-並び替え-

-現在の検索条件-

35
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

BMW
3シリーズ320iAツーリング Mスポーツ・パッケージ LCIモデル 3DデザインFリップ&ディフューザー マフラー ローダウン
297万円
新着
BMW 3シリーズ 320iAツーリング Mスポーツ・パッケージ LCIモデル 3DデザインFリップ&ディフューザー マフラー ローダウン

BMWの3シリーズ(Id:4790161)の中古車詳細 >

12800km
埼玉県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
ちょうど日本がバブルに浮かれていた1980年代に、「六本木カローラ」などと揶揄された当時の3シリーズは丸目4灯のE30系。同じ「サンマル」でもF30系になると、もはや日本全国にオーナーがいるほどに日本市場で売れている車種。日本のような国土の狭い国では、Dセグメントのボディは使いやすく、高性能なエンジンとFRレイアウトという、上級の高級車と同じ駆動方式のおかげで上質な乗り味で、スポーツマインド溢れるサスペンションのセッティングやルックスで、どこに乗り付けても恥ずかしくないステイタス性を持ち合わせているわけですから、選ぶ方が多いのはさもありなんといった所でしょう。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった3シリーズは、一世代前のF30系3シリーズをベースにワゴンに仕立てたF31系の320iツーリング。こちらの車両は一般的には後期モデルで、BMWの場合後期モデルの事をLCIモデルと呼びます。一世代前とはいえ、現行モデルが思い切ったキープコンセプトという事もあり、古さを感じさせないデザインとなります。Mスポーツの場合はバンパーなどのデザインの変更が無かったこともあり、パッと見で分かるのは、ウインカー位置が外側から上部になったウインカーに、光源がHIDからLEDに変更になったヘッドライトと、近年のBMWらしい光り方になったテールライトくらいかもしれません。もっとも、F30/31系はデビュー当時からLCIモデル登場まで、スタイリングに関しては不満が無いほどに完成度が高かったため、大きな変更を必要としなかったのも事実。完成された美しく力強いスタイリングを下手にこねくり回して改良ならぬ「改悪」するよりも、正しいチョイスと言えるでしょう。また、こちらの車両は、各部に手を加えた車両となります。 ★3Dデザイン フロントリップスポイラー(ウレタン) ★3Dデザイン リアディフューザー(カーボン) ★ARQRAY ステンレスマフラー デュアル 4テール ★H&R ローダウンスプリング ★BMW Mパフォーマンス ブラックキドニーグリル BMWファンであれば、誰もが名前を知っているメーカーの製品をチョイスしています。 紗生にも触れたとおりに、こちらの車両はMスポーツ・パッケージ装着車。Mスポーツはもはや、BMWを選ぶ上で切っても切り離せない看板グレード。「BMWを買うのであれば、Mスポーツ一択」と言う方も多いくらいですからね。BMWの走りの良さに、さらに磨きをかけたオプションとなります。外装は精悍なエアロ形状のバンパーや、大径の18インチアルミホイールなど、精悍さに拍車をかけてくれます。インテリアもブラックを基調としたアンソラジット・インテリアカラーで、身体をしっかりとサポートしてくれるスポーツシートや、ノーマルと比較すると小径でグリップが太く、手にしっくり馴染むスポーツステアリングには、自由にシフトを+-できるパドルシフトが装備されます。 近年の車選びで、重要なのが安全性能。前の車との車間距離を常にモニタリングして、前車に追随してスピードの調整をしてくれるアクティブクルーズコントロールは、前の車が完全に停止しても、それに対応して自車も停止。また、衝突回避・被害軽減ブレーキは人や自転車にも反応します。車両がふらつくと警告を促してくれるレーンデパーチャーウォーニングや、車線変更の時に注意喚起やステアリング介入をしてくれるレーンチェンジウォーニングなど、BMWのドライビングアシストは「ぶつからない車」としても十分な性能。さらにコネクテッド・ドライブは様々な情報や、万が一の時にSOSコールなど、「つながる車」としてもBMWは他メーカーに先駆けて採用。 こちらの車両はLCIモデルですが、毎年改良を重ねるイヤーモデル制度のせいか、LCIモデルでも細かく変更を受けています。大きく違うのがナビゲーションで、LCIモデルの前半では、従来のNBTナビですが、LCIモデルの後半では、NBT EVOに進化しています。年々重要視されるインフォテインメントは、大幅にアップデートされています。HDDナビゲーションの操作はもちろん、MENU画面から従来モデルとは一線を画す、インフォテインメントも進化しています。ナビゲーションの他には、Bluetoothオーディオ&ハンズフリー機能、CD&DVDプレーヤー、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、USB&AUXなど。もちろんバックカメラ&障害物センサーのリアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)も装備。細かい話ですが、ギアをリバースに入れた時のリバース・ゴングも、NBT EVOからは現行モデルと同じサウンドに変更されています。また、純正ではオプション扱いの地デジチューナーは装着されていませんが、こちらの車両にはカロッツェリア製のフルセグ地デジチューナーが装着されています。実際の話、純正の地デジとは比較にならないほどの電波受信の良さで、移動中でもストレスなくご覧頂けます。 搭載されるエンジンは、直列4気筒2000CCターボエンジンなのは、前期モデルから変わることはありませんが、モデル中盤で新開発の新モジュラーエンジンが搭載されていることは、ご存じの方も多い事でしょう。B48エンジンは、184馬力のカタログパワーと、27,5キロのトルクと、前期モデルのN20エンジンと比較しても大きな数値の違いがありませんが、ツインスクロール・ターボ、燃料筒内直接噴射、可変バルブタイミング&リフトであるバルブトロニック、ダブルVANOSなど、BMWエンジン技術の「全部乗せ」と言っても過言ではない新エンジンは、乗った瞬間に「お、ずいぶん違うな」と思わせてくれるエンジン。パワーやトルクの出し方の違いや、メカニカルノイズの少なさなど、やはり設計が新しいエンジンはいいものですね。組み合わされるATは8段で、+-でマニュアル操作が可能なステップトロニックと、ステアリングに付いたパドルシフトで自由自在に操ることが可能です。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります。インテリアは禁煙で、シートやカーペットへの焦げ跡や、イヤなタバコ臭さもありません。最後に、こちらの車両の魅力のポイントを、もう一度 確認しておきましょう。 ★F30/31系でも、メカニカルの面でもアメニティの面でも充実した、LCIモデルとなります。 ★LCIモデルでも、iーDRIVEはインフォテインメントが向上したNBT EVO。 ★使い勝手の良いツーリング。リアゲートは電動で、キーを持ち歩いていればバンパー下に足をかざすだけでオープン&クローズが可能な、スマートオープンを装備。 ★BMW好きは、ステアリングを握ってる時間が至福の時間。BMWの走りの良さを、さらに磨き上げたMスポーツ・パッケージ。 ★BMWチューニングで有名な、3Dデザインのフロントリップスポイラーを装着。ウレタン製で、ボディ同色にペイント済みです。 ★リアバンパーに装着されるディフューザーも、3Dデザイン。こちらは織目が美しいカーボン製となります。 ★程よい音量と音質で、気持ち良いドライブを楽しめる、ARQRAY(アーキュレー)製ステンレスマフラーを装着。デュアル4テールとなります。 ★精悍なローフォルムの、H&Rローダウンスプリングを装着しています。 ★BMWの象徴と言えるキドニーグリルは、BMW Mパフォーマンスのブラックキドニーグリルが装着されます。 ★カロッツェリア製のフルセグ地デジチューナーを装着しています。 ★フロントウインドウとフロンドドアウインドウは、車検対応で紫外線カットに効果のある、ゴーストフィルムを施工済み。 ★車両の前方をモニタリングして、衝突被害軽減ブレーキや、前車接近警告、車線逸脱警告、後方接近警告などの安全装備のドライビングアシストを装備。 ★クルーズコントロールは、前を走る車両との車間距離をキープする、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)となります。 ★高速道路を多用するドライバーさんにはマストアイテムの、ETC2.0を装備しています。 平成29年05月 000009キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成30年04月 005154キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成31年03月 010096キロ 法定1年定期点検 リコール作業・運転席エアバッグ(BMWサービス工場) 令和02年03月 012330キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 令和02年04月 012380キロ 法定2年定期点検(1回目車検・当店)
ロッソカーズ
日産
セレナ20S 後期両側電動8人乗りHDD地デジBカメラフリップダウンM
39万円
新着
日産 セレナ 20S 後期両側電動8人乗りHDD地デジBカメラフリップダウンM

日産のセレナ(Id:4785165)の中古車詳細 >

91400km
千葉県
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/-QVDSaYuu3s 詳細画像はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/3b_V-UF0SDk ★出ました!2Lミニバンの定番!日産C25型セレナ!平成21年7月登録!後期最終型! ★2.0S/2WD!3列シート/8人乗り!インパネCVTオートマ車!フルノーマル車です! ★ダイヤモンドシルバーM!取説&新車時手帳/整備記録簿完備!お得!車検整備付き! ★実走行91,400km!修復歴無し!AIS鑑定書付き!安心のタイミングチェーン車! ★2000cc/MR20型直列4気筒DOHCエンジン搭載!137馬力!燃費は13.2km/L! ★平成22年燃費基準20%達成車!H17年排出ガス認定基準/四ツ星低排出ガス車! ★純正クリスタルハロゲンヘッドライト!赤レンズリアコンビネーションランプ! ★LEDハイマウントストップランプ!純正フロントメッキグリル!リアワイパー! ★純正LEDウインカー付電動格納式ドアミラー!ボディ同色アウタードアハンドル! ★バックドアメッキガーニッシュ!UVカットガラス!リア5面プライバシーガラス! ★両側スライドドア!両側電動パワースライドドア!両側イージークロージャー付! ★電子式ハッチゲートオープナー!純正サイドドアバイザー!4輪ディスクブレーキ! ★純正15インチスチールホイール!専用ホイールキャップ!タイヤは195-65R15! ★3列シート!8人乗り!2列目分割可倒/チップアップ!3列目跳上式!フラットシート! ★純正地デジ付きHDDナビゲーション/HC309D-A!4スピーカー!バックモニター! ★ナビ+ラジオ+ミュージックサーバー+CD+DVD-V+地デジフルセグTV+USB! ★アルパイン製プラズマクラスター内臓フリップダウンモニター/PCH-RM3505! ★パナソニック製アンテナ分離型分離型ETC(ビルトイン)!運転助手席アームレスト! ★純正ウレタン製ステア(チルト機能)!ウレタン製シフトノブ!シルバーインパネ加飾! ★プラズマクラスター搭載インテリジェントオートエアコンシステム!リアクーラー! ★Wエアバック!ABS!インテリジェントキーx1!イモビライザー!純正セキュリティ! ★集中ドアロック!パワーステアリング!パワーウィンドウ!フット式サイドブレーキ! ★オートライト!パワーソケット!ドリンク&カードホルダー!車速感知間欠ワイパー! ★グローブBOX!インパネトレイ!サンバイザー!両席バニティミラー!ルームランプ! ★マップランプ!メッキドアハンドル!ブラックトリコットシート!純正フロアマット! ★2列目/折畳みチップアップ&ロングスライド!シートアンダーBOX!コンビニフック! ★スマートマルチセンターシート(前席2列目間)!シートアームレスト!カップホルダー! ★3列目/スマートアップシート!荷室ランプ!スペアタイヤ/ジャッキ/車載工具完備! ★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん無料保証付き! ★純正品や社外品問わず、最新アフターパーツを格安プライスにてお取付けします! ★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します! ★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております! ★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間オイル交換無料です(店頭にて)! ☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆ ☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆ ☆☆ニッサンC25型セレナの詳細は!?☆☆ 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン日産セレナ。2L 直列4気筒DOHC(FF:137ps/4WD:129ps)「MR20DE」型エンジンを搭載し、インストシフトノブのエクストロニックCVTとの組み合わせとする。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどエクステリアのデザインを一新、インテリアは、シート地の質感を高めるとともに、ファインビジョンメーターの標準採用やインストルメントパネルまわりを上質なデザインとしたことにより、快適で心地良い空間とした。グレードは、上級「20G」と標準「20S」、よりダイナミックでキャラクターの強いフロントデザインとした「ハイウェイスター」の3タイプ。日産の世界初の新技術「アラウンドビューモニター」、インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)などを装着可能としている。メカニズムでは、ハイウェイスターに専用サスペンションを装備し、より安定した操作性と快適な乗り心地を実現。さらに、アクティブAFSを標準採用し安全にも配慮している。オーテックジャパンからは、3ナンバー化したカスタムカー「ライダー」/「ライダーパフォーマンススペック」/「ライダーハイパフォーマンススペック」、「ハイウェイスターアーバンセレクション」を用意する。エルグランドに続き設定されるハイパフォーマンススペックは、ボディ剛性の向上やサスペンションチューニング、さらにエンジンチューニングまで施した。アーバンセレクションは、地上デジタルテレビ放送用チューナーやカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を標準装備とした特別仕様車。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
BMW
5シリーズ530iAツーリング Mスポーツ・パッケージ パノラマサンルーフ ワンオーナー レザー
88万円
BMW 5シリーズ 530iAツーリング Mスポーツ・パッケージ パノラマサンルーフ ワンオーナー レザー

