO/H予定です。 これからの日本の夏でも毎日テンサンラリーの乗っていただけるように修理させていただきます。 パワステもちょっと不調です。予想ではパワステポンプの不良だと思われますがこちらも納車整備でポンプ交換します。 テンサンラリーでは唯一の快適装備ですからきちんと機能しないとダメですよね。 当社のお客様5名の方に乗り継がれてきた生粋のロッソコルサ育ち!その度に納車整備を実施していますから今でもテンサンラリーとしての走りをしっかりと味わって頂けるコンディションだと自負しています。 たった800kgちょっとの車重にビンビン回る痛快この上ない1.3L、100PSを叩き出す専用エンジン!一度乗ったら貴方のハートをわしづかみにしてくれること間違いなしです! 現代の車と比較して余計な装備がほとんどついていないテンサンラリー。今時の軽自動車よりもシンプル! テンサンラリーにはテンサンラリーでなければ味わうことの出来ない世界があります。 2年振りに里帰りしたテンサンラリー。又ここで整備を実施することでさらなるコンディションアップを計り、25万km、30万kmを元気に走って頂けるようにしっかりと手を入れていきます! 106ラリーの中でも唯一ホモロゲーションを取得しているテンサンラリー!「ラリーの中のラリー!」それがこのテンサンラリーなのです!
ロッソコルサ
プジョー
106S16 Ltd
売約済み
プジョー 106 S16 Ltd

プジョーの106(Id:4028329)の中古車詳細 >

126333km
東京都
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
PEUGEOT106S16 02年式 平成31年 2月17日 インディゴブルー 走行距離126,311km ディーラー車 装備(5速 FULL CL リモコンキー ABS ダブルエアバック サイドエアバック ETC MDデッキ レザー/アルカンタラコンビシート レカロセミバケットシート(運転席) AW 他) ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月又は3000km) ※平成27年9月、107,616km時ディーラーにてメーターASSY交換(記録簿あり) ※平成27年9月、107,616km時リア足廻りリフレッシュ済み! ※平成27年9月、107,616km時タイミングベルト、ウォーターポンプ、ショック交換 ※平成28年1月、111,482km時エンジンマウント(左右)、クランクプーリー交換 ※平成28年2月、112,684km時クラッチO/H、クランクシールリア、他交換 ※平成29年1月、123,940km時サーモスタット、プラグ、他交換 ※納車整備時新品タイヤ交換サービス! 【車輌データ】 全長(mm):3,690 全幅:1,620 全高:1,370 ホイールベース:2,385 トレッド前/後(mm):1,400/1,355 最低地上高:--- 車両重量(kg):930 車両総重量:1,205 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):5.25 新車価格(円):2,250,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒DOHC16V 総排気量(cc):1,587 ボア×ストローク(mm):78.5×82.0 圧縮比:10.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):118/6,600 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):14.5/5,200 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:185/55R14 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検締め付け、エンジン廻り点検、ミッション駆動系点検、ブレ-キ廻り分解点検、足廻り点検 タイミングベルト及び各ベルト類点検又は交換、タイミングベルトテンショナー及び各テンショナー類点検又は交換 ウォーターポンプ点検又は交換、エンジンマウント点検又は交換、ブッシュ、ブ-ツ類点検、 油脂類(エンジン、ミッション、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)点検・交換、他 【お店から一言】 インディゴブルーの106S16が入庫しました!106S16は2台目という前オーナーさんがずっと乗り続けるために コツコツ手を入れて仕上げ中の個体で大きなところを中心にかなりの整備が実施されています。 前オーナーさんとは随分昔にお取引をいただいていて現在の場所に移る前の東府中時代に最初の106S16の車検をご用命いただいておりました。 最初の106S16は出先で事故に遭ってしまい全損に、まだまだ106S16に乗りたいと思っていらっしゃった前オーナーさんは次も106S16を選ばれて乗られていたと言うことでした。 最初の106S16にもしっかりと整備をされてきた前オーナーさんは2台目の106S16もご自身の理想に近づけるべく整備を実施されてきました。 お陰で基本的な部分はしかkりとしていて走行距離を感じさせないコンディションです。 もちろん「仕上げ中」と書いたのはまだ手を入れたいところが残っているからです。 そこを今回の販売時に当社が納車整備にて前オーナーさんの意思を引き継ぎ実施していき安心してお乗り頂けるコンディションにてお渡しいたします。 そんな106S16への熱い思いを持った前オーナーさんが何で手放されたのでしょうか? たまたま106S16購入時に気になっていた某フランス車の話しがでてきて試乗されたのですが、これが想像以上に良かったそうで悩みに悩んで買い換えを決断されたそうです。 私と同年代の前オーナーさんがおっしゃるには「年齢的にも自信を持ってスポーツカーを運転できるのはあと数年 それなら最後にこいつに乗りたい!」ということでした。正直に言って私も最近ふっと頭をよぎることがあります。 「あと何年、自信を持って運転できるんだろう?」今回の前オーナーさんの気持ちがすごく理解出来ました。 でも、ある意味男として「上がりの車」が見つかるなんて羨ましい限りですね。 そんな愛情を注がれて「仕上げ中」の106S16。前オーナーの意思を引き継いで頂ける新しいオーナーさんをお待ちしております。 是非一度店頭に会いに来て下さい!
ロッソコルサ
アルファロメオ
156スポーツワゴン2.5 V6 24V Qシステム
売約済み
アルファロメオ 156スポーツワゴン 2.5 V6 24V Qシステム

