-並び替え-

-現在の検索条件-

7
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

アルファロメオ
1473.2 GTA
118.8万円
アルファロメオ 147 3.2 GTA

アルファロメオの147(Id:3944880)の中古車詳細 >

67308km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO147GTA 03年式 平成30年1月30日 ロッソアルファ 走行距離67,308km ディーラー車 装備(6F 左ハンドル FULL CL キーレスエントリー ETC CDデッキ CDチェンジャー ABS 4エアバック HIDヘッドライト(LOWビーム) イモラナチュラルレザーシート アルミABCペダル アルミフットレスト VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール) 、ASR(アンチスリップ・レギュレーション) 、MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール)、 FPS(火災防止装置) 、他) 「装着済み社外パーツ」 ASSO17インチ軽量アルミホイール DECK APレーシング6PODキャリパー、ビッグローターキット(340mm/2ピース):フロント DECK ビッグローターキット(2ピース):リア ステンメッシュブレーキホース 等長フロントパイプ チタンリアサイレンサー(センター~エンド) DECK 車高調整式サスペンション スプリング:ハイパコ LSD リアタワーバー フレックス強化アルミラジエーター:放熱塗装・RED リア強化ピロパラレルリンク フロントカーボンリップスポイラー ※2オーナー車! ※イモラナチュラルレザー! ※前回入庫時、ヘッドO/H済み!ウォポンを含むベルト廻り全交換済み! エンジンオイル、エレメント、クーラントオイル交換済み! ※前回入庫時、レベリングインジェクターに交換済み! ※前回入庫時、前後エンブレム新品交換済み! ※前回販売時、タイヤ4本交換(DUNLOP DIREZZA ZⅡ★) ※前回販売時、フロントローター&パッド(DS2500)交換!FキャリパーO/H! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,200 全幅:1,765 全高:1,430 ホイールベース:2,545 トレッド前/後(mm):1,520/1,505 最低地上高:--- 車両重量(kg):1,390 車両総重量:1,665 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):4,441,500円 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24バルブ 総排気量(cc):3,179 ボア×ストローク(mm):93.0×78.0 圧縮比:10.5:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):250/6,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):30.6/4,800 燃料タンク容量(L):60 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:225/45ZR17 【前回納車整備内容】 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、フロントブレーキローター交換、フロントブレーキパッド交換(FERODO DS2500)、 フロントブレーキキャリパーO/H、フロントショックアブソーバーバンプラバー交換、マフラーハンガーブッシュ交換、前後ワイパーブレード交換、 ウォッシャーホース交換、エアコンガスチャージ、バッテリー充電、エアコンフィルター交換、ブレーキフルード交換、パワーステアリングフルード交換、 タイヤ4本交換、4輪アライメント調整、他 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り点検、 ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、ミッション・駆動系点検、エアコン点検、バッテリー点検、 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ、パワーステアリング)、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両のアルファロメオ147GTAが入庫しました! 今回下取り車として戻ってきたこの個体は私が以前勤務していたディーラーで新車を購入されたお客様からお譲りいただいたワンオーナー車でした。 連絡をいただき引き取りの相談を受けたときに「タイミングベルトのコマ飛びでエンジンが・・・」とのこと。 結局、修理には多額の費用が掛かるために、悩んだあげく修理を断念、でも、このまま解体されてしまうのはあまりにも忍びないということで、 当社にお声をかけていただきました。そんな事情の車をいままでも引き取って修理をして復活させてきた私のところにお話がきたのも何かの縁。 幸い、エンジン以外は大きな問題もなく、エンジンさえちゃんと直せば、まだまだ十分楽しめるコンディションに復活させる自信がありましたから、 迷わずエンジンを開けることに。幸い、片側のバンクだけのダメージだったので、曲がったバルブを新品に交換してやり、ヘッドのO/Hを実施。 もちろん、ベルト廻りも全て交換!147GTAの心臓は再び鼓動を打ち始めました! その後2ndオーナーさんへ当社から販売させていただいた2オーナー車になります。 前回納車整備時にAPracingの6PODキャリパーが装着されている340mm、2ピースタイプのフロントブレーキローターとパッドを交換! パッドはフェロードDS2500!合わせてフロントブレーキヤリパーのO/Hも実施、タイヤはDIREZZAのZⅡ★にて4本交換、油脂類全交換などの作業を実施しました。 この個体の特徴は1stオーナーさんが走りの147GTAをさらに尖らせるべく大枚をつぎ込んでインストールされたスペシャルパーツ! これ以上何をすれば良いの?と言わんばかりの充実ぶり!新しいオーナーをGTAの快楽の世界へと誘ってくれること間違いなしです! 正直に言ってノーマルの147GTAとは別物です! 今では生産が終わってしまったアルファロメオ史上最高のV6エンジンこそ147GTAを手に入れる最大の理由と言っても過言ではありません。 さらにはこの147GTAにはそのエンジンを余すことなく味わうためのスパイスがふんだんに散りばめられています! この147GTAを手に入れる資格がある者はこのエンジンを使い切る自信がある者だけ!と言ってもいいくらい! 電子スロットルとはとても思えないアクセルレスポンス!回せば回すほど底なしのパワーが湧き出てくるDOHC、3.2L、250PSの自然吸気エンジンは エンジンをかけた瞬間チタンリアサイレンサーから放たれるエキゾーストノートがドライバーを挑発してきます。 とにかく、せっかくの147GTAに乗っていただくなら、全開で走れるコンディションでないと意味がありません! その為には、エンジンだけが良くてもダメ!しっかりと納車整備にて「攻めの整備」を実施いたします。 近年エコの呪縛に牙を抜かれた車ばかりですが、147GTAは今では絶滅危惧種の「超攻撃型」の車です! ひとたびアクセルを床まで踏み込めば、あっと言う間に別世界! あっ、言っておきますがくれぐれも免許がなくならないように気をつけてくださいね!大人が本気で遊べる車、それがこの147GTAです!
ロッソコルサ
ホンダ
ステップワゴンスパーダスパーダS Z HDDナビパッケージ バックカメラ ETC
99.8万円
全ロング保証
ホンダ ステップワゴンスパーダ スパーダS Z HDDナビパッケージ バックカメラ ETC