BMWの5シリーズ(Id:4780784)の中古車詳細 >

55000km
埼玉県
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
ツーリングワゴンの使い勝手の良さは魅力的だが、その代わりに走りを犠牲にするのは困る。デザインはスタイリッシュな車が良いが、室内は広々して実用的な車が良い。そんな贅沢なワガママに対するBMWの回答が5シリーズ・ツーリングです。元々がツーリングワゴンとしてはグッドデザインなのに、さらにスタイリッシュなMスポーツ・パッケージ。スッキリしたシェイプが魅力のLCIモデルは、ヘッドライトやテールランプなどに変更を受けています。鬼才・ダビデアルカンジェリによるデザインワークは、まるで彫刻刀で削ったようなエッジが利いた中にも丸みを帯びていて、いまだに古さを感じさせないスタイリングが魅力。ボディカラーはBMWでは永遠の定番と言える、チタン・シルバー・メタリック。E60/61系のシャープなボディラインを美しく見せてくれるカラーですね。 LCIモデルとは、BMWではマイナーチェンジ以降の車両という意味合いで、「ライフ・サイクル・インパルス」の頭文字を取ったもの。ドイツ車では主に、「前期モデル」・前期モデルのスタイリングのまま、エンジンやミッションを改良した「中期モデル」・デザインを変更する「後期モデル」という流れとなりますが、こちらの車両は、その後期モデルにあたるLCIモデルとなります。前述のライトの変更は、デザインはもちろんですが、ステアリングに連動してカーブの先を照らしてくれるアダプティブヘッドライトや、高照度で低消費電力のLEDテールライトなどが大きな特徴。また、エンジンも中期モデルと比較するとパワーアップして、オートマチックはインテリアの電子式シフトノブとなり、グッと新しさを感じられますね。 こちらの車両は、5シリーズでも希少性の高い、530i。近年では車名と排気量が一致しない車が多いですが、この頃はシンプルに「5シリーズの3.0リッターエンジンだから530i」という、従来のBMWファンに馴染みのあるネーミングとなります。販売台数のほとんどが525iだったこともあり、よりパワフルで、パワーはあるが鼻先が重たいV型8気筒エンジンとは違い、走行フィーリングに軽快感のある直列6気筒3000CCエンジンを搭載。ターボなどが装着されないNAエンジンではありますが、272馬力のパワーとなり、218馬力の525iとは50馬力以上のパワーの違いとなります。世界的なダウンサイジングブームに対するBMWの回答は、直列4気筒エンジンにターボを装着するというもの。最近では3気筒まで出てきているのは、ご存じの方も多いでしょう。確かに気筒数は少ないほうが化石燃料は使わずにすみますし、小さい排気量を補うロープレッシャーターボは、効率よくパワーを出してくれますから、全てが丸く収まるわけです。ただし、それには「机上では」という言葉を付け加えさせていただきましょう。ドライバーのハートとエンジンがリンクしているような、淀みのない回転フィールは、BMWが温め続けた直列6気筒エンジンに軍配を上げたくなってしまうでしょう。 BMW選びで見逃すわけにはいかない、Mスポーツ・パッケージ。さすがは高級サルーンに走りのDNAを30年以上前に組み合わせた先駆けのBMW。走り・ルックス・インテリアの演出など、文句の付けようがない仕立てとなっています。エアロ形状のフロント&リアバンパーとサイドステップと、わずかにローダウンされた絶妙なセッティングのスポーツサスペンションで、ホイールは、Mダブルスポーク135が装着され、グッと精悍なルックスに仕上がっています。インテリアはブラックを基調としたアンソラジットカラーをベースに、激しい横Gでもしっかりと身体をホールドしてくれるスポーツシートと、正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリングを装備しています。 インテリアの快適装備に関してご説明しましょう。ナビゲーションは情報量が多く、処理速度も速いHDDナビが装着されます。オーディオはCD/MDの他に、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャックを装備します。オプションのi-PODインターフェースがグローブボックスに装備されるのもうれしいポイントで、BMW純正オプションのこちらは、iーPODや以前のiーPHONEなどに使用されているDOCKコネクターが装備され、接続すれば車両のモニターに曲名などが表示され、選曲は車両のオーディオスイッチや、マルチファンクション・スイッチで可能。レザー巻きで手にしっくりと馴染むMスポーツ専用ステアリングには、手を放さなくてもオーディオなどの操作が可能なマルチファンクション・スイッチを装備。また、後席にお乗せする大切なゲストに容赦なく降り注ぐ直射日光を柔らかく遮り、プライバシーを守るローラーブラインドを装備します。シートは触り心地の良いダコタ・レザーシートで、寒い日でも身体を暖かく包み込んでくれる、シートヒーターをフロントシートに内蔵。インテリア・トリムパネルは、鏡面仕上げが美しいウッドパネル。安っぽいプリントのウッド調のパネルとは違い、天然木材を加工したパネルですから、同じ模様はふたつとありません。シートのアジャストは電動で、ドライバーズシートには2人分のポジションを記憶可能なメモリー機能を備えています。 修復歴は無く、記録簿も下記の通りに、1年ごとにBMWサービス工場に入庫している車両となります。こちらの車両の魅力や、装着されるオプションは、下記にまとめてありますので、ぜひご覧ください。 ☆E60/61系では非常に希少な、パワーに余裕のある直列6気筒3000CCエンジンを搭載した、530iツーリング。 ☆BMWが好きな方は、ステアリングを握ってる時間が至福の時間。走りを磨き上げたMスポーツ・パッケージ装着車。 ☆本来のMスポーツでは、センター部分はファブリックのハーフレザーですが、こちらの車両は高級感のあるフルレザー。オプションのダコタ・レザーシート装着車です。 ☆レザーシートの弱点は、冬場に冷たい点ですが、こちらの車両には寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれる、シートヒーターをフロント両席に内蔵しています。 ☆リアにお乗りの方も解放感たっぷりの、オプションのパノラマガラスサンルーフ装着車。 ☆フロント&リアのバンパーに内蔵された障害物センサーは、音とグラフィックで障害物をお知らせしてくれます。オプションのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)装着車。 ☆Mスポーツでは珍しい、鏡面仕上げのウッドパネルが装着されます。Mスポーツでは、アルミトリムやバンブーウッドが多く、温かみのあるウッドパネルは希少となります。 ☆グローブボックスには本来なら6連奏CDチェンジャーが装備されますが、こちらの車両はiーPODなどを接続できるDOCKコネクターが装備されます。モニターに曲名などが表示され、選曲などの操作は車両のスイッチで可能。オプションのiーPODインターフェースを装備しています。 ☆室内の灰皿やシガーライターは使用した形跡が無く、シートやカーペットへの焦げ跡などもありません。もちろんイヤなタバコ臭さもない、クリーンなインテリアです。 ☆ひとりのオーナーさまに、大切に扱われた車両で、1年ごとにBMW正規ディーラーのサービス工場で点検を受けている車両。ディーラー下取車を直接買い付けしてきた車両となります。 平成19年07月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成20年07月 006343キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成21年07月 014018キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成22年07月 020719キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成23年06月 027355キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成24年06月 034539キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成25年09月 040020キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成26年07月 042463キロ 法定2年定期点検(3回目車検・BMWサービス工場) 平成27年08月 045863キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年07月 048210キロ 法定2年定期点検(4回目車検・BMWサービス工場) 平成29年10月 050420キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成30年07月 051808キロ 法定2年定期点検(5回目車検・BMWサービス工場) 令和01年07月 053578キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
トヨタ
ラクティス1.3X DVDビデオ再生純正ナビTV バックカメラ ETC
37.4万円
全ロング保証
トヨタ ラクティス 1.3X DVDビデオ再生純正ナビTV バックカメラ ETC

トヨタのラクティス(Id:4749354)の中古車詳細 >

39962km
埼玉県
H.22年(2010)
修復歴 : 無し
■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 新車時車両プロフィール ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2代目となる新型ラクティスは、全長4m未満のコンパクトなボディの中に、クラストップレベルのゆとりある室内空間と使い勝手の良さを求めた、2BOXコンパクトカー。初代ラクティスの魅力を受け継ぐとともにさらなる快適性を追求。5ナンバーサイズを維持しながら、室内幅を40mm拡大。多彩な使い方を可能とするラゲージスペースを実現するとともに、コンパクトクラス初となる6:4分割チルトダウン機構リヤシート(遠隔可倒レバー付)などを採用。エンジンは1.3L(95馬力 12.3kgf・m)と1.5L(109馬力 14.1kgf・m 2WD)の2種、1.5Lには4WDも選択可。グレードはベーシックな「X」、充実装備の「G」専用フロントバンパー&グリルやインテリアカラーなどを設定した上質モデル「L’epice(レピス)」、専用ユーロサスペンションやパドルシフトを採用したスポーツタイプの「S」。福祉車両には、「X」、「G」に車いす仕様車(タイプI)助手席側リヤシート付を車いす仕様車として日本初となる型式指定自動車に設定。また、開放感を高めるパノラマルーフ装着車を設定する。全車「環境対応車 普及促進税制」の減税要件に適合しており、自動車取得税と自動車重量税が2WD車で75%、1.5L 4WD車および車いす仕様車(タイプI)助手席側リヤシート付で50%の減税。 ■╋■━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 主要装備 ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━ ★純正ナビ NSDN-W60 ★CD/DVDビデオ再生 ★AM/FMラジオ ★バックカメラ ★ETC ★Wエアバック ★ABS ★キーレスエントリー ★電動格納リモコンドアミラー ★フロアマット ★プライバシーガラス ★ドアミラーウィンカー ★リヤワイパー ★整備記録簿 ★取扱説明書 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ トヨタ ラクティス に関するお問合せは・・・ ジャパンオートサービス 株式会社 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘6-713-6 TEL:04-2925-9321 定休日:水曜日 自社ホームページ:http://www.japan-auto.biz 見積り下取り等何なりとお気軽にお問い合わせ下さい ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ジャパンオートサービス株式会社
ホンダ
フィット1.5S 後期5速MT純正エアロHID車高調14AWHDD
29万円
ホンダ フィット 1.5S 後期5速MT純正エアロHID車高調14AWHDD

ホンダのフィット(Id:4743074)の中古車詳細 >

129700km
千葉県
H.17年(2005)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/_OUE1PHLiTE 詳細画像はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/jnFx0dwip7Q ★出ました!燃費の王様!ホンダGD3型フィット!平成17年9月登録!後期モデル! ★1.5Sタイプ2WD!L15A型VTECエンジン搭載!110馬力!燃費は19.4km/L! ★5速マニュアルMT車!ビビットブルーパール!取説&保証書!整備記録簿9枚有! ★お得!車検2年整備付き!実走行129,700kmです!安心のタイミングチェーン車! ★修復歴無し!AIS鑑定書付き!内外装程度抜群!H22年度燃費基準+5%達成車! ★純正フルエアロ!純正Sタイプ専用エアロバンパー前後!純正サイドステップ! ★純正リアルーフスポイラー!純正ボディー同色HIDヘッドライト!リアワイパー! ★ハーフシェイドフロントガラス!プライバシーガラス!ルーフショートアンテナ! ★純正LEDウインカーミラー!LEDスモークテール!LEDハイマウントストップランプ! ★社外14インチアルミ(ZEPHYR製)!タイヤは4本共に175-65R14!バリ山です! ★TEIN製スーパーコンパクト車高調!4輪ディスクブレーキ!社外ボンネットダンパー! ★柿本改製GT-box/REVハイパー車検対応スポーツマフラー!純正フロアマット! ★純正チタンシフトノブ!社外メッキドアロックノブ!メッキサイドブレーキノブ! ★クラリオン製HDDナビゲーション/MAX860HD!バックカメラ!純正4スピーカー! ★ナビ+AMFMラジオ+CD+DVDビデオ+ミュージックサーバー!外部入力端子付! ★ヂュアルエアバック!ABS!キーレス!パワステ!パワーウインド!集中ドアロック! ★フルオートエアコン!エアコンフィルター!燃費計付きオプティトロンメーター! ★チルト機能付き革巻きステアリング/シルバーカーボン調ホンダエンブレム付き! ★電動格納式ドアミラー!パワーウインドースイッチ部パネル/ブラックペイント! ★グローブボックス!ドリンクホルダー!コイン&カードホルダー!パワーソケット! ★メタル調パネル!ルームランプ!マップランプ!運転席シートアジャスター! ★サンバイザー!運転席バニティーミラー!フロントドアポケット!買い物フック! ★助手席シートバックポケット!分割可倒式リアシート!ラゲージボックス! ★ラゲッジルームランプ&サイドボックス!ラゲージフック4個!リアデフォッガー! ★スペアタイヤ/パンダジャッキ/車載工具ももちろん完備です!試乗も可能です! ★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん保証付き! ★格安にてチューニングパーツや最新地デジTV付きHDDナビ等お取付け可能です! ★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します! ★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております! ★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間ず~とオイル交換無料です! ☆☆ホンダGD3型フィットの詳細は!?☆☆ ありそうでなかったスポーティなミニバンルックのスモールカー!2001年6月の登場以降、常にバックオーダーを抱えるという人気ぶりであった。ホンダのドル箱モデルである。ロングホイールベースにワンモーションのミニバンスタイルは、デザイン的には新しくないが、これを全長3.8mで実現し、さらに大人4人がラクに座れる居住空間をしっかりと確保した点が評価できる。燃料タンクを前席下に置くなど様々な工夫によって実現したものだ。スポーティ感をテーマに表現されたインテリアデザインは質感も高く、所有欲をそそるもの。特にメタリックパネルや独立3連メーターなどからなるインパネデザインは秀逸である。エンジンにも工夫があった。新開発の1.3Li-DSIユニットはコンパクトな燃焼室とツインスパークを採用することで理想的な燃焼条件を追求し、最新の触媒技術と合わせて高いレベルの省燃費・低排出ガス性能を実現した。低燃費は新世代CVT、ホンダマルチマチックSの採用によるところも大きい。2004年6月MC。内外装の変更と5MTの追加。フロント/リア回りのデザインを変更しやリアランプなどをLED化。さらに内装を一部変更、エンジンを全車グリーン税制対応とた。また1.5L車に5MT追加するとともにスポーティグレード「Sタイプ」設定した。2005年12月一部改良。フロントグリルの変更と環境性能の向上。グレードによって違うタイプのフロントグリルを採用、リアランプもスモークドタイプとクリアタイプを用意した。また全車、「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」を達成するクリーン仕様となった。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
BMW
ミニクラブマンクーパー ハンプトン ワンオーナー ブラックレザー 限定車
169.4万円(商談中)
BMW ミニ クラブマンクーパー ハンプトン ワンオーナー ブラックレザー 限定車

