-並び替え-

-現在の検索条件-

64
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

BMW
X1sDrive18i ハイラインパッケージ
128万円
新着
BMW X1 sDrive18i ハイラインパッケージ

BMWのX1(Id:4247254)の中古車詳細 >

66000km
東京都
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
2011年 BMW X1 sDrive18i Hi-Lineパッケージ ワンオーナー フル装備 ハイライン HDDナビテレビ 黒革シート シートヒーター DVD再生CD録音可能 バックカメラ キセノンライト パワーシート AUX端子 フォグランプ 純正アルミ エアバック ABS イモビライザー スマートキー フイルム サイドバイザー ミラー一体型ETC ディーラー車 ヤナセ点検記録簿 保証書 SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル) BMW X1(エックス・ワン) 先人が切り拓いた道ではなく、未踏の地へと続く道を、自らの力で突き進む。それが、BMW X1 です。誰の目にもX モデルであることが明白なエクステリア。 BMWが出した待望のコンパクトSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)X1 エンジンは、3L 直列6気筒DOHCと2L 直列4気筒DOHCを採用し、バルブトロニック、6速オートマチック・トランスミッション、マイクロ・ハイブリッド(ブレーキ・エネルギー回生システム)、軽量構造と言った数々の最先端テクノロジーを採用。 BMW X1 sDrive18i Hi-Lineパッケージ Hi-Lineパッケージ (ハイラインパッケージ) ● 電動フロント・シート(運転席& 助手席、運転席メモリー機能付) ● フロント・シート・ヒーティング(運転席& 助手席) ● ネバダ・レザー・インテリア(シート/ドア・トリム) ● マルチファンクション・レザー・ステアリング・ホイール 開発段階から日本市場の特性を十分考慮し、一般的な機械式駐車場にも収まる全幅1800mm、全高1545mmのボディサイズを実現。Xモデルにおいて初となる後輪駆動モデル「sDrive18i」を設定した。装備は、バイキセノンヘッドライト、可倒式リヤ・シート(40:20:40に分割可能)、ETC車載器システム(ルームミラー内蔵タイプ)、レインセンサー、オートライトシステム、コンフォートアクセス、自動防眩ドアミラー/ルームミラー等を標準装備。 安全装備として運転席・助手席エアバッグ、サイド・エアバッグ、アクティブ・ヘッドレスト、ABS、DSC/ダイナミック・スタビリティ・コントロール、CBC/コーナリング・ブレーキ・コントロール、トラクションコントロール、サイドインパクトバー、ブレーキアシスト、ランフラット・タイヤ、空気圧警告システム、盗難防止システム等を装着。 エンジンは直列4気筒DOHC 最高出力 110kW(150ps)/6400rpm 最大トルク 200N・m(20.4kg・m)/3600rpm タンク容量/60リットル 燃料消費率 11.4km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.9m
有限会社 アリーナ
トヨタ
カローラルミオン1.8S オンビー スマートキー ナビTV レザーシート HID ETC ドラレコ
59.8万円
トヨタ カローラルミオン 1.8S オンビー スマートキー ナビTV レザーシート HID ETC ドラレコ

トヨタのカローラルミオン(Id:4216900)の中古車詳細 >

77869km
大阪府
H.24年(2012)
修復歴 : 有り
★☆~装備~☆★
●純正HDDナビ(CD&DVD)
●地デジTV
●スマートキー&プッシュスタート
●リヤスポ
●HID
●ドアミラーウインカー
●ETC
●レザーシート




●1年保証付き

★全国対応の無料1年保証付き!


★☆~10・15モード燃費~☆★

12.6km/リットル

★☆~セールスポイント~☆★
●かっこいカローラルミオンが大満足価格での入庫です。
●装備もばっちり。大満足です!!
●画像にてマット・ゴム類をご確認下さい。
●機関系含めた程度も良く安心してお勧めの出来る商品(車両)(一押し)です。

★☆~お見積もり~☆★

整備費&保証料&登録諸費用すべて込の安心支払い総額は【75万円】です。
【全車総額表示中です(平成29年度自動車税含む)表示価格以上の費用は掛かりません】
尚、遠方登録の場合もお気軽にご相談下さい。

★☆~車両入庫時の事前チェック~☆★

当社では遠方のお客様で現車確認が困難な方にも、更に安心してお買い求め頂けます様に下記の3チェック項目をを設けました。
この基準に合格しない車両は展示場に並ぶことはありません。

①お車の入庫時は試乗チェック
②納車前の当社の指定・陸運局認証工場にてのお車の納車整備、再試乗チェックになります。
③第3者機関(AIS)による、車両査定。

★☆~保証~☆★

<弊社では国産・外国車問わず全車輌に、1年間無料保証をお付けしてございます>

そして更なる大きな安心をお求めのお客様に答えるため、安心でお得なプレミアム保証をご用意いたしました!!1年・2年・3年プランからお選びいただけます。 また、お客様のカーライフに合わせ各種整備プランもご用意いたしました。プレミアム保証との併用でさらにお得に!!更に大きな安心に!!
ご自身のカーライフに合わせ、ご用命くださいませ。