ホンダのステップワゴンスパーダ(Id:3912135)の中古車詳細 >

60261km
埼玉県
H.20年(2008)
修復歴 : 無し
■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 新車時車両プロフィール ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━ ホンダステップワゴンは、徹底した低床・低重心化によって扱いやすい5ナンバーボディサイズと、ゆとりの室内空間をもつ。エンジンは直列4気筒DOHC i-VTECの2.4Lと2Lの2種。内外装の変更を行なったレギュラーグレードは、2Lエンジン(4速AT)の標準「B」と上級「G」。Gグレードには、ディスチャージヘッドライト・クローム調サブリフレクター、セキュリティアラーム、室内確認用ミラー付サングラスボックス、スライドドア・カーテシランプ(リア両側)、ドアミラーウインカーなど快適装備の「Lパッケージ」、Honda・HDDインターナビシステム〔タッチパネルモニター〕<リアカメラ付>、電波式キーレスエントリーシステム装着の「HDDナビパッケージ」を用意。福祉車両ユースとして、8人乗りの「助手席リフトアップシート車」と2列目シートが昇降する7人乗りの「サイドリフトアップシート車」も設定する。今回、スポーティで迫力あるエアロフォルムの新タイプ「スパーダ」を追加。クリアアウターレンズテールランプ、16インチアルミホイールなどを装備するとともに、専用チューニングサスペンションを設定。さらに、2.4Lは、CVT(無段変速機)とパドルシフトを組み合わせる。2Lは、標準的な「S」/「S HDDナビパッケージ」に、「S Zパッケージ」/「S Z HDDナビパッケージ」はLパッケージ同様、快適装備を備えたモデル。それにVSA(ABS+TCS+横すべり抑制)や追突軽減ブレーキ〈CMBS〉+E-プリテンショナー、ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉など先進装備の「SZi」を設定。2.4Lは、「24SZ」と上級「24SZi」をラインアップする。一部上級モデルで、天井にUVカット&プライバシーガラスで開放的にしたトップライトルーフを装着可能。 ■╋■━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 主要装備 ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━ ★純正HDDインターナビ ★CD/DVDビデオ再生 ★VTR入力 ★Wエアバック ★ABS ★オートエアコン ★キーレスエントリー ★フロアマット ★電動格納リモコンドアミラー ★本革ステアリング ★ステアリングスイッチ ★バックカメラ ★ETC ★3列シート ★Wエアコン ★左側パワースライドドア ★右側イージークローザー ★HID(ディスチャージヘッドライト) ★フォグランプ ★ドアミラーウィンカー ★ドアバイザー ★純正16インチアルミホイール ★リヤワイパー ★プライバシーガラス ★リヤスポイラー ★メンテナンスノート ★取扱説明書 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ホンダ ステップワゴン に関するお問合せは・・・ ジャパンオートサービス 株式会社 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘6-713-6 TEL:04-2925-9321 定休日:水曜日 自社ホームページ:http://www.japan-auto.biz 見積り下取り等何なりとお気軽にお問い合わせ下さい ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ジャパンオートサービス株式会社
ホンダ
エアウェイブM HDDナビ HIDエディション ETC 1オーナー
51.8万円
全ロング保証
ホンダ エアウェイブ M HDDナビ HIDエディション ETC 1オーナー