BMWのミニ(Id:4666682)の中古車詳細 >

28200km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
偉大なるクラシックミニ(現役当時はそうは呼んでいませんでしたが…)を現代版にアレンジした、新世代ミニ。新世代ミニの登場は2001年で、日本発売は2002年。当時は昔の車のリバイバルがブームだったこともあり、各社が自社の懐かしの名車をコンセプトカーなどで発表していた最中。もちろんその中には「イロモノ」的な要素があった車も存在しましたが、約18年が経過しても当初のコンセプトからブレる事が無く、モデルチェンジを重ねているところを考えると、「イロモノを採算が取れる商品にした」という功績は大きいでしょう。もちろん功罪の「功」だけを見てみればの話で、クラシックミニを愛好する方達からすると、肥大化したボディや、いくらイギリスで生産されているとは言えドイツ車の血が混じっていることに納得がいかない部分もあるでしょうが、安全基準に合わせたボディサイズと、機械の信頼性と言えばドイツと言うことを考えると、決して功罪の「罪」は大きくなく、21世紀でも新車のミニが乗れる喜びの方が、はるかに大きい「功」と言えるでしょう。 ちょっと話が長くなってしまいましたが、今回ロッソカーズのラインナップに加わったミニは、新世代ミニのセカンドジェネレーションと言えるR56系。ご存じの方も多いかもしれませんが、新世代ミニの初代のR50系は開発をローバーグループが行って、途中から買収したBMWが開発したので、インチサイズのヤード・ポンド法だったのを、ミリ・メートル法にしたこともあり、少々エキセントリックな設計な点も見受けられますが、R56系からはだいぶ自然な設計になっています。閑話休題。こちらの車両はR56系ミニをベースに、使い勝手を大幅に向上させたR55系と呼ばれるクラブマン。初代ミニに倣えば「オースチンミニ・カントリーマン」や「モーリスミニ・トラベラー」などのネーミングが思い浮かぶ、ワゴンタイプのミニ。80ミリほどホイールベースを延長した姿は、さながらダックスフントの様に胴長。この独特なシルエットもクラブマンの魅力のひとつですね。 こちらの車両は、その「カントリーマン」や「トラベラー」の誕生50周年記念で、2011~12年に販売された「ハンプトン」。ロンドンの地名から命名された期間限定車両となります。その特別装備は、その名に恥じない充実したものとなります。ボディカラーはトラディショナルなダークブルーの専用カラーの「リーフ・ブルー・メタリック」で、ボンネットストライプ/ドアミラーカバー/アルミホイール・センターキャップにはダムソンレッドのアクセントが入ります。ダムソンとはプラムの事で、鮮やかなレッドのアクセントはインテリアにも配されています。上質な触り心地のブラックレザーのステッチやパイピング、フロアマットのフチにも配され、ちょっとした優越感でオーナー心をくすぐりますね。フロントグリルにはハンプトン専用のバッヂが装着されます。そちらには「50」の文字が。もちろんそれは、クラシックミニのカントリーマン/トラベラーの50周年のバッヂで、こちらもオーナーとしては嬉しい装備。サイドスカットルやサイドウインドウやエントランスプレートも、ハンプトン専用装備となります。ミニを選ばれる方は、他の人とは違う車に乗りたい方が多いでしょうから、「同じミニでも、私のミニはちょっと違うぞ」という車を選びたくなりますよね。 インテリアはブラックを基調とした精悍なインテリアは、ルーフライニングもアンソラジットカラーで、メーターなどもブラックで統一されています。各部にダムソンレッドのアクセントが入っているのは先ほど紹介しましたが、シートにはハンプトンのロゴが入ったタグや、レザーシートには必須のシートヒーターなども内蔵されています。ステアリングはレザー巻きで、ステアリングに内蔵されたマルチファンクション・スイッチも使用可能で、クルーズコントロールが備わります。 修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと完備した車両となります。インテリアは禁煙だったようで、シートやカーペットへの焦げ跡や、イヤなタバコ臭さもないキレイなコンディションとなります。せっかくミニを購入するのであれば、やっぱり他の車と差別化を図れるミニがいいですよね。そんなこだわりを持った方にピッタリな1台と言えますね。 平成24年04月 保証書発行(MINIサービス工場) 平成25年04月 006218キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成26年04月 011465キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成27年04月 014839キロ 法定2年定期点検(1回目車検・MINIサービス工場) 平成28年04月 017911キロ 法定1年定期点検 平成29年04月 020770キロ 法定2年定期点検(2回目車検・MINIサービス工場) 平成30年04月 023028キロ 法定1年定期点検 平成31年04月 024239キロ 法定2年定期点検(3回目車検・MINIサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
M5左ハンドル 20インチアルミ ローダウン ガラスサンルーフ 
398.2万円
BMW M5 左ハンドル 20インチアルミ ローダウン ガラスサンルーフ 

BMWのM5(Id:4664620)の中古車詳細 >

59200km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
上質なリムジンという皮を全身に纏う。獲物を狙いつつ、都会の片隅で静かに爪を研ぐには、それ位がちょうどいい。その隠れ蓑の下には、凶暴な心臓が隠されているのだから。 560馬力のアウトプットを、容赦なくアスファルトに刻み込むその熱い心臓は、S63B44B。V型8気筒DOHC32Vの4400CCエンジン。Mツインパワーターボテクノロジーの採用により、先代のV型10気筒5000CCエンジンよりも小さい排気量ながら53馬力のアップというねじれ現象と、同じ7速ながら、シングルクラッチのSMGから、デュアルクラッチのDCTドライブロジックに進化したトランスミッション。もう説明の余地はないでしょう。ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、F10の開発コードを持ったM5。 パワーもさることながら、特筆すべきはそのトルク。近年のトレンドに則り、フラットトルクなの特徴。フラットトルクとは、その名の通りに回転数が変わってもトルクは変動しないトルクの出し方で、従来では回転数を上げてピークトルクまで達すると、緩やかにトルクは減ってゆくというのが定説だったのが、どの回転域からでも気持ちの良い加速が味わえるフラットトルクが近年の常識となりつつあるのはご存じのことでしょう。とはいえ、69.3キロの最大トルクを、1500rpmから5750rpmまでたたき出しているのは非常識と言えるのですが。 7速DCTドライブロジックは、ドライブモードでは通常のAT車と同じようにイージードライブが可能。しかしM5を選ぶ方は、積極的にマニュアルモードにしたくなる方ばかりでしょう。ちなみにステアリングにも+-と書かれたパドルシフトが装着されますので、ステアリングから手を放す事無くシフトアップ&ダウンが可能。DCTらしくスパッと変速する点も印象的ではありますが、3段階にクラッチのミートポイントを変更でき、一番「緩い」ミートポイントを選べば街乗りに適したモードになり、一番「硬派」な3モードにすると、タイムロスなくミート。同じように、エンジンパワーを制御したり開放したり、乗り心地をコンフォートからスポーツプラスにしたりするスイッチはシフトノブを取り囲むように装着されているのは、M5ファンならご存知の事かもしれません。 どうしてもエンジンやトランスミッションに目が行きがちなのは、M5というネーミングに対しての期待値が高まるからこそ。しかし、リムジンとしての性能も超一級品という事も忘れてはいけない事実。ベースがスポーツサルーンの世界的指標となる5シリーズで、M5のプライスタグに相応しい装備を持ち合わせています。かなりきめ細かいアジャストが可能なフロントシートを装備していますが、シートマテリアルがレザーなどと言うのは当たり前で、シートヒーティングはフロント&リア席に、シートベンチレーションはフロント両席に装備。リア席にお乗りになる大切なゲストの為に、プライバシーを守るローラーブラインドをリアドアガラス&リアガラスに装備。エアコンはフロントだけでなく、リア席にも左右独立で温度調節が可能なフルオートエアコン&リアエアコンを装備。M5と名の付く車はドライバーズシートが特等席と思われがちですが、すべての席がコンフォータブル。また、インテリアはブラックを基調とした精悍な案空じっとカラーで統一されているのも特徴的。ルーフライニングはMインディビデュアルのアルカンタラ・ルーフライニングが装着されるのも、M5ならでは。 4枚すべてのドアには、半ドアまで閉めれば自動で閉めてくれるソフトクローズドアを装備し、トランクリッドはスイッチひとつで開閉が可能なオートマチック・トランクリッド・オペレーションを装備しますので、早朝や深夜の閑静な住宅街でのドアやトランクリッドの開け閉めも気兼ねなく行えます。トランクリッドは、リアバンパー下に足をスッとかざせば自動で開けられるスマートオープナーを装備。 ナビゲーションは美しいグラフィックのHDDナビで、処理速度の速さや情報量の多さも魅力。ラジオチューナー・CDプレーヤー・CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクションなどはもちろん、スマートフォンやMP3プレーヤーの音楽をクリアにお聴きいただけるAUXジャック&USBを装備。USBを使用すると、アーティスト名・アルバム名・曲名などが表示され、i-DRIVEコントローラーやステアリングスイッチから選曲が可能。Bluetoothを使用すれば、音楽はもちろん、お手持ちのスマートフォンとペアリングすればハンズフリーテレフォンが使用可能で、電話帳の情報も呼び出すことが可能。ギアをリバースに入れると、バックカメラに切り替わりますが、通常のバックカメラだけではなく、車両周辺の様子も見られるトップビューモニターを装備。また、フロントバンパーに内蔵されたカメラで、左右を見ることが可能なので、狭い路地から大通りに出るときなど、非常に便利。 近年ではハイパフォーマンスモデルも右ハンドルがデフォルトとなりつつあり、左ハンドルに見出すメリットと言うと、希少性や過去の憧れから感じさせるそのステイタス性くらいかもしれません。一昔前と違い、プラットフォーム自体が右ハンドルと左ハンドルで専用設計なので、それこそ右ハンドルではブレーキフィールが悪いなんていうお粗末な右ハンドルはほぼ消滅し、首都圏をメインに右ハンドルが当たり前になりつつある昨今。ステアリングポジションに価値を見出すなんてナンセンス、とお思いの方も多いでしょう。しかし、「輸入車に乗る」という事は、「その国の文化に触れる」事と同じこと。質実剛健で頭の固いドイツ人は左側通行の日本には右ハンドルを押し付けるでしょうが、せっかく輸入車に乗るのであれば、左ハンドルを選ぶのも悪くないチョイスではないでしょうか。レザーシートやサンルーフと違い、ステアリングポジションは後から変更することは出来ないのですから。 M5の高性能を見破るポイントは非常に少なく、ノーマルグレードのMスポーツと横並びさせると気が付くレベル。しかし同じように見えて、その差は歴然。開口部を大きく取った専用デザインのフロントバンパーに合わせて、フロントフェンダーも大きく張り出し、エアアウトレットが装着された専用品。ドアミラーも空力性能を考慮したデザイン。貴方の車がM5よりハイパフォーマンスな車でない限り、この車で最も見る機会が多いのは、リアビューでしょう。左右で2本ずつ、合計4本のテールパイプと、バンパーに内蔵されたリアディフューザーと、控えめに装着されたトランクスポイラー。街中に溶け込んだモンスターを見破る事ができる方は、M5オーナーか、よほどのBMWファンのどちらかと言えるでしょう。 修復歴はなく、記録簿もしっかりと完備した車両となります。M5をお探しの方には、もうお気付きかもしれません。わずかに下がった車高が。H&R製のローダウンスプリングが装着されているので、精悍さがさらに増していると言えるでしょう。精悍さと言えば、オプションの20インチのアルミホイール&タイヤも見逃すことができないポイント。「Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング343M」は大胆なデザインのダブルスポークで、スポークの隙間からチラリと見えるMロゴが入ったブルーのブレーキキャリパー&大径ドリルドディスクが印象的。組み合わされるタイヤは、メイドイン・ジャパンのブリヂストン・ポテンザS001が装着されます。また、M5ほどの車には賛否が分かれるガラスサンルーフを装着しています。賛否というのは、ストイックに走りを極める方には不要ですが、M5に高性能で実用的で上質なリムジンというベクトルを求められる方にはマストアイテムだから。装着の是非は次のオーナー様の好みによりますが、目を三角にしてスパルタンに走らせるスポーツカーならいざ知らず、M5のキャラクターにはガラスサンルーフは有って困る装備では無いでしょう。 平成25年09月 000007キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成26年12月 017627キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年12月 030834キロ 法定1年定期点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成28年09月 039219キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成29年09月 050328キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成31年01月 057740キロ 法定2年定期点検(2回目車検・当社サービス工場)
ロッソカーズ
BMW
1シリーズ116iA スタイル ワンオーナー ハーフレザー HDDナビ 走行1700キロ
149.6万円(商談中)
BMW 1シリーズ 116iA スタイル ワンオーナー ハーフレザー HDDナビ 走行1700キロ

