-並び替え-

-現在の検索条件-

24
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

BMW
3シリーズ320iAツーリング Mスポーツ・パッケージ LCIモデル 3DデザインFリップ&ディフューザー マフラー ローダウン
297万円
新着
BMW 3シリーズ 320iAツーリング Mスポーツ・パッケージ LCIモデル 3DデザインFリップ&ディフューザー マフラー ローダウン

BMWの3シリーズ(Id:4790161)の中古車詳細 >

12800km
埼玉県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
ちょうど日本がバブルに浮かれていた1980年代に、「六本木カローラ」などと揶揄された当時の3シリーズは丸目4灯のE30系。同じ「サンマル」でもF30系になると、もはや日本全国にオーナーがいるほどに日本市場で売れている車種。日本のような国土の狭い国では、Dセグメントのボディは使いやすく、高性能なエンジンとFRレイアウトという、上級の高級車と同じ駆動方式のおかげで上質な乗り味で、スポーツマインド溢れるサスペンションのセッティングやルックスで、どこに乗り付けても恥ずかしくないステイタス性を持ち合わせているわけですから、選ぶ方が多いのはさもありなんといった所でしょう。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった3シリーズは、一世代前のF30系3シリーズをベースにワゴンに仕立てたF31系の320iツーリング。こちらの車両は一般的には後期モデルで、BMWの場合後期モデルの事をLCIモデルと呼びます。一世代前とはいえ、現行モデルが思い切ったキープコンセプトという事もあり、古さを感じさせないデザインとなります。Mスポーツの場合はバンパーなどのデザインの変更が無かったこともあり、パッと見で分かるのは、ウインカー位置が外側から上部になったウインカーに、光源がHIDからLEDに変更になったヘッドライトと、近年のBMWらしい光り方になったテールライトくらいかもしれません。もっとも、F30/31系はデビュー当時からLCIモデル登場まで、スタイリングに関しては不満が無いほどに完成度が高かったため、大きな変更を必要としなかったのも事実。完成された美しく力強いスタイリングを下手にこねくり回して改良ならぬ「改悪」するよりも、正しいチョイスと言えるでしょう。また、こちらの車両は、各部に手を加えた車両となります。 ★3Dデザイン フロントリップスポイラー(ウレタン) ★3Dデザイン リアディフューザー(カーボン) ★ARQRAY ステンレスマフラー デュアル 4テール ★H&R ローダウンスプリング ★BMW Mパフォーマンス ブラックキドニーグリル BMWファンであれば、誰もが名前を知っているメーカーの製品をチョイスしています。 紗生にも触れたとおりに、こちらの車両はMスポーツ・パッケージ装着車。Mスポーツはもはや、BMWを選ぶ上で切っても切り離せない看板グレード。「BMWを買うのであれば、Mスポーツ一択」と言う方も多いくらいですからね。BMWの走りの良さに、さらに磨きをかけたオプションとなります。外装は精悍なエアロ形状のバンパーや、大径の18インチアルミホイールなど、精悍さに拍車をかけてくれます。インテリアもブラックを基調としたアンソラジット・インテリアカラーで、身体をしっかりとサポートしてくれるスポーツシートや、ノーマルと比較すると小径でグリップが太く、手にしっくり馴染むスポーツステアリングには、自由にシフトを+-できるパドルシフトが装備されます。 近年の車選びで、重要なのが安全性能。前の車との車間距離を常にモニタリングして、前車に追随してスピードの調整をしてくれるアクティブクルーズコントロールは、前の車が完全に停止しても、それに対応して自車も停止。また、衝突回避・被害軽減ブレーキは人や自転車にも反応します。車両がふらつくと警告を促してくれるレーンデパーチャーウォーニングや、車線変更の時に注意喚起やステアリング介入をしてくれるレーンチェンジウォーニングなど、BMWのドライビングアシストは「ぶつからない車」としても十分な性能。さらにコネクテッド・ドライブは様々な情報や、万が一の時にSOSコールなど、「つながる車」としてもBMWは他メーカーに先駆けて採用。 こちらの車両はLCIモデルですが、毎年改良を重ねるイヤーモデル制度のせいか、LCIモデルでも細かく変更を受けています。大きく違うのがナビゲーションで、LCIモデルの前半では、従来のNBTナビですが、LCIモデルの後半では、NBT EVOに進化しています。年々重要視されるインフォテインメントは、大幅にアップデートされています。HDDナビゲーションの操作はもちろん、MENU画面から従来モデルとは一線を画す、インフォテインメントも進化しています。ナビゲーションの他には、Bluetoothオーディオ&ハンズフリー機能、CD&DVDプレーヤー、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、USB&AUXなど。もちろんバックカメラ&障害物センサーのリアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)も装備。細かい話ですが、ギアをリバースに入れた時のリバース・ゴングも、NBT EVOからは現行モデルと同じサウンドに変更されています。また、純正ではオプション扱いの地デジチューナーは装着されていませんが、こちらの車両にはカロッツェリア製のフルセグ地デジチューナーが装着されています。実際の話、純正の地デジとは比較にならないほどの電波受信の良さで、移動中でもストレスなくご覧頂けます。 搭載されるエンジンは、直列4気筒2000CCターボエンジンなのは、前期モデルから変わることはありませんが、モデル中盤で新開発の新モジュラーエンジンが搭載されていることは、ご存じの方も多い事でしょう。B48エンジンは、184馬力のカタログパワーと、27,5キロのトルクと、前期モデルのN20エンジンと比較しても大きな数値の違いがありませんが、ツインスクロール・ターボ、燃料筒内直接噴射、可変バルブタイミング&リフトであるバルブトロニック、ダブルVANOSなど、BMWエンジン技術の「全部乗せ」と言っても過言ではない新エンジンは、乗った瞬間に「お、ずいぶん違うな」と思わせてくれるエンジン。パワーやトルクの出し方の違いや、メカニカルノイズの少なさなど、やはり設計が新しいエンジンはいいものですね。組み合わされるATは8段で、+-でマニュアル操作が可能なステップトロニックと、ステアリングに付いたパドルシフトで自由自在に操ることが可能です。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります。インテリアは禁煙で、シートやカーペットへの焦げ跡や、イヤなタバコ臭さもありません。最後に、こちらの車両の魅力のポイントを、もう一度 確認しておきましょう。 ★F30/31系でも、メカニカルの面でもアメニティの面でも充実した、LCIモデルとなります。 ★LCIモデルでも、iーDRIVEはインフォテインメントが向上したNBT EVO。 ★使い勝手の良いツーリング。リアゲートは電動で、キーを持ち歩いていればバンパー下に足をかざすだけでオープン&クローズが可能な、スマートオープンを装備。 ★BMW好きは、ステアリングを握ってる時間が至福の時間。BMWの走りの良さを、さらに磨き上げたMスポーツ・パッケージ。 ★BMWチューニングで有名な、3Dデザインのフロントリップスポイラーを装着。ウレタン製で、ボディ同色にペイント済みです。 ★リアバンパーに装着されるディフューザーも、3Dデザイン。こちらは織目が美しいカーボン製となります。 ★程よい音量と音質で、気持ち良いドライブを楽しめる、ARQRAY(アーキュレー)製ステンレスマフラーを装着。デュアル4テールとなります。 ★精悍なローフォルムの、H&Rローダウンスプリングを装着しています。 ★BMWの象徴と言えるキドニーグリルは、BMW Mパフォーマンスのブラックキドニーグリルが装着されます。 ★カロッツェリア製のフルセグ地デジチューナーを装着しています。 ★フロントウインドウとフロンドドアウインドウは、車検対応で紫外線カットに効果のある、ゴーストフィルムを施工済み。 ★車両の前方をモニタリングして、衝突被害軽減ブレーキや、前車接近警告、車線逸脱警告、後方接近警告などの安全装備のドライビングアシストを装備。 ★クルーズコントロールは、前を走る車両との車間距離をキープする、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)となります。 ★高速道路を多用するドライバーさんにはマストアイテムの、ETC2.0を装備しています。 平成29年05月 000009キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成30年04月 005154キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成31年03月 010096キロ 法定1年定期点検 リコール作業・運転席エアバッグ(BMWサービス工場) 令和02年03月 012330キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 令和02年04月 012380キロ 法定2年定期点検(1回目車検・当店)
ロッソカーズ
トヨタ
クラウン マジェスタ3.5最上級F サンルーフ 黒本革 20AW&LD
204.8万円
トヨタ クラウン マジェスタ 3.5最上級F サンルーフ 黒本革 20AW&LD