ホンダのエアウェイブ(Id:3765345)の中古車詳細 >

34514km
埼玉県
H.19年(2007)
修復歴 : 無し
■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 新車時車両プロフィール ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━ ホンダエアウェイブ(AIR WAVE)は、フィット同様のホンダ独創センタータンクレイアウトを採用したコンパクトステーションワゴン。5ナンバーサイズの全幅1,700mmに収まるボディに、エンジンは直列4気筒1.5L SOHC VTEC(レギュラーガソリン対応)。ホンダマルチマチックS(自動無段変速AT)との組み合わせにより、最高出力110馬力/最大トルク14.6kg・mを発生する。今回、タイプ設定をG、G スカイルーフ、L、L スカイルーフの4タイプから、「M」、「SKY(スカイ)」の2タイプへ変更。また、特別仕様車として設定していた「HIDエディション/HDDナビ HIDエディション」及び「スタイルエディション/HDDナビ スタイルエディション」をMタイプに設定。全タイプにフルオート・エアコンディショナーを標準装備した。HIDエディションは、ディスチャージヘッドライト〈HID〉に加え、パドルシフト、自発光式独立5眼メーターを装備。スタイルエディションは、本革巻ステアリングホイール、フォグライト、アンダーガーニッシュ(フロント/サイド/リア)を装備する。スカイに備えられる、スカイルーフ&電動サンシェードは、前後1110mm×左右770mmの大型固定式ガラスルーフ。高熱線吸収UVカットガラスとプライバシーガラスの合わせガラスを採用し、またスイッチひとつで開閉できる電動サンシェード(挟み込み防止機構付)をもつ。 ■╋■━━━━━━━━━━━━━━ ╋■┛ ☆ 主要装備 ☆ ■┛━━━━━━━━━━━━━━━ ★HDDインターナビ ★CD/DVDビデオ再生 ★外部入力 ★ETC ★Wエアバック ★ABS ★7スピードモード ★パドルシフト ★ステアリングスイッチ ★オートエアコン ★電動格納リモコンドアミラー ★キーレスエントリー ★フロアマット ★プライバシーガラス ★HID ★ドアバイザー ★リヤワイパー ★整備記録簿 ★取扱説明書 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ホンダ エアウェイブに関するお問合せは・・・ ジャパンオートサービス 株式会社 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘6-713-6 TEL:04-2925-9321 定休日:水曜日 自社ホームページ:http://www.japan-auto.biz 見積り下取り等何なりとお気軽にお問い合わせ下さい ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ジャパンオートサービス株式会社
BMW
5シリーズ525iA Mスポーツ・パッケージ 左ハンドル 02年モデル ガラスサンルーフ
98.3万円
BMW 5シリーズ 525iA Mスポーツ・パッケージ 左ハンドル 02年モデル ガラスサンルーフ

