-並び替え-

-現在の検索条件-

45
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

レクサス
ISIS250 VerL 黒革 HDDナビ スピンドルグリル
99.8万円
情報更新
レクサス IS IS250 VerL 黒革 HDDナビ スピンドルグリル

レクサスのIS(Id:4889157)の中古車詳細 >

58054km
千葉県
H.20年(2008)
修復歴 : 無し
【最長5年間走行無制限保証】
コンピューター診断機 検査済み良好
走行管理システムにて走行確認済み
レクサスIS 250 VerL のご紹介です!!

【点検記録簿付き】前オーナー様の点検記録簿21枚あります。定期点検励行車両です。

★お探しの方必見!マークレビンソン付車両!
こちらのお車のおすすめポイントしましては、希少オプションの【マークレビンソンサラウンドシステム】は装備されている点となります。こちらのオーディオ装備は新車時のみお選びが可能な設定となり、それ以外で追加をする事の出来ないシステムとなります。肝心な音質となりますが、標準で備わっているオーディオシステムと比較をして、音の繊細さや広がりなど圧倒的な音質の違いが感じ有られます。
その音質にも関わらず装備されている割合が極わずかなのには訳が御座います。その理由としましては、新車時高額なオプション設定、約30万円を別途支払う必要があった為お選びする人が少なく、市場での流通無くお探しが難しくなっております。

更にはこちらのお車は当社オリジナルの現行モデル仕様フロントスピンドルバンパーを取付させて頂いております。当社では20系IS30系IS共に在庫を保有しており横並びで展示をしておりますが、現行モデル仕様バンパーが精工に作られている為、形状やダクト位置等ほとんど見分けがつかず、店頭にご来場を頂いたお客様も実際に驚かれている事が多々御座います。

このような希少オプションのマークレビンソンサラウンドシステム&現行モデル仕様バンパーが備わったお車の為連日全国多くのお客様よりお問い合わせを頂いている状況となります。多くのISを見てきた私でも条件が良い一台と率直に感じますし、お問い合わせの件数も御座いますので、間違いの無い1台だと思います。


★来場が難しいお客様へ
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=OxN5-jVvPRE
★お振込での支払いが不安な方へ
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=WEZeMUtEmWs
★最長5年間の安心整備保証とは
☆YouTube動画はこちら ⇒http://www.youtube.com/watch?v=iUmI6h2dPT0
★CSオートディーラー 超滑水ガラスコーティング
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=Oq
moDyHPpvU
★当社ホームページにて本革シートのご紹介
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=M8pZ5PsVnGw
★オゾン脱臭クリーニング
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=xva4ELrhTV0
★当社自慢のオールペイント紹介
☆YouTube動画はこちら⇒ http://www.youtube.com/watch?v=KDd9YcVBoOU
★CSオートディーラー VIP・セダン中古車専門店
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=AwWdK1qsGwg&feature=youtu.be
★CSオートディーラー ミニバン RV・SUV中古車専門店
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=mi07a9N_2Aw
*******
フル装備 / 本革シート / HDDナビ / スピンドルグリル / 17インチAW / マークレビンソン / バックモニタ / 地デジ / DVDプレーヤー / スマートキー / エアシート / クリアランスソナー / ETC / HIDライト / ミュージックサーバー / CD / クルーズコントロール / 電動シート / 横滑防止装置 / ☆エアシート☆ / ☆黒革シート☆ / ☆HDDナビ☆ / ☆フルセグ地デジ☆ / ☆バックカメラ☆ / ☆スピンドルグリル☆ / ☆HIDライト☆ / ☆オゾン除菌・消臭済☆ / ☆鑑定済み☆
*******
キャンペーン8

CSオートディーラー 【千葉柏インター】レクサスIS専門店
レクサス
SCSC430 赤本革 シートヒーター キーレス 地デジTV
124.8万円
情報更新
レクサス SC SC430 赤本革 シートヒーター キーレス 地デジTV

レクサスのSC(Id:4888975)の中古車詳細 >

88773km
千葉県
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
コンピューター診断機 検査済み良好
走行管理システムにて走行確認済み
■レクサスSC430のご紹介です!

■本革シート
高級感をさらに高めるレッドレザーシート搭載!!
今では三大人気装備の一つとなり車内状態もとても良好です。

こちらのお車はレクサスブランドの中でも希少とされるSC430となります。
新車時外装色,内装色を複数色よりお選びが出来るお車となりますが、その中でも断トツで人気の外装パール&内装レッドの組み合わせとなっております。SC430の特徴はオープンにして走行をする事が出来る為、内装色がレッドの場合には一際目立ち視線を感じられると思います。
装備面に関しましても、マークレビンソンオーディオが装備されておりますので、ルーフを閉じた状態又はルーフを開けた状態どちらを取っても高音質で快適にお乗り頂く事が出来ます。

全国で数十台しか該当が御座いません。その中でも10万キロ以下の外装色パールホワイトではこちらのSC430は全国でも指折りの安さとなります。
車両状態は勿論の事価格面でも魅力的な内容の一台となります



★来場が難しいお客様へ
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=OxN5-jVvPRE
★お振込での支払いが不安な方へ
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=WEZeMUtEmWs

★CSオートディーラー 超滑水ガラスコーティング
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=OqmoDyHPpvU
★当社ホームページにて本革シートのご紹介
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=M8pZ5PsVnGw
★オゾン脱臭クリーニング
☆YouTube動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=xva4ELrhTV0
★当社自慢のオールペイント紹介
☆YouTube動画はこちら⇒ http://www.youtube.com/watch?v=KDd9YcVBoOU
★CSオートディーラー VIP・セダン中古車専門店
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=AwWdK1qsGwg&feature=youtu.be
★CSオートディーラー ミニバン
RV・SUV中古車専門店
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=mi07a9N_2Aw
*******
フル装備 / 本革シート / SDナビ / DVDナビ / 地デジ / DVDプレーヤー / スマートキー / シートヒーター / ETC / コンビハン / HIDライト / CD / クルーズコントロール / 18インチAW / 電動シート / 横滑防止装置 / イモビ / フォグランプ / ABS / エアバッグ / ☆オゾン除菌・消臭済☆ / ☆本革シート☆ / ☆DVDワイドマルチ☆ / ☆SDナビ☆ / ☆ETC☆ / ☆HIDライト☆ / ☆シートヒーター☆ / ☆人気グレード☆ / ☆鑑定済み☆
*******
キャンペーン8

CSオートディーラー 【千葉柏インター】レクサスSC専門店
BMW
5シリーズ530iA Mスポーツ・パッケージ サンルーフ KW車高調 レザー 地デジ DVDチェンジャー
149.6万円
新着
BMW 5シリーズ 530iA Mスポーツ・パッケージ サンルーフ KW車高調 レザー 地デジ DVDチェンジャー