トヨタのクラウン マジェスタ(Id:4707634)の中古車詳細 >

88140km
千葉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
【最長5年間走行無制限保証】
コンピューター診断機 検査済み良好
走行管理システムにて走行確認済み
★ クラウンマジェスタ ハイブリッド 最上級Fバージョン ★

★サンルーフ付車両★
人気装備のサンルーフが付いています!上下チルトに前後スライド機能が付いていますので、様々なドライブシーンで活躍してくれます!!開放感ある車内空間は気持ちがいいですよ!是非体感してみて下さい!

★トヨタプレミアムサウンドシステム★
考え抜かれたスピーカー位置!ガラス反射音の影響を極力少なくし、かつ全席でステージの広い音響を創造!さまざまな音楽が、表情豊かに生き生きと奏でられます!


★本革シートは快適エアシート&シートヒーターを装備しています!高級車ならではの装備です!シートが暖まる機能!シートから冷風が出る機能!どちらも付いています!!寒い冬も、暑い夏も快適にご乗車頂けますよ!!
★後席もVIP装備!後席センターコンソールの画像です!こちらのお車には、後席にもパワーシートが装備されています!更にオーディオなども後席から操作出来るなど豪華!ゲストに喜んで頂ける装備ですね!
★大画面メーカーHDDナビを装備!高精細8型ワイドタッチディスプレイ!ナビ!地デジTV!DVD再生!Bluetoothオーディオ!音楽録音可能なサウンドライブラリーなど充実の機能です!!
★マルチ画面下にはマルチオペレーションタッチを装備!使いやすさを追求し、散在しがちなスイッチ類を集約!大きく見やすい画面!操作もしやすいタッチパネルです!!
★カラーバックカメラが付いています!バックにギアを入れると、後方視界が自動的にマルチ画面に映し出されます!夜も明るく見えますので、すごく便利ですよ!!一度使うとカメラ無しには乗りたくない程!

★最先端LEDヘッドライト&LEDフォグ&ブラインドスポットモニター完備★

★来場が難しいお客様へ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=OxN5-jVvPRE

☆お振込での支払いが不安な方へ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=WEZeMUtEmWs

★最長5年間の安心整備保証とは ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=iUmI6h2dPT0
*******
☆鑑定済み☆ / ハイブリッド / フル装備 / 保証書 / 本革シート / HDDワイドマルチ / サンルーフ / 20インチAW / ローダウン / バックモニタ / 地デジ / DVDプレーヤー / プレミアムサウンド / スマートキー / エアシート / クリアランスソナー / BSM / Fプリクラッシュ / レーダーC / ETC / コンビハン / LEDヘッドライト / LEDフォグ / ☆LEDライト☆ / ☆エアシート☆ / ☆クリアランスソナー☆ / ☆黒革シート☆ / ☆サンルーフ☆ / ☆20インチAW☆ / ☆ローダウン☆ / ☆オゾン除菌・消臭済☆ / ☆プレミアムサウンド☆
*******
キャンペーン8