BMWの5シリーズ(Id:3229756)の中古車詳細 >

51900km
埼玉県
H.13年(2001)
修復歴 : 無し
※今回、特別価格でのご提供!109.6万円から98.3万円まで、11.3万円のお値下げをしました!!※ 魅力的な1台を入荷しました。E39系5シリーズの後期モデル。中古市場で非常に数の少ない左ハンドル。そして人気の高いMスポーツ・パッケージです。ドイツのラインオプションで装着されたガラスサンルーフや、希少性のあるアルピン・ホワイトのボディカラーも魅力的。お探しの方は非常に多いのではないでしょうか。 近年は輸入車でも右ハンドルが当たり前となっています。昔ほど輸入車が特別な物ではなく、誰でも気軽に「輸入車のある生活」を楽しめるというのは大いに歓迎すべきところでしょう。最近はホワイトボディの段階で右ハンドル用と左ハンドル用で完全に別設計となっているので、左ハンドルの車両を無理やり右ハンドルにしたような、お粗末な輸入車はありません。それに日本の交通インフラを考慮すれば右ハンドルであるのが正解。頭の硬いドイツ人が作ったドイツ車ですから、当然の結果と言えますね。 しかしせっかく輸入車に乗るのであれば、左ハンドルという選択も決して間違ったものではありません。国産車を買うのであれば、絶対に選ぶことが出来ないハンドル位置。いくら身近になったとは言え、やはり輸入車は憧れのひとつ。「輸入車に乗る」というステイタスを味わうのなら、さらにもう一段上の「左ハンドルの輸入車に乗る」というステイタスを手に入れてみてはいかがでしょうか? もはやBMWは、Mスポーツとハイラインの二本立てというのが確立され、このE39系5シリーズでも、ハイラインは「ラグジュアリー」を得ています。対してMスポーツは同じE39系のボディ・シェルながら全く違う「スポーツ」というベクトルを目指しています。 厚い空気の壁を切り裂くかのような空力性能を得た、エアロ形状のフロントバンパーと同じテイストでまとめあげたリヤバンパー。さらにトランクリッド後端に小さいながらも装着されたリップ形状のスポイラー。モール類のクロームメッキを廃して精悍さをアップさせたシャドウラインなど、Mスポーツならではのルックスの良さが魅力。 もちろん外見だけではありません。元々高い運動性能を持つBMWのサスペンションですが、さらに引き上げたMスポーツサスペンションの足回りを装着。若干車高が下がっていますが、乗り味は実にスポーティ。もちろんサルーンである以上、上質な乗り味も兼ね備えています。そんなサスペンションに組み合わされるタイヤ&ホイールのセットは、17インチのMパラレルスポーク66。 車内は激しい横Gにも充分耐える事が可能なスポーツシート。肌触りが良く通気性が良く、激しい横Gでも滑る事がないファブリックとアルカンタラのコンビです。2002年モデルより採用された新デザインのステアリングは、確かなステアリングワークを可能にする小径で握りの太い、専用設計のMスポーツステアリング。ステアリングから手を放すことなくオーディオ類の操作が可能な、マルチファンクション・ステアリングを装備しています。ルーフライニングやピラーも、ハイラインではグレーですが、Mスポーツでは精悍なブラックとなります。 走りに重きを置くだけではなく、ラグジュアリー性能も充分以上なものを持っています。それは5シリーズならではの室内空間の余裕はもちろんですが、様々な厳選した装備品も一役かっているでしょう。ダッシュボードに装着されたモニターは、後期型では画面がより幅広になったワイドモニターが装着されます。ナビゲーションはDVDで使い勝手・情報量ともに大幅に向上しています。TVチューナーはもちろん、車両状況を把握できるオンボードコンピュータを内蔵。トランクには6連奏CDチェンジャーを備えています。 その他にも、最高3人分のシートポジション・ドアミラー鏡面角度・ステアリングポジションを記憶させることができるメモリー機能付きのパワーシートや、圧倒的な明るさを誇るキセノンヘッドライト&ライトウォッシャーなど、エクイップメントな装備が装備されています。また、テールランプは消費電力が少ないLEDとなり、フロント・サイド・リヤのウインカーはノーマルではオレンジですが、Mスポーツでは全てホワイトウインカーとなり、クルマ全体をスッキリ見せてくれます。 エンジンはBMW伝統の直列6気筒エンジン。DOHCの2500CCエンジンとなります。無段可変バルブタイミング機構ダブルVANOSを搭載して、街中のあふれるトルク感と、高回転域での胸のすくような加速感の両方をおたのしみいただけます。また、この年代ではアクセルペダルが従来のワイヤーで繋いだ機械式ではなく、電気信号を送るフライ・バイ・ワイヤーシステムとなっていますから、アクセルペダルが非常に軽いのも特徴。特に女性オーナー様には嬉しいポイントでしょう。ミッションはATのイージーさと、マニュアルの愉しさの両方を兼ね備えたステップトロニックAT。少し積極的にドライビングを楽しみたいときは、シフトゲートをDレンジから横に移動し、+-でマニュアル操作していただければ、大柄なセダンとは思えない程の走りを披露します。 ステップトロニックに関して、少し細かいことかもしれませんが、+-が従来とは反対になっています。従来モデルが前方向がシフトアップ、後方向がシフトダウンでしたが、この年式では正反対の後方向がシフトアップ、前方向がシフトダウンとなります。一見すると何の意味も無さそうですが、シフトアップが後とは加速Gと同方向で、シフトダウンが前とはブレーキングなどの減速Gに則った変更を行っています。言われないと分からないような僅かな事ですが、ドライビングプレジャーをスポイルさせない、走りに真摯に向き合うBMWならではの変更と言えるでしょう。 世界的に見てもトップレベルな安全設計のBMWは高次元な安全性を確保しています。トラクションコントロールを進化させたASC+TやABSなど滑りやすい路面での発進・ブレーキングを補助するシステムや、運転席・助手席エアバッグはもちろん、ドアに設置されたサイドエアバッグや頭部を保護するITSヘッドエアバッグなど、万が一の衝突の際も確実に乗員を保護。BMWならではの高剛性ボディは衝突時にも有効で、効率よく衝撃エネルギーを吸収します。 修復歴なし・記録簿完備の上々なコンディションの1台。せっかくメーカーがあつらえたMスポーツのバランスを崩すのはもったいない話。改造などはされていない、ミントコンディションの車両となります。ありきたりなBMWでは物足りない貴方にも納得の1台。最後にもう一度、こちらの車両の魅力的な特徴をおさらいしておきましょう。 ★爽やかで存在感のある、希少カラーのアルピン・ホワイト。 ★走りにこだわるBMWらしい、Mスポーツ・パッケージ装着車。BMWの走りの良さの味付けが、少し濃い目となります。 ★メーカーオプションのガラスサンルーフを装着。ちょっとした換気に便利で、車内を明るくしてくれます。 ★2002年モデルより、ステップトロニックATの+-が逆転されています。 ★2002年モデルはメーターパネルにシルバーリングを装着。常に視界に入る部分ですからイメージチェンジには最適。 ★特徴的なイカリングが装着されるヘッドライトのロービームは、圧倒的な明るさと省電力を誇るHIDライト。 ★使いやすさや情報量が圧倒的に向上した、DVDナビゲーション内蔵のワイドモニター。ダッシュボードにキレイにビルトインされています。
ロッソカーズ
アルファロメオ
156スポーツワゴン2.5 24V Qシステム
売約済み
アルファロメオ 156スポーツワゴン 2.5 24V Qシステム