アルファロメオの156スポーツワゴン(Id:4024219)の中古車詳細 >

60131km
東京都
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO156SW V6 Q-SYSTEM 05年式 平成30年11月30日 ブルーメタリック 走行距離60,131km ディ-ラ-車 装備(4AT 右ハンドル FULL CL リモコンキー ABS Wエアバック サイドエアバック ETC CDデッキ 純正17インチAW クルーズコントロール) ※希少後期ブルーメタリック! ※車検長い! ※2014年7月、41,592km時タイミングベルト廻り、ウォポン、サーモスタット、フロントブレーキローター&パッド、 リアパッド、エンジンマウント、他交換済み! ※車検長い! ※タイヤは「2015」年製造ピレリP1! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,440 全幅:1,755 全高:1,415 ホイールベース:2,595 トレッド前/後(mm):1,510/1,500 最低地上高:140 車両重量(kg):1,470 車両総重量:1,745 乗車定員(名):5 トランク容量(L):378 最小回転半径(m):5.8 新車価格(円):4,290,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,492 ボア×ストローク(mm):88.0×68.3 圧縮比:10.3:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):192/6,300 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):22.2/5,000 燃料タンク容量(L):63 駆動方式:FF ミッション形式:マニュアルモード付4速電子制御式オートマティック タイヤサイズ:215/45R17 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り分解・点検、各エンジンマウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換 タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、カムシャフトシ-ル点検又は交換 足廻り及び駆動系点検又は交換、油脂類点検・交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水) エンジンオイルエレメント、エア-エレメント点検又は交換、ワイパーブレード点検または交換、バッテリー点検又は交換、他 【お店から一言】 「大人のワゴン」156SW V6 Qシステムが入庫しました!フェイスリフト後の後期モデルです!ボディカラーも希少なブルーメタリック! 個人的にもロッソアルファの次に好きな色で以前乗っていた中期型の156SWV6Qシステムもこのボディカラーでした! 走行距離もようやく6万kmを超えたばかりでまさに今が「旬」!といえる個体です! 基本的にはノーマルですがオーディオが社外のCDデッキに交換されていてETCも装着済みです。 後はポータブルタイプのナビか今だったらスマホのアプリがいいので必要なときだけホルダーを使ってもいいですね! せっかくカッコイイデザインのダッシュですからできればあまり余計なものは着けないという方もいらっしゃいますからね。 前オーナーさんもまだまだ乗る予定だったそうで昨年の11月に車検を取ったばかり! 諸事情により買い替えされることになり他社競合の中当社に譲っていただくことになりました! 今までにもアルファロメオのV6エンジンを数台乗り継いできましたがやっぱり良いですね! オートマとのマッチングも良く低回転からトルクフルなお蔭でアクセルペダルを沢山踏み込まなくても車がス~と前に進んでいきます。 気持ちにまで余裕が生まれ走りまでゲントルになるから不思議ですね。 2.5LのエンジンはSOHCで160PSからDOHCで200PS近くまで性能が上がっています。 これだけ馬力があれば余裕の走りも納得です! 2Lのセレスピードとは違いV6Qシステムは普通(トルクコンバーター式)のオートマチックトランスミッションを載せたタイプ。 セレスピードでは多少慣れが必要だった坂道発進もクリープしてくれるので安心です! オートマ免許の女性でも運転しやすいですよ。 オートマでも、やっぱり自分が操りたいと思うのがイタリア人?シフトチェンジが楽しめる「マニュアルモード」付きでより自分の意思で156をコントロールできます! 156SWの魅力はエンジン以外にも沢山!なによりもしのイタリアンデザインは数あるワゴンの中でも1,2の素晴らしさだと思います。 ベースであるセダンのデザインが素晴らしいのですが他のワゴンではどうしても室内空間などの使い勝手を優先するためにデザインが崩れがちですが 156SWではワゴンだけどデザイン優先!ということで(私が勝手に思っているのですが・・・)室内空間はセダンとほとんど変わりません。 でもそれでいいのです!だってアルファロメオなんですから! 使い勝手を犠牲にしてもカッコ良くする!それがアルファロメオでありイタリアの車なんですから! 年式を感じさせないグッドコンディションの個体ですが、納車整備では攻めの整備「ロッソコルサ仕上げ」で安心して長距離を乗っていただけるコンディションにてお渡しいたします! この車の最大の魅力は何と言っても贅沢なV6エンジン!そのエンジンを、この価格で味わうことができるのも最高です! そして、忘れてはいけないのが独特の「エキゾーストノート」!昔から「アルファサウンド」とか「アルファミュージック」何て言われてきたほど! そんな排気音が標準装備です! 家族と出かけるときにはできの良いスポーツワゴンとして、一人で走りたいときには貴方の相棒として。 「男」を忘れていないお父さんに、是非乗っていただきたい1台です! もちろん、右ハンドルのオートマ車ですから、女性にも優しいアルファロメオです!安全やエコの呪縛によって 似たり寄ったりになってしまった昨今の車をみると、改めて156のデザインがカッコイイことが良くわかります。 是非、店頭にて、現車を見てください!
ロッソコルサ
フィアット
5001.2 8V ラウンジ
売約済み
フィアット 500 1.2 8V ラウンジ