【遠方のお客様には】
上記保証をご自宅周辺のディーラーや指定・認証工場にて同様のサービスをお受けいただきます。

ご購入後のアフターもお任せ下さい。陸運局認証の自社工場完備にて、常駐メカニックが
心をこめて大切なお車を整備させていただきます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【展示店舗紹介】

■ヤマネ屋:吹田店

■〒567-0803 大阪府吹田市新芦屋下2811番1
■TEL 06-6318-7031
■FAX 06-6318-7033
■Mail→ caryamaneya@yahoo.co.jp
定休日:水曜日


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヤマネ屋
BMW
7シリーズ750iA Mスポーツ・パッケージ ワンオーナー ガラスサンルーフ
278.6万円
BMW 7シリーズ 750iA Mスポーツ・パッケージ ワンオーナー ガラスサンルーフ

BMWの7シリーズ(Id:4199349)の中古車詳細 >

53700km
埼玉県
H.22年(2010)
修復歴 : 無し
一般的にFクラスセグメントというと、後席の快適性に重きを置くのが一般的。ひたすら乗り心地の良さと、静粛性に重きを置いてショーファードリブンとしてトップエグゼクティブがリヤシートに座り移動する車というのがこのクラスですが、その中でも唯一と言える「ステアリングを積極的に握りたくなる」というキャラクターを身に付けているのがBMWのフラッグシップである7シリーズ。BMWの名に恥じないドライビングプレジャーを与えてくれる、唯一無二の存在と言えます。 今回ロッソカーズのラインナップに仲間入りした7シリーズは、F01系。見事なまでにキープコンセプトでリリースされた現行モデルのG11系ですから、古臭さを感じさせないスタイリングが魅力。特にBMWの車両は室内空間の広さを確保しつつ、全高を抑えた、ルックスの良いデザインを造り慣れているせいか、他メーカーのFセグメントの車両と比較すると、非常にスタイリッシュなデザインが魅力。パリッとしたスーツを着こなしていても、カジュアルな服装でも似合ってしまう懐の深いデザインと言えます。もっとも、こちらの車両はMスポーツですから、その傾向がさらに強いのかもしれませんがね。 最近のドイツ車は、どんどんエンジンの小型化を推し進めていて、メルセデスベンツの役員ですら「ドイツでは気筒数・排気量の大きさでのヒエラルキーは、もはや無い」とまで断言していて、メルセデス・BMWに限らず、積極的にダウンサイジング・エンジンを採用しているせいか、Fセグメントの7シリーズでも直列6気筒エンジンが日本に輸入されていますが、こちらはモアパワーの声に応えてくれるV型8気筒4400CCターボエンジンの750iとなります。 いくら燃料消費量を少なくする声が挙がったとしても、車格に相応しいパワーと静粛性は必要不可欠。音も振動もなく巨体をグイグイ引っ張って行く様は、さながら魔法の絨毯のよう。407馬力のパワーに、61.2キロという途方もないトルクを有するわけですから、さもありなんと言う所でしょう。 ここ近年で、この手のクラスにも「スポーツ」と言う要素を取り入れた車両が増えていますが、元々は高級サルーンにスポーツの要素を取り入れたのはBMW。7シリーズにもMスポーツを用意するのは、そのBMWの責任とも意地とも言えるでしょう。若々しくスタイリッシュなデザインのエアロバンパーや、少々締め上げられたサスペンションに大径タイヤ&アルミホイールのルックスは、それだけで存在感があります。それはステアリングを握った瞬間から分かります。積極的にアクセルペダルを踏みたくなり、よりアクティブにステアリングを操作したくなるセッティングは、Mスポーツでしか味わう事ができません。快適ながら、しっかりと身体をサポートしてくれるスポーツシート。ノーマルと比較すると明らかに小径でグリップが太く、手にしっくりと馴染むスポーツステアリング。Mスポーツは、車を愛するすべての方の為のグレードなのです。 さすがにBMWのフラッグシップなだけあって、インテリアのしつらえも最上級。欲しい装備はほぼ揃っていると思ってもらって良いでしょう。例えばナビゲーションは、情報量が多く、処理速度が速く、美しいグラフィックが魅力のハードディスク・ナビゲーションで、10インチを超える大画面には、地上デジタル放送や、DVDを観賞することが可能。DVDプレーヤーは6連奏で、助手席の目の前に装着されていますから、ディスクの入れ替えも簡単。AM/FMラジオチューナーもちろん、CDプレーヤーと、CD音源を録音できるミュージックサーバー、スマートフォンやMP3プレーヤーにダウンロードした音楽をクリアな音質でお楽しみいただけるAUXなどなど。 