アルファロメオの156スポーツワゴン(Id:3906474)の中古車詳細 >

77287km
東京都
H.13年(2001)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO 156 SW V6 24V Q-SYSTEM 01年式 車検2年付 ロッソアルファ 走行距離77,287km ディ-ラ-車 装備(4AT 右ハンドル FULL CL リモコンキー ABS Wエアバック サイドエアバック CDデッキ ブラックレザーシート AW ETC スライディングルーフ ルーフレール) ※当社販売・管理車両! ※入庫時オルタネーター、センターサイレンサー新品交換済み! ※希少!ブラックレザ-!スライディングルーフ!ルーフレール付き! ※納車整備時タイヤ4本新品交換サービス! ※納車整備付(24ヶ月点検+α) ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,430 全幅:1,755 全高:1,415 ホイールベース:2,595 トレッド前/後(mm):1,510/1,500 最低地上高:140 車両重量(kg):1,470 車両総重量:1,745 乗車定員(名):5 トランク容量(L):378 最小回転半径(m):5.8 新車価格(円):4,290,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,492 ボア×ストローク(mm):88.0×68.3 圧縮比:10.3:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):190/6,300 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):22.6/5,000 燃料タンク容量(L):63 駆動方式:FF ミッション形式:マニュアルモード付4速電子制御式オートマティック タイヤサイズ:205/55R16 【前回納車整備内容】 平成24年10月23日(67,982km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、 タイミングベルト廻り全交換(タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、タイミングベルトアイドラー×2、ドライブベルト、 ドライブベルトテンショナー、ドライブベルトアイドラー×2、ウォーターポンプ)、サーモスタット交換、エアマスセンサー交換、 スパークプラグ交換、ヘッドカバーパッキン(前後)・プラグホールガスケット交換、ブレーキ廻り点検、 フロントブレーキパッド・フロントブレーキローター・リアブレーキパッド・リアブレーキローター全交換、 リアスタビライザー・リアスタビライザーエンドロッド交換、マフラー吊りゴム全交換、フロントパイプステーブッシュ交換、 エンジンロアマウント交換、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、クーラントオイル交換、 ブレーキフルード交換、パワーステアリングフルード交換、エアクリーナーエレメント交換、前後ワイパー交換、フロントタイヤ2本交換、他 【前々回1年点検備内容】 平成25年11月1日(70,995km時) 法定12ヶ月点検一式、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、 クーラントブースター添加、ブレーキフルード交換、他 【前回車検備内容】 平成26年10月21日(73,640km時) 法定24ヶ月点検一式、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジン廻り点検、水温センサー交換、駆動系点検、 ブレーキ廻り点検、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、クーラントオイル交換、ブレーキフルード交換、 バッテリー交換、フロントエンブレム交換、他 【前回1年点検備内容】 平成27年10月19日(75,492km時) 法定12ヶ月点検一式、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジン廻り点検、駆動系点検、ブレーキ廻り点検、エンジンオイル交換、 クーラントブースター添加、マフラー吊りゴム交換(1ヶ所)、他 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り点検・調整、各マウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換、 タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、 エアクリーナーエレメント点検又は交換、プラグ点検又は交換、油脂類点検・交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、 冷却水)、エンジンオイルエレメント点検又は交換、ワイパーブレード点検又は交換、バッテリー点検又は交換、前後エンブレム点検又は交換、 タイヤ4本交換、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両の156SW V6 Qシステムが入庫しました!