フィアットの500(Id:4004359)の中古車詳細 >

89025km
東京都
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
FIAT 500 1.2 LOUNGE 09年式 平成30年3月24日 ライトブルー 走行距離89,025km ディ-ラ-車 装備(右ハンドル 5AT FULL 集中ロック リモコンキー CDデッキ ポータブルナビ ETC ESP(ASR/MSR/HBA) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) ガラスルーフ アルミホイール ※ワンオーナー! ※取扱説明書・記録簿有り! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):3,545 全幅:1,625 全高:1,515 ホイールベース:2,300 トレッド前/後(mm):1,415/1,410 最低地上高: 車両重量(kg):1010 車両総重量:1230 乗車定員(名):4 トランク容量(L):35 最小回転半径(m): 新車価格(円):2,250,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒SOHC 8バルブ 総排気量(cc):1,240 ボア×ストローク(mm):70.8×78.8 圧縮比:11.0:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):69/5,500 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):10.4/3,000 燃料タンク容量(L):40 駆動方式:FF ミッション形式:マニュアルモード付き5速オートマチック タイヤサイズ:185/55R15 【整備内容】 法定12ヶ月点検意識、下回り点検・締め付け、ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、 タイミングベルト、テンショナ-、ク-ラ-ベルト、オルタネ-タ-ベルト、ウォーターポンプ点検、 エア-エレメント、プラグ点検、ブレ-キ廻り分解・点検、ミッション駆動系点検、足廻り・操舵系点検、 各種ホース類点検、油脂類点検・交換(エンジン、ミッッション、デュアロジックフルード、ブレ-キ、冷却水)、他 【お店から一言】 あのフィアット500の現代版として誕生してからあっという間に世界を虜にしてしまった現代の500! 淡い水色が良く似合うフィアット500 1.2 ラウンジが入庫しました! シンプルな「POP」に対して装備を充実させたのが「LOUNGE」ですがアルミホイールやクロームメッキのバンパーがグッと華やかにしてくれています! グラスルーフはサンシェイド付きで必要に応じて室内に日差しを取り込むことができますから気分で調整して楽しめます! 室内に目を向けるとなんと言ってもボディ同色のダッシュボードが新鮮です!室内がグッと明るくなって楽しい雰囲気いっぱいですね! 現車には前オーナーさんが取り付けられたポータブルナビもついています! ETCと合わせてフィアット500と出かけるサポートもバッチリです! マニュアルミッションをベースにした「デュアロジック」はオートマモードで楽々運転でも、積極的にシフトを操作してマニュアルモードでも楽しめる欲張り仕様なんです! 空いてる田舎道を小気味よく走るのも良し!帰りの渋滞はオートマモードで楽々運転!なんだか得した気分じゃないですか? 走行距離は走っていますが地方を元気に走っていたワンオーナー車!ボディの「ヤレ」もなくエンジンやミッションも絶好調です! それもそのはず平成28年3月にクラッチO/H済みなんです! 輸入車は初めてという方にも、イタリア車が初めてという方にも、そして女性にも自信を持ってお勧めできる車です! 是非、店頭に会いに来てください!
ロッソコルサ
プジョー
106S16
売約済み
プジョー 106 S16