BMWの1シリーズ(Id:4657691)の中古車詳細 >

1700km
埼玉県
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
足代わりに使うコンパクトカーに、走りの楽しさを求めるのは無茶な話なのか。その答えがノーだという事は、1シリーズのステアリングを握ったことがある方なら、大きく頷く事でしょう。このクラスで唯一のFRレイアウトに、必要にして十分なパワーのエンジンを搭載した1シリーズは、他のメーカーの同カテゴリーの車両とは一線を画す出来栄え。それもそのはずで、兄貴分の3シリーズに近いシャシーレイアウトで、走りの質はワンランク上と言っても過言ではないからです。しかし最新型の1シリーズは残念ながら前輪駆動となってしまったため、1シリーズのアイデンティティと言える後輪駆動を楽しめる年代は、F20系が最後となってしまいましたね。だからこそ今、F20系1シリーズを楽しんでおくべきタイミングと言えるでしょう。 自動車業界で長く働いていると、ごくまれに面白い事があり、この年式で1700キロの走行距離とは、いったいどんな使い方をしていたのか疑問に思ってしまうほど。下記に記録簿を記載していますが、どこかのお店に長い期間売れることなく在庫されていたわけでもなく、新車から一人のオーナーさまに大切に扱われた車両なのですから驚きですね。なんせ、新車登録から初めての12ヶ月点検までで250キロしかマイレッジが伸びていない訳ですから、新車から現在までの車歴のほとんどをガレージで過ごしたであろう事は、想像に難くありませんね。 こちらの車両は、F20系1シリーズとしては前期モデルに当たります。デビュー当初は見慣れないフェイスに戸惑った方も多かった前期モデルですが、シュッとした顔つきに変わった後期モデルと見比べると、なんとなく愛嬌がある前期フェイスも悪くないなんて感じてしまうのは、ついついブサカワな犬を選びたくなってしまう感情に似ているかもしれませんね。もちろん走りの良さなど、実力が伴っているからこそではあるのですが。 116iの中でも、装備の面で充実している「スタイル」になります。ノーマルの1シリーズと比較すると、オシャレさがプラスされた車両で、例えばフロントグリルや、バンパーモールにホワイトのアクセントが入るのが外見上の特徴のひとつ。特にこちらの車両はボディカラーがブラックサファイア・メタリックですから、そのコントラストが見事。エクステリアだけでなく、インテリアもホワイトをモチーフにしていて、シートはサイド部分がレザーで、センター部分がメトロクロスの、シルバーパールグレーのハーフレザーシート。トリムパネルはホワイトアクリルガラストリムという、まるで真っ白な陶磁器のようなトリムが装着されます。ナイトドライブを美しく演出してくれるアンビエントライトは、BMW伝統のアンバーの他に、ブルーにチェンジする事も可能です。 オプションで装着されるナビゲーションに関してご説明します。情報量が多く、処理速度も速いHDDナビゲーションで、操作はシフトノブ後方のi-DRIVEコントローラーで行います。ラジオチューナーとCDはもちろんですが、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、スマートフォンやMP3プレーヤーなどの音楽を、クリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャック、ステアリングから手を放す事無く、オーディオなどの操作が可能なマルチファンクションステアリングスイッチなど、上級モデルに負けない装備となります。 搭載されるエンジンは直列4気筒1600CCターボエンジン。もはや近年のBMWでは定番といえる直4エンジンですが、パワーは136馬力と控えめ。しかし街中での運転のしやすさの指標と言えるトルクは、22,4キロ。おまけにエンジン回転数が1350rpmから4300rpmまでフラットにトルクが出るので、低回転しか回せない街中から、高速道路の追い越し車線まで、見事にカバーしてくれるグッドバランスなエンジン。エコプロモードなどを選択できる、効率の良い8速オートマチックで燃費も良好なのも嬉しいですね。 修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと完備した、東京23区内ワンオーナーの車両。1700キロのマイレッジでは、BMWではナラシ運転も終わっていないほどの距離と言えるでしょう。ローマイレッジな車両で特に感じるのが、シートのヘタリの無さ。ドライバーがシートに座る時間が多いほどヘタリますし、徐々にヘタリが出るので、オーナーさんは感じにくいのですが、シャキッとしたシートに座ってみると「新車の頃はこんなに座り心地が良かったのか」と痛感してしまいます。ここまでのローマイレッジのF20系の前期モデルは、今後は出会えないかもしれないので、ちょっとでも気になった方は、ご覧になる価値がある1台と言えます 平成26年09月 保証証発行(BMWサービス工場) 平成27年09月 000253キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年09月 000613キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年09月 000894キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成30年09月 001207キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMWアルピナ
B7スーパーチャージ ロングホイールベース 左ハンドル 地デジ バックカメラ
399.6万円
BMWアルピナ B7 スーパーチャージ ロングホイールベース 左ハンドル 地デジ バックカメラ

BMWアルピナのB7(Id:4540522)の中古車詳細 >

48500km
埼玉県
H.18年(2006)
修復歴 : 無し
BMWほど、走りを全面的に押し出したプレミアムカーのメーカーは他に無いでしょう。そんなBMWの走りに心底惚れ込んでいるBMWは世界中にいますが、そんなBMWでも、もはや物足りないという贅沢な顧客のために少数生産されるアルピナの車両は、その存在自体が別格。もしそれが、BMWのフラッグシップである7シリーズとなると・・・。その答えには微塵のマイナス要素もあるはずがありません。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったのはアルピナB7スーパーチャージ。コードネームはE65ではなくE66ですから、ロングホイールベースとなります。標準ボディの7シリーズというだけでも十分に大きいというのに、140ミリ長くなったホイールベースのおかげで、その大きさにはさらに拍車がかかっています。これほどの車を所有されるオーナー像としては、自らステアリングを握るのがお好きなのは当然の事で、さらに大切なゲストへの最高のおもてなしも忘れない、全てに気を配ることが出来る方でしょう。 アルピナというと、やはり選びたいアルピナブルー・メタリックはもはや定番カラーですが、こちらの車両は周りの風景を華やかに、クルマの存在を美しく見せてくれるアルピン・ホワイト。アルピナの車両に必ず装着されるプロダクションプレートに刻まれる番号は、125となります。 賛否両論あったE65/66系7シリーズのスタイリングは、見れば見るほどに否定的な意見を説得力のないものとし、長い時間を経てもなお古さを感じさせず、見た瞬間に7シリーズと分かるもの。そういった意味では大成功となったデザインと言えますが、LCIモデルと呼ばれる後期モデルで、顔つきがスタイリッシュになったこともあり、お好きな方も多い事でしょう。 控えめを美徳とするアルピナの流儀に則って仕上げたB7のスタイリングは、外見上ではフロントとリヤの空気の流れを調整するスポイラーと、アルミホイールが目立つ程度。年々細くなるアルピナのデコラインは、ゴールドをチョイスしています。ボディには修復歴はなく、これだけ大きなアルミホイールにもガリ傷が無いところを見ると、前オーナーさまは気を遣って大切にお乗りになったのでしょう。 ゆっくりと大きなドアを開け、室内を見てみましょう。7シリーズがベースとなるB7ですから、装備に不満はありません。上質な触り心地のフルレザークラブのシートと、温かみのあるアルピナスペシャル・ウッドパネルが貴方をもてなしてくれます。バックレスト上部の角度やサイドサポートの幅の調整など、体型に合わせてきめ細かく調整できるコンフォートシートには、アルピナのエンブレムが入り、インテリアの各部にアルピナのコーポレートカラーであるブルーとグリーンのストライプが配されます。そしてリアシートには、前後スライド機能や、バックレストのリクライニングやフロント同様の微調整が可能な、リアコンフォートシートを装備します。センターアームレストには、リア席用の純正モニターを操作できるiーDRIVEコントローラーやパワーシートスイッチなどが装備され、左右バックレストの中央には、ボトル2本を収納できる温度調整式クーラーボックスが備わります。リア専用オートエアコンから送られる空気と、リアシートのリクライニングを目いっぱいまで倒して足を伸ばしてもフロントシートに足が届かないほどに広大なフットスペースに、ちょうどいい温度に冷やされた飲み物など、陸の上のファーストクラスと言えるでしょう。 ロングホイールベースの車両という事もあり、リアシートが特等席と思われがちですが、ドライバーズカーとしても第一級のアルピナB7スーパーチャージ。やはりドライバーズシートが特等席と言えるでしょう。先に紹介したコンフォートシートに座ると、アルピナ専用のスウィッチトロニックが装備されたラヴァリナレザーののステアリングや、アルピナらしいブルーの計器板に赤の指針となるメーターなどの他には、通常の7シリーズで見た風景と一緒となりますから、操作に戸惑うことはありません。この快適な空間で唯一の違和感は、シートのバックレストに押し付けられる強烈な加速Gくらいしかありません。もっとも、アルピナを選ばれる方は運転も紳士的でしょうから、そんな心配は無用と言えるでしょうが。 大きく長いボンネットの下には、V型8気筒4400CCという、机上で見た限りでは普通の745iと同じエンジンが搭載されます。しかしこのクルマはアルピナ。当然、普通ではありません。アルピナで徹底的にチューニングされ、ラジアルコンプレッサーのスーパーチャージャーという新しいパートナーとタッグを組んだこのエンジンは、もはやスーパースポーツカーに匹敵する500馬力というパワーと71.4キロという、途方も無い数値を叩き出しています。電子キーを挿してスタートボタンを押すと、いとも簡単に目覚めるエンジン。初めは少々ラフな回転ですが、わずかな時間ののち、あのハイパワーが嘘のようにジェントルなアイドリングに変わります。踏み込んだ時だけ聞かせるエキゾーストノートは、オーナーにとって最高のサウンドでしょう。 Dレンジで走っている限りは、まったく普通のクルマとして街を、ワインディングを、ハイウェイを走らせることが可能。しかしアクセルを少し多めに踏んでみると、別世界への扉が開かれます。21インチという大径タイヤ&ホイールを履いているというのに、ちょっとアスファルトが荒れてゆっくり走りたくなるほどの嫌な路面も、荒波でも体勢崩れない豪華客船が波を軽くいなすかのように、さらりと乗り越えます。懐の深いサスペンションは、大きく重たく、しかしパワーのある車体であるにもかかわらず、見事な身のこなしとなります。若干ローダウンされ、ハンドリングもクイックになっている点もありますが、腕に覚えのある方であれば、最高のパートナーとなる事は間違いありません。 装備に関しても触れておきましょう。この年代では標準で装着されるナビゲーションはHDD方式となっています。こちらの純正モニターに、AVインターフェイスを使用して地上デジタルチューナーを装着。純正のテレビは残念ながらアナログ放送に対応している旧態依然としたものですから、これはありがたいですね。また、バックカメラも装備していますので、標準で装着される障害物センサーのパークディスタンス・コントロール(PDC)とバックカメラがあれば、大きなボディでも車庫入れのストレスが大幅に減りますね。最近の車では標準装備されつつある、いわゆるスマートキーもオプション装着されているのも嬉しいポイントで、キーをポケットなどに入れておけば、ドアロックのオープン&クローズやエンジンスタート&ストップなどが可能なコンフォートアクセスを装備。リアシートにお乗りの方のプライバシーを守り、直射日光を遮ってくれるローラーブラインドは、リアガラス用とリアドアガラス用ともに電動で、リア席はもちろん、ドライバーズシートからも操作が可能。寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターは、フロントシートだけでなくリアシートにも装備。ドアの開け閉めの時に半ドアまで閉めれば確実にロックしてくれるソフトクローズドアや、電動でトランクの開閉を行えるオートマチック・トランクリッドオペレーションは、早朝や深夜の閑静な住宅街での乗り降りや荷物の出し入れに便利ですね。 ルーフライニングは、上質な触り心地のインディビデュアル・アルカンタラルーフライニングで、リアシート用のルームランプカバーとリアエアコンのカバー部分にレザー&アルピナカラーのステッチが入るのは、アルピナ専用オプションとなります。こちらの車両は修復歴は無く、アルピナ専用の取扱説明書などもしっかりと完備した車両となります。ボディには、前オーナーさまがガラスコーティングを施工したばかりというグッドコンディションとなります。また、前オーナーさまのこだわりで、リング状に輝くポジションライトには純白に輝くLED、ロービームにはケルビン数が高めなバーナー、フォグランプにはディスチャージライト、ライセンスプレートライトにもLEDを装着するというこだわり。イカリングやナンバー灯などのLEDやフォグランプのHID化に関しては、当店でも非常にリクエストが多いですから、既に装着されているのは非常に嬉しいですね。サイドガラスをぐるりと囲むウインドウモールは、曇りやすいクロームメッキではなく、艶のあるブラックのハイグロスシャドウラインとなります。 ☆インディビデュアル・アルカンタラ・ルーフライニング(アルピナ専用オプション 360,000円) ☆ルーフハンドル・ウッド(アルピナ専用オプション 90,000円) ☆ルームランプカバー・レザー(アルピナ専用オプション 150,000円) ☆リアエアコンカバー・レザー(アルピナ専用オプション 110,000円) ☆後席用オートエアコン&温度調整式クールボックス(BMWオプション 270,000円) ☆コンフォート・アクセス(BMWオプション 160,000円)
ロッソカーズ
BMW
6シリーズ640iA Mスポーツ・エディション ACC 20AW レザー
438.9万円(商談中)
BMW 6シリーズ 640iA Mスポーツ・エディション ACC 20AW レザー