BMWの5シリーズ(Id:4907391)の中古車詳細 >

25100km
埼玉県
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
デビューした時には賛否両論があった、2000年代初頭に始まったバングルデザインのBMWデザイン革命の真っただ中に登場したE60系5シリーズ。そのデザインは、フェラーリを代表とする世界の名車をデザインしたカロッツェリアのピニンファリーナに在籍していたダビデ・アルカンジェリなので、純粋なBMWデザインチームの作品ではありませんが、そのエッジの効いたスタイリングは、現在の目で見ても古さを感じさせなく、当時の賛否両論の「否」の意見はみるみる説得力を無くしますね。 ロッソカーズでは今回、E60系の中でもスタイリッシュで機械的な信頼性も向上した、LCIモデルと呼ばれる後期モデルの中でも、iーDRIVEコントローラーにショートカットボタンが装備された2009年モデルを入荷しました。さらにMスポーツ・パッケージで、パワフルな直列6気筒3000CCエンジンを搭載した、530iとなります。ガラスサンルーフとフルレザーシートというオプションを選択している点も見逃せない1台ですね。 元々BMWと言えば走りの良さを売りにしていますが、ことMスポーツとなれば、そのテイストはさらに「濃い目」となります。エンジンやトランスミッションはノーマルグレードと共通ですが、絶妙にセッティングされたスポーツサスペンションと、18インチにインチアップされたアルミホイール&タイヤの組み合わせ。精悍なエアロ形状となるフロント&リアバンパーとサイドステップのエクステリアとなります。室内に乗り込むと、身体をしっかりとホールドしてくれるスポーツシートに、手にしっくりと馴染んで、正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリング。そしてインテリア全体は精悍なブラックを基調としたアンソラジットカラーとなります。 Mスポーツはサスペンションに良さがあると言った舌の根も乾かぬうちに…と思われてしまうかもしれませんが、こちらの車両は実はサスペンションが交換されています。安物では興醒めしてしまいますが、KWの車高調と言ったら話は変わってくるでしょう。チューニングやドレスアップが好きな方なら聞いたことのあるKW(カーヴェー)は、ドイツのメーカーで、レースシーンでも活躍しているのはご存じのとおり。近年ではBMWで車高調を選ぶならKWを選んでおけば間違いなしといったほどに「新定番」となっています。 近年はBMWもエンジンのダウンサイジングが当たり前になり、3シリーズや5シリーズに4気筒エンジンが「新常識」となりつつありますが、BMWと言えば、やはり直列6気筒エンジンというイメージの方が多いでしょう。絹のように滑らかな喩としてシルキーシックスとまで絶賛されたBMWの伝家の宝刀とも言えるでしょう。特に日本には税制面の関係や、新車価格の上昇を抑えるために2500CCエンジンを搭載した525iが大多数に輸入され、パワフルな3000CCエンジン搭載の530iは、新車の販売台数も少なく、中古市場で程度の良い530iを探すのは、意外に困難。こちらの車両は、その530iとなります。LCIモデルより272馬力のカタログパワーとなった530iは、50馬力以上のそのパワー差の割には意外にも燃費が525iとさほど変わらないのも嬉しいポイントです。 2007年を境に、グッと信頼性が向上して、現代のBMWに共通点が多いLCIモデルとなります。LCIモデルとはBMW特有の言葉で、一般的には後期モデルの事を指します。LEDテールライトや電子シフトやコンフォートアクセスなど、現代のBMWに装着される装備が搭載されていますから、何不自由なく日常生活でお使いいただけるフレキシブルさと、Mスポーツならではの走りの良さというスパイスで味付けした、「通」が選ぶ1台と言えるでしょう。また、2008年モデルよりナビゲーションの一部変更&アクティブヘッドレストの装備。2009年モデルよりi-DRIVEコントローラーの使い勝手が大幅に向上するなど、イヤーモデルで進化し続けている点も注目ですね。 ナビゲーションは情報量が多く、処理速度も速いHDDナビとなります。前期モデルではDVDナビだったこともあり、後期モデルでは、この点も進化しています。装着されるオーディオは、ラジオチューナーとCD/MDプレーヤーにプラスして、グローブボックス内には6連奏のCDチェンジャーが装備されます。また、スマートフォンやMP3プレーヤーなどの音源を、クリアな音質でお楽しみ頂ける、AUXジャックも装備しています。また、こちらの車両には、E60系では非常に珍しいオプションとして、USBが装備されています。iーPODなどを接続すると、アーティスト名・アルバム名・曲名が純正モニターに表示され、車両のスイッチでアルバムや選曲などが可能です。 また、日本では装着したい方が多いサンルーフですが、実はオプション扱いだった為、装着率が少ないのが実情。なぜなら新車オーダー時にサンルーフのオプションを追加すると、納車が半年以上先になってしまう事が多く、納期の関係で諦める方が多かったからなのです。ガラスサンルーフ装着車は非常に希少性が高いので、お探しの方も多いのではないでしょうか。クのカラー。寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれる、シートヒーターを、フロント両席に備えています。シートのアジャストは電動で、運転席には2人分のポジションを記憶可能な、メモリー機能を備えています。ノーマルのMスポーツでは、サイドサポート部分がレザーで、背中が当たるセンター部分はファブリックとなります。これはこれで、滑りにくくて通気性が良いというメリットがありますが、BMWファンは走りだけでなく、上質さも求める贅沢な方が多いですから、フルレザーシートは大いに歓迎できる装備と言えますね。ボディカラーは爽やかで清潔感のある、アルピンホワイト3となります。「ホワイトのMスポーツで、レザー&サンルーフ」という近年のトレンドを全て身に着けた魅力的な1台と言えます。 修復歴は無く、記録簿も完備した、走行距離は25100キロというローマイレッジな車両となります。最後にもうひとつ。こちらの車両には、AVインターフェースを使用して、地デジ・DVD・バックカメラが装備されます。地デジチューナーは信頼のパナソニック製で、フルセグとなります。DVDプレーヤーは6連奏のDVDチェンジャーで、カロッツェリア製で助手席の足元にスッキリと装着されています。バックカメラはトランクオープナーと一体のタイプで、見た目もスッキリ。これらの装備を後から装着すると、予想以上に高額になってしまうので、これは嬉しい装備ですね。走りだけでなく、アメニティ面も充実した1台と言えます。 平成21年03月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成22年03月 000943キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成23年02月 001628キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成24年02月 002610キロ 法定2年定期点検(車検・BMWサービス工場) 平成26年11月 005037キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場) 平成27年02月 005378キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年02月 006465キロ 法定2年定期点検(車検・BMWサービス工場) 平成29年08月 008673キロ 法定1年定期点検・臨時整備履歴(BMWサービス工場) 平成30年02月 011057キロ 法定2年定期点検(車検・BMWサービス工場) 平成30年07月 012239キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場) 平成31年03月 013708キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 令和02年04月 015442キロ 法定2年定期点検(車検・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
6シリーズ640iAクーペ Mスポーツ・パッケージ ワンオーナー LEDヘッドライト サンルーフ
388.3万円
BMW 6シリーズ 640iAクーペ Mスポーツ・パッケージ ワンオーナー LEDヘッドライト サンルーフ

BMWの6シリーズ(Id:4904427)の中古車詳細 >

28000km
埼玉県
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
流れるような美しいスタイリングというベールで、熱いハートのような高性能なエンジンを隠す。6シリーズとは、そういうものなのです。歴代の6シリーズを振り返ればご理解頂けるでしょう。初代は「世界一美しいクーペ」と呼ばれたE24系。二代目はそのネーミングの重圧を撥ね退けるかのように、美しく力強いデザインで14年ぶりに復活したE63/64系。そして、今回ロッソカーズのラインナップに加わる事となった、三代目のF12/13系。知れば知るほど、6シリーズは美しく、そして速くなくてはなりません。もっとも現行モデルでは6シリーズから8シリーズへと進化して、従来の5シリーズGTが6シリーズを名乗っていますが。 ロッソカーズのラインナップに仲間入りしたF12系6シリーズについて、詳しくご説明しましょう。日本では実はF13系カブリオレの方が半年ほど先にデビューしていたり、初の4ドアクーペのF06系グランクーペがデビューしたりと、ニュースに事欠かないF系6シリーズですが、やはり本流は2ドアクーペでしょう。先代のE63系はBMWのデザイン革命の時代にデビューしたこともあり、新世代BMWの牽引役として約8年のモデルライフを全うして、F12系にバトンタッチしました。E63の独特なデザインに見慣れたあとでは、全体的に線が細いというか、印象に残りにくいという声がデビュー当時には聞かれましたが、どこからどう見てもBMWのデザインテイストで、実際にはボリュームのある抑揚やキャラクターラインが印象的で、身体は細いのに筋肉質な男性の美しい身体のようなデザイン。特にこちらの車両は、Mスポーツ・パッケージだからでしょう。 もはやBMWを選ぶ上でMスポーツ・パッケージは切っても切り離せないほどに有名なパッケージオプション。ノーマルのデザインとは一味も違う精悍なスタイリングのフロント&リアバンパーと、サイドスカートに、サイズアップした19インチのMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング351Mという組み合わせのエクステリア。インテリアはブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラー。上質な触り心地のダコタレザーは、本来はブラックなのですが、こちらの車両はブラウンでも明るめな色調のシナモンブラウン・インテリアとなります。シートとドアライニングとダッシュボード一部がシナモンブラウンとなりますので、少々古い表現ですが「男の仕事場」と言われがちな走りに重きを置いた車のインテリアに、パッと明るく一花咲かせてくれていますね。正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリングは、前期ではセンターのエアバッグが大きめなデザインでしたが、モデル中盤からは同じ3本スポークでもスタイリッシュなデザインに変更されています。Mスポーツのステアリングはノーマルと比較するとグリップが太くて小径で、手にしっくりと馴染むデザインで、+-でマニュアル操作が可能なパドルシフトを装備。ピラーやルーフライニングは、アンソラジットカラーとなります。 アメニティについても紹介しましょう。BMW純正のHDDナビゲーションには、ラジオチューナーとCD再生は当たり前ですが、フルセグ地上デジタルチューナー、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、DVD再生、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXとUSBオーディオインターフェース(iPODなどを使用すれば、アーティスト名・タイトル・ジャケット画像などが表示されます)、Bluetoothなど、多彩な装備となります。ギアをリバースに入れると、バックカメラと障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)が作動。PDCはリアバンパーだけでなく、フロントバンパーにも内蔵されますから、狭い路地などでも便利ですね。 640iという車名と3000CCという排気量に統一性が無いのは、近年のBMWのデフォルトですが、3000CCの排気量のこのエンジンは、BMWがあたためつづけた直列6気筒エンジン。近年はダウンサイジングや衝突安全性を理由に、減少傾向である感は否めませんが、ドライバーとクルマ・・・いや、心臓とエンジンが完全にリンクしたかのような気持ちの良いフィーリングは、他では絶対に味わうことは出来ません。「やっぱりBMWは直列6気筒だな」と関心させられることでしょう。感性に訴えかける話の後に、下世話なことをとお思いでしょうが、ツインパワーターボを装着しているこちらの車両は、パワーは不満は出る事のない320馬力で、トルクは45.9キロとなります。 8年少々販売された6シリーズは、デビュー当時では装着されなかった反面、モデルイヤーで改良を加えることにより随分と充実した装備が、安全性。厳密に言えば、ドイツ本国などでは装備されていたり、オプションで選択できた装備でもありますが、まだ日本では法整備が進んでいなかった事もあり。デビュー当時では選ぶ事すらできなかった衝突被害軽減ブレーキ・道路の白線をモニタリングして、車線からはみ出しそうな時にはステアリングに振動を与えて警告してくれるレーンデパーチャーウォーニング・前の車への接近しすぎの時に注意喚起してくれる前車接近警告などをセットにして、ドライビングアシストを装備しています。また、BMWは20年以上前からテレマティックサービスの研究をしていて、いわゆる「つながる車」としての役割も果たしています。近年のBMWに搭載されるBMWコネクテッドドライブは、さまざまな情報はもちろんの事、万が一の際にオペレーターと通話ができるSOSコール、ナビゲーションの位置情報や、車両の通信システムのCAN-BUSを利用して損傷状況などを、遠く離れたオペレーターに知らせることができるサービスなどを装備。通常のコネクテッドドライブなら、利用料金がかからないのも嬉しいですね。 修復歴は無く、点検記録簿は新車当時から都内BMWサービス工場で発行された物が残った、東京23区内ワンオーナーの車両となります。28000キロほどのローマイレッジな車両で、インテリアの灰皿やシガーライターは使用した形跡のない禁煙車。また、万が一の事故の時や、後方から車両が接近した時に、動かぬ証拠となる前後録画可能なドライブレコーダーを装備しています。そのほかの魅力に関しては、下記を参考にして頂ければ幸いですが、クーペと言う贅沢な乗り物として相応しい装備を装着しています。 ☆ステアリングを握る時間が至福の時間。BMW好きならやっぱり選びたい、Mスポーツ・パッケージ装着車。 ☆アルミホイールは19インチサイズで、4本とも縁石にヒットしたガリ傷などもない、キレイな状態です。 ☆装着されるタイヤは、非常に残り溝の残ったピレリ製で、BMW認定のスターマークが入ったランフラットタイヤとなります。 ☆ルーフのほぼすべての面積がガラスエリアで、解放感がたっぷりなガラスサンルーフを装着しています。 ☆衝突被害軽減ブレーキ・レーンデパーチャーウォーニング・前車接近警告をセットにした、ドライビングアシストを装備しています。 ☆圧倒的な明るさと、優れた省消費電力を兼ね備えた、LEDヘッドライトを装着しています。 ☆ドアは半ドアまで閉めれば、確実に閉めてくれる、ソフトクローズ・ドアを装着。早朝や深夜の住宅街でのドアの開け閉めも気兼ねなく行えます。 ☆オペレーターとの通話が可能なSOSコールと、BMWコネクテッドドライブを装備。 ☆純正で装着されるHDDナビゲーションは、地デジチューナー・DVDプレーヤー・ミュージックサーバー・Bluetooth・USB/AUXを装備します。 ☆シートはダコタフルレザーで、シナモンブラウンのカラーとなります。 ☆コンパクトなサイズのドライブレコーダーは、フロントだけでなく、リアガラスにも装着されるので、煽り運転にも効果があります。 ☆ステアリングはMスポーツ専用デザインで、モデル中盤より採用される新デザインの3本スポークとなります。 平成26年07月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成27年07月 006416キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年06月 008918キロ 法定1年定期点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成29年07月 013356キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成31年08月 022880キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
メルセデスベンツ
GクラスG550 ロング AMGライン
1788万円
メルセデスベンツ Gクラス G550 ロング AMGライン