CSオートディーラー 【千葉柏インター】マジェスタ専門店
BMW
M5左ハンドル 20インチアルミ ローダウン ガラスサンルーフ 
398.2万円
BMW M5 左ハンドル 20インチアルミ ローダウン ガラスサンルーフ 

BMWのM5(Id:4664620)の中古車詳細 >

59200km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
上質なリムジンという皮を全身に纏う。獲物を狙いつつ、都会の片隅で静かに爪を研ぐには、それ位がちょうどいい。その隠れ蓑の下には、凶暴な心臓が隠されているのだから。 560馬力のアウトプットを、容赦なくアスファルトに刻み込むその熱い心臓は、S63B44B。V型8気筒DOHC32Vの4400CCエンジン。Mツインパワーターボテクノロジーの採用により、先代のV型10気筒5000CCエンジンよりも小さい排気量ながら53馬力のアップというねじれ現象と、同じ7速ながら、シングルクラッチのSMGから、デュアルクラッチのDCTドライブロジックに進化したトランスミッション。もう説明の余地はないでしょう。ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、F10の開発コードを持ったM5。 パワーもさることながら、特筆すべきはそのトルク。近年のトレンドに則り、フラットトルクなの特徴。フラットトルクとは、その名の通りに回転数が変わってもトルクは変動しないトルクの出し方で、従来では回転数を上げてピークトルクまで達すると、緩やかにトルクは減ってゆくというのが定説だったのが、どの回転域からでも気持ちの良い加速が味わえるフラットトルクが近年の常識となりつつあるのはご存じのことでしょう。とはいえ、69.3キロの最大トルクを、1500rpmから5750rpmまでたたき出しているのは非常識と言えるのですが。 7速DCTドライブロジックは、ドライブモードでは通常のAT車と同じようにイージードライブが可能。しかしM5を選ぶ方は、積極的にマニュアルモードにしたくなる方ばかりでしょう。ちなみにステアリングにも+-と書かれたパドルシフトが装着されますので、ステアリングから手を放す事無くシフトアップ&ダウンが可能。DCTらしくスパッと変速する点も印象的ではありますが、3段階にクラッチのミートポイントを変更でき、一番「緩い」ミートポイントを選べば街乗りに適したモードになり、一番「硬派」な3モードにすると、タイムロスなくミート。同じように、エンジンパワーを制御したり開放したり、乗り心地をコンフォートからスポーツプラスにしたりするスイッチはシフトノブを取り囲むように装着されているのは、M5ファンならご存知の事かもしれません。 どうしてもエンジンやトランスミッションに目が行きがちなのは、M5というネーミングに対しての期待値が高まるからこそ。しかし、リムジンとしての性能も超一級品という事も忘れてはいけない事実。ベースがスポーツサルーンの世界的指標となる5シリーズで、M5のプライスタグに相応しい装備を持ち合わせています。かなりきめ細かいアジャストが可能なフロントシートを装備していますが、シートマテリアルがレザーなどと言うのは当たり前で、シートヒーティングはフロント&リア席に、シートベンチレーションはフロント両席に装備。リア席にお乗りになる大切なゲストの為に、プライバシーを守るローラーブラインドをリアドアガラス&リアガラスに装備。エアコンはフロントだけでなく、リア席にも左右独立で温度調節が可能なフルオートエアコン&リアエアコンを装備。M5と名の付く車はドライバーズシートが特等席と思われがちですが、すべての席がコンフォータブル。また、インテリアはブラックを基調とした精悍な案空じっとカラーで統一されているのも特徴的。ルーフライニングはMインディビデュアルのアルカンタラ・ルーフライニングが装着されるのも、M5ならでは。 4枚すべてのドアには、半ドアまで閉めれば自動で閉めてくれるソフトクローズドアを装備し、トランクリッドはスイッチひとつで開閉が可能なオートマチック・トランクリッド・オペレーションを装備しますので、早朝や深夜の閑静な住宅街でのドアやトランクリッドの開け閉めも気兼ねなく行えます。トランクリッドは、リアバンパー下に足をスッとかざせば自動で開けられるスマートオープナーを装備。 ナビゲーションは美しいグラフィックのHDDナビで、処理速度の速さや情報量の多さも魅力。ラジオチューナー・CDプレーヤー・CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクションなどはもちろん、スマートフォンやMP3プレーヤーの音楽をクリアにお聴きいただけるAUXジャック&USBを装備。USBを使用すると、アーティスト名・アルバム名・曲名などが表示され、i-DRIVEコントローラーやステアリングスイッチから選曲が可能。Bluetoothを使用すれば、音楽はもちろん、お手持ちのスマートフォンとペアリングすればハンズフリーテレフォンが使用可能で、電話帳の情報も呼び出すことが可能。ギアをリバースに入れると、バックカメラに切り替わりますが、通常のバックカメラだけではなく、車両周辺の様子も見られるトップビューモニターを装備。また、フロントバンパーに内蔵されたカメラで、左右を見ることが可能なので、狭い路地から大通りに出るときなど、非常に便利。 近年ではハイパフォーマンスモデルも右ハンドルがデフォルトとなりつつあり、左ハンドルに見出すメリットと言うと、希少性や過去の憧れから感じさせるそのステイタス性くらいかもしれません。一昔前と違い、プラットフォーム自体が右ハンドルと左ハンドルで専用設計なので、それこそ右ハンドルではブレーキフィールが悪いなんていうお粗末な右ハンドルはほぼ消滅し、首都圏をメインに右ハンドルが当たり前になりつつある昨今。ステアリングポジションに価値を見出すなんてナンセンス、とお思いの方も多いでしょう。しかし、「輸入車に乗る」という事は、「その国の文化に触れる」事と同じこと。質実剛健で頭の固いドイツ人は左側通行の日本には右ハンドルを押し付けるでしょうが、せっかく輸入車に乗るのであれば、左ハンドルを選ぶのも悪くないチョイスではないでしょうか。レザーシートやサンルーフと違い、ステアリングポジションは後から変更することは出来ないのですから。 M5の高性能を見破るポイントは非常に少なく、ノーマルグレードのMスポーツと横並びさせると気が付くレベル。しかし同じように見えて、その差は歴然。開口部を大きく取った専用デザインのフロントバンパーに合わせて、フロントフェンダーも大きく張り出し、エアアウトレットが装着された専用品。ドアミラーも空力性能を考慮したデザイン。貴方の車がM5よりハイパフォーマンスな車でない限り、この車で最も見る機会が多いのは、リアビューでしょう。左右で2本ずつ、合計4本のテールパイプと、バンパーに内蔵されたリアディフューザーと、控えめに装着されたトランクスポイラー。街中に溶け込んだモンスターを見破る事ができる方は、M5オーナーか、よほどのBMWファンのどちらかと言えるでしょう。 修復歴はなく、記録簿もしっかりと完備した車両となります。M5をお探しの方には、もうお気付きかもしれません。わずかに下がった車高が。H&R製のローダウンスプリングが装着されているので、精悍さがさらに増していると言えるでしょう。精悍さと言えば、オプションの20インチのアルミホイール&タイヤも見逃すことができないポイント。「Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング343M」は大胆なデザインのダブルスポークで、スポークの隙間からチラリと見えるMロゴが入ったブルーのブレーキキャリパー&大径ドリルドディスクが印象的。組み合わされるタイヤは、メイドイン・ジャパンのブリヂストン・ポテンザS001が装着されます。また、M5ほどの車には賛否が分かれるガラスサンルーフを装着しています。賛否というのは、ストイックに走りを極める方には不要ですが、M5に高性能で実用的で上質なリムジンというベクトルを求められる方にはマストアイテムだから。装着の是非は次のオーナー様の好みによりますが、目を三角にしてスパルタンに走らせるスポーツカーならいざ知らず、M5のキャラクターにはガラスサンルーフは有って困る装備では無いでしょう。 平成25年09月 000007キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成26年12月 017627キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年12月 030834キロ 法定1年定期点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成28年09月 039219キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成29年09月 050328キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成31年01月 057740キロ 法定2年定期点検(2回目車検・当社サービス工場)
ロッソカーズ
BMW
3シリーズ320iA X-Drive ラグジュアリー レザー 純正HDDナビ バックカメラ
218.9万円
BMW 3シリーズ 320iA X-Drive ラグジュアリー レザー 純正HDDナビ バックカメラ