BMWの6シリーズ(Id:4505657)の中古車詳細 >

15800km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
昔から6シリーズと名の付く車は美しいスタイリングでなくてはなりません。なんせ初代は「世界一美しいクーペ」と呼ばれた訳ですから、その末裔が名折れなんてことはあり得ない事。しかし6シリーズで4枚ドアがデビューするとは予想外だった方も多いでしょう。グランクーペがまさにそれですが、美しいスタイリングはそのままに、使い勝手が向上していますが、ホイールベースが長く、ルーフラインもなだらかなグランクーペは、その伸びやかなスタイリングにより、クーペよりも美しさが際立っていると言っても過言ではありません。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、もちろん6シリーズのグランクーペ。2015年にLCIモデルが発表されるので、こちらの2013年(といっても2013年12月登録の2014年モデルですが)は前期モデルにカテゴライズされますが、LCIモデルに搭載される装備を先行的に装着した、Mスポーツ・エディションとなります。例えばフル液晶画面のメーターで美しいグラフィックが魅力の、マルチディスプレイ・メーターパネルや、従来モデルよりもスタイリッシュになったスポーツステアリングなど、ちょうど前期モデルとLCIモデルの折り返し地点と言えるモデルとなります。また、モデル初期では装着されなかった、前車追従のアクティブクルーズコントロール・衝突回避&被害軽減ブレーキ・車線逸脱警告のレーンデパーチャーウォーニングを備えたアクティブセーフティー・パッケージなどは、長いモデルスパンの中で進化したポイントと言えるでしょう。必要な情報をフロントガラスに投影してくれる、ヘッドアップディスプレイも、ロングドライブでの目線の移動を少なくしてドライバーに疲労軽減に貢献してくれます。 こちらの車両は、BMWの走りのDNAをより強く主張する、Mスポーツ・パッケージをベースとしており、Mスポーツをベースに、特別装備を装着しています。Mスポーツは、BMWを選ぶ方であれば知らない人はいないと言っても言い過ぎではないほどに有名なグレードで、特に「白のMスポ」は指名買いされる方も多いほどに人気の高いモデル。精悍なエアロ形状のバンパーや、大径のアルミホイール&タイヤのセットのエクステリアに、ブラックを基調とした精悍なインテリアに、しっかりと身体をホールドしてくれるスポーツシートや、正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリング&パドルシフトなど、BMWらしいスポーツマインドがあちこちに散りばめられています。 Mスポーツ・エディションについても触れておきましょう。先に紹介した新しいデザインのスポーツステアリングとマルチディスプレイメーターパネルの他には、やはりスタイリングの美しさを際立たせるアルミホイールでしょう。鏡面仕上げのリキッドブラックに塗装された20インチサイズのVスポークスタイリング464Mアルミホイールや、ブラックキドニーグリルなどがエクステリアの特別装備。ドアを開けインテリアを見てみると、スポーツシートは上質な触り心地のダコタレザー。Mスポーツ・エディションでは2色のレザーを選択できましたが、こちらの車両はブラックレザーとなります。良く見てみると、シートだけでなくインスツルメントパネルなどにもレザーが貼られた、レザーフィニッシュ・ダッシュボードとなります。ブラックのレザーによく似合うグレーのステッチが使用されます。そして何より印象的なのが、真っ白なインテリアトリム。BMWの贅沢な顧客のカスタマイズに対応する部門と言えるBMWインディビデュアルの、ファインウッド・アッシュグレイン・ホワイトインテリアトリムパネルが装着されます。ブラックのインテリアにホワイトのトリムパネルという、実に粋なコンビネーションとなります。 クーペの長く大きなドアとは少々異なる、常識的なサイズのドアは、サッシュレスな所が5シリーズなどの他のBMWと一線を画す所ですが、室内に乗り込むと、シートのヒップポイントが低くて、スポーツカーに近いポジションとなります。やはり5シリーズなどと比較するとルーフも低いですが、圧迫感を感じさせないのは、ルーフ全体がガラスとなったサンルーフのおかげでしょう。もっともサンルーフとは言っても、チルトアップのみとなりますが、電動のサンシェードを開けるとなんとも言えない解放感。ルーフの前方の半分以上がガラスエリアですから、その解放感もさもありなんと言った所ですね。 日本に輸入されるグランクーペは、V型8気筒エンジン搭載車と、直列6気筒エンジン搭載の二本立てですが、こちらは直列6気筒エンジンを搭載した640i。圧倒的なパワーの650iも魅力的ですが、BMWと言えば直列6気筒エンジンにこだわる方も多いのではないでしょうか。モアパワーを望むBMWファンも多く、V型8気筒は450馬力で直列6気筒は320馬力と、単純にカタログパワーで比較すると圧倒的に分が悪いですが、まるでドライバーのハートとリンクしたかのようにストレス無くスムーズに回る直列6気筒は、BMWが長年に渡り大切に温め続けたエンジン。やはりBMWに乗るのであれば、直列6気筒エンジンの車両を味わって頂きたいものです。 こちらの車両の魅力を一通り語った後に、ひどく下世話な話になってしまいますが、新車では車両本体だけで約1100万円という、贅沢なプライスとなります。それだけの価格を出せば、欲しい装備はだいたい装着されていると思って間違いなく、HDDナビゲーションや地デジチューナー、ミュージックサーバーやBluetoothなどのアメニティ面に加え、バックカメラとフロント&リアの障害物センサーのPDCを装備。キーを身に着けていればドアロック/アンロック&エンジンスタートなどが可能なコンフォートアクセス、半ドアまでドアを閉めればクローザーがしっかりとロックしてくれるソフトクローズドア、圧倒的な明るさと優れた省消費電力を兼ね備えたLEDヘッドライト&フォグランプなどを装備。また、インテリアにはナイトドライブを美しく演出してくれる、間接照明のアンビエントライトが各部に内蔵されています。 非常にローマイレッジな走行距離は15800キロほどと、その車歴の大半をガレージの中で過ごしたであろう事が容易に想像できますね。修復歴は無く、記録簿も完備しています。また、灰皿やシガーライターは未使用で、シートやカーペットへの焦げ跡や、イヤなタバコのニオイも全くないクリーンなインテリアとなります。 平成25年12月 000004キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成26年11月 003653キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年01月 004334キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年12月 004859キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成29年12月 010176キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
トヨタ
ランドクルーザーバン 70 ZX FRPトップ
182.2万円
トヨタ ランドクルーザー バン 70 ZX FRPトップ

トヨタのランドクルーザー(Id:3740076)の中古車詳細 >

174792km
大阪府
H.3年(1991)
修復歴 : 無し
ランドクルーザーバン
SUV
ランドクルーザー73FRPトップ ZX 4200D 【レッドボディー】【新品アルミ&タイヤ】☆日本最大のランクル専門店☆日本全国にご納車可能です!!ランクル大阪店にない在庫でも全国にある店舗よりご紹介させて頂きますので、お探しのお車があれば、ランクル大阪店でご要望に沿ったお車を提案できます!!全車両1年間距離無制限保証可能です☆全国の提携工場にてご対応させて頂きます!!皆様!!お待たせ致しました。ランドクルーザー73ミドルサイズのご紹介です。カスタム内容○2インチリフトUP○新品ミッキートンプソンクラシックⅢ 16インチ○新品BFグッドリッチMT285/75R16○76フェイスルーフにはFRPを採用!!室内にはロールバー付きでオシャレでありながらいい走りをするのがこの73です。ミドルサイズでもエンジンは4.200ccとパワフルです ^^) 一度乗って良さを感じてしまえば最後・・・ハマります(笑)カクカクしたフォルムでオシャレで見かける事も少ないマニアックなチョイスですが、他の車が気になる事はなくなり、視線が気になり、とても満足感を味わえるお車です。ルーフのホワイトがクラシック感を漂わせ、顔面の76フェイスと新品のタイヤ&ホイールは劣化を感じさせずよりクラシック感を引き出します ^^)足回りには丈夫なリーフスプリングを採用しております。ドアは薄く頑丈に作られ、視界の良さはドアがしっかりしているからです。壊れないようにと車にここまでお金と時間を費やし作られた車はやっぱり凄いです ^^) 20万キロ30万キロと一緒に年を重ねたくなる1台です!!全国からのお問い合わせお待ちしております!! 全国販売実績多数のランクル大阪店ですので、遠方のお客様でも安心して、 お車をお選び頂けるように努めております! 多くのお客様よりのご連絡心よりお待ちしております!!★☆★☆★安心の第3者車両検査機関【AIS】検査済み車両です★☆★☆ランクル大阪店には、ランクル大好きの元気なスタッフがそろっておりますので やりたい事」、「悩まれている事」些細な事でも構いませんのでお気軽にご相談下さい♪ お客様のカーライフを充実したものにして頂けるようスタッフ一同全力で頑張ります!! 当店のスタッフにより仕入れ→ルームクリーニング→カスタムを行い、一台一台愛情を込めて仕上げてお客様に販売させて頂いております。もちろん全車保証付販売とさせて頂いておりますのでご購入後も安心してお乗り頂けます。納車後のカスタム・車検・点検・保険などもお気軽に御相談下さい。
フレックス 株式会社 ランクル 大阪店
トヨタ
ハイエースバンスーパーGL ロング
325.7万円
トヨタ ハイエースバン スーパーGL ロング

トヨタのハイエースバン(Id:3854900)の中古車詳細 >

神奈川県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
ハイエースバン 2WD
ロング
★Heartsファンの方!お待たせ致しました♪Reviveフルエアロ仕様完成ですよぉ★★ハイエースらしさを残しつつスタイリッシュにキメたこのフォルム★★足元は攻撃的な造形のFANG18インチを採用★★Heartsファンに贈る渾身の一台!!!★★カスタム内容★●カロッツェリアSDナビ(RW99)●パナソニックETC(音声タイプ)●バックカメラ配線加工●アルティナ黒革調シートカバー●415コブラ黒木目調パネルキット●415コブラ黒木目調ステアリング・シフトノブ●415コブラヒートルージュマフラーカッター●バレンティLEDハイマウントストップランプ●バレンティLEDフォグランプ●コプラスプレミアムLEDテールランプ●ユーアイビークルCFグレーマット●フレックスオリジナルLED室内灯一式●2インチローダウンブロックキット●Heartsリヴァイブフロントリップスポイラー●Heartsリヴァイブサイドステップ●Heartsリヴァイブリヤフィン●HeartsリヴァイブベッドキットタイプⅠ(高さ調整機能付き)●HeartsFANG18インチアルミホイール●フロントグリルクロームブラック塗装●ドアミラークロームブラック塗装★メーカーオプション★☆助手席SRSエアバック☆LEDヘッドランプ☆バックモニター内臓自動防眩インナーミラー☆スマートキー&プッシュスタート☆デュアルパワースライドドア☆ステアリングオーディオスイッチ☆アクセサリーコンセント(100V)♪上記メーカーオプションは車両本体価格より別途となります♪★漆黒のこのマシンを手に入れてみませんかっ♪★★人とは違う個性的な一台をお探しなら必見ですよぉ♪★★Heartsフルエアロカッコいいですっ♪★☆もちろん遠方の方も大歓迎です♪☆☆まずはご連絡下さい!出来る限り詳しくご説明させて頂きます♪☆☆ただ今遠方陸送納車費用無料中ですので是非、ご検討下さい!☆☆彡フレックス東名川崎インター店☆彡神奈川県川崎市宮前区有馬8-6-4TEL 044-872-5590FAX 044-872-5591
保証書
取説
新車
株式会社 マツダアンフィニ横浜西 ハイエース東名川崎インター店
トヨタ
ランドクルーザーワゴン VX Ltd 角目四灯アルルブルー
223.8万円
トヨタ ランドクルーザー ワゴン VX Ltd 角目四灯アルルブルー