インテリアのトリムパネルは、天然木材を加工した、アッシュグレイン・アンソラジット・ウッドトリムで、ブラックを基調としたMスポーツのインテリアカラーに最高の組み合わせ。ダコタレザーシートは、先にも紹介したとおりにスポーツシートで、シートのアジャストはすべて電動。ドライバーズシートには、2人分のポジションを記憶させることが可能な、メモリー機能を備え、寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターは、フロント・リヤ共に装備されています。BMWの夜間イルミネーションは伝統的にアンバーのカラーですが、ナイトドライブを素敵に演出するアンビエント・ライト(間接照明)が各部に内蔵されています。また、Fセグメントともなると、フロントシートだけではなく、リヤシートの快適性も重要。後席にお乗りになる大切なゲストのプライバシーを守り、容赦なく降り注ぐ直射日光を遮ってくれる、電動ローラーブラインドは、リヤガラスだけでなく、リヤドアガラスにも装着されます。ドアを閉めるときも、半ドアまで閉めれば、そっと確実に閉めてくれるイージークローザーの、ソフトクローズ・ドアは、4枚すべてのドアに装備されますし、スイッチひとつで開閉が可能な電動トランクも装備。こちらの2点の装備は、ただ高級感を演出してくれるだけでなく、早朝や深夜の閑静な住宅街でのドアの開け閉めに気を遣わなくていいのもありがたいですね。 東京23区内で使用されたワンオーナーの車両で、都内BMWディーラーで整備された点検記録簿もしっかりと完備。もちろん修復歴はありません。ちょっと意外だったのが、上級グレードの750i Mスポーツでも、ガラスサンルーフはオプション扱いだったという点。標準装備でも良さそうですが、当時は新車のオーダーを入れるときにオプション選択しないといけなかったんですね。ちなみにこちらの車両にはガラスサンルーフが装着されていますので、ご心配なく。近年の傾向として、モデルチェンジするたびに大きくなるボディのせいか、ショートボディで右ハンドルのこちらの車両は、過密した日本の首都圏でカジュアルに付き合えるギリギリなサイズと言えるでしょう。もちろん5シリーズもそれなりに大きくなり「5シリーズで十分」という声も耳にしますが、7シリーズでしか味わう事のできない満足感を、この車で味わってみてはいかがでしょうか。唯一の困った点としては、限りなく頂点に近い車を手にしたことにより、次に選ぶ車に困る事かもしれませんが。 YouTubeで動画をご覧いただけます!ぜひ見てみてください♪ 外装→https://youtu.be/oP7_ByyxSkE 内装→https://youtu.be/Wa_e6z8qqlE 平成22年10月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成22年12月 000187キロ 臨時整備(リコール対応・BMWサービス工場) 平成23年11月 008156キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成24年04月 011192キロ 点検整備(エンジンオイル/フィルター交換・BMWサービス工場) 平成24年05月 012497キロ 臨時整備(リコール対応・BMWサービス工場) 平成24年10月 016318キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年09月 022687キロ 点検整備(サービス標準項目・BMWサービス工場) 平成25年10月 024451キロ 臨時整備(BMWサービス工場) 平成25年11月 025443キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成27年11月 041942キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成28年07月 045746キロ 点検整備(前後ブレーキッド&ローター&センサー交換・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
三菱
ランサーエボリューションワゴンGT-A4WDカロメモリーナビ地デジETCHKSパワフロKTS車高調レカロハーフレザーシート
129万円
情報更新
三菱 ランサーエボリューションワゴン GT-A4WDカロメモリーナビ地デジETCHKSパワフロKTS車高調レカロハーフレザーシート

三菱のランサーエボリューションワゴン(Id:4186287)の中古車詳細 >

77238km
千葉県
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓
https://youtu.be/rZgquf494ug