BMWの3シリーズ(Id:4654799)の中古車詳細 >

24900km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
近年のBMWの「駆動輪革命」とも言える大改革は、FRの絶対的信者だったBMWがなぜ?とファンが思ってしまうほどに多角的になっていますね。もはやFF/FR/4輪駆動と、全ての駆動を生産しているメーカーとなっているわけですから、時代もずいぶん変わったと思う往年のBMWファンも多い事でしょう。もっともコンパクトクラス以外はFRをベースにしたトルク変動分散4輪駆動というのがBMWらしいこだわりとも言えますね。BMWでは4輪駆動の事を「X-Drive」と呼びますが、このX-Driveは従来のBMWらしいダイナミックな走りはそのままに、トラクションが必要な時には車体を安定させてくれるので、もはやFRでは制御しきれないハイパワーな車両にとっては必然と言えるでしょう。そして何より、降雪地帯で今まではBMWを諦めていたコンシューマーにとっては、これ以上にないプレゼントと言えるでしょう。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、そのX-Driveの車両ですが、SUVとは違い、一般的なセダンの3シリーズを4輪駆動にした、320i X-Driveラグジュアリーとなります。3シリーズに4輪駆動というと、なかなかイメージが湧きにくいかもしれませんが、過密した日本の交通インフラで扱いやすいボディサイズに、ラグジュアリーならではの充実した装備、そして天候を気にする事無く目的地を目指せる4輪駆動ならではの安定した走りを兼ね備えた、究極の実用車と言えるでしょう。それはもちろん、降雪地帯にお住まいの方や、降雪地帯に向かう機会が多い方にもオススメですが、もはや首都圏でも突然の積雪や、思いがけない大雪などもあり得る訳で、万が一の保険代わりにX-Driveをチョイスするのも良いですね。 こちらの車両は3シリーズの中でも、グレード名のラグジュアリーの名に相応しい、充実した装備が魅力。エクステリアは派手さが無く、落ち着いた印象を与えてくれ、各部にクローム処理されたモールディングが装着されます。インテリアは触り心地の良いレザーと、鏡面仕上げが美しいウッドパネルなどに包まれています。もちろん3シリーズでは純正HDDナビゲーション&バックカメラや、キーを出さずにドアロック&アンロックやエンジンスタート&ストップが可能なコンフォートアクセスなど、欲しい装備はほぼ揃っています。近年のBMWでは走りのイメージが強いMスポーツが定番となっていますが、しなやかな乗り心地と、BMWらしい上質さを兼ね備えたラグジュアリーを選ぶというのもアリですね。 「BMWと言えば直列6気筒エンジン」という図式は、近年では薄れてきている感がありますね。特にCO2削減や、対衝突安全性の面では不利な部分もあり、直列4気筒エンジンがだいぶ主流となってきましたね。こちらの車両も直列4気筒エンジンを搭載しています。しかしBMWが造ったエンジンですから、動力性能には不満はありません。3シリーズの中でも、ロープレッシャーなターボを装着したエンジンは184馬力で、力強く走らせる為に必要なトルクは24.5キロとなりますから、必要にして十分、いや、十分以上と言えるでしょう。それはもちろん、効率の良いトランスミッションありきとなります。こちらの車両のオートマチックは、このカテゴリーにしては少々贅沢とも言える8速ATとなります。 こちらの車両は、走行距離が約25000キロと、年式を考慮するとローマイレッジな車両となります。ドイツ車としてはナラシ運転が終わって、やっと角が取れ始めた、ちょうど脂の乗ったタイミングと言えます。もちろん修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと残った1台。インターネットの普及で、3シリーズに限らず、車も価格重視で選ぶ傾向にありますが、生まれは同じでも育ちが違っては、同じ土俵に立たせるにはあまりに乱暴。長くBMWライフを満喫するためにも、コンディション重視で選ぶべきでしょう。もちろんこちらの車両は、ロッソカーズが自信を持ってオススメできる車両となります。また、4輪駆動の車両で気になる、シャシーの錆ですが、こちらの車両は東京23区内で使用された車両で、融雪剤が撒かれた地域にはほとんど行かなかったようで、キレイなコンディションをキープしていることも付け加えておきましょう。 平成25年12月 新車保証書発行(BMWサービス工場) 平成26年06月 000013キロ BMW納車前点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成27年02月 005198キロ 法定1年定期点検・BPS納車前点検(BMWサービス工場) 平成27年12月 009939キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年12月 013461キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成30年12月 021627キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成31年02月 022149キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
X3X-Drive35i Mスポーツパッケージ レザー 純正HDDナビ 直6ターボ
238.7万円
BMW X3 X-Drive35i Mスポーツパッケージ レザー 純正HDDナビ 直6ターボ