トヨタのランドクルーザー(Id:3930183)の中古車詳細 >

123250km
東京都
H.7年(1995)
修復歴 : 無し
ランドクルーザーワゴン
SUV
大人気シリーズ”中東輸出モデル仕様”カスタム★日本国内であればどこでも販売・ご納車致します★大人気のナローボディ角目四灯の中東輸出モデルを再現カスタム!!クラシックなアルルブルーにオールペイントを施しドアノブ、ルーフモール、ウィンドーモールも純正メッキの新品に交換しております!足元にはクラシックなデザインで大人気のDEAN CALIFORNIA16インチAWタイヤもホワイトレターで人気のBFグッドリッチATタイヤをインストール!内装は希少でこれも大人気の茶色い内装【茶内装】!インテリアにもクラシックなこだわりをインストール!FLEXオリジナルのクラシックシートカバー【ベージュタイプ】!ステアリングも高級ステアリングブランドの【NARDI】クラシックステアリング38π!他にもウッドシフト、テールランプ、ウィンカー等々 大事に手を加えております!まず実車をご覧頂きたい1台です!お問い合わせは世田谷店までお気軽にどうぞ!FLEXグループはおかげさまで創業50周年!!グループ77店舗、全国に展開中!!ランクル世田谷店のSTAFFはランクルに乗っていて専門知識、オフロード経験がありますのでランクルビギナー~コアなユーザーまで対応!更には整備士さんまでランクル乗りなので安心が◎です。ですのでセンスを問われるパーツ注文、カスタム~エンジン、ミッション載せ換え等の大技系までお任せ下さい。納車前点検保証付き販売ですのでご購入後のアフターフォローも安心です。※※※第三者機関AISによる車両チェック※※※修復歴の厳しいチェックを行っておりますので修復歴車の無断販売は致しません※※※走行チェックシステム※※※メーター不正車の無断販売は致しません
フレックス 株式会社 ランクル 世田谷店
トヨタ
ハイラックスサーフワゴン SSR-X ワイド プレミアムセレク
131.3万円
トヨタ ハイラックスサーフ ワゴン SSR-X ワイド プレミアムセレク

トヨタのハイラックスサーフ(Id:3927085)の中古車詳細 >

118770km
千葉県
H.14年(2002)
修復歴 : 無し
ハイラックスサーフワゴン 4WD
SUV
2インチリフトUPサス&ショック新品インストール特別仕様車「プレミアムセレクション」をクラシックにアレンジ!足回りは2インチリフトUPでオリジナルコイルとプロコンプをチョイス、乗り心地もバッチリな仕上がりです!!タイヤとホイルはDEENのクロスカントリーとグッドリッチATをインサート、これももちろん新品。外装はサンドベージュのナローボディでお色直しやっぱりこのスタイルが本当にカッコいいですよね( `ー´)ノ人と一緒の車では満足できない皆さまお待ちしております。4WD総在庫2000台!!フレックスの在庫なら全国からすべてお取り寄せ出来ます(`・ω・´)ゞ--------?ランドクルーザー総在庫日本一のFLEXランクルの総本山(゜д゜)!?-------ランクル、サファリ、プラド、サーフ、FJクルーザーなど常時100台を展示Σ(・□・;)4WD初心者からクロカン玄人、女性に至るまで幅広く楽しめるお店です。◎◎◎◎◎フレックスランクル千葉北店といえば?◎◎◎◎◎1、全車AIS、GOO鑑定の2重評価で更なる選りすぐり良質車を展示( `ー´)ノ2、スタッフ全員がランクルユーザー(見にきてくださいね)3、とにかく展示場が広い(東京ドーム1個分)4、店内で試乗ができる(バックストレート200m!!)5、この道30年、いぶし銀のルームクリーニング職人が心を込めて全車クリーニング6、リフトアップからローダウン迄すべて社内PITにてカスタム施工7、遠方納車&遠方買取実績多数、年間2000台を売買しております8、アフターも万全、AIS保証全車完備、何年式のお車でも1年保証付き(゜д゜)!9、もちろん自社工場完備、車検も修理も何でもござれ(’◇’)ゞとにかくまずはお問合せくださいね(^^)/親切丁寧にプロのスタッフがお答え致します(◎_◎)★お車でお越しの際は・・・・・国道16号千葉北警察署から100m柏方面東関東道千葉北ICから柏方面に500m右側、大きいので直ぐにわかります(笑)★電車でお越しの際は・・・・・最寄駅は京成勝田台駅&JR稲毛駅まで迎えにいきます!!(要予約)☆彡FLEXランクル千葉北本店千葉県千葉市稲毛区長沼原町346-1TEL 043-259-3663chibakita@flex.jp
取説
フレックス 株式会社 ランクル 千葉北店 ランドクルーザー サファリ 専門
日産
セレナハイウェイスターVセレクション 1オーナー純正エアロ両側電動16AW地デジHDDスマートキー
売約済み
日産 セレナ ハイウェイスターVセレクション 1オーナー純正エアロ両側電動16AW地デジHDDスマートキー

日産のセレナ(Id:4753129)の中古車詳細 >

116700km
千葉県
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/SuYydGc_JwA 詳細画像はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/KSn9ugWGebs ★出ました!2Lミニバンの定番!日産CC25型セレナ!平成21年3月登録!後期型! ★2.0ハイウェイスターVセレクション/2WD!3列シート/8人乗り!インパネCVT! ★スーパーブラック!1オーナー車!取説&新車時手帳/整備記録簿15枚完備です! ★お得!車検2年整備付き!実走行116,700km!フルノーマル車です!特別仕様車! ★フロントに極軽微な修復歴有り。もちろん走行支障御座いません!AIS鑑定書付! ★2000cc/MR20型直列4気筒DOHCエンジン搭載!137馬力!燃費は13.2km/L! ★純正フルエアロ!純正エアロバンパー前後!純正フロントアンダースポイラー! ★サイドシルプロテクター!純正ハイマウントストップランプ付リアスポイラー! ★純正HIDキセノンプロジェクターヘッドライト!アクティブAFS!リアワイパー! ★純正クリアフォグランプ!純正クリアレンズ/リアコンビネーションランプ! ★純正LEDウインカー付電動格納式ドアミラー!ボディ同色アウタードアハンドル! ★UVカットガラス!リア5面プライバシーガラス!純正横バーフロントメッキグリル! ★両側スライドドア!両側電動パワースライドドア!両側イージークロージャー付! ★電子式ハッチゲートオープナー!バックドアイージークローザー!純正エンブレム! ★4輪ディスクブレーキ!ハイウェイスター専用サスペンションKit(ノーマルです)! ★純正16インチアルミアルミ!ミシュラン製エナジーセイバー!195-60R16!山有り! ★純正カーウィングス対応HDDナビゲーション!6スピーカー!純正バックカメラ! ★HDDナビ+ラジオ+ミュージックサーバー+CD+DVDビデオ+地デジワンセグTV! ★純正ビルトインETC!純正革巻きステアリング!革製シフトノブ!シルバーインパネ! ★プラズマクラスター搭載インテリジェントオートエアコンシステム!リアクーラー! ★パーキングサポートシステム(オートリトラ&リバース連動ミラー/カーアラーム)! ★Wエアバック!ABS!インテリジェントキーx1!イモビライザー!純正セキュリティ! ★集中ドアロック!パワーステアリング!パワーウィンドウ!フット式サイドブレーキ! ★オートライト!パワーソケット!ドリンク&カードホルダー!車速感知間欠ワイパー! ★グローブBOX!インパネBOX!オーバーヘッドコンソール!純正防眩式ルームミラー! ★サンバイザー!両席バニティミラー!ルームランプ!マップランプ!メッキドアハンドル! ★2列目/折畳みチップアップ&ロングスライド!シートアンダーBOX!コンビニフック! ★スマートマルチセンターシート(前席2列目間)!シートアームレスト!カップホルダー! ★3列目/スマートアップシート!荷室ランプ!スペアタイヤ/ジャッキ/車載工具完備! ★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん無料保証付き! ★純正品や社外品問わず、最新アフターパーツを格安プライスにてお取付けします! ★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します! ★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております! ★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間オイル交換無料です(店頭にて)! ☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆ ☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆ ☆☆ニッサンC25型セレナの詳細は!?☆☆ 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン日産セレナ。2L 直列4気筒DOHC(FF:137ps/4WD:129ps)「MR20DE」型エンジンを搭載し、インストシフトノブのエクストロニックCVTとの組み合わせとする。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどエクステリアのデザインを一新、インテリアは、シート地の質感を高めるとともに、ファインビジョンメーターの標準採用やインストルメントパネルまわりを上質なデザインとしたことにより、快適で心地良い空間とした。グレードは、上級「20G」と標準「20S」、よりダイナミックでキャラクターの強いフロントデザインとした「ハイウェイスター」の3タイプ。日産の世界初の新技術「アラウンドビューモニター」、インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)などを装着可能としている。メカニズムでは、ハイウェイスターに専用サスペンションを装備し、より安定した操作性と快適な乗り心地を実現。さらに、アクティブAFSを標準採用し安全にも配慮している。オーテックジャパンからは、3ナンバー化したカスタムカー「ライダー」/「ライダーパフォーマンススペック」/「ライダーハイパフォーマンススペック」、「ハイウェイスターアーバンセレクション」を用意する。エルグランドに続き設定されるハイパフォーマンススペックは、ボディ剛性の向上やサスペンションチューニング、さらにエンジンチューニングまで施した。アーバンセレクションは、地上デジタルテレビ放送用チューナーやカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を標準装備とした特別仕様車。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
BMW
5シリーズ523iA Mスポーツパッケージ サンルーフ 20アルミ ワンオフマフラー
売約済み
BMW 5シリーズ 523iA Mスポーツパッケージ サンルーフ 20アルミ ワンオフマフラー