プジョーの106(Id:3969159)の中古車詳細 >

65789km
東京都
H.11年(1999)
修復歴 : 無し
PEUGEOT106S16 99年式 車検2年付 サンダンスイエロー 走行距離65,789km ディーラー車 装備(5速 FULL CL ABS 集中ロック キーレスエントリー 社外レザーステアリング ABCペダル AW ハーフレザーコンビシート ETC タコ足 スーパースプリントリアサイレンサー 社外4灯ライト ビルシュタインショック) ※納車整備付(24ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月又は3000km) ※前オーナーさんにより平成26年12月(62,987km時)IGコイル交換、クラッチO/H済み! 【車輌データ】 全長(mm):3,690 全幅:1,620 全高:1,370 ホイールベース:2,385 トレッド前/後(mm):1,400/1,355 最低地上高:--- 車両重量(kg):940 車両総重量:1,215 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):5.25 新車価格(円):2,220,000円(税抜き)*当時のロッソコルサ販売価格 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒DOHC16V 総排気量(cc):1,587 ボア×ストローク(mm):78.5×82.0 圧縮比:10.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):118/6,600 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):14.5/5,200 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:185/55R14 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、下回り点検締め付け、エンジン廻り点検、ミッション駆動系点検、ブレ-キ廻り分解点検、足廻り点検、 タイミングベルト及び各ベルト類点検又は交換、ウォーターポンプ点検又は交換、エンジンマウント点検又は交換、 ブッシュ、ブ-ツ類点検、油脂類(エンジン、ミッション、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)点検・交換、他 【お店から一言】 サンダンスイエローの106S16が入庫しました! 最近の個体としては走行距離も少なく某プジョー有名ショップさんでメンテナンスを受けられていたお陰か全体的にしっかりしている素性の良い個体です! 平成26年12月、62,987km時にはイグニッションコイルの交換やクラッチワイヤーの交換、クラッチO/Hを実施されています!どうりでクラッチペダルが軽いわけですね! タイミングベルト廻りも52,980kmで交換されていますが平成20年10月での実施ですのでこの辺は今回の納車整備にてしっかりと交換してやろうと思います。 中古車を購入するとき購入後に取り付けたいな~と思っていたパーツがついているとお買い得感がましますよね?この106S16にはそんなオマケ感の大きいパーツがついています! まずは4灯ヘッドライト!一時は当社でもキット化して人気があったパーツですが見慣れた106のフロントマスクの印象がガラッと変わります! もちろん左側通行用ですから車検も問題なしですね! 排気系ではタコ足が奢られています!こちらも購入後に装着しょうと思ったら工賃込みで10万円はくだらないのではないでしょうか。 リアサイレンサーもスーパースプリント製がついています! 足廻りに目を向けるとビルシュタインショックがついています!当社でも106オーナーさんには装着率の高いパーツです。 堅すぎないまさに絶妙のタイト感!ワインディングやサーキットでも十分に力を発揮してくれますよ! 走りが魅力的な106をさらに磨きをかけるためのパーツが嬉しいですね! 今では絶滅危惧種になってしまったホットハッチの代表各106S16!その魅力は、何と言っても走りが痛快なこと! 現代の自動車を取り巻く環境下ではありえない、1トンを切った車重による恩恵は絶大です! ハイパワーのエンジンや電子制御に頼っていないからこそ、車が本来持っている「走る、曲がる、止まる」の感覚をダイレクトにドライバーに伝えてきます。 まさにドライバーが操る楽しさを味わうことの出来る、類い希なライトウエイトスポーツカーだと言えるでしょう。 だからといって、日常を犠牲にするようなガチガチの足廻りやエアコンレスではありませんから毎日の通勤からたまのスポーツ走行 旅行のお供にと1台で全てをこなすことのできる頼もしい相棒です! 自社・認証工場にて実施する納車整備では攻めの整備「ロッソコルサ仕上げ」にて106S16の魅力を しっかりと味わって頂けるコンディションに仕上げたうえでご納車させていただきます! 毎日、安心してお乗り頂けるコンディションこそ、ロッソコルサで購入いただいた車の「標準装備」! プジョー106S16には、この車でしか味わえない面白さがいっぱい!それを経験できるのはオーナーだけに許された特権です! この時代の車でしか味わえない「車を操る面白さ」を是非、自分のものにしてください!
ロッソコルサ
アルファロメオ
1473.2 GTA
売約済み
アルファロメオ 147 3.2 GTA