BMWのX3(Id:4654108)の中古車詳細 >

33500km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
日本の首都圏のように、過密した地域でも使いやすいボディサイズに、悪路での走破性の良さもプラスした、BMWが提唱する新しいカテゴリーのSUV(BMWではSAVと呼びますね)のX3。初代で成功を収めた事もあり、キープコンセプトながらBMWの新時代デザインのテイストを兼ね備えたF25系となります。こちらのF25系もモデル末期まで人気があったこともあり、現行モデルでも見事なまでにキープコンセプトとなっている事から、F25系でも古さを感じさせないスタイリングが魅力的ですね。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったX3は、前期モデルとなります。後期モデルでは近年のBMWらしく、直列4気筒推しという事もあり、BMWの伝家の宝刀と言える直列6気筒エンジンを楽しめるモデルが少なくなってしまったのはBMWファンとしては残念なところ。こちらの車両は直列6気筒3000CCエンジンをベースに、ツインパワーターボで武装したハイパワーモデルの35iとなります。さらに、走りの良さに、さらに磨きをかけた、Mスポーツ・パッケージ装着車という点も見逃せませんね。ボディカラーも人気のあるアルピンホワイト。近年では「指名買い」するほどに「白のMスポ」は定番となりつつあるほどに人気があります。 しっかりと身体をホールドしてくれるMスポーツ専用のシートはフルレザーで、ノーマルと比較すると小径でグリップが太く、手にしっくりと馴染むMスポーツ専用ステアリングも、レザーが巻かれます。インテリアはMスポーツ専用の、ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーとなります。 純正で装着されるナビゲーションは、情報量が多く処理速度も速いHDDナビとなります。オーディオはAM/FMチューナーやCDはもちろん、CD音源をどんどん録音できるミュージックサーバー、フルセグ地上デジタルチューナー、MP3プレーヤーやスマートフォンに入った音楽をクリアな音質でお楽しみいただけるAUXジャックなどが装備されます。 修復歴は無く、下記のとおりに記録簿を完備した車両となります。頼りがいのある4WDシステムは、BMWが誇るX-Drive。可変駆動のシステムですから、常に最適なトラクションを得る事が可能です。この手の車両では、ラゲッジスペースの大きさに重きを置く方も多いでしょうが、X3なら十分に合格点が与えられるはず。趣味の道具や、ビジネスに必要なアイテムをしっかりと飲み込んでくれます。 平成24年03月 000007キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成25年03月 004345キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成26年02月 009222キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年02月 013333キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成27年11月 015186キロ 臨時整備履歴(サービスキャンペーン・BMWサービス工場) 平成28年02月 016228キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年03月 021042キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成31年03月 028557キロ 法定2年定期点検(3回目車検)
ロッソカーズ
ポルシェ
パナメーラパナメーラ GTS HDDナビテレビ 黒革 サンルーフ
688万円
ポルシェ パナメーラ パナメーラ GTS HDDナビテレビ 黒革 サンルーフ