極々初期モデルにしか存在しなかったスライデュングルーフと ルーフレールがついたかなり希少なモデルです!もちろんV6エンジン搭載車ですから室内はレザー内装!何とも贅沢な仕様の156SWです! それまでの145,155の時代には164でしか存在しなかった「オートマ」のアルファロメオ!ツインスパークエンジン搭載車には 「セレスピード」との組み合わせですが2.5LのV6エンジンには熟成されたトルコン式の「4速AT」が組み合わせられています。 オートマ免許でも乗ることが出来るアルファロメオとして市場に迎えられた156及び156SWは家族からのお許しも得られて 長年の夢を叶えたお父さんも少なくなかったのではないでしょうか。 沢山の魅力が散りばめられた156SWですが、個人的に1番の魅力を言うとなんと言っても贅沢な2.5L、DOHC、24V、のV6エンジンだと断言します! 単純なカタログスペックでは他メーカーのV6エンジンに対してアドバンテージがあるわけではありませんが、 その気持ち良さには高級車のエンジンでもないと勝負にならないほど!特に高速道路を走っているときには気持ちまで余裕が出てくるから不思議ですね。 その次は、なんと言ってもその外観です!アルファロメオの長い歴史の中では幾多の美しい車たちが誕生しましたが、 新しい車にあっても「モダン」と「クラシック」を取り入れた見事なまでのデザインに昇華させています。 誕生からすでに15年の時が経とうとしていますが時間の経過とともに古臭くなっていくどころか年々その美しさが際立ってきました。 さらにベースのセダンのデザインを壊さず美しいワゴンデザインを実現するところはさすがイタリアの生んだ車なんだと感服させられます。 156が先代の155よりも一番力を入れたところが足廻りです。145,155の頃の単純なストラット構造(けしてこれも悪くはないのですが・・・)を ストロークをたっぷりと与えられた凝った造りのサスペンションに変えたお陰でかなり乗り心地の良い身のこなしを手に入れました。 そういう意味ではむやみに車高を下げたりホイールをインチアップする前に「素」の状態を味わって頂きアルファロメオというメーカーが どうしてこのような足廻りにしたのかを考えて頂ければ嬉しい限りです。 内装も忘れてはいけません。時代がどんどん流れていき各メーカーの個性が薄くなっていくばかりですが大切なのは どこにメーカーのアイデンティティーが出ているか?だと思うのです。運転中は美しいデザインを見ることは ショーウインドーにでも写らない限り難しいオーナーさんにとって室内空間は自分がアルファロメオに乗っていることを 実感させてくれる大切な空間です。 シンプルな3本スポークデザインのレザーステアリングを握ると目の前には「スピード」と「タコ」の2連メーターが目に飛び込んできます。 これはスポーツカーメーカーとしてのアルファロメオの主張だと思うんです。オートマチックでも貴方が乗っているのは 紛れもないアルファロメオなんですよ!と車が主張しているんですね。なにもスピードを出せとは言いませんがやはり アルファロメオのオーナーたるもの運転にもその自覚があってしかるべきだと思うのですが私の考えすぎでしょうか? 実際に走ってみると、2.5LのV6エンジンは、マニュアルよりもオートマのほうが相性が良いですね! 低速トルクの恩恵がしっかり感じられるところは、この贅沢なエンジンを味わうのにもってこい! シフトチェンジが楽しめる「マニュアルモード」にすれば、より自分の意思で156をコントロールできます! ETCも装着済み!やっぱりETCは必須ですね! 前回の納車整備時にタイミングベルト廻りもウォーターポンプを含めて全て交換済みですが今回の納車整備でも抜かりのなく 「ロッソコルサ仕上げ」を実施して安心してお乗り頂けるコンディションにてご納車させていただきます! この車の最大の魅力は何と言っても贅沢なV6エンジン!そのエンジンを、この価格で味わうことができるのも、今だからこそですよね。 そして、忘れてはいけないのが独特の「エキゾーストノート」!昔から「アルファサウンド」とか「アルファミュージック」何て言われてきたほど! そんな排気音が標準装備です!家族と出かけるときには、できの良いスポーツワゴンとして、一人で走りたいときには貴方の相棒として。 「男」を忘れていないお父さんに、是非乗っていただきたい1台です! もちろん、右ハンドルのオートマ車ですから、女性にも優しいアルファロメオです!安全やエコの呪縛によって 似たり寄ったりになってしまった昨今の車をみると、改めて156のデザインがカッコイイことが良くわかります。 是非、店頭にて、現車を見てください!156SWが貴方をお待ちしております。
ロッソコルサ
アルファロメオ
スパイダー2.0 ツインスパーク 16V
売約済み
アルファロメオ スパイダー 2.0 ツインスパーク 16V