アルファロメオの147(Id:3944880)の中古車詳細 >

67308km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO147GTA 03年式 平成30年1月30日 ロッソアルファ 走行距離67,308km ディーラー車 装備(6F 左ハンドル FULL CL キーレスエントリー ETC CDデッキ CDチェンジャー ABS 4エアバック HIDヘッドライト(LOWビーム) イモラナチュラルレザーシート アルミABCペダル アルミフットレスト VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール) 、ASR(アンチスリップ・レギュレーション) 、MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール)、 FPS(火災防止装置) 、他) 「装着済み社外パーツ」 ASSO17インチ軽量アルミホイール DECK APレーシング6PODキャリパー、ビッグローターキット(340mm/2ピース):フロント DECK ビッグローターキット(2ピース):リア ステンメッシュブレーキホース 等長フロントパイプ チタンリアサイレンサー(センター~エンド) DECK 車高調整式サスペンション スプリング:ハイパコ LSD リアタワーバー フレックス強化アルミラジエーター:放熱塗装・RED リア強化ピロパラレルリンク フロントカーボンリップスポイラー ※2オーナー車! ※イモラナチュラルレザー! ※前回入庫時、ヘッドO/H済み!ウォポンを含むベルト廻り全交換済み! エンジンオイル、エレメント、クーラントオイル交換済み! ※前回入庫時、レベリングインジェクターに交換済み! ※前回入庫時、前後エンブレム新品交換済み! ※前回販売時、タイヤ4本交換(DUNLOP DIREZZA ZⅡ★) ※前回販売時、フロントローター&パッド(DS2500)交換!FキャリパーO/H! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,200 全幅:1,765 全高:1,430 ホイールベース:2,545 トレッド前/後(mm):1,520/1,505 最低地上高:--- 車両重量(kg):1,390 車両総重量:1,665 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):4,441,500円 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24バルブ 総排気量(cc):3,179 ボア×ストローク(mm):93.0×78.0 圧縮比:10.5:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):250/6,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):30.6/4,800 燃料タンク容量(L):60 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:225/45ZR17 【前回納車整備内容】 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、フロントブレーキローター交換、フロントブレーキパッド交換(FERODO DS2500)、 フロントブレーキキャリパーO/H、フロントショックアブソーバーバンプラバー交換、マフラーハンガーブッシュ交換、前後ワイパーブレード交換、 ウォッシャーホース交換、エアコンガスチャージ、バッテリー充電、エアコンフィルター交換、ブレーキフルード交換、パワーステアリングフルード交換、 タイヤ4本交換、4輪アライメント調整、他 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り点検、 ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、ミッション・駆動系点検、エアコン点検、バッテリー点検、 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ、パワーステアリング)、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両のアルファロメオ147GTAが入庫しました! 今回下取り車として戻ってきたこの個体は私が以前勤務していたディーラーで新車を購入されたお客様からお譲りいただいたワンオーナー車でした。 連絡をいただき引き取りの相談を受けたときに「タイミングベルトのコマ飛びでエンジンが・・・」とのこと。 結局、修理には多額の費用が掛かるために、悩んだあげく修理を断念、でも、このまま解体されてしまうのはあまりにも忍びないということで、 当社にお声をかけていただきました。そんな事情の車をいままでも引き取って修理をして復活させてきた私のところにお話がきたのも何かの縁。 幸い、エンジン以外は大きな問題もなく、エンジンさえちゃんと直せば、まだまだ十分楽しめるコンディションに復活させる自信がありましたから、 迷わずエンジンを開けることに。幸い、片側のバンクだけのダメージだったので、曲がったバルブを新品に交換してやり、ヘッドのO/Hを実施。 もちろん、ベルト廻りも全て交換!147GTAの心臓は再び鼓動を打ち始めました! その後2ndオーナーさんへ当社から販売させていただいた2オーナー車になります。 前回納車整備時にAPracingの6PODキャリパーが装着されている340mm、2ピースタイプのフロントブレーキローターとパッドを交換! パッドはフェロードDS2500!合わせてフロントブレーキヤリパーのO/Hも実施、タイヤはDIREZZAのZⅡ★にて4本交換、油脂類全交換などの作業を実施しました。 この個体の特徴は1stオーナーさんが走りの147GTAをさらに尖らせるべく大枚をつぎ込んでインストールされたスペシャルパーツ! これ以上何をすれば良いの?と言わんばかりの充実ぶり!新しいオーナーをGTAの快楽の世界へと誘ってくれること間違いなしです! 正直に言ってノーマルの147GTAとは別物です! 今では生産が終わってしまったアルファロメオ史上最高のV6エンジンこそ147GTAを手に入れる最大の理由と言っても過言ではありません。 さらにはこの147GTAにはそのエンジンを余すことなく味わうためのスパイスがふんだんに散りばめられています! この147GTAを手に入れる資格がある者はこのエンジンを使い切る自信がある者だけ!と言ってもいいくらい! 電子スロットルとはとても思えないアクセルレスポンス!回せば回すほど底なしのパワーが湧き出てくるDOHC、3.2L、250PSの自然吸気エンジンは エンジンをかけた瞬間チタンリアサイレンサーから放たれるエキゾーストノートがドライバーを挑発してきます。 とにかく、せっかくの147GTAに乗っていただくなら、全開で走れるコンディションでないと意味がありません! その為には、エンジンだけが良くてもダメ!しっかりと納車整備にて「攻めの整備」を実施いたします。 近年エコの呪縛に牙を抜かれた車ばかりですが、147GTAは今では絶滅危惧種の「超攻撃型」の車です! ひとたびアクセルを床まで踏み込めば、あっと言う間に別世界! あっ、言っておきますがくれぐれも免許がなくならないように気をつけてくださいね!大人が本気で遊べる車、それがこの147GTAです!
ロッソコルサ
アルファロメオ
GTV3.0 V6 24V
売約済み
アルファロメオ GTV 3.0 V6 24V