詳細画像はこちら(YouTube)↓
https://youtu.be/XEfheM7Gj6A

★出ました!ハイパワーワゴンの定番!三菱CT9W型ランサーエボリューションワゴン!
★平成17年10月登録!2.0GT-A/4WD!5速スポーツモード付AT!アメジストブラックP!
★4G63型2000cc直列4気筒DOHC/IC付ターボエンジン!272馬力!トルク35.0kgです!
★お得!車検整備2年付き!実走行77,300km!取説新車時保証書!整備記録簿16枚完備!
★修復歴無し!フェンダーの脱着歴も有りません!外装、内装程度機関共に良好です!
★第三者JAAA日本自動車鑑定協会発行の鑑定書付きですので安心してご購入頂けます!
★純正フルエアロ!純正フロントエアロバンパー!サイドステップ!リアエアロバンパー!
★純正ハイマウントストップランプ付きリアスポイラー!ルーフアンテナ!リアワイパー!
★ダクト付きアルミボンネット!フロントワイドフェンダー/リアブリスターフェンダー!
★純正HIDキセノンヘッドライト!フォグランプ!UVカットガラス!プライバシーガラス!
★ボディ同色電動格納式ドアミラー!ボディー同色アウタードアハンドル!各エンブレム!
★純正ENKEI製17インチアルミホイール!フェデラル製SS595!235/45R17!山有ります!
★純正ブレンボ製ブレーキキャリパー前後!HKS製スーパーパワーフロー(カバー付き)!
★KTS製ダンパーシステムβフルタップ式車高調!純正リア1.5WAY機械式LSD(標準)!
★ラリーアート製5Pスポーツアーシィングシステムキット!PIAA製ワイパーブレード!
★純正前置2層インタークーラー!純正クロスバー!純正マフラー!大型マフラーカッター!
★カロッツェリア製地デジ付メモリーナビ/AVIC-MRZ099(2013年度版)!6スピーカー!
★メモリーナビ+ラジオ+CD+DVDビデオ+地デジフルセグTV+Bluetooth+SD録音!
★パナソニック製アンテナ分離型音声案内タイプETC/CY-RT906D!HKS製ブースト計!
★純正レカロ製アルカンターラ/革コンビシート!純正MOMO製革巻きステアリング!
★純正シフトノブ!純正アルミスポーツペダル!純正フロアマット!純正ドアバイザー!
★Wエアバック!ABS!ACD!キーレス!スペアキー1本!イモビ!セキュリティアラーム!
★純正OP加藤電機製セキュリティグレードアップシステム/専用リモコン1個有り!
★パワーステアリング!パワーウインドー!集中ドアロック!チルトステアリング機能!
★オートエアコン!エアコンフィルター!革巻きシフトノブブーツ!革巻サイドレバー!
★純正カーボン調パネル各種!ヘッドライトレべリング機能!オートライト機能付き!
★イグニッションキー照明!灰皿(未使用)!シガーライター(未使用)!ドリンクホルダー!
★コインホルダー!サンバイザー!助手席バニティーミラー!カードホルダー付き!
★ルームランプ!マップランプ!アームレストコンソール!フロントドアポケット!
★メッキインナードアハンドル!グローブボックス!分割可倒式リアシート!後席用灰皿!
★ドリンクホルダー付きリアセンターアームレスト!トノボード!ラゲージランプ!
★パワーソケット!リアデフォッガー!スペアタイヤ/ジャッキ/車載工具もちろん完備!
★格安プライスにてチューニングパーツや地デジTVチューナー等お取付け致します!
★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん無料保証付き!
★保証は1年間/走行距離無制限保証致します!全国24時間対応ロードサービス付き!
★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します!
★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております!
★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間オイル交換無料です(店頭にて)!

☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆
☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆

☆☆三菱CT9W型ランエボワゴンの詳細は!?☆☆
2005年9月 発売。型式名“GH-CT9W”。通称“エボワゴン”。 ランエボ初のステーションワゴン形状として登場、エボIXのシャーシをベースとし、ランサーワゴンの「上半分」を溶接して製造された。6速MT搭載のGTと5速AT搭載のGT-Aをラインナップした。 GTはエボIXのエンジンと同じMIVECを搭載し、280PS/6,500rpm・40.0kg-m/3,000rpmの出力を発揮する。GT-AはエボVIIGT-Aと同じエンジンを搭載し、272PS/6,500rpm・35.0kg-m/3,000rpmと、GTに比べ抑え目の出力を発揮する。 通常のランサーワゴンとは外観こそ似ているものの、ボディの骨格構造からして異なる。シャーシは基より外観も、フロントマスクを初めとして、リアブリスターフェンダーなどランエボ譲りの相違点を持つ。なおリアルーフスポイラーはランサー(セディア)ワゴンに設定されていた「ラリーアートエディション」のものを流用している。 一般的にワゴン車は、同設計のセダンと比較してボディ剛性面で劣るとされるが、エボワゴンの場合、それを補うためのバックドア開口部への重点的なスポット溶接等により、280PSを発揮するエンジンパワーに負けないよう、十分な剛性を持って設計されている。そのため、リアの車重が増加することとなったが、FFベースで開発されたランエボが元々フロントヘビーであったことにより、前後の重量配分が改善された。その結果、リアのトラクションの向上が見られたという(自動車評論家の中には、ベースのセダンと比較して、操縦性についてはむしろ好ましいとする意見もある)。また、スーパー耐久に参戦した際、空力特性に優れるワゴンボディ形状が作用して、ストレートでの最高速がセダンよりも伸び、適正な重量配分によりコーナリング中の挙動にも安定性の向上がみられた。しかし、絶対的な重量はセダン比で増加しているため、ブレーキングポイントがセダンよりも手前になってしまう、コーナリング中の速度が上げられないなどの弱点を持つため、セダンの牙城を崩すには至らなかった。 シャーシやパワートレインはエボIXやエボVIII MRのキャリーオーバーであるが、リアデファレンシャルギアはAYCではなく、1.5WAY機械式LSDがGT・GT-A共に採用された。これは、重量化した車重や、荷物を積載した際の負荷に対して、耐久性を確保するためであると思われる。もっとも、セダンでもAYCはGSRグレードにのみ搭載される機構であり、ワゴンにGSRが設定されなかったことが理由である可能性もあるため、あくまで推測の域を出ない。 その他、ワゴンとしての使い勝手を考慮し、リアシート収納によるシートアレンジ(2&#12316;3名乗車)により、フラットで大容量なラゲッジスペースを確保できる。ユーティリティ面ではラゲッジスペースに12Vのアクセサリーソケットを装備するなど、走行性能に関わる装備以外も充実している。
販売価格情報
株式会社 カーショップライズ 市原店
アストンマーチン
ラピードタッチトロニック2 リアエンターテイメント
1298万円
アストンマーチン ラピード タッチトロニック2 リアエンターテイメント

