-並び替え-

-現在の検索条件-

24
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

メルセデスベンツ
CクラスC63
298万円
新着
メルセデスベンツ Cクラス C63

メルセデスベンツのCクラス(Id:4888175)の中古車詳細 >

19900km
東京都
H.20年(2008)
修復歴 : 無し
「羊の皮を被った狼」 この車にぴったりな言葉かと思います・・・ AMG製 自然吸気 V8 6200cc 457馬力の名機 M156エンジンを搭載したW204型C63 エコとは無縁の贅沢なエンジンを、取り回しに優れたCクラスボディに搭載、まさしく「羊の皮を被った狼」、これ以上の贅沢はありません♪ エンジンスタート時の初爆の瞬間から、AMG 独特の心地良いV8サウンドが所有する悦びを更に高めてくれます♪ 他の63シリーズがダウンサイジング・ターボに変わる中、最後までM156自然吸気エンジンを搭載する大変希少なモデルでございました・・・ この度arjに入庫しました車両は完全屋内保管の2オーナー車、禁煙車、実走行1.9万キロ、フロントフェイスからも荒々しさが窺える前期モデル! もちろん整備は新車時から全て正規ディーラー様で実施されてきた抜群の一台でございます! コンディションの良い車両が減ってきている中、自信をもってオススメできる一台でございます! ご期待してご来店くださいませ♪ 正規輸入ディーラー車 2オーナー車 実走行1.9万キロ 取説関係一式 スペアキー 新車時から正規ディーラー様での整備記録簿多数!! 各種エアバッグ ETC 禁煙車(芳香剤、香水の香りも無し) 完全屋内保管車両 フルオリジナル ガラススライディングルーフ 運転席・助手席メモリー機能付きパワーシート フロントシートヒーター マルチファンクションディスプレイ 電動格納式ウィンカー付ドアミラー バイキセノンヘッドライトシステム アクティブライトシステム ヘッドライトウォッシャー タイヤ空気圧警告システム 純正HDDナビ コマンドシステム パーキングアシストリヤビューカメラ ミュージックレジスター AMGスピードシフトプラス(7速AT) AMGパフォーマンスステアリング AMGデザインメーターパネル AMGパドルシフト AMGスピードシフトプラス AMGスポーツシート(ランバーサポート付) AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート) AMGトランクリッドスポイラーリップ AMGスポーツエキゾーストシステム AMGデュアルツインクロームエキゾーストエンド AMGスポーツサスペンション AMG強化ブレーキシステム 3ステージESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム) チタニウムグレーペイント18インチAMG5スポークアルミホイール ※本車両は正規ディーラー様にて油脂類の交換を含め、厳しい法定点検整備を実施してご納車いたします。 また各種リコール、サービスキャンペーン実施の有無をお調べしてご納車いたしますので、安心してご愛用くださいませ♪
arj
BMW
X1X-DRIVE20i Mスポーツ・パッケージ 純正HDDナビ バックカメラ 新型ターボエンジン
178.2万円
BMW X1 X-DRIVE20i Mスポーツ・パッケージ 純正HDDナビ バックカメラ 新型ターボエンジン