アルファロメオのGTV(Id:3931578)の中古車詳細 >

77777km
東京都
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO GTV 3.0 V6 24V 02年式 車検2年付 ロッソアルファ 走行距離77,777km ディ-ラ-車 装備(右ハンドル 6MT FULL CL 社外リモコンキー ABS Wエアバック CDデッキ タンレザーシート AW ETC HID(LOW) 等長フロントパイプ オーバーレーシング製ステンリアサイレンサー ブレンボ4PODキャリパー(フロント) リアスポイラー ) ※当社販売・管理車両! ※入庫時エンジン載せ替え、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り全交換、サーモスタット交換、クラッチO/H済み! ※タンレザ-内装! ※納車整備時タイヤ4本新品交換サービス! ※納車整備付(24ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,290 全幅:1,780 全高:1,315 ホイールベース:2,540 トレッド前/後(mm):1,510/1,530 車両重量(kg):1,420 車両総重量:1,640 乗車定員(名):4 新車価格(円):4,650,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,958 ボア×ストローク(mm):93.0×72.6 圧縮比:10.0:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):218/6,300 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):27.0/5,000 燃料タンク容量(L):70 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:205/50R16 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り点検・調整、各マウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換、 タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、エアクリーナーエレメント点検 又は交換、プラグ点検又は交換、油脂類点検・交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、 エンジンオイルエレメント点検又は交換、ワイパーブレード点検又は交換、バッテリー点検又は交換、前後エンブレム点検又は交換、 タイヤ4本交換、他 入庫時エンジン載せ替え、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り全交換、サーモスタッ ト交換済み! 【お店から一言】 当社販売・管理車両のアルファロメオGTV 3.0 V6 24Vが入庫しました! 前オーナーさんがもう少しで自宅に着くというところでオーバーヒートにあってしまい残念なことにエンジンに 大きなダメージを受けてしまい入庫しました。エンジンをオーバーホールするか?それとも程度の良い中古エンジンを見つけて載せ替えるか? いずれにしても多額の修理代がかかってしまいます。 そこにきて、今までご実家にお住まいになっていたのですが引っ越しをされることになり家賃や駐車場代を考えると 維持することが厳しくなってしまう為に今回は手放さざるを得なくなってしまいました。 肝心のエンジンが使用不可能な状態では販売することもできません。そうなると廃車という選択枝も考えなければならない状況ですが、 ただでさえ希少なGTV、さらにはエンジン以外はいたって問題ないどころか外装も内装も良いコンディションを維持しています。 これを廃車にしたら車の神様に申し訳が立ちません。そこで何とか程度の良い中古のエンジンを探して載せ替えることにしました。 ところがそう簡単にはいきませんでした・・・。 現車の型式は「GH-916C1B」でちょうど中間のモデルになりますが探して出てくるのは初期モデルの「GH-916C1」ばかり。 こうなるとエンジン型式が違ってしまい車検に通りません。最終モデルは「GH-916CXB」になりこれも使えません。 ただでさえ台数の少ないGTVの中でさらに希少な中間モデル。工場向上の中で圧エンジンが見つかるのを末しかありません。 まつこと数ヶ月、心も折れかけてきた頃ついにエンジンを発見しました! 同じエンジンを乗せているスパイダーの部品取り車から外されたエンジンです!型式もエンジン型式もバッチリ同じ! もちろん、そのエンジンを手配していよいよ復活への作業が動き始めました! ようやくエンジンの目処がついたのですが今度はコンディションが気になります。異音はしていないか?オイル漏れは大丈夫か? 不安が頭をよぎっては消えよぎっては消えを繰り返しますがここは信じて末しかありません。そして待望のエンジンが届きました! しっかり木の台座に固定され梱包されて届いたエンジンとついにご対面です。グルグル巻にされた梱包材を外して 現れたエンジンを舐め回すように確認します。中古エンジンなのでピカピカとはいきませんが大きなオイル漏れの跡も確認できません。 クーラント漏れもないようですがアルファロメオのV6エンジンではサーモスタットのOリングが経年劣化でクーラント滲みをおこし易いので 作業性の良いエンジン単体のうちにサーモスタットと合わせて交換をすることにします。いつ交換されたのかわからないタイミングベルト関係も ウォーターポンプを合わせて交換しておきたいところです。もちろん後は実際に載せてエンジンをかけてみないことには最終的な判断はできません。結果が出るまでの時間はとても長く感じるモノです。 日々の仕事の合間に少しずつエンジンを仕上げていきました。各部を点検しながら必要な部品を手配し交換していく、地味な作業です。 このGTVが復活してあのV6サウンドを放ちながら走っている姿を想像しながら作業を進めていきます。 もどかしいような待ち遠しいような何とも言えない時間が過ぎていきます。 今回はエンジンこそ開けてはいませんが各部の点検、部品の交換をしながらちょっとお色直しもやってやります。 特にインテークパイプはアルファロメオのV6エンジンのアイデンティティでもありますから外したついでにピカピカにみがいてやりました。 これだけでもエンジンを眺めていたくなりますよね。そうそう、エンジンを載せ替えるついでですからクラッチもO/Hします。 なるべくネガは消しておきたいので。 日々の作業の合間を縫っての作業ですから思いの外時間がかかってしまいますがエンジンも一通り作業を終えて主のいなかったエンジンルームに 新しい心臓が載ることになります。ここでもダメにはなていなかったのですが空っぽのエンジンルームだからこそ 作業性の良いところで交換すべくクラッチホースをステンメッシュで製作・交換しました。 そして無事にあるべきエンジンを取り戻したGTVが再び鼓動を打ち始めるときがやってきました。油脂類を交換しクーラントを入れて 数ヶ月ぶりにエンジンに火が入ります。エンジンは大丈夫なのか、アイドリングは正常か、異音はないか、オイルはもれないのか・・・ 幾多の不安とともにワクワクドキドキの期待は膨らみます!さぁエンジン始動です! 一瞬のくすぶりを見せてあっけなくエンジンは目覚めました!アイドルアップの効いたエンジンはV6らしい排気音を奏でながら 長い眠りから目覚めたのです。各部が熱で焼ける臭いがしてきます。それも少しの間でしだいにオイルが行き渡りメカニカルノイズも 少しずつ小さくなっていき本来のアルファロメオV6エンジンのスムーズで粒の揃ったエンジン音になっていきました。 私の心配をよそに気持ち良さそうに綺麗なアイドリングを続けているエンジンに思わず「お帰り!」といってしまいました! 撮影のため久し振りに公道を走るGTV。そのエンジンは滑らかな回転を続けピニンファリーナの美しいデザインのボディをいとも容易く前へ前へと引っ張っていきます。 エンジンオイルが暖まった頃合いで少し回転を上げてやると間髪入れずに加速をはじめ心地よいアルファロメオV6サウンドを聞かせてくれました。 等長フロントパイプとオーバーレシングのステンリアサイレンサーは伊達ではありませんでした。 排気音もけして大き過ぎず排気音をさらに魅力的に演出してくれています。 エンジンのことばかりになってしまいましたがタンレザーの内装も傷みも少なく良いコンディションを維持しています。 個人的には真っ赤なボディにタンレザーは一番似合うと思うのですがいかがでしょうか?大型の専用リアスポイラーもいいですね。 外装では前後のエンブレムも美しい状態を保っています。ボディも極端な色焼けもなく美しいデザインをさらに映えさせてくれています。 GTV専用の16インチアルミホイールが足下を飾りホイールの隙間から除く「ブレンボ4PODキャリパー」がさりげなく高性能を主張しています。 これも大きなお世話かも知れませんが新しいオーナーさんには是非インチアップはなさらないでいただきたい。 ピニンファリーナの斬新なデザインはモダンとクラシックが見事に融合されています。 このデザインにはこの50扁平がベストだと思うのですがいかがでしょうか? ついに復活を遂げたアルファロメオGTV!見て良し、乗って良し、所有して良し!と3拍子そろったアルファロメオのスポーツクーペ! 贅沢で官能的なV6エンジンとの組み合わせはアルファロメオ好きでなくても車好き、スポーツカー好きなら気になる存在であることは間違いありません! 二度と出てこないであろう至極のスポーツクーペは想像以上に貴方の人生を変えてくれること間違いなし! 少しでも気になりだしたら貴方はこのGTVの虜になっているかも知れません。 男なら人生に一度くらいこんなカッコイイ車に乗っておくべきだと断言しておきます!
ロッソコルサ
プジョー
206RC
売約済み
プジョー 206 RC