BMWの5シリーズ(Id:4749847)の中古車詳細 >

37000km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
ドイツプレミアムブランドのEセグメントと言えば、メルセデスのEクラスとBMWの5シリーズが二巨頭と言えるでしょう。最近はアウディも追いつきつつある中で、BMWは「走り」を全面的に押し出して、スポーツセダンのベンチマークとなっています。ステアリングを握る時間に歓びを感じる方であれば、このセグメントのベストバイは5シリーズ。その中でもスポーティな味付けが濃い目なMスポーツを選びたくなるもの。そんなあなたにピッタリな1台が、ロッソカーズのラインナップに加わりました。現行モデルがかなりなキープコンセプトなこともあり、現在の目で見ても古さを感じさせない先代モデルのF10系5シリーズのMスポーツです。 「BMWと言えば、直列6気筒エンジンでしょう!」という方もだいぶ減ってきましたね。一世代前のBMWと言えば「シルキーシックス」と言われた滑らかな回転フィールと、湧き上がるパワー&トルクのエンジンで、世の中のカーマニアを魅了していたもの。BMWの直列4気筒エンジンは「安いグレードのおまけ程度」と言ったら言い過ぎかもしれませんが、まるでシンデレラのように虐げられていたエンジンでした。しかし時が経てば立場が逆転するのはシンデレラも直列4気筒エンジンも一緒。エココンシャスなヨーロッパでは、もはや市民権は直列4気筒エンジンと言えます。確かに近年の直列4気筒エンジンは、低回転からモリモリ湧き出るトルクで走らせるので、ストップ&ゴーが多い日本でも扱いやすいエンジン。もはやBMWの直列6気筒エンジンは、普通のBMWでは満足できないマニアにターゲットを絞った高性能バージョンとお考えいただくのが正しいかもしれませんね。 こちらの車両はMスポーツですから、その名に恥じない走りの良さにも触れておきましょう。ノーマルグレードよりも締め上げられたスポーツサスペンションに、エアロ形状のバンパー&サイドステップが装着されたエクステリアが精悍で若々しい印象を与えてくれ、ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーのインテリアも魅力。正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリングは、ノーマルと比較するとグリップが太くて小径で、手にしっくりと馴染むデザインで、+-でマニュアル操作が可能なパドルシフトを装備。シートは激しいドライビングの横Gでも、しっかりと身体をホールドしてくれるスポーツシートで、シートマテリアルは、センター部分は通気性が良く滑りにくい、グレーシャドークロス。スポーツ走行をスポイルしませんね。サイドサポート部分は上質なアルカンタラ。Mカラーのアクセントが入ります。アジャストは電動なのは、523iではオプションとなり、こちらの車両にもパワーシートが装着されます。 本来であれば、爽やかで清潔感のあるアルピンホワイトのMスポーツは、それだけで人気のあるグレードとなりますが、やはりBMWファンでは、それでは物足りないという贅沢な方が多いのも事実。ベースが良いだけに、さらなる高みを目指してドレスアップされるオーナーさんが多いのがBMWファンの特徴。さらに悪いことに、BMWはドレスアップやチューニングのパーツが豊富で、オーナーさんの頭を悩ませるところです。いや、もちろん良い意味でですがね。 こちらの車両は、本来であれば左側に片方出しのマフラーを、ワンオフマフラーの製作で有名なREVERSE製の左右出しデュアル4テールのマフラーが装着されます。閑静な住宅街でも困らない適度なサウンドで、アクセルを踏み込んだ時には気持ちいいエキゾーストサウンドをお楽しみいただけます。それに合わせてディフューザーはM5用が装着されます。足元は、BMW純正オプションのVスポークスタイリング356で、ポリッシュとフェリックグレーのバイカラー。サイズは20インチとなります。フロントとリアで太さが違いリアの方が太く、迫力がありますね。フロントには、サイドまで巻き込んだデザインのカーボンスポイラーと、BMWパフォーマンスのブラックキドニーグリルが装着され、精悍な顔つきとなっています、リアにはBMWパフォーマンスのカーボン・リアトランクスポイラーが装着され、BMW純正アクセサリーのホワイトライン・テールライトセットが装着されます。 いっくらスポーティネスを売りにしているとは言え、装備に不満があっては群雄割拠のEセグメントの中では生き残れません。その点もご心配なく。欲しい装備はほとんど揃っていると思っていただいて結構です。たとえばキーを持ち歩いていれば、ドアロック&アンロックや、エンジンのスタート&ストップが可能なコンフォートアクセス、純正で装着されるHDDナビゲーションには、AM/FMラジオチューナーとCDはもちろん、CD音源を録音できるミュージックサーバーと、フルセグの地上デジタルチューナー、DVDプレーヤー、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャック、Bluetoothはお手持ちのスマートフォンとペアリングしておけばハンズフリー通話が可能。バックカメラと、前後のバンパーに内蔵された障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)により、苦手な車庫入れや、狭い場所での切り返しも楽に行えますね。インテリアの各部には、ナイトドライブを美しく演出してくれる、間接照明のアンビエントライトがアンバーにやさしく照らしてくれます。 先にもご紹介したとおりに、こちらの車両は直列4気筒エンジンを搭載。CO2削減を主な理由として採用されている直列4気筒エンジンですが、しかしBMWが造ったエンジンですから、退屈なエンジンなはずがありません。523iはロープレッシャーなターボを装着したエンジンは184馬力で、力強く走らせる為に必要なトルクは27.5キロとなりますから、必要にして十分、いや、十分以上と言えるでしょう。なぜならば、その24.5キロのトルクは、アイドリングから少しだけ回転数を上げた1250rpmから4500rpmまでフラットなアウトプットなので非常にパワフル。事実、初期モデルの直列6気筒エンジン搭載の523iよりも0→100km/hの加速タイムは短く、走りの良さに関しては直列4気筒の方が優位となります。そして大幅に燃費が良く、税制面でも嬉しい2000CCの排気量となりますから、積極的に選びたくなってしまうエンジンですね。組み合わされるオートマチックは、多段の8速となりますから、効率が良く、スパスパとシフトアップしてゆきますが、シフトショックも少なく、今現在この車は何速で走っているのだろう?と疑問に思ってしまうほどにスムーズ。燃費が良いのも嬉しいポイントですね。シフトノブは近年のBMWと同様の電子シフトノブで、素早い操作が可能なスポーツシフトノブを採用しています。また、ステアリングから手を放すこと無く、シフトアップ&ダウンが可能なパドルシフトを装備しています。 修復歴は無く、サービスブックや取扱説明書などもしっかりと残っています。旧来のBMWファンは、重心の一番高い所に重量物を装備して、走り良さをスポイルするのを嫌う傾向にあり、サンルーフを敬遠される方が多かったのですが、スポーツさだけではなくラグジュアリーさも求めるBMWファンも増えたことから、サンルーフの需要が増えている昨今ですが、サンルーフ装着車がさほど多くないのも事実で、中古市場で探してみると意外に難航するもの。こちらの車両にはオプションのガラスサンルーフが装着されます。 平成24年05月 000010キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成25年08月 016010キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年06月 029216キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成27年11月 030344キロ 臨時整備履歴(リコール対応&サービスキャンペーン・BMWサービス工場) 平成29年05月 033120キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
日産
スカイライン350GTプレミアム/クーペ 純正6速MT車HID18AWマフラー記録簿
売約済み
日産 スカイライン 350GTプレミアム/クーペ 純正6速MT車HID18AWマフラー記録簿

日産のスカイライン(Id:4744381)の中古車詳細 >

118600km
千葉県
H.16年(2004)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓ 詳細画像はこちら(YouTube)↓ ★出ました!スポーツクーペ定番!ニッサンCPV35型スカイライン!平成16年11月登録! ★前期型!350GTプレミアム!純正6速マニュアル車!取説&新車時保証書!整備記録完備! ★VQ35型3.5V型6気筒DOHCエンジン搭載の280馬力!安心のタイミングチェーン車! ★スーパーブラック!車検2年整備付き!実走行118,600㎞!修復歴無し!AIS鑑定書付き! ★純正HIDキセノンヘッドライト!純正クリアフォグランプ!純正LEDテールランプ! ★同色フロントグリル!純正LEDハイマウントストップランプ!UVカット断熱ガラス! ★純正18インチアルミホイール(8J+30)!タイヤはF:225-45,R:245-45R18!山有り! ★4輪ディスクブレーキ!HKS製デュアル出しオールステンマフラー(出口オーバル)! ★ボディ同色アウタードアハンドル!ボディ同色電動格納式ドアミラー!エンブレム各種! ★ノーマルキャリパー!純正ビスカスLSD!ノーマルサスペンション!純正フロアマット! ★純正カーウイングス対応DVDナビゲーション!BOSEサウンドシステム!8スピーカー! ★6CDチェンジャー+MD+AMFMラジオ!アルパイン製DVDプレーヤー/DVA-5205J! ★純正ビルトインETC(グローブBOX)!純正アルミスポーツペダル&アルミフットレスト! ★純正チルト付き革巻きステアリング!革製シフトノブ!車名入りスカッフプレート! ★パールスエード/黒革コンビシート!運転席&助手席パワーシート!オートライト! ★デュアルエアバック!ABS!TCS!キーレス!イモビライザー!パワステ!パワーウインド! ★集中ドアロック!左右独立温度調整式オートエアコン!抗菌エアコンフィルター! ★クラッチスタートシステム!イグニッションキー照明!内装シルバー色パネル各種! ★パワーソケット!トランクスルー!後席センターコンソール!格納式ドリンクホルダー! ★ドリンクホルダー!ルームランプ!サンバイザー!両席照明付きバニティーミラー! ★サングラスホルダー!フロントドアポケット!運転席助手席シートバックポケット! ★アームレストコンソール!リアデフォッガー!トランクボード!トランクランプ! ★トランク開閉レバー!スペアタイヤ/パンタジャッキ/車載工具ももちろん完備です! ★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!無料保証付きです! ★格安プライスにてドレスアップパーツやチューニングパーツ等お取付け致します! ★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します! ★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております! ★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間オイル交換無料です(店頭にて)! ☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆ ☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆ ☆☆ニッサンCPV35型スカイライン詳細は!?☆☆ シリーズ初となるV型エンジンを搭載!直6エンジン+FRレイアウトのスポーツセダン。そのスカイラインの伝統が大きく変わったのが11代目となるV35スカイラインだ。V6専用の新プラットフォームを採用したことにより全長、全幅、全高とボディ全体がひと回り大型化。走行性能を確保しつつも、快適性と乗り心地を今まで以上に重視したパッケージとなった。エンジンは直噴式のV6で2.5Lと3Lの2種類。ミッションはATのみで3L車はマニュアルモード付の5ATを採用。3L車には高級志向のモデルとなり専用設計のBOSEサウンドシステム、運転席と助手席で独立温度調節が可能なフルオートエアコンなどが標準装備となる。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
トヨタ
ヴォクシー2.0Zキラメキ 後期寒冷地仕様両側パワスラHDD地デジ後席モニター
売約済み
トヨタ ヴォクシー 2.0Zキラメキ 後期寒冷地仕様両側パワスラHDD地デジ後席モニター

トヨタのヴォクシー(Id:4732047)の中古車詳細 >

110000km
千葉県
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/hjWuaigpJSs 詳細画像はこちら(YouTube)↓ https://youtu.be/jI-wCb6k-EA ★出ました!ライトミニバンの定番!トヨタAZR60G型ヴォクシー!平成19年1月登録! ★後期最終型!2.0Z煌キラメキ/2WD!3列シート8人乗り!ステアマチック付きCVT車! ★1AZ型4気筒VVT-i/DOHCエンジン搭載!155馬力!気になる燃費は14.2km/Lです! ★ホワイトパールマイカ!取説&保証書!整備記録簿19枚!トヨタサービスカード有り! ★2オーナー車!車検2年整備付き!実走行110,000km!安心のタイミングチェーン車! ★修復歴無し!第三者機関AIS認定鑑定書付きですので安心です!内外装程度良好です! ★H17年排出ガス基準75%低減四ツ星低排出ガス車!H22年度燃費基準+20%達成車! ★純正フルエアロ!エアロバンパー前後!サイドパネル!ハイマウント付きリアスポ! ★純正HIDヘッドライト!クリアフォグランプ!純正LEDテールランプ(スモーク加工)! ★電動格納式メッキドアミラー!メッキアウタードアハンドル&ハッチガーニッシュ! ★両側パワースライドドア!リアワイパー!UVカットガラス!プライバシーガラス! ★寒冷地仕様!大型バッテリー55D23L!リアクーラー&リアヒーター!室内灯LED化! ★マナレイスポーツ製15インチアルミ!タイヤはZETRO/C4!195-65R15!山有り! ★フロント:ディスク/リアドラムブレーキ!純正エンブレム各種!ブラック塗装加工! ★3列シート/8人乗り!2列目タンブルシート!3列目サイドアップシート!フラット可! ★純正HDDナビNHDT-W58!取説有!純正ナビ連動音声案内アンテナ分離型ETC付き! ★ナビ+ラジオ+CD+DVDビデオ+ミュージックサーバー+SD+地デジワンセグTV! ★純正バックガイドモニター!後席用9インチフリップダウンモニター!6スピーカー! ★デュアルエアバック!ABS!キーレス2本!パワステ!パワーウインドー!集中ドアロック! ★純正フロアマット!純正サイドバイザーRVワイド!オートエアコン!リヤクーラー! ★純正OPオーバーヘッドコンソールボックス!純正OPリバース連動ドアミラー! ★純正メタル調パネル各種!イグニッションキー照明!運転席シートアジャスター! ★チルト機能付き革巻きステアリング!スポーツステアリングシフトマチック付き! ★スポーツアナログセンターメーター!メッキインナードアハンドル!エンブレム各種! ★運転席アームレスト!2列目センターアームレスト!灰皿(未使用)!シガーライター! ★後席用灰皿(未使用)!ドリンクホルダー8個!サングラスホルダー!買い物フック! ★サンバイザー!両席照明付きバニティーミラー!助手席シートバックテーブル! ★ルームランプ!マップランプ!フロントドアポケット!スライドドアポケット! ★インパネコンソールボックス!グローブボックス!フロントドアボックス! ★リアデフォッガー!トランクランプ!スペアタイヤ/ジャッキ/車載工具完備です! ★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん保証付き! ★保証は1年間/走行距離無制限保証致します!全国24時間対応ロードサービス付き! ★格安にてドレスアップパーツや最新地デジTVチューナーもお取り付け可能です! ★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します! ★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております! ★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間オイル交換無料です(店頭にて)! ☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆ ☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆ ☆☆トヨタAZR60G型VOXYの詳細は!?☆☆ 5ナンバーのコンパクトさと機能性の高さが魅力! 兄弟車ノアのFMCのタイミングで登場したヴォクシー。中身は同じだが、フロントグリルのデザインなどでスポーティなイメージをもつ。5ナンバーサイズながら優れた実用性が魅力で、リアドアには両側スライドドアを採用。左右どちらのドアからもサードシートへの乗り降りが可能で、広い開口部、地上高390mmの低いステップとの相乗効果ですぐれた乗降性を実現。2-3-3の8人乗りのみの設定で、オプションのマルチ回転シートを選択すれば、2列目中央を折り畳むことができる。エンジンは2L直4直噴の1種類でFFと4WDが選択できる。ミッションは全車4AT。2004年8月MC。マルチな使い方ができる2列シート車を追加。内外装のデザインを一部変更して質感を向上させた。またミッションを4ATからSuper CVT-iに変更し、ナビと連動して変速制御を行うNAVI・AI-SHIFTを設定。同時に、2列シート車TRANS-Xを追加設定した。2005年8月一部改良。環境性能向上とヘッドライトの変更。排ガスをよりクリーン化して、環境性能を向上させた。さらに、ディスチャージヘッドランプに光軸調整オートレベリング機構(ハロゲンヘッドランプはマニュアル)を採用。助手席側面部の視認性を高めた補助確認装置も装着した。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
トヨタ
アルファード3.5 Executive Lounge S モデリスタエアロ
売約済み
トヨタ アルファード 3.5 Executive Lounge S モデリスタエアロ