メルセデスベンツのGクラス(Id:4897153)の中古車詳細 >

3350km
東京都
H.32年(2020)
修復歴 : 無し
2020年 メルセデス・ベンツ G550 AMGライン パナメリカーナグリル 22インチアルミ COLOR:オブシディアンブラック AMGライン AMG純正パナメリカーナグリル付 社外22インチアルミ(純正20アルミ有) ラグジュアリーパッケージ レーダーセーフティー 全周囲カメラ ブルメスターサウンド 黒革 サンルーフ レッドシートベルト ガラスコーティング フイルム サイドバイザー LEDヘッドライト 4WD パークトロニクス シートヒーター セキュリティー ディーラー車 ETC ベンツ新車3年保証 記録簿等 新たな伝説が、始まる。 一切の妥協のないクロスカントリービークルとして、究極の性能を与えられて誕生したGクラス。 最先端テクノロジーによってすべてを見直すことで手にしたのは、たくましくなったオフロード性能と、より俊敏に快適になったオンロード性能。そして、次世代のパワーと環境性能を実現する最先端ディーゼルエンジンやメルセデスが誇るインテリジェントドライブと先進のコネクテッドテクノロジーを採用。 Gクラス。それは、究極を求め続ける不屈の精神が、時をも凌駕するオフローダー。 デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために先進と伝統が融合するデザイン。 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール。広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア。そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、先進と伝統が融合するデザイン フロントデザイン マルチビームLEDが組み込まれた丸形ヘッドライト、精緻に磨き上げられた3ルーバーグリルとボンネット、被視認性に優れるウインカー、存在感のあるバンパー。伝統のディテールに先進の個性が宿るフロントデザインです。 リアデザイン 大きく張り出したホイールアーチと広げられたトレッドがたくましい安定感を創出。 洗練された造形へと磨き上げられた、外付けのスペアタイヤカバー、スクエアなリアウインドウ、リアコンビネーションランプとともに、さらなる力強さと美しさをまとうリアデザインです。 圧倒的な心地よさ スクエアでワイドな造形が与えられたダッシュボード、先進のコックピットディスプレイ、ジェットエンジンを思わせるエアコン吹き出し口やアナログ時計などを備えたインテリア。そして厳選されたレザーや上質なアルミニウム&ウッドトリムとシルバー加飾。そこにあるのは、洗練を極めた圧倒的な心地よさが乗る人を包む、心躍るデザインです。 ゆとりの広さ 過酷なオフロードでも大きな安らぎで乗る人を包むGクラスの室内。前後席ともに、ショルダールーム、エルボールーム、レッグルームがさらに拡大。どこにいても、全席の乗員がゆったりくつろげる、ゆとりの広さを実現しました。 高度な機能性 高度な人間工学によって、独自の快適性を磨き上げてきたGクラスのインテリア。セレクターレバーとサイドブレーキレバーを移設することで、操作性に優れるタッチパッドなどがレイアウトされた、すっきりとした造形のセンターコンソール、後席リクライニングなどによって、機能性と快適性がさらに進化しました。 アンビエントライト(64色) ドア、ダッシュボード、センターコンソールなどの柔らかなLEDの間接光が、室内空間を上質に彩り、ラグジュアリーな雰囲気を醸成します。照明色は64色から選べ、明るさも調整可能。穏やかな空間、近未来的な空間など様々に演出できます。 360°カメラシステム(オフロードカメラ機能付) 自車を真上から見ているような画像で、車両周辺の状況が直感的に把握できます。 フロントビューでは前方の死角になる路面が確認できるので、オフロード走行の安心感を高めます。 Burmesterサラウンドサウンドシステム ハイエンドオーディオ専門メーカー、ブルメスター社と共同開発。FrontBassスピーカーを含む15個のハイパフォーマンススピーカー、10チャンネル、590Wのアンプなどによって、音の粒立ちまでわかる、極めて高精細なナチュラルサウンドが楽しめます。 ガラス・スライディングルーフ 開閉可能なガラスルーフが、室内に大きな開放感をもたらします。ルーフを開けての走行時に雨が降り出した場合は、自動でチルトポジションになります。 3ゾーンクライメートコントロール 運転席、助手席、後席で独立して温度と風量の設定が行えるクライメートコントロールを装備。すべてのシートで快適な空間を実現します。 AMGライン G 550装備一覧 ・AMGスタイリングパッケージ[フロントスポイラー、リアスカート] ・Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー[フロント] ・20インチAMGマルチスポークアルミホイール ・サイドストリップライン(ブラッシュドアルミニウム) ・レッドシートベルト ・レザーDINAMICAルーフライナー(ブラック) ・ナッパレザーシート(ブラック、レッドステッチ入) ・スポーツエグゾーストシステム ・AMGスポーツステアリング ・レザーダッシュボード ・ピアノラッカーウッドインテリアトリム かつてないレベルで自動運転へと近づいたインテリジェントドライブ 80年近くにわたってメルセデスが追求し続けてきたセーフティの、究極のゴールとなるアクシデントフリー。 その実現のために、自動運転を重要なステップと考え、新世代のドライビングシミュレーターの竣工など、新たな開発体制を整えました。これらの取り組みから生まれた、パッシブセーフティとアクティブセーフティを高次元で統合した「統合的安全性」の最新の成果が“インテリジェントドライブ”です。Gクラスは、レーダーやカメラで構成される高性能センサーシステムを搭載。前走車との適切な車間を維持するアクティブディスタンスアシスト・ディストロニック、歩行者にも対応するアクティブブレーキアシストなどによって、大きな安心感に満ちたドライビングを実現します。 高度な知性を備えるメルセデスのインテリジェントドライブは、あなたのドライブの快適性と安全性を劇的に進化させます。 伝統のフルタイム4WD 伝統のフルタイム4WDシステムを採用することで登場以来、比類ないオフロード走破性を体現してきたGクラス。常に四輪に駆動力を最適に配分することで、オフロードや、オンロードの雪道、凍結路などでも、力強い走りと高度な安定性を発揮。さらに、フロント/センター/リアに搭載される3つのディファレンシャルロックが、過酷な地形も走行できる優れたオフロード性能をもたらします。 電子制御9速A/T 、9G-TRONIC ダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィールと高い静粛性を同時に実現。さらに多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングが愉しめます。また、パドルシフトを使えばドライバーの意のままにシフトチェンジが行えます。伝達ロスの低減などによって燃費向上も実現します。 4.0 V型8気筒直噴ツインターボエンジン Mercedes-AMGの最先端テクノロジーが投入された、Mercedes-AMG GTのエンジンをベースに開発。2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトによってハイパワーと俊敏なレスポンスを実現します。また、軽量でありながら高い強度を実現する、砂型鋳造のクローズドデッキアルミクランクケースを採用。310kW(422PS)、610N・m(62.2kgf・m)という強力なスペックを獲得しています。さらに、クルージングなど低負荷での走行時に、4つの気筒が休止して燃料消費を抑えるシリンダーマネジメントシステムを採用。これらレーシングテクノロジーと先進の高効率技術によって、素早いレスポンス、あふれるほどのパワー&トルク、優れた環境性能を実現しています。 エンジンはV型8気筒DOHCツインターボ 最高出力 311kW(422ps)/5250~5500rpm 最大トルク 610N・m(62.2kg・m)/2000~4750rpm タンク容量/100リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 6.3m 2020年 メルセデス・ベンツ G550 AMGライン COLOR:オブシディアンブラック
有限会社 アリーナ
BMW
M5左ハンドル マフラー 3Dデザイン車高調 20インチアルミ ガラスサンルーフ レザー
498.3万円
BMW M5 左ハンドル マフラー 3Dデザイン車高調 20インチアルミ ガラスサンルーフ レザー