BMWのX1(Id:4864918)の中古車詳細 >

25200km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
元々はスポーツカーとサルーンがメインだったBMWに、突如加わったXシリーズ。当初はX5のみでしたが、サイズやデザインが多岐に渡り、現在では1から7まで勢揃いしているのは、ご存じのことでしょう。今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、末っ子とも言える1。現在販売されるX1は、2シリーズのアクティブツアラーのプラットフォームを使用したため、横置きエンジン&前輪駆動が“らしさ”を削いでいると言われがちですが、こちらの車両は初代の縦置きエンジン&FRレイアウトが基本設計というBMWの伝統を踏襲した年代のE84系。とはいっても、こちらのモデルは4輪駆動のX-DRIVEとなります。 X-DRIVEは前期モデルでは直列6気筒エンジンを搭載したモデルでしか販売されませんでしたが、日本での人気が上がるにつれてラインナップ拡充を図り、モデル中盤では直列4気筒の20iでもX-DRIVEを選択することが可能となりました。20iは言ってみればエンジンパワーはボトムクラスとなりますが、前期モデルとは違い、新開発エンジンはターボ化され、150馬力から184馬力と、約22パーセントアップのパワーとなります。同時にATは前期の6速から、このクラスでは贅沢な8速ATに変更されています。 こちらの車両は、近年のBMWで積極的に選びたくなる、Mスポーツ・パッケージとなります。精悍なエアロ形状のバンパーやサイドステップなどをセットにしたMエアロダイナミクスパッケージ。絶妙なセッティングのスポーツサスペンションに18インチサイズのタイヤ&アルミホイールの組み合わせ。アルミホイールは大胆なデザインの、Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング355Mで、フロントとリアでタイヤもホイールも太さが異なるこだわりのセッティング。インテリアもMスポーツは専用で、ブラックで統一された精悍なアンソラジットカラーで、アルミ素材のインテリアトリムは、クロスにヘアライン加工された鋭い輝きのダークブラッシュド・アルミトリム。しっかりと身体をサポートしてくれるスポーツシートに、手にしっくりと馴染む形状のスポーツステアリングの組み合わせ。特にインテリアは、常に見えて触れる部分だけに、Mスポーツのこだわりが如実に出ていますね。 先に紹介したとおりに、新開発エンジン&8速ATの組み合わせですが、ダブルVANOSやバルブトロニックなどBMWのエンジン技術を集結した直列4気筒2000CCエンジンに、ツインスクロール・ターボチャージャーを組み合わせています。パワーは184馬力で、トルクは27.5キロ。渋滞が多い日本の道で、特に重要視されるのはトルクの数値で、簡単に言えば「重い物を動かす力」がトルクですが、2000CCエンジンとしては27.5キロのトルクは非常に大きい数値で、エンジン回転数が1250~4500rpmの広範囲で最大トルクを発生させるという、非常に乗りやすいエンジンとなります。シフトノブが近年のBMWと同様の電子シフトノブになった、多段でスムーズなATは、低速ではパワフルで、なおかつ省燃費にも貢献。「BMWというと燃費が悪いんじゃないの?」という不安もしっかりと解消しています。 X1ではナビゲーションはオプション扱いとなり、ダッシュボードの上部には小物入れが備わりますが、こちらの車両はオプションの純正ナビゲーションを装着しています。情報量が多く、処理速度が速いHDDナビは、美しいグラフィックも魅力ですね。8.8インチのワイド画面で、2画面表示も可能ですから、大きい画面にはナビゲーションで小さい画面には車両情報などを表示することも可能。ラジオチューナーやCDはもちろん、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクションを装備。お手持ちのMP3プレーヤーやスマートフォンに入れているお気に入りの音楽を車載スピーカーからお楽しみ頂けるAUXジャックの他に、USBオーディオインターフェイスを装備していますから、アーティスト名や曲名などがモニターに映し出され、選曲はiーDRIVEコントローラーやステアリングスイッチでも可能なのは嬉しいポイントですね。 修復歴のない車両で、走行距離は25000キロほどと、年式を考慮すると非常にローマイレッジな車両となります。特にこのようなSUV(BMWではSAVと言いますが)では、ビジネスや日常使用の他に、レジャーにも使用することが多く、どうしても距離が多くなりがち。それが、4輪駆動のX-DRIVEならなおさらの事。なかなかローマイレッジな車両を探すのは難しいのが実情と言えるので、走行距離が少なく、首都圏のBMW正規ディーラーで点検記録簿が発行された車両を探すのは、さらに困難と言えます。夏は海、冬は雪山、春と秋はキャンプやレジャーなど、幅広く活躍できる、頼もしい相棒と言えますね。 平成24年04月 000004キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成25年04月 002726キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成26年03月 006305キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年03月 008925キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成28年03月 012016キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年07月 012458キロ 臨時整備・リコール対応(燃料高圧レール交換・BMWサービス工場) 平成29年02月 013172キロ 法定2年定期点検・ナビバージョンアップ・BPS100項目点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成31年02月 020308キロ 法定2年定期点検・臨時整備・リコール対応(3回目車検・運転席&助手席エアバッグ交換・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
X5X-DRIVE48i Mスポーツ・パッケージ コンフォートパッケージ
198万円
BMW X5 X-DRIVE48i Mスポーツ・パッケージ コンフォートパッケージ