アストンマーチンのラピード(Id:4161335)の中古車詳細 >

28600km
東京都
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
2011年 アストンマーティン ラピード リアエンターテイメント フル装備 オプションHDDナビテレビ バックカメラ リアエンターテイメント クリスタルキー レザーシート パドルシフト バルク&オルフセンオーディオ マフラー切替バルブ付 ベンチレーションシート DVD再生CD録音可能 アルカンターラルーフライニング タモアッシュウッドフェイシア 20インチアルミ レッドキャリパー ベンチレーションシート エアバック ABS GPSレーダー探知機 LEDポジションランプ LED室内灯 コーナーセンサー アトランティックディーラー車 ETC 記録簿 4枚ドアに、独立4座のシートを持つラグジュアリー・スポーツモデル。ボディが長くなってもアストンマーティンらしさを失っておらず、低い車高に逞しいフェンダーライン、そして白鳥の翼をモチーフにした、斜め上向きに開く前後ドアが外見上の特長。搭載するのは6リッターV12自然吸気エンジン。アルミ多用により軽量化したボディをスムーズに加速させ、回転を上げるほどに、こだわりのサウンドを響かせる。 ラピードの基本骨格は、アストンマーチンのベストセラースポーツカー「DB9」 「スワンウイング」 アストンマーチンのドアは、水平方向よりもナナメ上に開くのが特徴。白鳥が水に浮かびながら羽を持ち上げているときの姿 6リッターV型12気筒のオールアルミ自社製ユニットが搭載されている。このエンジンは477馬力、61.2kgm(600Nm)の性能 ミッションは、電子制御シフトバイワイヤー式6速AT「タッチトロニック2」。そのシフト操作は、センターパネルに並んでいるP、R、Dなどのプッシュボタンで選択する。マニュアルモードはパドルシフトを使用する 動力性能は0-100km/h加速が5.3秒、最高速度は303km/h(推定) 安全装備として運転席・助手席エアバッグ、サイドバッグ、カーテンエアバッグ 、ブレーキアシスト、ソナー、トラクションコントロール、LSD、ESC(横滑り防止装置)、ISOFIX対応チャイルドシート固定バー、盗難防止装置、セキュリティアラーム等を装備。 前 245/40R20 後 295/35R20 エンジンはV型 12気筒 DOHC 最高出力 350 kW (477 PS) / 6000 rpm 最大トルク 600 N・m (61.20 Kgf・m) / 5000 rpm タンク容量/90リットル 燃料消費率 5.3km/リットル 使用燃料 ハイオク 最小回転半径 -.-m ※参考 新車時車両本体価格 2332.8万円税込
有限会社 アリーナ
BMWアルピナ
B3リムジン 3.3 左ハンドル ニコル物 カロッツェリアHDDナビ
169.6万円
BMWアルピナ B3 リムジン 3.3 左ハンドル ニコル物 カロッツェリアHDDナビ