BMWのM5(Id:4896548)の中古車詳細 >

40500km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
上質なリムジンという皮を全身に纏う。獲物を狙いつつ、都会の片隅で静かに爪を研ぐには、それ位がちょうどいい。その隠れ蓑の下には、凶暴な心臓が隠されているのだから。 560馬力のアウトプットを、容赦なくアスファルトに刻み込むその熱い心臓は、S63B44B。V型8気筒DOHC32Vの4400CCエンジン。Mツインパワーターボテクノロジーの採用により、先代のV型10気筒5000CCエンジンよりも小さい排気量ながら53馬力のアップというねじれ現象と、同じ7速ながら、シングルクラッチのSMGから、デュアルクラッチのDCTドライブロジックに進化したトランスミッション。もう説明の余地はないでしょう。ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、F10の開発コードを持ったM5。 M5の高性能を見破るポイントは非常に少なく、ノーマルグレードのMスポーツと横並びさせると気が付くレベル。しかし同じように見えて、その差は歴然。開口部を大きく取った専用デザインのフロントバンパーに合わせて、フロントフェンダーも大きく張り出し、エアアウトレットが装着された専用品。ドアミラーも空力性能を考慮したデザイン。貴方の車がM5よりハイパフォーマンスな車でない限り、この車で最も見る機会が多いのは、リアビューでしょう。左右で2本ずつ、合計4本のテールパイプと、バンパーに内蔵されたリアディフューザーと、控えめに装着されたトランクスポイラー。街中に溶け込んだモンスターを見破る事ができる方は、M5オーナーか、よほどのBMWファンのどちらかと言えるでしょう。 パワーもさることながら、特筆すべきはそのトルク。近年のトレンドに則り、フラットトルクなの特徴。フラットトルクとは、その名の通りに回転数が変わってもトルクは変動しないトルクの出し方で、従来では回転数を上げてピークトルクまで達すると、緩やかにトルクは減ってゆくというのが定説だったのが、どの回転域からでも気持ちの良い加速が味わえるフラットトルクが近年の常識となりつつあるのはご存じのことでしょう。とはいえ、69.3キロの最大トルクを、1500rpmから5750rpmまでたたき出しているのは非常識と言えるのですが。 7速DCTドライブロジックは、ドライブモードでは通常のAT車と同じようにイージードライブが可能。しかしM5を選ぶ方は、積極的にマニュアルモードにしたくなる方ばかりでしょう。ちなみにステアリングにも+-と書かれたパドルシフトが装着されますので、ステアリングから手を放す事無くシフトアップ&ダウンが可能。DCTらしくスパッと変速する点も印象的ではありますが、3段階にクラッチのミートポイントを変更でき、一番「緩い」ミートポイントを選べば街乗りに適したモードになり、一番「硬派」な3モードにすると、タイムロスなくミート。同じように、エンジンパワーを制御したり開放したり、乗り心地をコンフォートからスポーツプラスにしたりするスイッチはシフトノブを取り囲むように装着されているのは、M5ファンならご存知の事かもしれません。 言うまでもありませんが、こちらの車両は過去のオーナー様により、かなり手の入った車両となります。走りの肝となるサスペンションは、横浜発祥のBMWチューニングメーカーの3Dデザインの車高調キットが装着されています。20段階の減衰調節が可能なキットは、ハイスペックは事もあり、定価は40万円をオーバーするほど。組み合わされるアルミホイールはエナジーモータースポーツの、エナジーインディビジュアルTYPE3で、20インチサイズとなります。カラーはリム部分がグロスブラックで、ディスク面はマットブラックとなりますから、ブラックサファイアのボディカラーとの相性もバッチリです。アフターメーカーのマフラーKOHLENSTOFF(コーレンストッフ)のフロントスポイラーと、サイドスカート・ディフューザーはカーボンとなります。マフラーも交換済みですから、M5のエキゾーストサウンドを奏でながらステアリングを握るという、車好きにとっては至極の時間を過ごしていただくのにピッタリな車両と言えるでしょう。 どうしてもエンジンやトランスミッションに目が行きがちなのは、M5というネーミングに対しての期待値が高まるからこそ。しかし、リムジンとしての性能も超一級品という事も忘れてはいけない事実。ベースがスポーツサルーンの世界的指標となる5シリーズで、M5のプライスタグに相応しい装備を持ち合わせています。かなりきめ細かいアジャストが可能なフロントシートを装備していますが、シートマテリアルがレザーなどと言うのは当たり前で、シートヒーティングはフロント&リア席に、シートベンチレーションはフロント両席に装備。リア席にお乗りになる大切なゲストの為に、プライバシーを守るローラーブラインドをリアドアガラス&リアガラスに装備。エアコンはフロントだけでなく、リア席にも左右独立で温度調節が可能なフルオートエアコン&リアエアコンを装備。M5と名の付く車はドライバーズシートが特等席と思われがちですが、すべての席がコンフォータブル。また、インテリアはブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーで統一されているのも特徴的。ルーフライニングはMインディビデュアルのアルカンタラ・ルーフライニングが装着されるのも、M5ならでは。 M5ほどの車には賛否が分かれる、ガラスサンルーフをこちらの車両には装着しています。賛否というのは、ストイックに走りを極める方には不要ですが、M5に高性能で実用的で上質なリムジンというベクトルを求められる方にはマストアイテムだから。装着の是非は次のオーナー様の好みによりますが、目を三角にしてスパルタンに走らせるスポーツカーならいざ知らず、M5のキャラクターにはガラスサンルーフは有って困る装備では無いでしょう。また、4枚すべてのドアには、半ドアまで閉めれば自動で閉めてくれるソフトクローズドアを装備し、トランクリッドはスイッチひとつで開閉が可能なオートマチック・トランクリッド・オペレーションを装備しますので、早朝や深夜の閑静な住宅街でのドアやトランクリッドの開け閉めも気兼ねなく行えます。 ナビゲーションは美しいグラフィックのHDDナビで、処理速度の速さや情報量の多さも魅力。ラジオチューナー・CDプレーヤー・CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクションなどはもちろん、スマートフォンやMP3プレーヤーの音楽をクリアにお聴きいただけるAUXジャック&USBを装備。USBを使用すると、アーティスト名・アルバム名・曲名などが表示され、i-DRIVEコントローラーやステアリングスイッチから選曲が可能。Bluetoothを使用すれば、音楽はもちろん、お手持ちのスマートフォンとペアリングすればハンズフリーテレフォンが使用可能で、電話帳の情報も呼び出すことが可能。ギアをリバースに入れると、バックカメラに切り替わりますが、通常のバックカメラだけではなく、車両周辺の様子も見られるトップビューモニターを装備。また、フロントバンパーに内蔵されたカメラで、左右を見ることが可能なので、狭い路地から大通りに出るときなど、非常に便利。 近年ではハイパフォーマンスモデルも右ハンドルがデフォルトとなりつつあり、左ハンドルに見出すメリットと言うと、希少性や過去の憧れから感じさせるそのステイタス性くらいかもしれません。一昔前と違い、プラットフォーム自体が右ハンドルと左ハンドルで専用設計なので、それこそ右ハンドルではブレーキフィールが悪いなんていうお粗末な右ハンドルはほぼ消滅し、首都圏をメインに右ハンドルが当たり前になりつつある昨今。ステアリングポジションに価値を見出すなんてナンセンス、とお思いの方も多いでしょう。しかし、「輸入車に乗る」という事は、「その国の文化に触れる」事と同じこと。質実剛健で頭の固いドイツ人は左側通行の日本には右ハンドルを押し付けるでしょうが、せっかく輸入車に乗るのであれば、左ハンドルを選ぶのも悪くないチョイスではないでしょうか。レザーシートやサンルーフと違い、ステアリングポジションは後から変更することは出来ないのですから。 修復歴はなく、記録簿もしっかりと完備した車両で、インテリアは禁煙車だったようで、灰皿もシガーライターも使用した形跡はありません。 平成24年05月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成24年07月 002009キロ Mモデル初回2000キロ点検(BMWサービス工場) 平成25年04月 005011キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成26年04月 009727キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年04月 013943キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成27年07月 014883キロ 臨時整備履歴(サービスキャンペーン・BMWサービス工場) 平成28年04月 017821キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年04月 022116キロ 法定2年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年08月 023411キロ 臨時整備履歴(リアブレーキパッド交換・BMWサービス工場) 平成30年09月 026440キロ 法定1年定期点検
ロッソカーズ
メルセデスベンツ
GクラスG500L
588万円
メルセデスベンツ Gクラス G500L