アルファロメオのスパイダー(Id:3855638)の中古車詳細 >

85899km
東京都
H.9年(1997)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO SPIDER 2.0 TS 16V 97年式 車検2年付き アトールブルーメタリック 走行距離85,892km ディ-ラ-車 装備(5速マニュアル 左ハンドル FULL CL ABS Wエアバック CDデッキ ブラックレザーシート 16インチ純正AW HID(LOW側)REMUSリアサイレンサー ) ※当社販売・管理車両! ※幌、タイヤ新品交換!タイミングベルト廻り全交換いたします! ※納車整備付・車検2年付き(24ヶ月点検+α)*基本整備料86,400円がかかります。 ※保証付き販売(3ヶ月、3000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,290 全幅:1,780 全高:1,315 ホイールベース:2,540 トレッド前/後(mm):1,500/1,505 車両重量(kg):1,370 車両総重量:1,480 乗車定員(名):2 新車価格(円):3,900,000円(税抜き) 【エンジンデータ】 種類:水冷直列4気筒DOHC16V 総排気量(cc):1,969 ボア×ストローク(mm):83.0×91.0 圧縮比:----- 最高出力(ps/rpm)(DIN):145/6,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):19.0/4,000 燃料タンク容量(L):70 駆動方式:FF ミッション形式:5速マニュアル タイヤサイズ:205/50R16 【整備内容】 法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り点検・調整、各マウント、ブッシュ類点検又は交換、 各ホ-ス類点検又は交換、タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検・交換、他ベルト及びテンショナ-、 ウオ-タ-ポンプ点検・交換、油脂類点検又は交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、冷却水)、 エンジンオイルエレメント、エア-エレメント点検又は交換、タイヤ4本交換、幌交換、他 【お店から一言】 アルファロメオの100年を超す歴史の中で初のFFになったスパイダーが入庫しました!現車は初期モデルの左ハンドル仕様! 幌も電動ではなく手動での操作になります。年式が旧くなると故障の不安も出てくる電動オープンよりも安心だと思いませんか? FFスパイダーの魅力その一!今はなきツインスパークエンジン!初期モデルは145PSですがFFになったスパイダーのボディを グイグイと引っ張っていく力強さは健在です!4気筒のツインスパークエンジンのお陰で鼻先が軽く オーソドックスなフロントサスペンション、リアには凝ったサスペンションが奢られているお陰で ワインディングでも一線級のフットワークを楽しむことができます! 魅力その二!ピニンファリーナデザインのウエッジシェイプの効いたボディデザイン! 基本的なデザインをクーペモデルのGTVと同じとした中で見事にスパイダー独自のデザインに昇華させたところはさすがピニンファリーナ! 美しさの中にアルファロメオの伝統とモダン、力強さを兼ね備えたスタイリングは見事としか言えませんね! 魅力その三!やっぱりオープンカーであること!初代スパイダーが畳んだ幌をシートの後ろに背負っている状態だったものを 現在では主流になっている複雑な機構で綺麗に収納して見せてくれました!ともすると野暮ったい感じになってしまう背中の幌・・・ オープンカーのネガを見事に払拭しています! 現車は当社のお客様が長年お乗りになっていた車ですが、今回買い換えにあたり下取り車として戻ってきました。 ここ数年は多忙の為駐車場を暖めている時間がながくなり山もタップリ残っているタイヤも心なしかやつれてきた感じに。 破れなどもない幌も見た目の劣化が進み使用には問題ないコンディションを維持しているのですがやっぱりスパイダーは見た目も大事! 次期オーナーさんには気持ち良く乗り始めて頂きたいのでタイヤも幌も納車整備にて新品にて交換させていただきます! 前回交換時期から走行距離こそ少ないのですが時間の経過を基準に考えてタイミングベルト廻りもウォーターポンプを含めて 全交換させていただきます!きちんと整備をして上げればまだまだスパイダーを楽しんでいただけるコンディションにできます! ちなみに幌ですが、せっかくなのでノーマルの黒とは違う色にしてみてはいかがでしょうか?例えばワインレッドや濃紺、茶色なんて色なら 設定がありますのでお好きな色を選んでいただけます!個人的にはブルーメタリックのボディに濃紺の幌! なんてステキだと思いますがいかがでしょうか? アルファロメオらしい力強い走りにアルファロメオらしい伝統とモダンを兼ね備えた美しいボディこそFFスパイダーの最大の魅力! ツインスパークエンジンが奏でるメカニカル音が幾重にも重なって紡ぎ出されるエキゾーストノートを引き連れて 後方へと流れる風と一体になったときこの車を手に入れたことを実感して頂けると思います。 何かと比較するのではなくこの車の存在のみを感じ想像して下さい。 自分の顔がほころんでいることに気が付いた貴方はこのスパイダーに乗る資格があるかもしれませんよ。 是非、店頭に会いに来て下さい!
ロッソコルサ
ランチア
デルタHFインテグラーレ エボルツィオーネ2
売約済み
ランチア デルタ HFインテグラーレ エボルツィオーネ2