BMWアルピナのB3(Id:4118531)の中古車詳細 >

73500km
埼玉県
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
高みを目指すとキリがないとはよく言ったもので、最上級の料理に満足できない美食家のための料理がこの世には存在します。車の世界に例えてみると、最上級の料理とはBMWの事を指し、満足できない美食家とはアルピナユーザーの事を指すわけです。上質な車を元に、さらに高性能を追究して、さらに上質さを追求。ひとつの芸術作品とも言える、アルピナが生み出した1台1台の車両は、世界のカーマニアに分配できるほどに生産されない点が残念ですが、各オーナー様の手元に渡り、愛されています。その高性能とは真逆に、「控えめを美徳とする」という社是に則って、最小限のエアダムのみを装着したエクステリアは、普通の方からしてみれば、ついついその高性能に気が付かないほど。しかし現在こちらの文章をお読みのカーマニアの諸兄諸氏からしてみれば、その存在感で一目瞭然と言えるでしょう。その「分かる人には分かる」という絶妙なポジショニングと、年間生産台数が1000台以下と言う希少性。アルピナというメーカーが長きに渡り支持される理由と言えるでしょう。 今回ロッソカーズのラインナップに新たに加わった1台は、もちろんアルピナ。3シリーズをベースにしたB3が仲間入り。もはや2世代前のE46系がベースですから、そろそろ趣味性の高い1台と言える年代に足を踏み入れているでしょう。車の世界は、バリバリ現役で走り回るのは、その多くが新車から1世代前位の年代がメインで、少しずつ淘汰され始める2世代前の車両は、そろそろ「保存モード」に入り始めるタイミング。そろそろE46系も、そんな車両になりつつあるわけで、年月が流れるのは早いものだなんて年寄り臭い一言も出てしまいそうですが、逆に言うと、プライスとしては今が底値とも言えるタイミング。愛車と共に歳を取りつつ、ヒストリックカーの仲間入りするまで所有するなんて言うのも、車好きには素敵な年月の重ね方じゃありませんか。 E46系の良さは、語り出すと止まらなくなってしまいそうですが、デザインの良さと走りの良さの2点は外せませんね。デザインに関しては好みがありますから、あまり多くは語りませんが、ちょうどE90系が登場した2000年代中頃は、BMWのデザイン改革の真っただ中で、見慣れないデザインのBMWが増え始めた時期。従来のBMWが持つ、端正で清潔感のあるトラディショナルなデザインテイストは、E46系が完成形と言え、現在の目で見てもクリーンで魅力的。走りの良さに関しては、現在の車は着実に電脳化が進んでいますから、ドライバー自身の意思とリンクしていると思うほどの素直なハンドリングは、この先の未来には絶対に出てきません。どうせ今後はそういう味気ない新車しか出ませんから、車好きとして最後に味わうべきは、E46系のような車なのではないでしょうか。 「BMW」というと「直列6気筒エンジン」という図式は、ずいぶん前から浸透していますが、そのままでも十分に魅力的な直列6気筒エンジンをアルピナが手掛けると、これほどまでに変わるのがアルピナマジックと言えます。近年はスーパーチャージやターボ化でパワー&トルクを稼ぐ傾向にありますが、この年代では各部のバランスやセッティングを煮詰めて行うチューニング。3299CCの排気量から、285馬力のパワーと、34,2キロのトルクを発生。スムーズでパワフルなんてのは陳腐な言葉ですが、筆舌に尽くしがたいアルピナの魅力は、実際にお乗りになるのが一番てっとり早いでしょう。 現在の目で見てみると、こんなにコンパクトだったのかと再確認してしまうサイズのE46系。1700ミリという日本の5ナンバー枠から40ミリだけハミ出しただけの車幅ですから、さもありなんと言ったところ。この頃は弟分の1シリーズも出ていない年代ですから、E46がBMWヒエラルキーの屋台骨を支えていたと言っても過言ではありません。しかし昔からBMW好きは「ほどよいボディサイズに高性能なエンジン」という組み合わせを好むもの。過密した日本の首都圏でも持て余すことのないボディサイズに、アルピナマジックの直列6気筒エンジンですから、もはやこれ以上に望むものもないでしょう。 ずっとアルピナやE46系の良さばっかりアピールしていたので、ちょっと違う観点からこちらの車両を見てみましょう。正規ディーラーのニコル物で、近年は減少傾向にある左ハンドルの車両。ワンオーナーの車両ではありませんが、記録簿がしっかり残った車両で、修復歴はありません。ラインオプションとしては、電動ガラスサンルーフが装着されます。18インチサイズの、アルピナクラシック・アルミホイールには、縁石にヒットしたような目立つガリ傷もなく程度良好。タイヤはピレリのPzeroが装着されまして、残り溝はしっかりと残っていますからご安心ください。キレイな状態のボディは、チタンシルバー・メタリックに、ゴールドのデコラインの組み合わせ。シルバーのボディに良く似合う、ホワイトウインカーが装着されます。 インテリアに目を向けると、アルピナ専用のスペシャル・ウッドパネル。明るく温かみのあるカラーで、もちろん天然木材を使用しています。シートはファブリックとなります。「なんだレザーじゃないのか」と言うなかれ。運転中に熱を持ちやすく、滑りやすいというデメリットがあるレザーは、走りを楽しむ車のシートとしては不満が出るポイントでもあります。通気性が良く、しっかりと身体を包み込んでくれるファブリックも十分に魅力的ですし、なんといってもアルピナ専用の伝統的なファブリックがいいじゃありませんか。荒目のファブリックに、アルピナ社のコーポレートカラーでもあるブルーとグリーンのカラーリングは不変的な良さがありますね。オーディオに力を入れているのも嬉しいポイントで、カロッツェリア製のHDDナビゲーションを装着。1DINサイズでモニターがオートで出てくるタイプなので、必要ない時はスッキリと収納されるのが良いですね。フルセグの地上デジタルチューナーや、CD音源を録音できるミュージックサーバー・iPODコネクターなど、ノーマルのオーディオとは雲泥の差があります。 YouTubeでムービーをご覧いただけます♪ぜひご覧ください♪ 外装→https://youtu.be/HmZJyjvI7hM 内装→https://youtu.be/QnG3OtUoqeQ 平成14年07月 指定代理店納車前点検(BMWサービス工場) 平成19年12月 026760キロ 法定2年定期点検(車検) 平成20年11月 039724キロ BMWセーフティ・チェック・シート(BMWサービス工場) 平成22年08月 063727キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場) 平成22年10月 064614キロ 法定2年定期点検(車検・BMWサービス工場) 平成24年08月 068458キロ BMWセーフティ・チェック・シート(BMWサービス工場) 平成24年11月 068818キロ 法定2年定期点検(車検) 平成26年12月 072359キロ 法定2年定期点検(車検) 平成28年12月 073286キロ 法定2年定期点検(車検)
ロッソカーズ
メルセデスベンツ
EクラスE200 アバンギャルド スポーツ レザーエクスクルーシブパッケージ
678万円
メルセデスベンツ Eクラス E200 アバンギャルド スポーツ レザーエクスクルーシブパッケージ