ポルシェのパナメーラ(Id:3181248)の中古車詳細 >

36400km
東京都
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
2013年 ポルシェ パナメーラ GTS HDDナビテレビ 黒革 サンルーフ 2オーナー 2オーナー フル装備 HDDナビテレビ 黒革ベンチレーションシート サンルーフ ピアノブラックトリム 純正20インチアルミ スポーツエグゾースト スポーツプラスモード スポーツクロノパッケージ ブラックアウトヘッドライト エアサス パドル付スポーツハンドル アルカンタラルーフライニングパークアシスト サーボトロニック オートテールゲート LEDポジション LEDブレーキランプ ETC ヨーロッパ新車並行 エクステリアデザイン 私達がスポーツカーをデザインする時、 現在に主眼を置き、最新の流行を採り入れる こともできます。それは、トレンドが 変化するまでは魅力的なものとなるでしょう。 しかしポルシェにとってより重要なのは、 未来においても輝きを放ち、エモーションを かき立て続けるデザインなのです。 私達は明確な基本コンセプトを定めると ともに追求を重ね、そして磨き上げることで 新たなアイデアを生み出します。 フロントエンドには大型の エアインテークが備わり、存在感を強く放つと ともに、エンジンとブレーキシステムの 冷却効果をいちだんと高めます。 リアエンドは、より流麗なラインが描かれ、 いっそう精悍に研ぎ澄まされています。 大型化されたリアウインドウは絶妙な調和を 見せてデザインに溶け込み、可変リアスポイラー はワイドに設計され、揚力を低減させることで 走行安定性を向上させます。 また細くシェイプされたLEDによる テールライトが、ワイドなリアセクションを より印象づけます。リアからもひと目で、 パナメーラがいっそう洗練され、 かつ引き締ったプロポーションを備えた 1台であることは明白です。 このほか、パナメーラの存在感を際立たせる ヘッドライトも特徴的です。パナメーラ ターボ にはポルシェ・ダイナミック・ライトシステム (PDLS)を組み込んだLEDヘッドライト、 そのほかのモデルにはバイキセノンヘッドライト が標準装備されます。ヘッドライトにはLEDを 採用した4個のウエルカムホームライトが 組み込まれ、その滑らかな曲線によって、 スタイリッシュな外観をいっそう強調しています。 独特なデザインのサイドスカートとドアミラーは、 ボンネットに備わるパワードームと相まって、 エクステリアにさらなるスポーツ感覚を 与えます。 インテリア パナメーラならではの 品質の高さが追求されています。 スムースレザーやナチュラルレザー、 ツートンレザーインテリアのほか、 エレガントなウッド、アルミニウム、 カーボンによるインテリアパッケージや 各種パーツがオプションで用意され、 あなたのパナメーラをより個性的な1台に 仕上げることが可能です。 アルカンターラ製のルーフライニングは、 パナメーラGTS/パナメーラ ターボでは 標準装備 ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム (PTM)は、フルタイム4WDシステムの中核を 成し、電子制御式のマルチプレートクラッチ、 オートマチック・ブレーキ・ディファレンシャル (ABD)、アンチ・スリップ・コントロール(ASR)で 構成されています。 7速PDK 7速PDKはオートマチックモードとマニュアル モードでのドライビングを愉しむことができ、 駆動力を途切れさせることなく瞬時に シフトチェンジを完了します。これにより、 スポーツパフォーマンス、効率性、 そして快適性の向上をもたらします。 スポーツクロノパッケージ スポーツクロノパッケージによって、 エンジンとシャシーの性能はいちだんと スポーツ性が高まります。 このパッケージでは、デジタル/アナログ両方の 表示機能を内蔵したストップウォッチも 装備され、スポーツ・プラススイッチが 追加されます。 ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール システム(PDCC)は、コーナリング中の ボディのロールを察知し大幅に低減させる、 アクティブ制御によるロール抑制システムで、 ワインディングロードを走行する際の横揺れも 最小限に抑えます。 BOSEサウンドシステム 9チャンネルの デジタルアンプによって、室内の隅々まで 出力585Wのパワフルなサウンドを響かせます。 14個のスピーカーと200Wの アクティブサブウーファーはハーモニー豊かな 音響を生み出し、パナメーラの室内は コンサートホールのような臨場感あふれる オーディオ空間へと一変します。 安全装備として運転席エアバック、助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、サイドインパクトバー、トラクションコントロール、盗難防止システム等を装備。 エンジン4.8リッター V型8気筒自然吸気エンジン 最高出力 --- 最大トルク 520N・m(53.0kg・m)/3500rpm タンク容量 100リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 -.-m ※参考・新車時車両本体価格 1612.0万円 税込 AIS評価点:5点 2013年 ポルシェ パナメーラ GTS HDDナビテレビ 黒革 サンルーフ 2オーナー
有限会社 アリーナ
メルセデスベンツ
CクラスC320
48.8万円
メルセデスベンツ Cクラス C320

メルセデスベンツのCクラス(Id:2978833)の中古車詳細 >

67000km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
★メルセデスベンツ Cクラス C320★修復暦なし!車検平成28(2016)年4月まで!

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ ☆ オススメポイント ☆
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━

程度良好なCクラスをお探しの方!大変お待たせしました!。
ダイナミズムとエレガンスが開発コンセプトのコンパクトなスポーティセダン
メルセデスベンツ Cクラスの中でも、最上級設定のC320が入荷しました!
仕入れ担当自信を持ってオススメできる美麗車です!

低価格でご案内できる秘密は店頭でご確認ください!
遠方の方からのご連絡もお待ちしております!


■╋■━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ ☆ 主要装備 ☆
■┛━━━━━━━━━━━━━━━

・オートマ
・エアコン
・パワステ
・パワーウィンドウ
・ABS
・エアバッグ Wエアバッグ
・CDチェンジャー
・TV
・ナビ
・ETC
・アルミホイール
・修復無し


■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ ☆ エクステリア ☆
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━

飽きの来ない人気色の「アラバスターホワイト」のCクラス!
衝突安全ボディ採用で、乗り心地と安全を両立するのは
メルセデスベンツならでは!

修復暦は無いので、ゆがみや大きな傷はありません!
※通常仕様による傷はご了承ください。


■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ ☆ インテリア ☆
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━

リヤシートに、2対1の分割可倒式シートを採用。
ちょっと大きなお買い物の時の強い見方にもなってくれます!

もちろん車内はクリーニング済みです!
後部座席や、荷台に至るまで良好な状態で納車できます!!!
納得していただけることまちがいなし!