メルセデスベンツのGクラス(Id:4882310)の中古車詳細 >

34000km
東京都
H.16年(2004)
修復歴 : 無し
唯一無二の圧倒的走破性。 直線基調のサイドラインと角ばったデザインが、長きに渡り愛されるゲレンデらしいフォルムです。 運転席から4つ角が確認しやすい見切りの良いデザイン・・・・ 質実剛健を感じられる独特なドアーの開閉音・・・・ 無骨なデザインに愛嬌がある丸目のフロントフェイス・・・・ 意外とコンパクトなサイズが街乗りにも最適。 憧れからお乗り換え頂いたお客様から「所有して良かったです!」といつも満面の笑みを 頂戴致します♪ また、一度所有されるとなかなか手放されないのもGクラスの特徴でしょうか・・・ とにかく各部のお金の掛かった作りも本当に魅力が御座います。 正に、オーバークオリティー、過剰品質時代のメルセデスを濃く味わえる一台かと思います。 程度自信御座います、ご期待してご来店下さいませ♪ 正規輸入車 車検:新規2年取得 希少色:オブシディアンブラック 色番号197 ガレージ保管車両 V8専用ウッドコンビステアリング V8専用ウッドコンビシフトノブ ブラックレザーインテリア スライディングルーフ 後期純正アルミホイール ガリ傷4本無し 各モール類日焼け無し 整備記録簿 5速AT(ティッ プシフト) ブレーキアシスト マルチファンクションディスプレイ クルーズコントロール スピードリミッター 純正DVDナビ 各種エアバック ESP・ABS プリテンショナー&フォースリミッターシートベルト フロントシートヒーター リアシートヒーター フルオートエアコン メモリー付フロントパワーシート ドアミラーウィンカー ミラーヒーター ETC 取説関係一式 純正書類ケース スペアキー
arj
BMW
X1S-DRIVE18i Mスポーツ・パッケージ 純正HDDナビ
98.4万円
BMW X1 S-DRIVE18i Mスポーツ・パッケージ 純正HDDナビ

BMWのX1(Id:4871398)の中古車詳細 >

50800km
埼玉県
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
BMWが提唱するSAVというカテゴリーも、すっかり認知度が上がり、BMWはもちろんのこと他メーカーも追随するほどの定番カテゴリーに成長しましたね。言ってみれば「都会派SUV」という表現が手っ取り早いかもしれませんが、上質で走りが良いのにオフロード性能も犠牲にしていなく、目線が高くて運転しやすく、大きな荷物も飲み込むラゲッジを備えているわけですから、すべてを1台でこなさないといけない方にも、セカンドカーにスポーツカーなどをガレージに仕舞い込んでいる贅沢な方のメインカーにも、最良の選択肢と言えるわけです。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、先代モデルのX1。SドライブですからFRレイアウトの車両となります。Xシリーズでも”末っ子”と言えるX1ですが、BMWの車両にはSAVにもMスポーツを設定しているので、走りの良さは兄貴分にも負けませんね。FRレイアウトと言えども、適切な重量配分と、BMW独自の安全デバイスにより、ちょっとした雪道ならスタッドレスタイヤを履いてしまえば意外に走れてしまうのもうれしいポイントですね。 最新のX1では、前輪駆動のFFレイアウトが採用されています。BMWが造ったFFですから、間違いなくドライビングプレジャーを追究したFFであることは間違いありませんが、一抹の寂しさを覚えるのもまた事実。操舵と駆動が別々の仕事をするFRレイアウトだからこそ成し得る、スカッと淀みのないドライブフィールを楽しむには、ちょうどこのE84系が最後の選択となるわけですね。搭載されるエンジンは、直列4気筒2000CCエンジン。150馬力のカタログパワーと、20.4キロのトルクとなります。 こちらの車両は、近年のBMWで積極的に選びたくなる、Mスポーツ・パッケージとなります。精悍なエアロ形状のバンパーやサイドステップなどをセットにしたMエアロダイナミクスパッケージ。絶妙なセッティングのスポーツサスペンションに18インチサイズのタイヤ&アルミホイールの組み合わせ。アルミホイールは大胆なデザインの、Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング355Mで、フロントとリアでタイヤもホイールも太さが異なるこだわりのセッティング。インテリアもMスポーツは専用で、ブラックで統一された精悍なアンソラジットカラーで、アルミ素材のインテリアトリムは、クロスにヘアライン加工された鋭い輝きのダークブラッシュド・アルミトリム。しっかりと身体をサポートしてくれるスポーツシートに、手にしっくりと馴染む形状のスポーツステアリングの組み合わせ。特にインテリアは、常に見えて触れる部分だけに、Mスポーツのこだわりが如実に出ていますね。 X1ではナビゲーションはオプション扱いとなり、ダッシュボードの上部には小物入れが備わりますが、こちらの車両はオプションの純正ナビゲーションを装着しています。情報量が多く、処理速度が速いHDDナビは、美しいグラフィックも魅力ですね。8.8インチのワイド画面で、2画面表示も可能ですから、大きい画面にはナビゲーションで小さい画面には車両情報などを表示することも可能。ラジオチューナーやCDはもちろん、CD音源を録音できるミュージックサーバーを装備。お手持ちのMP3プレーヤーやスマートフォンに入れているお気に入りの音楽を車載スピーカーからお楽しみ頂けるAUXジャックの他に、USBオーディオインターフェイスを装備していますから、アーティスト名や曲名などがモニターに映し出され、選曲はi-DRIVEコントローラーやステアリングスイッチでも可能なのは嬉しいポイントですね。 修復歴はない車両となります。こういった趣味にもビジネスにも使える多目的な車は、どうしても走行距離が多くなりがちですが、こちらの車両は5万キロ少々と、BMWとしては脂が乗りはじめた距離と言えますね。また、アルピンホワイト3のボディカラーも、冠婚葬祭に乗り付けても違和感がないので、この一台でマルチにお使いいただけますね。
ロッソカーズ
ポルシェ
911カレラ ティプトロニックS 右ハンドル 後期バリオラムエンジン!!
998万円(商談中)
ポルシェ 911 カレラ ティプトロニックS 右ハンドル 後期バリオラムエンジン!!

ポルシェの911(Id:4862137)の中古車詳細 >

49700km
東京都
H.8年(1996)
修復歴 : 無し
『カチャッ....』 というドアーの開閉音。 『ドッドッドドド』 ついう空冷水平対向エンジン独特のアイドリング音。 『回転計が中心の5連メーター』 などなど。 ”一生の憧れ”として心に秘めている方も多いのではないでしょうか、911シリーズ・・・ そんな一生のパートナーに相応しい、空冷エンジン熟成の極み、993型最終モデルの911カレラ TIPTRONIC-S 後期バリオラムエンジン搭載車、実走行4.9万キロ、大変大変希少な右ハンドルにて入庫いたします♪ アベンチュラグリーンにベージュインテリアと色の組合せにも拘った一台ですが、 正規ディーラー様での整備記録もたっぷり残っており、極めつけは新車時からひとりのオーナー様が大切に扱われてきたこと! 右ハンドルでこれだけの車はなかなか見つからないと思います・・・ 一生の宝物として是非実車をご確認ください、大切にされてきたことが分かる1台でございます♪ 程度自信ございます、ご期待してご来店下さいませ! 正規輸入ディーラー車(ミツワ様物) 禁煙車 芳香剤・香水・ペット臭等一切無し 993後期バリオラムエンジン搭載車!! TIPTORONIC-S 超希少右ハンドル車!! ガレージ保管車両 アベンチュラグリーンメタリック! ベージュレザーインテリア 電動高さ調整機構付きレザーシート 本革巻ステアリング 純正オプション リアワイパー 分割可倒式リアシート ABS フロントフォグランプ リヤフォグランプ 純正17インチアルミホイール 昇降式リアスポイラー パワーウィンドウ 集中ドアロック 取説関係一式 純正専用書類ケース 純正スペアキー 正規ディーラー様での整備記録簿多数!! ※本車両はご納車前にポルシェ正規ディーラー様にて油脂の交換を含めた法定点検整備を実施いたしますので 安心してお楽しみ下さいませ。
arj
BMW
Z4S-Drive23i Mスポーツパッケージ カロッツェリア地デジ 直6エンジン
269.5万円(商談中)
BMW Z4 S-Drive23i Mスポーツパッケージ カロッツェリア地デジ 直6エンジン