トヨタのアルファード(Id:4607150)の中古車詳細 >

4800km
東京都
H.30年(2018)
修復歴 : 無し
平成30年 アルファード 3.5 Executive Lounge S モデリスタエアロ COLOR:ブラック ワンオーナー フル装備 純正JBL-SDナビテレビ リアエンターテイメント 黒革シート 3眼LEDヘッドライト 360°カメラ シーケンシャルターンランプ ツインムーンルーフ デジタルミラー モデリスタエアロ モデリスタマフラー 左右自動スライドドア パワーバックドア セーフティーサポートカーS ステアリングヒーター ベンチレーションシート エグゼクティブシート 純正SC専用18インチアルミ ETC トヨタ新車5年保証 記録簿 保証書等 参考オプション価格 モデリスタエアロセット225,720円 フロアマットセット(エグゼクティブ)146,232円 取付工賃 33,696円 純正SC専用アルミ 241,600円 ツインムーンルーフ 118,800円 サイドバイザー 33,696円 LEDバルブセット 25,272円 ラグマット 15,120円 スペアタイヤ 10,800円 ナンバーフレームセット 8,748円 ガラスコーティング 64,800円 オプション合計 約92万円 MODELLISTA for AERO BODY 憧れと羨望の眼差しを独占する、威風堂々とした佇まい。 グリルセンター部の突き出しや階段形状の造り込み、縦基調を強調したメッキ加飾などにより、高級感のある堂々としたフロントフェイスへと進化。LEDヘッドランプはスリム化して精悍な印象となったほか、ヘッドランプ下部をライン発光させることで先進感を演出しています。 エアロタイプの最上級グレードとしてExecutive Lounge Sを新規設定しています。 極上のひとときが味わえる、 最上級グレードExecutive Loungeだけの特別なセカンドシート。 ゆとりあるシートサイズや肌触りのいいプレミアムナッパ本革、そのほか数々の専用装備を採用したエグゼクティブラウンジシートは、最上級グレードならではの極上の心地よさを実現。また、エアロタイプのExecutive Lounge Sには、シルバー木目調/ホワイトシートの専用インテリアも設定しています。 幅広い使い方が可能な、もてなしの空間。 ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動。フロントエリア最後端で一旦停止します。そして再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になります。 Executive Lounge S ・アルミホイール ・エアロ専用フロントバンパー ・エアロ専用リヤバンパー+LEDシーケンシャルターンランプ(リヤ) ・サイドマッドガード(メッキモール付) ・シルバー木目調+スパッタリング ・オプティトロンメーター Executive Lounge専用 ・4本スポークステアリングホイール本革巻き+シルバー木目調 ・プレミアムナッパ本革 ・コンソールボックス 大型ハイグレード(シルバー木目調リヤエンドボックス付) T-Connect SDナビゲーションシステム 大画面による見やすさと触れる楽しさを併せ持つ多機能ナビ SDカードによる情報更新が可能なSDナビゲーションシステムを採用。高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載しました。フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などが可能で、タブレット端末のような軽快な使い心地と洗練されたデザインを実現しています。また、Blu-ray Disc対応プレーヤー、地上デジタルTVチューナーなども搭載。最先端の情報通信サービスT-Connectにも対応しています。 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム 後席で楽しむ、迫力ある大画面の映像 後席に高精細12.1型ディスプレイを設定。各種コンテンツを迫力ある大画面で楽しめます。また、後席独立機能により、前席と後席で別々の音声を聞くこともできます。電動開閉式のディスプレイはリモコンによる操作が可能。座席に座ったままでも開閉や角度調整を行え、走行中でも安全に操作ができます。 JBLプレミアムサウンドシステム(17スピーカー) 高性能な12chアンプの採用により、広い室内空間で最適な音質を確保したJBLのサウンドシステムです。十分な低音再生のため専用サブウーハーをバックドアに設定。後席用のルーフスピーカーなど、17のスピーカーを最適にレイアウトしました。5.1chサラウンドシステムにも対応しています。また、音源のディテールを高く再現しながら、省電力・軽量化も同時に実現するGreenEdgeTMテクノロジーを採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。 パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューを採用しています。 シースルービュー ボディやシートなどを透かして見たような透過表示により、車内から見た新しい視点の映像を表示。大きい画像で、目視できないエリアの周辺確認をサポートします。また、画面スイッチをタッチすることで、見たい箇所で静止可能。車両の周りを一周表示する従来のムービングビューと画面スイッチで切替えできます。 NAVI・AI-SHIFT ナビから道路勾配情報などを把握し、最適なシフト制御で支援。 V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジン。筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えた、トヨタ独自の燃料噴射システム“D-4S”を採用しています。さらに、運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDuaI VVT-i(吸気側VVT-iW)や、排気冷却を強化したシリンダーヘッドといった最新技術を採用。力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や極限まで高めた熱効率による優れた燃費性能を実現しました。 走行中でも会話のしやすい室内環境を実現 振動・騒音を抑える高剛性ボディに塗布型制振材を適切に配置し、さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させています。また、吸遮音材の最適配置と、高遮音性ガラスの採用に加え、ダッシュサイレンサーに部分接着フィルムを採用し、優れた遮音性を実現。さらに、フェンダーライナーやドアミラーステーカバーの素材や形状を変更し、静粛性を向上させています 上質な乗り心地と操縦安定性の確保。 大空間高級サルーンとして広い室内空間、床下収納スペース、ロングシートスライド、低床フラットフロアなどを実現させながら、上質な乗り心地と操縦安定性を確保するために、ダブルウィッシュボーンリヤサスペンションに加え、ショックアブソーバーの減衰力を適正化する新型バルブを採用。また、ボディ剛性をより高めるために、構造用接着剤の適応範囲を拡大しました。さらに、ウインドシールド、フロント・リヤクォーター、バックドアガラスには高剛性ガラス接着剤を新たに採用し、高級車にふさわしい優れた走行安定性を実現しています。 Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ) 歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)も認識可能となるなど、新たな機能の採用、既存機能の向上を実現した次世代の予防安全パッケージを、標準装備しています。 ・ハンドル操作サポート:レーントレーシングアシスト[LTA] ・自動(被害軽減)ブレーキ:プリクラッシュセーフティ ・追従ドライブ支援機能:レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付) ・自動ハイビーム:アダプティブハイビームシステム[AHS] ・標識読み取りディスプレイ:ロードサインアシスト[RSA] ・先行車発進アラーム:先行車発進告知機能[TMN] インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)] アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、低速取り回し時における衝突回避、または衝突被害の軽減に寄与するシステム。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。車載センサーを前後8つにすることで検出範囲を拡げています。 予防安全 リヤクロストラフィックアラート[RCTA] リヤクロストラフィックアラート[RCTA*1]が装着されたT-Connect SDナビゲーションシステム装着車は、後退して出庫する際、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーで知らせます。さらに、ナビ画面に検知結果を知らせる協調表示を行います。 デジタルインナーミラー 車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。切替レバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替えることができます。視界を遮るものがない映像による後方の安全確認を可能としました。 ブラインドスポットモニター[BSM]車線変更時の後方確認をアシスト 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯。その際、ウインカーを操作するとLED LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ) 右左折時に車両内側から外側へ流れるように点灯。先進的な印象を演出するとともに、周囲からの優れた被視認性に寄与します。 LEDコーナリングランプ ヘッドランプ点灯走行時に、ウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯。交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保します。ヘッドランプ点灯状態で車速約30km/h以下の時、ウインカー点灯やステアリング操舵角80°以上の状態で点灯。また、シフトが「R」ポジション時には左右同時点灯します。 安全装備としてToyota Safety Sense、SRSエアバッグ(運転席・助手席)+SRSニーエアバッグ(運転席)+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)、EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト、S-VSC、盗難防止システム、衝突安全ボディ、インテリジェントクリアランスソナー、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート等を装備 エンジンはV型6気筒 最高出力 222kW(301ps)/6600rpm 最大トルク 361N・m(36.8kg・m)/4600~4700rpm タンク容量/75リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.8m 平成30年 アルファード 3.5 エグゼクティブラウンジ S モデリスタエアロ COLOR:ブラック グー鑑定評価. このお車は第三者機関(JAAA)が鑑定を行い、その結果を鑑定証として発行しております 車体(車両外装)5 ★★★★★ 内装(内装状態)5★★★★★
有限会社 アリーナ
BMW
M5左ハンドル LCIモデル クラッチ交換済み フルレザーインテリア バックカメラ
売約済み
BMW M5 左ハンドル LCIモデル クラッチ交換済み フルレザーインテリア バックカメラ

BMWのM5(Id:4595954)の中古車詳細 >

41000km
埼玉県
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
日常の中には、こっそり隠れて非日常が潜んでいるもの。どこからどう見ても、普通のサルーンなのに、そのボンネットの下にはF1マシンさながらのV型10気筒エンジンが隠されているのですから。 ロッソカーズのラインナップに仲間入りした車両は、クルマ好きなら上記の文章ですぐにお分かりでしょう。そう、M5です。長いM5の歴史の中で、最後のNAエンジンを搭載したE60系のM5で、機械的な信頼性が大幅に向上したLCIモデルとなります。 V型10気筒5000CCという、ちょっと普通ではないエンジンは、500馬力というパワーを出し、クラッチペダルのないマニュアル車と思って頂ければ分かりやすい、2ペダルのSMGミッションで、ダイレクト感のある駆動系が魅力。パワーを余すことなく地面に伝えます。その性能は、新車時のメーカーアナウンスで、4.7秒で時速100キロまで到達するわけですから、その高性能ぶりはお分かりいだだけるでしょう。ドライブモードを選んでいただければ、普通のAT車のように走らせることができますが、M5を選ばれるほどの方であれば、積極的にステアリングに装着されているパドルシフトを駆使したくなってしまうでしょう。M5を購入するにあたって、不安要素はSMG3のクラッチの摩耗状況でしょう。こちらの車両は37000キロの段階で、約40万円で正規ディーラーのサービス工場にて交換してあります。 スポーツサルーンのベンチマークとなる5シリーズの中でも、M5は別格。他の5シリーズでは味わえないラグジュアリーな装備も魅力。M5では通常の5シリーズとは異なる、上質な触り心地と柔らかさのエクステンドレザー・メリノ・シートが装着されます。さらにこちらの車両は、インスツルメントパネルやドアライニング、センターコンソールまでレザーが貼られる、パーフォレーテッド・フルレザー・メリノというフルレザーインテリアがオプション選択されています。ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーのインテリアに、クールなヘアライン仕上げのアルミニウム製の、ブラッシュド・シャドー・アルミ・インテリアトリムパネルが実にスポーティなコンビネーションですね。純正で装着されるHDDナビのモニターには、AVインターフェイスを利用したバックカメラを映し出してくれます。ステアリングに連動してガイドラインが表示されますし、音とグラフィックで障害物を感知してドライバーに知らせてくれる、PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)を装備していますから、車庫入れもスマートに行えますね。 M5に限らずBMWを選ばれる方は、当然ながらステアリングを握ってる時間が最上の時間。どうしても距離が多めになってしまう傾向にあるなかで、4万キロ少々というマイレッジは、かなり少ない部類に入るでしょう。修復歴は無く、下記の通りにしっかりと記録簿が残った車両となります。ローダウンされたサスペンションに、WORKグノーシスGS4。深いステップリムが印象的な1インチアップの20インチのアルミホイールが装着されます。また、グリルがボディと同じくブラックなのも、精悍でいいですね。 最後にステアリングポジションについて、少しお付き合い頂ければと思います。近年は輸入車でも右ハンドルが当たり前となっています。昔ほど輸入車が特別な物ではなく、誰でも気軽に「輸入車のある生活」を楽しめるというのは大いに歓迎すべきところでしょう。最近はホワイトボディの段階で右ハンドル用と左ハンドル用で完全に別設計となっているので、左ハンドルの車両を無理やり右ハンドルにしたような、お粗末な輸入車はありません。それに日本の交通インフラを考慮すれば右ハンドルであるのが正解。頭の硬いドイツ人が作ったドイツ車ですから、当然の結果と言えますね。 しかしせっかく輸入車に乗るのであれば、左ハンドルという選択も決して間違ったものではありません。国産車を買うのであれば、絶対に選ぶことが出来ないハンドル位置。いくら身近になったとは言え、やはり輸入車は憧れのひとつ。「輸入車に乗る」というステイタスを味わうのなら、さらにもう一段上の「左ハンドルの輸入車に乗る」というステイタスを手に入れてみてはいかがでしょうか 平成19年07月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成21年08月 007089キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成22年06月 011131キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成23年07月 017710キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成24年07月 021002キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成25年06月 023674キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成26年06月 026193キロ 法定2年定期点検(3回目車検・BMWサービス工場) 平成30年12月 037054キロ 分解整備記録(クラッチ交換・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
menu