BMWのX5(Id:4862381)の中古車詳細 >

57400km
埼玉県
H.21年(2009)
修復歴 : 無し
ONでは天候や目的地に影響されないビジネスの移動手段として。OFFではラゲッジに趣味のグッズを満載して疲れた身体と心のエナジーチャージに。すべての時間を大切にする貴方の最高の相棒、E70系X5を入荷しました。圧倒的なパワーを誇るV型8気筒4800CCエンジンを搭載したX-DRIVE48iで、もはやBMWを選ぶ時に外すことができない大看板のMスポーツです。BMWが提唱する新しい形のSUVの先駆けとなったX5。日本では少々持て余すボディサイズではありますが、室内とラゲッジの余裕はさすがの一言に尽きますね。武骨な4駆が幅を利かせていた90年代後半に、突如登場したスタイリッシュなX5は衝撃的なデビューでしたね。「都会派SUV」なんて言葉では少々陳腐ではありますが、悪路の走破性だけでなく、スーツにアタッシュケースを持ったビジネスマンの頼れる足として使用してもサマになるプレステージ性を併せ持っています。 そんなX5も、日本に輸入される車両は、年々排気量が小さくなっていく傾向にあります。主な理由はCO2削減となり、大排気量が不利な昨今ですが、やっぱりX5ともなると、それなりのパワーが欲しくなるもの。X5を求めるユーザーは「これくらいのパワーで十分」と言う方は少ないもので、モアパワーを望む方が非常に多く存在します。元来ヨーロッパは馬車文化で、富の象徴は馬の多さ。車のヒエラルキーでも、パワーが必要とされます。 こちらの車両はMスポーツ。もはやBMWにおいてMスポーツを選んでおけば間違いないと言われるほどに、BMWを代表するパッケージオプションですが、Mスポーツを積極的に選びたくなる理由は、ルックスの良さ。精悍なエアロ形状のバンパーや、大きく張り出したオーバーフェンダーなど、BMWのスタイリングの良さに、さらに磨きをかけています。BMWに限らずヨーロッパ車は質実剛健な部分も多く、バンパーやフェンダー部分には未塗装のプラスチックが使用されていたりするもの、Mスポーツではボディ同色で一体感を高め、グッとスタイリッシュになっています。絶妙なセッティングの、Mスポーツ専用サスペンションに組み合わせるのは、19インチサイズのタイヤ&アルミホイール。フロントとリアでサイズが異なるのも、Mスポーツならではのきめ細かいこだわりと言えますね。 それともう一点、強く主張したいポイントは、ボディカラー。こちらの車両は、ボディカラーがブラックサファイア・メタリックとなります。ご存じの方も多いかもしれませんが、Mスポーツ専用のブラックは、カーボンブラック・メタリックで、実際に見てみると、どう贔屓目に見てもブラックとは言い難いカラーで、濃紺と言った方が正しいカラー。もちろんカーボンブラックは精悍で良いカラーなのですが、漆黒のようなブラックをお好みの方には物足りないのも事実。ドレスアップベースで考えるのであれば、純粋なブラックのブラックサファイア・メタリックが魅力的ですね。 こちらの車両は、Mスポーツ・パッケージにプラスして、コンフォート・パッケージも装着されています。コンフォート・パッケージは、パノラマガラスサンルーフ・4ゾーンオートエアコン・コンフォートシート・フロントベンチレーションシート・全席シートヒーターなどなどが装備されています。パノラマガラスサンルーフはBMWオプションとしては有名ですから、ここでの説明は割愛しますが、4ゾーンオートエアコンは、その名の通りに、フロント左右だけでなく、リア左右でも温度調節が可能なエアコン。リア席にお乗りの方も任意で温度が変えられますから、お乗りのすべての方が快適。コンフォートシートは、きめ細やかな調節が可能なシートで、シート背面の上半分だけを前後に調整する事が可能で、身体にフィットするので長時間の移動でも疲れが最小限なシート。