BMWのZ4(Id:4855767)の中古車詳細 >

33400km
埼玉県
H.22年(2010)
修復歴 : 無し
オープンカーの解放感と、スポーツカーのシャープなハンドリングと、BMWならではのFRレイアウト&直列6気筒エンジンを搭載したZ4。Zモデルは以前からオープンカー専用の称号となりますが、贅沢な乗り物だけに、憧れを持っている方も多い事でしょう。 ロングノーズ&ショートデッキという古典的なスポーツカーのシルエットにもかかわらず、まったく古さを感じさせないデザイン。それは初代のZ4から現在のモデルまで脈々と受け継がれています。今回ロッソカーズのラインナップに加わったZ4は2代目となるE89系。刀で削り落としたようなシャープな初代のZ4と比較すると、力強さとエレガントさを兼ね備えた美しいデザインが魅力と言えます。また、E89系はZ4で唯一と言えるハードルーフなのも大きな特徴。治安の良い日本では、鋭利な刃物で幌を破かれて車上荒らしされてしまうなんて事は多くないですが、青空駐車でソフトトップが傷んでしまう心配はありますよね。そういった心配でオープンカーの所有を躊躇してしまう方には、ぜひE89系のZ4をお勧めしたいですね。スイッチひとつでオープン&クローズが可能な、フルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップについて、知っていただきたい事がひとつ。ソフトトップからハードトップに変わり、重量増を心配される方もいらっしゃるでしょう。もともとの素材の重さも違いますし、なにより重心の一番高い場所が重たくなる訳ですから。しかしさすがBMW。ルーフの素材にはスチールではなく、軽量高剛性なアルミニウム合金を使用しています。やはり、「駈けぬける歓び」を企業スローガンにしているだけに、走りに対するこだわりが尋常ではありませんね。 こちらの車両は、BMWであれば、やはり選びたいMスポーツ・パッケージ。Z4が持つ美しいスタイリングを、さらに精悍にしてくれています。厚い空気の壁を切り裂くかのような鋭いデザインのフロントバンパーと、グレーのディフューザーが装着されたリアバンパー。ノーマルでは17インチサイズのタイヤ&アルミホイールは、1インチアップの18インチで、Mライトアロイホイール・スタースポークスタイリング325Mが装備されます。タイヤはBMW認定のランフラットタイヤとなります。専用セッティングのスポーツサスペンションとの組み合わせも絶妙。 エクステリアだけでなく、インテリアもMスポーツ専用で、ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーですが、こちらの車両はオプションカラーのコーラル・レッド・インテリアとなりますので、ブラックとレッドの大胆な組み合わせのバイカラーとなります。シートも専用のスポーツシートで、しっかりと身体をホールドしてくれ、細かい調整が可能となります。シートヒーターが内蔵されますので、寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれ、ちょっと肌寒い季節でも、積極的にオープンドライビングを楽しみたくなりますね。ステアリングも、ノーマルと比較すると小径でグリップが太く、手にしっくりと馴染むデザインのスポーツステアリングで、シフトアップ&ダウンが可能なパドルシフトを装備。 BMWと言えば「シルキーシックス」と言われた直列6気筒エンジンをイメージされる方も多いでしょうが、近年ではCO2削減に有効で、低回転からトルクを発生出来て、燃費の面でも有利な直列4気筒+ターボエンジンが主流となりつつあります。パワフルでエコで、いいことばっかりですが、アクセルを踏んだ時のスムーズさや、官能的なエキゾーストサウンドを知ってしまうと、ついつい直列6気筒を選びたくなってしまうもの。こちらの車両は直列6気筒2500CCエンジンを搭載しています。同じE89系でもモデル中盤からは直列4気筒エンジンに変更されているので、直列6気筒のNAエンジンを楽しめるのは、この年代が最後となってしまいます。パワーは204馬力でトルクは25.5キロと、1500キロのボディを走らせるのに十分なアウトプットとなります。組み合わされるATは6速で、+-でマニュアル操作が可能なステップトロニックと、ステアリングから手を離さなくてもシフトアップ&ダウンが可能なパドルシフトを装備しています。 エンジンのON/OFFで自動でせりあがるモニターには、純正HDDナビゲーションが装備されます。フルセグ地デジチューナーと、DVDプレーヤーが装備され、走行中も映りますので同乗される方も退屈せずに済みますね。ラジオチューナーやCDはもちろん、CD音源を録音できるミュージックサーバーや、スマートフォンやMP3プレーヤーの音楽をクリアな音質でお楽しみ頂ける、AUXを装備。ステアリングには、手を離さずにオーディオなどの操作が可能な、マルチファンクション・スイッチを装備しています。また、こちらの車両にはカロッツェリア製のフルセグ地デジチューナーを装備しています。こちらを装着するには、まずは純正モニターに画像を割り込ませるために、高額なAVインターフェースが必須となりますが、こちらの車両のAVインターフェースは、長年に渡りBMWのオーディオの拡張に携わったa/tack(エイタック)製となりますので、信頼性や今後の拡張性もバッチリと言えます。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります。インテリアの灰皿やシガーライターは未使用で、シートやカーペットへの焦げ跡や、イヤなタバコ臭さもない禁煙車となります。 平成22年08月 000008キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成24年08月 014865キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年09月 022804キロ 法定2年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年05月 025191キロ 法定2年定期点検(BMWサービス工場) 令和01年05月 031053キロ 法定2年定期点検(当社工場)
ロッソカーズ
ホンダ
プレリュード2.1L Si-states 4WS 本革インテリア 国内限定3000台
価格応談
ホンダ プレリュード 2.1L Si-states 4WS 本革インテリア 国内限定3000台

ホンダのプレリュード(Id:4792249)の中古車詳細 >

87000km
埼玉県
H.3年(1991)
修復歴 : 無し
ホンダ 3rdモデル E-BA7型 プレリュード 2.1Si-STATES 4WS 国内限定3000台販売車 レザーインテリア ノーマルコンディション未再生車両になります。 ボディ色はチャコールグラニットメタリックです。 Siステイツは、モケット内装の2L SI系と同様の標準インテリア仕様とオプションのレザーインテリア仕様の2種がございます。 ステイツ=革内装 というわけではありません。 当時3000台しか販売されなかったステイツ、しかもオプションのレザーインテリア仕様となれば果たして現存何台あるのでしょうか?そんな希少で貴重な仕様がやっと入庫いたしました。そして走行距離も8万キロ台という年式を考慮すると極めて少ない実走行距離の稀な車両です。 低いアイポイントやウエストライン、低くて一体感のあるダッシュボードによる地を這うようなドライブフィール、そして4WSがもたらずオンザレール感覚の素敵な走り。現代のクルマでは決して味わうことのできない3代目プレリュードの4WS付ならではの素敵過ぎるドライビングフィールを是非堪能していただきたいです。 走行距離は年式を考えれば非常に少ないですが、走行距離管理システムでもチェック済の実走行車両です。 もちろんエンジンからの異音ありません。 乗ってみても特に走りに異常は当然ございません。 ただし、高年式中古車とはもはや大きく異なる30年以上という歳月を経ている骨董品レベルのネオクラシックカーですので、各部をしっかり整備してから乗られることを推奨しております。メーカーからの純正補修部品の供給も厳しい昨今ですが、新品部品などを駆使しての部品交換・各部オーバーホール等行い、ご予算に応じて予防整備をきちんと施し末永くお乗りいただけるようにしてから納車することもお時間はいただくことにはなりますが可能です。 プレリュードに特化し長年取り扱いしておりますので、各種ご要望には可能なかぎりお応えできると思います。 ★整備の内容、補修部品の入荷状況などにより乗り出し価格は変動いたします。支払い総額・整備・その他についての打合せご相談に関しては基本的には現車確認のうえお打合せ後の算出とさせていただきます。概算での見積書の作成も現車確認後とさせていただきます。 (車両コンディション) 外装・・年式を考慮すれば客観的にみても状態は悪くないと思います。 画像のとおりのクルマです。直接お客様自身の目でもご確認ください。 アルミホイールは、3rdプレリュードの後期純正14インチがきちんと装着されています。欠品ありません。 ドアミラーの電動格納機能とオートアンテナ機能がお約束トラブルで作動不良です。 当店のyoutubeチャンネルでご紹介させていただいている外装のプチレストアも好評ですのでご参考になさってみてください。 内装・・基本的にオリジナルのままです。 黄ばみやヤニ臭さも皆無です。 ただし、年数の経過した本革インテリアなので、部分的にレザーの劣化、変形、破れ、などございます。 目立つ部位としては後席のピロー部分の縫製部の剥がれと運転席サイドサポート部分の擦れと切れです。 そのあたり補修なり張替などは別途可能ですのでご希望の方はご相談ください。 ファーストオーナーさんが当時モノのアナログテレビをオンダッシュに装着しています。残念ながら壊れています。 現在エアコンが冷えません。(別途修理渡し要相談) 機関部・・走行してみても不具合は勿論なく、もちろんきちんと走行可能です。 警告灯の点灯も現状はありません。 当然ですが、少なくとも30年以上経過したクラシックカーですので、各部の整備や修理は必要です。 当店では各部のオーバーホール、新品部品を使っての部品交換、修理、調整、など、可能なかぎりのきちんと内外装を仕上げてメンテナンス渡しにてご納車をさせていただくこともお時間はいただきますがもちろん可能です。 整備可能内容については当店ホームページの「納車前整備について」のコーナーに詳細記載してございますのでご参照ください。 (動画)プレリュードの情報も多数ご案内している当店のYoutubeチャンネルもぜひご覧ください。下記のURLからご参照ください。 https://www.youtube.com/channel/UCItu6M8FhYEed7U... (注) 小規模店ゆえ対応に限界もございますので、真剣にこのモデルを検討されている方のみお声かけください。お電話でのお問合せ時間帯は午前10:00~午後19:00の間でお願いします。 また車両保管場所は分散保管しておりますので、確認車両の絞り込みをお願いしたく、また少数運営のため対応に限界もございますので現車確認日程は事前の予約制とさせていただいておりアポなしでのご来店は対応できないこと多いですのでご容赦ください。 パーツのみの販売・技術的なご質問への回答は誠に勝手ながら承っておりません。 ●全国陸送納車も可能です。多数実績ございます。● ●中古車は一点モノです。2度と同じものは入庫しませんので、そのあたりご理解ください。 ●当店では、プレリュードの後世への残存を目指し保護活動をはじめて令和2年で14年以上の実績がございます。 ●SNS上で、当店はお客様と面接し気にいらない方へは販売しない、など、また同業者の営業妨害に近い内容の一部書きこみがあることは当方でも確認しております。そのように誤解され映ってしまうことはこちらも大いに反省すべきこととは思いますが、現実そのようなことは一切しておりません。 ************************ クラインクラフト ホームページ http://kleinkraft.jp/ メール klaft@axel.ocn.ne.jp 店主携帯 090-4732-2562 定休日 火曜日 営業時間 AM11~PM18 店主のブログ http://ameblo.jp/klaft660/ Youtube チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCItu6M8FhYEed7U... ************************
クラインクラフト
シボレー
マリブ
価格応談
シボレー マリブ