■╋■━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ ☆ 機関 ☆
■┛━━━━━━━━━━━━━━━

V型6気筒SOHC18バルブ
10モード/10・15モード燃費 8.4km/リットル

弊社にて走行テスト済み。異音、オイル漏れはありません。
エアコン・電気系統もチェック済み!気持ちよく走れます!
整備記録簿のお付けしております。


■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ ☆ アフターサービス ☆
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社は、大切なお客様に売って終りのサービスはしておりません。
各種アフターサービスなどもご用意しております!
お気軽にご相談ください!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メルセデスベンツ Cクラス C320に関するお問合せは・・・

SUNROAD GARAGE(株式会社 マツシタインターナショナル)
〒177-0032 東京都練馬区谷原3-7-6
TEL:03-5372-2800 営業時間:平日9:00-19:00
ホームページ:http://www.sunroadgarage.com/

見積り下取り、整備車検等何なりとお気軽にお問い合わせ下さい!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
SUNROAD GARAGE(サンロード ガレージ)
BMW
1シリーズ116iA スタイル インテリジェントセーフティ HDDナビ バックカメラ
売約済み
BMW 1シリーズ 116iA スタイル インテリジェントセーフティ HDDナビ バックカメラ

BMWの1シリーズ(Id:4779417)の中古車詳細 >

5600km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
近年のBMWの大きな動きと言えば、BMWが嫌いだったはずのFF化がどんどん進んでいる点ではないでしょうか。BMWと言うと、操舵と駆動が別々のFRレイアウトにこだわっていたイメージが大きく、往年のBMWファンにとっては嘆かわしいに尽きると思います。しかし乗ってみると、他メーカーのFFの車両よりも、FF特有の嫌な癖がなく、さすがBMWだなと納得してしまう部分もあります。しかし残念なことに、もうひとつのBMWのこだわりの、前後配分を50:50に近づけることはフロントヘビーになるFFには無理な様子。今後もFFのBMWが増えてゆく事を考えると、今のうちにコンパクトなFRのBMWを体験しておいた方がいいかもしれませんね。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったBMWは、末っ子の1シリーズ。とは言えプラットフォームが新設計(というよりも上級車種に近い設計)のF20系ですから、上質な走行フィールと、BMWらしいアクティブでエモーショナルな走りをお楽しみ頂ける1台。走りの良さと言うと、BMWではMスポーツが大看板と言えますが、少し窮屈なスポーティネスを強いられるMスポーツよりも、毎日の生活に溶け込む「ちょうどよさ」が魅力の「スタイル」を入荷しました。走行距離は5600キロと、非常にローマイレッジな車両。もちろんディーラーのデモカーなどで低走行という訳ではなく、きちんとエンドユーザー様の手元で乗られていた車両。下記のとおりに、定期的にディーラーのサービス工場で法定点検を受けているのが、その証と言えるでしょう。 「スタイル」はノーマルの1シリーズと比較すると、オシャレさがプラスされた車両で、例えばフロントグリルや、バンパーモールにホワイトのアクセントが入るのが外見上の特徴のひとつ。エクステリアだけでなく、インテリアもホワイトをモチーフにしていて、インテリアトリムパネルはホワイトアクリルガラストリムという、まるで真っ白な陶磁器のようなトリムが装着されます。シートマテリアルは、センター部分はファブリックで、サイドサポート部分がレザーとなり、ステッチはグレーと言うオシャレなコンビネーションとなります。ナイトドライブを美しく演出してくれるアンビエントライトは、BMW伝統のアンバーの他に、ブルーにチェンジする事も可能です。 アメニティについても紹介しましょう。オプションで装着されるBMW純正のHDDナビゲーションには、ラジオチューナーとCD再生は当たり前ですが、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、DVD再生、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXなど、多彩な装備となります。ギアをリバースに入れると、バックカメラと障害物センサーのPDCが作動する、パーキングサポートパッケージを装備。 搭載されるエンジンは直列4気筒1600CCターボエンジン。もはや近年のBMWでは定番といえる直4エンジンですが、パワーは136馬力と控えめ。しかし街中での運転のしやすさの指標と言えるトルクは、22,4キロ。おまけにエンジン回転数が1350rpmから4300rpmまでフラットにトルクが出るので、低回転しか回せない街中から、高速道路の追い越し車線まで、見事にカバーしてくれるグッドバランスなエンジン。エコプロモードなどを選択できる、効率の良い8速オートマチックで燃費も良好なのも嬉しいですね。 修復歴は無く、新車当時からの点検記録簿もしっかりと残った車両となります。ボディカラーは精悍で高級感のある、漆黒のブラックサファイア・メタリックで、もちろん入荷の段階でポリマー加工を施してありますから、ボディの塗装の状態も良好です。また、オプションのクルーズコントロールを装着しているので、高そっく道路を多用する方にもいいですね。 平成25年11月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成26年04月 000347キロ 臨時整備履歴(サービスキャンペーン・排水グロメット取り外し) 平成26年11月 000886キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年06月 001394キロ 臨時整備履歴(リコール対応・フューエルポンプ交換) 平成27年11月 001776キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年11月 002655キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成30年11月 004337キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
フォルクスワーゲン
VANAGON CARATCARAT
売約済み
フォルクスワーゲン VANAGON CARAT CARAT