フロントベンチレーションシートは、いわゆるシートエアコンで、シートから微弱な風を出しますから、夏場などに熱が籠りがちなレザーシートの場合はマストアイテムと言えるほどに快適。フロントシートのシートヒーターは装着されている車は多いですが、リアシートにもシートヒーターが内蔵されます。また、コンフォート・パッケージの場合は、シートに通気の穴が開いているバーフォレーテッド・ネバダレザーシートとなります。 E70系でもモデル中盤になると、ナビゲーションやアメニティ面がグッと近代化されているのも嬉しいポイント。初期モデルでは、いわゆる「CCCナビ」を装着していましたが、次世代ナビとなる「CICナビ」が搭載されます。ナビゲーションは従来と同じHDDナビですが、画面の美しさや処理速度の速さ、ナビゲーションとしての機能を大幅に充実させています。初期モデルのX5で特に評判の悪かったバックカメラは、鮮明なバックカメラに加え、上空からの画像のトップビューモニターにも切り替えが可能。もちろんフロント&リアバンパーには障害物センサーのPDCが装備されています。 オーディオも刷新されていて、CDプレーヤーだけでなくCD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、DVDプレーヤー、フルセグ地上デジタルTV、MP3プレーヤーやスマートフォンの音楽をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャックなどを装備しています。 修復歴は無く、点検記録簿もしっかりと完備した、禁煙車となります。X5と言うと、多用途なそのキャラクターなせいか、荒く使われたのがが心配ですが、こちらの車両は修復歴も無く、キレイな状態をキープした車両ですから、その点もご心配なく。BMWのSUV(いままで分かりやすく説明するためにSUVと言っていましたが、BMWの場合はSAVが正しいのです)のフラッグシップのX7が登場していますが、過密した日本の道路事情ではX5が実質フルサイズとなるかと思います。そんな中でX5をチョイスするのも、悪くない選択肢だと言えますね。 平成21年12月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成22年11月 014512キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年05月 026011キロ 臨時整備履歴・リコール(バキュームライン点検・BMWサービス工場) 平成25年12月 028159キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年06月 033292キロ 臨時整備履歴・リコール(フューエルポンプ交換・BMWサービス工場) 平成27年12月 035061キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年12月 038755キロ 法定2年定期点検(BMWサービス工場) 平成29年12月 042997キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成30年12月 049761キロ 法定2年定期点検・リコール(運転席・助手席エアバッグ交換・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
5シリーズ528iA Mスポーツ・パッケージ 20インチAW REMUSマフラー レザー 地デジ
198万円
BMW 5シリーズ 528iA Mスポーツ・パッケージ 20インチAW REMUSマフラー レザー 地デジ