シボレーのマリブ(Id:3231212)の中古車詳細 >

55000km
神奈川県
S.53年(1978)
修復歴 : 無し
1978年シボレーマリブ4ドアセダン 小さめのアメ車らしいセダンです 外装イイ感じで遣れてますが機関、走りは最高です。8ナンバー放送宣伝車ですので登録地域によっては自動車税格安です https://www.youtube.com/watch?v=9EtEFFg3iwo ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ■□■□■□■□検索 [キーワード]■□■□■□■□ アメ車 修理 販売 川崎 神奈川 東京リース プロモーションビデオ コマーシャル マッスルカー 劇用車トランザム カマロ ポンティアック 車検 板金 保険修理 エンジン 故障 エンジントラブル ミッショントラブル コルベット オイル 買取 V8 403 モーニングクルーズ 名車455 AMC 396 PV 稀少車 珍車 7000 バートレイノルズ トランスフォーマー ダッチ クライスラー ビュイック エルカミーノ GM キャデラック フォード マスタング ムスタング タイヤ ホイールアメリカンレーシング バンブルビー エコノライン C1500 ラリーホイール GTO リーガル 427 350 396 400 318 360 327 305 AT PS PW PB サミット クラシック ムーンアイズ フォーミラー エスプリ C1 C2 C3 C4 C5 C6 アストロ カプリス ワゴン ロードマスター シェルビー コブラ 火の鳥を駆ける者たち マッハ1 スチール ファッション雑誌 カーセンサー グーワールド ヤフーブログ オールズモービル ガラス ウォーターポンプ 水漏れ オーバーヒート プラグ フィルター ファイヤーバード デカールヤナセ 日英 東急 近鉄 ナイトライダー アメリカン 古着 ハーレー サーフィン ロングボード 昭和 モダン レトロ 映画 ドラマ マリブ シェベル エアコン AC ACデルコ チルトンマニアル トリノ 5穴 120.65 127 BFグットリッチ 海 山 キャンプ 1ナンバー 8ナンバー 予備検 不動車引上げ 廃車 自動車税 重量税 T/A 440 アニバーサリー10 15 20 25 30 ミクシー ライトニング イグナイト デイトナ ドラックレース ゼロヨン 青山道り ガレージ 旧車 無鉛ガソリン 東京カーウォッチング 76 アメフェス 絶版 暴走族 博物館 チャレンジャー チャージャー アメーバーブログ 85 レストア SS GTA ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
神奈川横浜川崎アメ車トランザム専門店 CAROLキャロルcarol 修理レストア買取劇用車
BMWアルピナ
B7スーパーチャージ ロングホイールベース 左ハンドル 地デジ バックカメラ
399.6万円
BMWアルピナ B7 スーパーチャージ ロングホイールベース 左ハンドル 地デジ バックカメラ

BMWアルピナのB7(Id:4540522)の中古車詳細 >

48500km
埼玉県
H.18年(2006)
修復歴 : 無し
BMWほど、走りを全面的に押し出したプレミアムカーのメーカーは他に無いでしょう。そんなBMWの走りに心底惚れ込んでいるBMWは世界中にいますが、そんなBMWでも、もはや物足りないという贅沢な顧客のために少数生産されるアルピナの車両は、その存在自体が別格。もしそれが、BMWのフラッグシップである7シリーズとなると・・・。その答えには微塵のマイナス要素もあるはずがありません。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったのはアルピナB7スーパーチャージ。コードネームはE65ではなくE66ですから、ロングホイールベースとなります。標準ボディの7シリーズというだけでも十分に大きいというのに、140ミリ長くなったホイールベースのおかげで、その大きさにはさらに拍車がかかっています。これほどの車を所有されるオーナー像としては、自らステアリングを握るのがお好きなのは当然の事で、さらに大切なゲストへの最高のおもてなしも忘れない、全てに気を配ることが出来る方でしょう。 アルピナというと、やはり選びたいアルピナブルー・メタリックはもはや定番カラーですが、こちらの車両は周りの風景を華やかに、クルマの存在を美しく見せてくれるアルピン・ホワイト。アルピナの車両に必ず装着されるプロダクションプレートに刻まれる番号は、125となります。 賛否両論あったE65/66系7シリーズのスタイリングは、見れば見るほどに否定的な意見を説得力のないものとし、長い時間を経てもなお古さを感じさせず、見た瞬間に7シリーズと分かるもの。そういった意味では大成功となったデザインと言えますが、LCIモデルと呼ばれる後期モデルで、顔つきがスタイリッシュになったこともあり、お好きな方も多い事でしょう。 控えめを美徳とするアルピナの流儀に則って仕上げたB7のスタイリングは、外見上ではフロントとリヤの空気の流れを調整するスポイラーと、アルミホイールが目立つ程度。年々細くなるアルピナのデコラインは、ゴールドをチョイスしています。ボディには修復歴はなく、これだけ大きなアルミホイールにもガリ傷が無いところを見ると、前オーナーさまは気を遣って大切にお乗りになったのでしょう。 ゆっくりと大きなドアを開け、室内を見てみましょう。7シリーズがベースとなるB7ですから、装備に不満はありません。上質な触り心地のフルレザークラブのシートと、温かみのあるアルピナスペシャル・ウッドパネルが貴方をもてなしてくれます。バックレスト上部の角度やサイドサポートの幅の調整など、体型に合わせてきめ細かく調整できるコンフォートシートには、アルピナのエンブレムが入り、インテリアの各部にアルピナのコーポレートカラーであるブルーとグリーンのストライプが配されます。そしてリアシートには、前後スライド機能や、バックレストのリクライニングやフロント同様の微調整が可能な、リアコンフォートシートを装備します。センターアームレストには、リア席用の純正モニターを操作できるiーDRIVEコントローラーやパワーシートスイッチなどが装備され、左右バックレストの中央には、ボトル2本を収納できる温度調整式クーラーボックスが備わります。リア専用オートエアコンから送られる空気と、リアシートのリクライニングを目いっぱいまで倒して足を伸ばしてもフロントシートに足が届かないほどに広大なフットスペースに、ちょうどいい温度に冷やされた飲み物など、陸の上のファーストクラスと言えるでしょう。 ロングホイールベースの車両という事もあり、リアシートが特等席と思われがちですが、ドライバーズカーとしても第一級のアルピナB7スーパーチャージ。やはりドライバーズシートが特等席と言えるでしょう。先に紹介したコンフォートシートに座ると、アルピナ専用のスウィッチトロニックが装備されたラヴァリナレザーののステアリングや、アルピナらしいブルーの計器板に赤の指針となるメーターなどの他には、通常の7シリーズで見た風景と一緒となりますから、操作に戸惑うことはありません。この快適な空間で唯一の違和感は、シートのバックレストに押し付けられる強烈な加速Gくらいしかありません。もっとも、アルピナを選ばれる方は運転も紳士的でしょうから、そんな心配は無用と言えるでしょうが。 大きく長いボンネットの下には、V型8気筒4400CCという、机上で見た限りでは普通の745iと同じエンジンが搭載されます。しかしこのクルマはアルピナ。当然、普通ではありません。アルピナで徹底的にチューニングされ、ラジアルコンプレッサーのスーパーチャージャーという新しいパートナーとタッグを組んだこのエンジンは、もはやスーパースポーツカーに匹敵する500馬力というパワーと71.4キロという、途方も無い数値を叩き出しています。電子キーを挿してスタートボタンを押すと、いとも簡単に目覚めるエンジン。初めは少々ラフな回転ですが、わずかな時間ののち、あのハイパワーが嘘のようにジェントルなアイドリングに変わります。踏み込んだ時だけ聞かせるエキゾーストノートは、オーナーにとって最高のサウンドでしょう。 Dレンジで走っている限りは、まったく普通のクルマとして街を、ワインディングを、ハイウェイを走らせることが可能。しかしアクセルを少し多めに踏んでみると、別世界への扉が開かれます。21インチという大径タイヤ&ホイールを履いているというのに、ちょっとアスファルトが荒れてゆっくり走りたくなるほどの嫌な路面も、荒波でも体勢崩れない豪華客船が波を軽くいなすかのように、さらりと乗り越えます。懐の深いサスペンションは、大きく重たく、しかしパワーのある車体であるにもかかわらず、見事な身のこなしとなります。若干ローダウンされ、ハンドリングもクイックになっている点もありますが、腕に覚えのある方であれば、最高のパートナーとなる事は間違いありません。 装備に関しても触れておきましょう。この年代では標準で装着されるナビゲーションはHDD方式となっています。こちらの純正モニターに、AVインターフェイスを使用して地上デジタルチューナーを装着。純正のテレビは残念ながらアナログ放送に対応している旧態依然としたものですから、これはありがたいですね。また、バックカメラも装備していますので、標準で装着される障害物センサーのパークディスタンス・コントロール(PDC)とバックカメラがあれば、大きなボディでも車庫入れのストレスが大幅に減りますね。最近の車では標準装備されつつある、いわゆるスマートキーもオプション装着されているのも嬉しいポイントで、キーをポケットなどに入れておけば、ドアロックのオープン&クローズやエンジンスタート&ストップなどが可能なコンフォートアクセスを装備。リアシートにお乗りの方のプライバシーを守り、直射日光を遮ってくれるローラーブラインドは、リアガラス用とリアドアガラス用ともに電動で、リア席はもちろん、ドライバーズシートからも操作が可能。寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターは、フロントシートだけでなくリアシートにも装備。ドアの開け閉めの時に半ドアまで閉めれば確実にロックしてくれるソフトクローズドアや、電動でトランクの開閉を行えるオートマチック・トランクリッドオペレーションは、早朝や深夜の閑静な住宅街での乗り降りや荷物の出し入れに便利ですね。 ルーフライニングは、上質な触り心地のインディビデュアル・アルカンタラルーフライニングで、リアシート用のルームランプカバーとリアエアコンのカバー部分にレザー&アルピナカラーのステッチが入るのは、アルピナ専用オプションとなります。こちらの車両は修復歴は無く、アルピナ専用の取扱説明書などもしっかりと完備した車両となります。ボディには、前オーナーさまがガラスコーティングを施工したばかりというグッドコンディションとなります。また、前オーナーさまのこだわりで、リング状に輝くポジションライトには純白に輝くLED、ロービームにはケルビン数が高めなバーナー、フォグランプにはディスチャージライト、ライセンスプレートライトにもLEDを装着するというこだわり。イカリングやナンバー灯などのLEDやフォグランプのHID化に関しては、当店でも非常にリクエストが多いですから、既に装着されているのは非常に嬉しいですね。サイドガラスをぐるりと囲むウインドウモールは、曇りやすいクロームメッキではなく、艶のあるブラックのハイグロスシャドウラインとなります ☆インディビデュアル・アルカンタラ・ルーフライニング(アルピナ専用オプション 360,000円) ☆ルーフハンドル・ウッド(アルピナ専用オプション 90,000円) ☆ルームランプカバー・レザー(アルピナ専用オプション 150,000円) ☆リアエアコンカバー・レザー(アルピナ専用オプション 110,000円) ☆後席用オートエアコン&温度調整式クールボックス(BMWオプション 270,000円) ☆コンフォート・アクセス(BMWオプション 160,000円)
ロッソカーズ
トヨタ
ハイエースバンスーパーGL ロング特設キイロ ●
304.5万円
トヨタ ハイエースバン スーパーGL ロング特設キイロ ●