プジョーの206(Id:3909196)の中古車詳細 >

67434km
東京都
H.16年(2004)
修復歴 : 無し
PEUGEOT 206 RC 04年式 車検2年付き ブラックメタリック 走行距離67,434km ディーラー車 装備(左ハンドル 5速 FULL CL キ-レスエントリ- ETC 206RC専用ハーフレザーセミバケットシート Wエアバック サイドエアバック ABS 電動格納ミラー アルミABCペダル アルミシフトノブ 17インチAW ビルシュタインショック フロントロアスプリング リア強化トーションバー スプリントブースター ※2オーナー車! ※タイミングベルト廻り交換済み、クラッチO/H済み、足回りリフレッシュ済み! ※前回納車整備時、ホイールリペア、タイヤ4本交換済み! ※納車整備付(12ヶ月点検+α)*基本整備料金:86,400円 ※保証付き(3ヶ月又は3000km) 【車輌データ】 全長(mm):3,835 全幅:1,675 全高:1,440 ホイールベース:2,440 トレッド前/後(mm):1,445/1,435 最低地上高:--- 車両重量(kg):1110 車両総重量:1,215 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):4.9 新車価格(円):3,087,000円(税込み) 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒DOHC16V 総排気量(cc):1,997 ボア×ストローク(mm):85.0×88.0 圧縮比:11.0:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):177/7,000 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):20.6/4,750 燃料タンク容量(L):50 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:205/40R17 【前回納車整備内容】 平成27年9月11日(63,757km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、タイミングベルト廻り点検、ブレーキ廻り点検、 エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、クーラントオイル交換、ブレーキフルード交換、ミッションオイル交換、 ドライブシャフトブーツ(IN)交換、右デフサイドシール交換、ウォッシャータンクキャップ交換、他 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ点検調整、前後ブレーキパッド及びローター点検又は交換、 各マウント、ブッシュ、ホ-ス類点検又は交換、下回り点検締め付け、足廻り点検、駆動系点検、操舵系点検、 タイミングベルト及びベルト類、タイミングベルトテンショナー及びテンショナー・ベアリング、ウォーターポンプ類点検又は交換、 脂類点検交換(エンジン、ミッション、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、エレメント類点検交換、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両、2オーナーの206RCが里帰りしました! ファーストオーナーさんのときから長年当社でメンテナンスをさせていただいてきた多数整備済みの206RCをセカンドオーナーさんに ご納車させていただいたのが平成27年9月。今までもお仕事が忙しかった方なのですがここのところ輪をかけて忙しくなってしまい 全然乗ってやれないのが可愛そうということで今回里帰りすることになりました。 ファーストオーナーさんは205GTiから始まり206RC、そして今回208GTiの「GTi30th」限定記念モデルを購入の為 当社にお譲り頂きました。プジョーのホットハッチ好きにとっては歴代のGTiは常に気になる存在です。 ただ、208GTiが出た当初は右ハンドルのみの設定だったため購入を見送っていたところ、 何と限定車として左ハンドルが入ってくることになり買い換えとなりました。 そういうことなので、手放すつもりはなかった206RCは前オーナーさんにより当社にてかなりの整備を実施しています。 タイミングベルト廻りはもちろん、クラッチO/Hに足回りのリフレッシュ!足回りはビルシュタインショックにフロントはアイバッハ、 リアには強化トーションバーが奢られています!以外とトーションバーまでキッチリやっている個体は少ないですよ! もちろん車高は下げすぎずの絶妙な低さです!下げすぎはせっかくの「猫足」を台無しにしちゃいますからね! ボディカラーはブラックメタリック!「大人のライトウエイトスポーツカー」といった感じで落ち着いた雰囲気が良いですね! それでも1トンちょっとのボディに177PSを叩き出すエンジンが「もっと踏め!」とドライバーを煽ってくるので スピードの出し過ぎには理性が必要ですが・・・。 この206RCにはセカンドオーナーさんが「スプリントブースター」を取り付けられましたからノーマルよりもさらにレスポンスが良くなっています! このまま納車できるくらいのコンディションを維持していますが、納車整備ではもちろん今回も「攻めの整備」を実施いたします! 車検が短いのでご希望の方には車検2年付きでの販売もご相談に応じることも可能です。 毎日の通勤でも安心してお乗り頂けるコンディションを目指しています!206RCを選ぶ理由の上位になる 左ハンドル、5速マニュアルという事実!これだけで、206RCを選ぶ理由は十分です!随分こなれてきた今だからこそ、 206RCを狙ってみてはいかがでしょうか?サーキット走行や遊びのベース車を探している方!自身を持ってこの206RCをお勧めします! 是非、現車を見にきてください!
ロッソコルサ
アルファロメオ
1473.2 GTA
売約済み
アルファロメオ 147 3.2 GTA