フォルクスワーゲンのVANAGON CARAT(Id:4708138)の中古車詳細 >

48604mile
神奈川県
S.63年(1988)
修復歴 : 無し
T-WORKSで販売させていただいたお客さんにも、心が通じているお客様と通じなかったお客様がいるんです。 僕達は出来る限りの努力をして、ヴァナゴンを再起動させ旅立たせるんですが、いとも簡単に銭儲けだけで クルマを売り飛ばすような心無い買取業者さんへ転売することもあるのです。 今回のキャラットは、たまたま某オークション会場に出品されていたのを発見! T-WORKSへ買い戻す使命感にかられ、ヴァナゴン国内オークションの最高値の落札価格で競り落とし勝ち取ってまいりました。 .......と、言うのも最高値に匹敵するコンデションと、他の人が知らないこのキャラットのヒストリーを僕は知っているからです。 このキャラットは、中部地方の幼稚園経営をされていた方のワンオーナーでした。 ところが、このオーナーがお亡くなりになり、息子さんが後を継いでキャラットを所有していたのですが 自分では維持できなくなるのが見えてきたのでと、T-WORKSへ自走で走ってこられたのです。 そしてツーオーナー目の方へT-WORKSを通してバトンを渡すのですが、 ツーオーナー目の方は裕福な、御宝クルマを何台もお持ちな方で、紫外線の当たらないビルのガレージで保管なされていました。 数年たち、このオーナーがT-WORKSに入場したoettinnger wbx6と、出会ってしまったのです。 またしてもT-WORKSへ、舞い戻り3オーナー目への旅立ちを待つ事になったのです。 3オーナー目は静岡方面の方でした。 それがコレクションのごとく保有なされていた方で、ほとんど走行せづにガレージに入ったまま。 ただし、昨年1月の車検の時はわざわざT-WORKSへ、御持ち込いただけたのに.......... そして、現在4人目のオーナーへバトンタッチをするためにT-WORKSへ戻ってきました。 心のあるユーザーにバトンを渡すつもりです。 それがT-WORKSの役目です。
T-WORKS
フォルクスワーゲン
カラベルoettinnger wbx6
売約済み
フォルクスワーゲン カラベル oettinnger wbx6

フォルクスワーゲンのカラベル(Id:4684656)の中古車詳細 >

174000km
神奈川県
H.2年(1990)
修復歴 : 無し
この物語は、ロングロングアゴーから始まります。 日本に輸入されたエッティンガー自体は、公表上で7台ありました。 そのうち wbx6は、5台。 1台目は、ネット等で公表されている炎上してしまったホワイト。 そうすると、現存するwbx6は4台と推測する。 そして2台目は、当社にあるガンメタリック。 3台目は都内の御寺で所有され、現在は関東地域のどなたかが所有され、過去に当社ヘエンジンオーバーホールの依頼が来たのが1台。 そして4台目は数十年前に、某ウエットスーツオーナーに販売され、四国のサーフショップオーナーの手に渡ったホワイトが1台。 最後の5台目が、どちらにあるかは不明なのが所在を御存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。 残りの2台のエッティンガーは、4気筒エンジンのエッティンガーで、 1台は当社で販売させていただいたレッドボディーのエッティンガー(現在友人の工場でエンジンオーバーホール中) そしてその1台(エアロ付き)を所有されていたツーオーナー目の方が本日、 御来店いただき10年間所有されていたころの話をされていきました。 残るはエアロキット無しの4気筒エンジンガ一台あったと聞いております。 以上が、僕の知っている国内エッティンガーのルーツです。 ほぼ日本上陸した100%のエッティンガーが、東京銀座に店舗を構えていたTOYsBOX(川喜多エンタープライズさん)から ドイツへフルオーダーされたクルマと言っても過言ではないと。 このオーダーの仕方が、クルマ好きのTOYsBOXのスタッフに感心させられるところが見受けられる。 現車を見ると、左ハンドルなのに左スライドドアなのに気付くだろうか? 通常のドイツ仕様は左ハンドル車の場合は、右スライドドアになってしまうのだ。 こんなところにも、TOYsBOXの粋な計らいが感じ取れる。 細かい点では、シートヒーター、ABS,セカンドシートの背もたれだけが分割して倒れる事、 ほんの些細な点だが、ヴァナゴンを熟知した者だけが気付く忖度とも、取れる心遣いだ! いや、心使いもあるが、経営者&スタッフは楽しみながらドイツにオーダーしていたんだろう! そして希少な1台が当社のショールームに入っているのですが、 僕と、このエッティンガーとの出逢いは数十年前にさかのぼるのです。 ある天気の良い日に、いかにもお金持ちそうな白髪の紳士が、買取で当社に入場したのが初めての出会いでした。 残念ながら、この時の買取の話は上手くかみ合わなかった。 しばらくすると、都内の外車屋さんのホームページに載っていたのまでは、知っていた。 それから何年か経過したある日、関西一般ユーザーから一本の買取依頼が舞い込んだ! まさに、都内の外車屋さんから購入されたエッティンガーのようで、僕が買取できなかったエッティンガーだったのだ! 僕は、運命的な流れを感じ、たしか渋滞真っ最中のゴールデンウィークにも関わらず東名高速を、セフティローダーで大阪へ向かい 楽しい会話の末に、ローダーの後ろにはエッティンガーを積んでルンルンと帰ったのでした。 買取する際にすでに気付いてはいたんですが、エンジンから異音が発生していてバルブの頭を打っていました。 前オーナーに問い合わせると、某関西のT3で有名な整備工場でオーバーホールされて整備明細も車内にあるとの事。 現車と見比べ確認すると、エンジンを下ろす際に触らなければ外せないネジが外された形跡なし....... 恐ろしい作業明細を見てしまいました(驚) そんな訳で、当社で販売する時にエンジンを下ろしてオーバーホールして販売しました。 そして前オーナーには5年ほどお乗り頂いたのですがその間に、オーバーヒートでもう1度エンジンを下ろしてオーバーホール。 前オーナーは、旧車を何台もお持ちになられている、とても理解のあるユーザーで完全に紫外線の当たらないガレージで保管。 過剰整備を含めこのoettingerの今後の生き方に影響力のある貢ぎ方をしていただき、推定450万円ほど........(汗) 日本で生息する天然記念物級の扱いをしていただけたのでは、なかなか出来ることではなくoettinnger 本人に代わって御礼申し上げます。 願わくば、恵まれた良い嫁ぎ先へ行くことを望みます。 .........他の画像はもうしばらくお待ちください。 注)写真のサイドオーニングは付属しません。
T-WORKS
menu