トヨタのハイエースバン(Id:3622603)の中古車詳細 >

千葉県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
ハイエースバン 2WD
SUV
新車ハイエースバン! スーパーGL♪ 珍しい特設カラーイエロー♪ 目立つ事間違いなし! めったにお目にかかれないでしょう! 特設カラー イエロー!新車ハイエースバン スーパーGL 2WD2000cc 5人乗り♪【メーカーオプション】・LEDヘッドライト・自動防眩インナーミラーモニター(バックカメラ連動)・両側パワースライドドア・ステアリングリモコン・スマートキー&プッシュスタートシステム(スマートーキー×2個)【カスタム詳細】・ディーン16インチアルミホイール・ナスカータイヤ・2インチローダウン・フロントバンプストッパー・リアバンプストッパー・リバウンドストッパー・アルティナ ロイヤルシートカバー パイピングキイロ・アルティナ 格子柄キイロ/ブラック フロアマット・ETC・カロッツェリア製フルセグTV SDナビ (バックカメラ連動施行済み)・リアフィルム・FLEXオリジナルフロントリップスポイラー【Delfino Line】当社遠方納車実績多数御座います。全国どこでもご納車可能です!【タイヤ新品保証サービス】パンク時も安心のタイヤ保証サービス付!購入時に履いていたタイヤに限りますが、パンク時に同グレードの新品タイヤ4本に交換する保証も付帯します。タイヤ新品保証サービスが受けられるのは2年の保証期間内で1度となります。タイヤ新品保証サービスは中古車保証とは別サービスとなっておりますので、新車・中古問わず付帯します。■□■ フレックス随一の在庫台数を誇る千葉北店!あなたがお求めの1台はココにあります♪ ■□■千葉北ではオリジナルで室内施工やシートアレンジ・フルエアロカスタムなど・・・さまざまな仕様でカスタムを施したハイエースを随時製作入庫中!インターネット・ホームページに掲載される前の車輌も多くございます!2WD・4WD共に取扱い・在庫しております♪まずは ご来店いただきまして見て触れて比べてベストな仕様を一緒に見つけましょう!ご来店いただけない場合はメールやお電話でのご相談もOKです♪ハイエースの展示在庫日本一のハイエース千葉北でお待ちしておりますm(__)m ~~~ ハイエース千葉北 ~~~ 迅速な対応をお求めのお客様は お手数ですがお電話をいただけますと幸いです TEL:043-259-3663まで
保証書
取説
新車
フレックス 株式会社 ハイエース 千葉北店
トヨタ
ハイエースバンスーパーGL ロング ●
345.2万円
トヨタ ハイエースバン スーパーGL ロング ●

トヨタのハイエースバン(Id:3613866)の中古車詳細 >

千葉県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
ハイエースバン 2WD
SUV
新車ハイエース特設カラーイエロー! エセックスフルエアロ♪新車ハイエースめったにお目にかかれない特設カラーイエロー♪エアロもきまってます!【メーカーオプション】●LEDヘッドライト●自動防弦インナーミラーモニター●ステアリングスイッチ●プッシュスタート/スマートキー 【カスタム詳細】●3インチローダウン●RAYS Back9 GL改 18インチアルミホイール●ブレスクリエイション クールフェイスボンネット●エセックス フルエアロ プログレス●オーバーフェンダー●ヴァレンティ LEDテールランプ●ヴァレンティ LEDハイマウントランプ●リアフィルム●同色フロントアンダーミラー●国産グッドイヤータイヤ●アルティナ ロイヤルシートカバー パイピングキイロ●アルティナ 格子柄キイロ/ブラック フロアマット●黒木目パネル●黒木目シフトノブ●黒木目ステアリング●カロッツェリア製SDナビ、フルセグTV、DVD再生可能●ETC●バックカメラ連動施工【タイヤ新品保証サービス】パンク時も安心のタイヤ保証サービス付!購入時に履いていたタイヤに限りますが、パンク時に同グレードの新品タイヤ4本に交換する保証も付帯します。タイヤ新品保証サービスが受けられるのは2年の保証期間内で1度となります。タイヤ新品保証サービスは中古車保証とは別サービスとなっておりますので、新車・中古問わず付帯します。■□■ フレックス随一の在庫台数を誇る千葉北店!あなたがお求めの1台はココにあります♪ ■□■千葉北ではオリジナルで室内施工やシートアレンジ・フルエアロカスタムなど・・・さまざまな仕様でカスタムを施したハイエースを随時製作入庫中!インターネット・ホームページに掲載される前の車輌も多くございます!2WD・4WD共に取扱い・在庫しております♪まずは ご来店いただきまして見て触れて比べてベストな仕様を一緒に見つけましょう!ご来店いただけない場合はメールやお電話でのご相談もOKです♪ハイエースの展示在庫日本一のハイエース千葉北でお待ちしておりますm(__)m ~~~ ハイエース千葉北 ~~~ 迅速な対応をお求めのお客様は お手数ですがお電話をいただけますと幸いです TEL:043-259-3663まで
保証書
取説
新車
フレックス 株式会社 ハイエース 千葉北店
menu