ランチアのデルタ(Id:3046719)の中古車詳細 >

21634km
東京都
H.6年(1994)
修復歴 : 無し
LANCIA DELTA HF EVOⅡ
94年式 平成27年12月27日 レッド 21,634km 新車並行車
装備(左ハンドル 5F FULL CL ABS AW レカロ製アルカンタラセミバケットシート CDデッキ ETC リアスポイラ- フロントタワ-バ- リアタワーバー ボンネットアウトレット コレッツィオーネ用シフト マルティニ5用ルーフアンテナ 他)
※ワンオーナー、低走行、ガレージ保管!
※納車整備付(12ヶ月点検+α)
※保証付き販売(3ヶ月、3,000km)
※全車検記録簿あり!
※タイヤ新品交換サービス!
※エアコン強化コンデンサーに交換サービス!
【車輌データ】
全長(mm):3,900 全幅:1,770 全高:1,365 ホイールベース:2,480
トレッド前/後(mm):1,516/1,504 最低地上高:
車両重量(kg):1,300 車両総重量:1,595
乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):---
新車価格(円):5,650,000-(税別)
【エンジンデータ】
種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ
総排気量(cc):1,995
ボア×ストローク(mm):84.0×90.0 圧縮比:8.0:1
最高出力(ps/rpm)(DIN):215/5,750
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):32.0/2,500 燃料タンク容量(L):57
駆動方式:フルタイム4WD
ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:205/45R16
【整備内容】
法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、クラッチマスタ-シリンダ-、レリ-ズシリンダ-点検又は交換、タイミングベルト類及びテンショナー類点検又は交換、ウォーターポンプ点検又は交換、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検交換、足廻り点検、駆動系点検、エアコン修理・強化、タイヤ4本新品交換、油脂類点検交換(エンジン、ミッショントランスファ-、ブレ-キ、パワステ、クラッチ、リアデフ、冷却水)、他
【お店から一言】
ワンオーナー、低走行、ガレージ保管と信じられないようなEVOⅡが入庫しました!私も現車を見るまでは「本当?コンディションは大丈夫?」などと斜めに構えていたのですが、現車を見てビックリ!目の前には想像以上のコンディションを維持しているEVOⅡがガレージにひっそりとたたずんでいました。外装なら全塗装をすれば綺麗になりますが、例えばドアガラス窓枠の塗装が剥がれはおろか退色もなし!もちろん、レッドのボディには色焼けによる色むらも無し!フロントグリルの赤枠も割れなし!サビの類いも一切ありません!というか、板金修理さえ一度もやったことがないというからビックリ!何と、ボンネットも外した形跡がありません・・・・これには恐れいりました。さらに驚くのは内装のコンディション!天井はたれていないし、ドア内張にはビニールが!助手席は当然、運転席もほとんど痛み無し!どんなにコンディションの良いEVOⅡでも、運転席は乗り降りで背中と太ももが当たる部分は擦れてしまい、最悪は穴があいていることも。こんなにオリジナルで痛んでいないシートは何年ぶりでしょうか。エンジンも走行距離に相応しい滑らかな回転は、さすが2万km!と思わず手を叩きたくなりました!私がこのEVOⅡに好感を持ったのは、前オーナーさんが新車登録時から車検を切らさずに乗り続けてこられたということ。走行距離は少ないけれど、放置されずにちゃんと動いていた証拠でもあります。あまり乗らないからと言って車検費用がもったいないと車検を切ってしまうと、エンジンをかけるくらいしかできなくなり、結局動かせなくなってしまいます。ガレージ保管は最高の保管方法ではありますが、前オーナーさんは念には念を入れて、紫外線が入ってきそうな窓には暗幕を貼って対処するなど、EVOⅡに惜しみない愛情を注がれていました。オークションや業販とは違い、直接オーナーさんから譲っていただく買取の場合、そんな前オーナーさんの人となりも垣間見ることができるので、遠方まで出向いていくだけの価値はあります。
走行距離が少なくコンディションもすばらしい個体ですが、年数的には20年近くが経過しています。また、当社で初めて整備を実施する個体ですから、ここはしっかりと「攻めの整備」ロッソコルサ仕上げにて徹底的にチェックさせていただきます!現在ガスが抜けているようでちゃんと効いていないエアコンの修理をいたしますが、一緒に当社オリジナルの強化コンデンサーに交換させていただきます!これで夏場でもちゃんと乗ることができるデルタとして家族にもOKがもらえますね!別途費用がかかりますが、さらにオリジナル強化エバポレーターを導入されれば間違いありません!今やデルタに快適性を求めてもいい時代なんです!スペック相応のコンディションにて新しいオーナーさんにお渡しいたします。年々コンディションの差は個体によって開く一方ですが、近年ではコンディションの良い個体は価格も上昇気味。本当に「一生もの」のEVOⅡをお探しなら、こういう個体をなるべく早く手に入れることをお勧めします。気がついたら手の届かない車になる前に、今こそ決断のときです!
ロッソコルサ
menu