メルセデスベンツのEクラス(Id:3923196)の中古車詳細 >

320km
東京都
H.28年(2016)
修復歴 : 無し
フル装備 純正HDDナビテレビ 黒革シート パノラミックルーフ AMGスタイリングPKG ヘッドアップディスプレイ レザーエクスクルーシブPKG AMG19インチアルミ シートヒーター LEDヘッドライト ブラックアッシュウッドパネル パークトロニクス 360°カメラシステム フォグランプ エアバック ABS Bumesterサラウンドシステム エアバランスパッケージ 電動トランクリッド 新型キー ベンツ新車3年保証 記録簿 保証書等 オプション参考価格 ヘッドアップディスプレイ+ レザーエクスクルーシブPKG 764,000円 Bumesterサラウンドシステム メタリックペイント 90,000円 2016年 メルセデス・ベンツ E200 アバンギャルド スポーツ レザーエクスクルーシブパッケージ パノラミックスライディングルーフ Bumesterサラウンドサウンドシステム AVANTGARDE Sports 研ぎ澄まされた思いのままのドライビングが愉しめる、スポーツセダン。 エクステリア ダイナミックな走りのために新たな次元で調和する、快適と知性。 ・アバンギャルド スポーツ (AMGライン仕様) ・マルチビームLEDヘッドライト ・アダプティブハイビームアシスト・プラス ・AGILITY CONTROLサスペンション ・Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント) ・19インチAMG5ツインスポークアルミホイール ・MOExtended(ランフラット特性タイヤ) ・AMGスタイリングパッケージ (フロントスポイラー・サイド&リアスカート) ・レザーARTICO/DINAMICAシート (グレーステッチ入) ・ブラックアッシュウッドインテリアトリム ・レザーARTICOダッシュボード ・ステンレスアクセル&ブレーキペダル ・AMGスポーツステアリング レザーエクスクルーシブパッケージ ・レザーパッケージ ・パノラミックスライディングルーフ 【セーフティ】 ディスタンスパイロット・ディストロニック 最適な車間距離を自動でキープし、車線維持もサポート。安全性を高め、ドライバーの疲労を軽減するディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロット アクティブレーンチェンジングアシスト ステアリングパイロットがONのとき、移動したい車線側のウインカーを2秒以上点滅させると、車両周囲を監視しているセンサーが他のクルマなどとの衝突の危険がないことを確認。ステアリング操作のアシストによって、車線変更をサポートします。 アクティブレーンキーピングアシスト フロントウインドウのステレオマルチパーパスカメラが車線を検出し、フロントホイールが走行車線を越えたと判断するとステアリングを断続的に微振動させてドライバーに警告。ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻そうとします。 トラフィックサインアシスト 一般道や高速道路を走行中、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示。制限速度を超えた場合は、警告音によってドライバーに注意を促します。初めての道でも、安心して走ることができます。 アクティブブラインドスポットアシスト 都市や高速道路などの走行時に、リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告します。さらに、側面衝突の危険があるときはブレーキを自動制御して、危険回避をサポートします。 アクティブブレーキアシスト 衝突回避能力がさらに進化した(歩行者/飛び出し検知機能付) 渋滞時緊急ブレーキ機能 渋滞の後尾車両との衝突の危険を検知して、その左右などに回避スペースがないと判断すると、即座に自動ブレーキが作動。衝突回避または被害軽減を図ります 緊急回避補助システム 車両前方にいる車道横断中の歩行者などとの衝突の危険を検知すると、システムが正確なステアリングトルクを計算して、ドライバーのステアリング操作をアシスト。回避後も走行していた車線をスムーズに走り続けられるように挙動の安定化もサポートします。 PRE-SAFEインパルスサイド フロントバンパー外側のレーダーセンサーが、側面衝突が不可避であることを検知すると、衝突側前席バックレストのサイドサポートに内蔵されたエアチャンバーが瞬時に膨張。乗員をドアから遠ざけることで衝撃の軽減を図ります。