アルファロメオの147(Id:3909184)の中古車詳細 >

103755km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO147GTA 03年式 平成29年4月2日 ロッソアルファ 走行距離103,755km ディーラー車 装備(6F 左ハンドル FULL CL キーレスエントリー ETC CDデッキ CDチェンジャー ABS 4エアバック VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール) ASR(アンチスリップ・レギュレーション) MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール) FPS(火災防止装置) イモラレザー スプリントブースター HID(LOWビーム)、17インチ純正アルミホイール ブレンボ4POTキャリパー(フロント),他) ※当社販売・管理車両!(直近から過去3名のオーナー様) ※平成25年2月10日(86,500km時)タイミングベルト廻り全交換済み! ※納車整備付(12ヶ月点検+α)*基本整備料金:54,000円 ※保証付き(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,200 全幅:1,765 全高:1,430 ホイールベース:2,545 トレッド前/後(mm):1,520/1,505 最低地上高:--- 車両重量(kg):1,390 車両総重量:1,665 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):4,441,500円 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24バルブ 総排気量(cc):3,179 ボア×ストローク(mm):93.0×78.0 圧縮比:10.5:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):250/6,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):30.6/4,800 燃料タンク容量(L):60 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:225/45ZR17 【前回納車整備内容】 平成26年11月2日(100,465km時) 法定12ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、フロントキャリパー左右O/H・再塗装(デカール製作)、 リオアブレーキキャリパー左右O/H、クラッチO/H(ディスク、カバー、ベアリング)、フライホイール研磨、 クラッチマスターシリンダー交換、クラッチレリーズシリンダー交換、ハブナット左右交換、左ドライブシャフトブーツ交換(IN・OUT)、 右ドライブシャフトブーツ交換(IN)、デフサイドシール左右交換、エンジンマウント全交換、エンジントルクロッド交換、ラジエーター交換、 フロントロアアーム左右交換、フロントスタビブッシュ左右交換、フロントスタビロッド左右交換、フューエルインジェクター再生・洗浄、 左ドアストライカー交換、マフラーハンガーブッシュ交換、エアコンフィルター交換、ナンバー灯バルブ交換、スモールバルブ交換、 エンブレム前後交換、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り点検、ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、 ミッション・駆動系点検、エアコン点検、バッテリー点検、油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ、クーラント、パワステ)、タイヤ4本交換、他 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り点検又は交換、 ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、ミッション・駆動系点検、エアコン点検、バッテリー点検、 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ、クーラント)、他 【お店から一言】 近代アルファロメオの中でも群を抜いてホットな奴、アルファロメオ147GTAが里帰りしました! もちろん、当社販売・管理車両の自信を持ってお勧めできる個体です! 現車は直近から過去3名のオーナーさんが当社のお客様で前回の納車整備ではクラッチ、ブレーキ、ラジエーターなど多数交換やO/Hを実施! かなり手の入った個体です!タイミングベルトも平成25年2月10日、86,500km時にウォーターポンプを含めて全交換しました! 目に見えない機関にしっかり手を入れて仕上げるのがロッソコルサの流儀ですが、多くの中古147GTAに見られるのが真っ赤なブレンボキャリパーが真っ赤じゃないこと! せっかくのブレンボもこれじゃ台無しです・・・。キャリパーO/Hと一緒に再塗装しました! もちろんデカールもオリジナルのシルバーでワンオフ製作!やっぱり足元が決まっていると全体が引き締まりますよね! 樹脂製のヘッドライト特有の経年劣化も皆無!10万kmを感じさせないコンディションです! 回せば回すほど底なしのパワーが湧き出てくるアルファロメオ史上最強のV6エンジン! DOHC、3.2L、250PSの自然吸気エンジンは、エンジンをかけた瞬間から「こいつ、只者じゃないな!」と ドライバーを挑発してきます。さらには前オーナーさんがスプリントブースターを取り付けられていますから 「ノーマル」「ミディアム」「マックス」と3段階でアクセルレスポンスを調整できるようになっています! ボタンひとつで全然かわちゃうんだから不思議ですよね! とにかく、せっかくの147GTAに乗っていただくなら、全開で走れるコンディションでないと意味がありません! その為には我々は納車整備を惜しみません!自社・認証工場にて「攻めの整備」を実施致します! 近年、エコの呪縛に牙を抜かれた車ばかりですが、147GTAは、今では絶滅危惧種の「超攻撃型」の車です! ひとたびアクセルを床まで踏み込めば、あっと言う間に別世界! あっ、言っておきますがくれぐれも免許がなくならないように気をつけてくださいね! 大人が本気で遊べる車、それがこの147GTAです!
ロッソコルサ
menu