さらにPRE-SAFEの乗員保護機能も同時に作動します。 360°カメラシステム 真上から自車を見下ろすように、周囲の状況を 映像で把握できる360°カメラシステム アテンションアシスト 高速道路で長時間にわたる運転を行っているときなどに、疲労レベルを5段階で知らせます。さらに運転者の疲労や注意力の低下を検知すると、警告音とともに休憩を促すメッセージをマルチファンクションディスプレイに表示します。 パーキングパイロット 縦列および並列駐車をサポートする パーキングパイロット(縦列・並列駐車) エレクトリックキー 施錠・解錠などの機能に加え、トランクリッドのクローズ*1、パノラミックスライディングルーフの開閉などが、先進的なデザインのエレクトリックキーで行えます。 Bumesterサラウンドサウンドシステム ハイエンドオーディオ専門メーカー、ブルメスター社と共同開発。2つのFrontBass®スピーカーを含む13個のハイパフォーマンススピーカー、9チャンネルのアンプなどによって、音の粒立ちまでわかる、極めて高精細なナチュラルサウンドが楽しめます。 2.0? 直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン 第3世代の直噴システムであるBlueDIRECTテクノロジーを採用。ピエゾインジェクター(最大圧力200bar)、スプレーガイド式燃焼システム、マルチスパークイグニッションによって、常に最適な燃焼状況を作り出します。E 200モデルは、最高出力135kW(184PS)、最大トルク300N・m(30.6kg・m)を、E 250モデルは、最高出力155kW(211PS)、最大トルク350N・m(35.7kg・m)を発生。さらに、信号待ちなどでの無駄な燃料消費を抑えるECOスタートストップ機能も全車標準装備。最先端技術を余すところなく搭載することで、ゆとりある動力性能と高い環境性能をさらなる次元で両立しました。 電子制御9速A/T、9G-TRONIC ダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィールと高い静粛性を同時に実現。さらに多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングが愉しめます。また、パドルシフトを使えばドライバーの意のままにシフトチェンジが行えます。7G-TRONIC PLUSと比べ、トルクコンバータケースのアルミ化などにより約1kgの軽量化を実現し、さらに粘度の低いトランスミッションオイルを採用することで、トルクコンバータの伝達ロスを低減。これらによって飛躍的な燃費向上を実現しました。数々の新技術を採用したメルセデス独自開発の9G-TRONICです。 COMANDシステムの多彩な機能 ●12.3インチワイドディスプレイ ●タッチパッド、COMANDコントローラー、タッチコントロールボタン、音声認識 ●HDDナビゲーション、VICS3メディア、ETC2.0対応車載器 ●オーディオ/ビジュアル:AM/FMラジオ(ワイドFM対応)、テレビ(12セグ/ワンセグ自動切替)、USBメディアインターフェース×2、 SDカードスロット、Bluetoothオーディオ機能 ●COMANDオンライン:インターネット、MB Apps(インターネットラジオ) ●携帯電話ハンズフリー機能(Bluetooth携帯電話対応) ●スマートフォン連携機能:Apple®CarPlay、Android Auto アンビエントライト(64色) ドア、ダッシュボード、センターコンソールなどの柔らかなLEDの間接光が、室内空間を上質に彩り、ラグジュアリーな雰囲気を醸成します。照明色は64色から選べ、明るさも調整可能。穏やかな空間、近未来的な空間など様々に演出できます。 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSニーバッグ、SRSサイドバッグ、SRSウインドウエアバッグ、レーダーセーフティパッケージ、ABS、ESP、クロスウィンドアシスト、アダプティブブレーキ、アダプティブブレーキライト、パーキングパイロット、360度カメラシステム、パークトロニック、タイヤ空気圧警告システム、PRE-SAFE、アクティブボンネット、クラッシュセンサー連動機能等を装備。 エンジンは直列4気筒DOHCターボ 最高出力 135kW(184ps)/5500rpm 最大トルク 300N・m(30.6kg・m)/1200~4000rpm タンク容量/66リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.4m
有限会社 アリーナ
menu