BMWの5シリーズ(Id:4851804)の中古車詳細 >

55300km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
ドイツプレミアムブランドのEセグメントと言えば、メルセデスのEクラスとBMWの5シリーズが二巨頭と言えるでしょう。最近はアウディも追いつきつつある中で、BMWは「走り」を全面的に押し出して、スポーツセダンのベンチマークとなっています。ステアリングを握る時間に歓びを感じる方であれば、このセグメントのベストバイは5シリーズ。その中でもスポーティな味付けが濃い目なMスポーツを選びたくなるもの。そんなあなたにピッタリな1台が、ロッソカーズのラインナップに加わりました。現行モデルがかなりなキープコンセプトなこともあり、現在の目で見ても古さを感じさせない先代モデルのF10系5シリーズのMスポーツです。 「BMWと言えば、直列6気筒エンジンでしょう!」という方もだいぶ減ってきましたね。一世代前のBMWと言えば「シルキーシックス」と言われた滑らかな回転フィールと、湧き上がるパワー&トルクのエンジンで、世の中のカーマニアを魅了していたもの。BMWの直列4気筒エンジンは「安いグレードのおまけ程度」と言ったら言い過ぎかもしれませんが、まるでシンデレラのように虐げられていたエンジンでした。しかし時が経てば立場が逆転するのはシンデレラも直列4気筒エンジンも一緒。エココンシャスなヨーロッパでは、もはや市民権は直列4気筒エンジンと言えます。確かに近年の直列4気筒エンジンは、低回転からモリモリ湧き出るトルクで走らせるので、ストップ&ゴーが多い日本でも扱いやすいエンジン。もはやBMWの直列6気筒エンジンは、普通のBMWでは満足できないマニアにターゲットを絞った高性能バージョンとお考えいただくのが正しいかもしれませんね。 こちらの車両はMスポーツですから、その名に恥じない走りの良さにも触れておきましょう。ノーマルグレードよりも締め上げられたスポーツサスペンションに、エアロ形状のバンパー&サイドステップが装着されたエクステリアが精悍で若々しい印象を与えてくれ、ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーのインテリアも魅力。正確なステアリングワークを約束してくれるスポーツステアリングは、ノーマルと比較するとグリップが太くて小径で、手にしっくりと馴染むデザインで、+-でシフトアップ&ダウンが可能なパドルシフトを装備。シートは激しいドライビングの横Gでも、しっかりと身体をホールドしてくれるスポーツシートとなります。インテリアトリムパネルは、アルミ素材でクールな輝きの、アルミニウム・ヘキサゴントリムとなります。 本来であれば、爽やかで清潔感のあるアルピンホワイトのMスポーツは、それだけで人気のあるグレードとなりますが、やはりBMWファンでは、それでは物足りないという贅沢な方が多いのも事実。ベースが良いだけに、さらなる高みを目指してドレスアップされるオーナーさんが多いのがBMWファンの特徴。さらに悪いことに、BMWはドレスアップやチューニングのパーツが豊富で、オーナーさんの頭を悩ませるところです。いや、もちろん良い意味でですがね。足元はBMW純正オプションの、20インチサイズのクロススポークスタイリング312を装着しています。ノーマルグレードで17インチ、Mスポーツで18インチですから、さすがに2インチアップは迫力がありますね。カラーは精悍なフェリックグレーとなります。心地よいエキゾーストサウンドをお楽しみ頂けるマフラーは、オーストリア発祥のREMUSスポーツマフラーを装着しています。テール部分はカーボンのアクセントが入る、ストリートレースWです。また、近年特に人気の高いブラックグリルを装着して、顔つきを精悍にしてくれているのと、後方の気流を整え、リアからの眺めをキリッと引き締めてくれる、トランクスポイラーを装着しています。ボディ同色で、さりげなく高性能を主張するデザインです。 いっくらスポーティネスを売りにしているとは言え、装備に不満があっては群雄割拠のEセグメントの中では生き残れません。その点もご心配なく。欲しい装備はほとんど揃っていると思っていただいて結構です。たとえばキーを持ち歩いていれば、ドアロック&アンロックや、エンジンのスタート&ストップが可能なコンフォートアクセス、純正で装着されるHDDナビゲーションには、AM/FMラジオチューナーとCDはもちろん、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクションと、フルセグの地上デジタルチューナー、DVDプレーヤー、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャック、Bluetoothはお手持ちのスマートフォンとペアリングしておけばハンズフリー通話が可能。バックカメラと、前後のバンパーに内蔵された障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)により、苦手な車庫入れや、狭い場所での切り返しも楽に行えますね。インテリアの各部には、ナイトドライブを美しく演出してくれる、間接照明のアンビエントライトがアンバーにやさしく照らしてくれます。 そして528i以上のグレードには、上質な触り心地のダコタレザーシートが装備され、寒い朝でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターを、フロントシートに装備。シートのアジャストやステアリングのチルト&テレスコピックは電動で、2人分のポジションを記憶可能なメモリー機能を備えています。また、後席にお乗りになる大切な方に容赦なく降りそそぐ直射日光を優しく遮ってくれ、プライバシーを守ってくれるリアローラーブラインドを装備。リアガラスは電動で運転席から操作が可能で、リアドアガラスは巻き取り式の手動で、三角窓部分にも装備されます。 先にもご紹介したとおりに、こちらの車両は直列4気筒エンジンを搭載。C2削減を主な理由として採用されている直列4気筒エンジンですが、しかしBMWが造ったエンジンですから、退屈なエンジンなはずがありません。528iは同じ系統のエンジンの523iと比較すると、よりパワフルなハイプレッシャーターボを装着したエンジンは245馬力で、力強く走らせる為に必要なトルクは37.5キロとなりますから、必要にして十分、いや、十分以上と言えるでしょう。なぜならば、その35.75キロのトルクは、アイドリングから少しだけ回転数を上げた1250rpmから4800rpmまでフラットなアウトプットなので非常にパワフル。事実、初期モデルの直列6気筒エンジン搭載の528iよりも0→100km/hの加速タイムは短く、走りの良さに関しては直列4気筒の方が優位となります。そして大幅に燃費が良く、税制面でも嬉しい2000CCの排気量となりますから、積極的に選びたくなってしまうエンジンですね。組み合わされるオートマチックは、多段の8速となりますから、効率が良く、スパスパとシフトアップしてゆきますが、シフトショックも少なく、今現在この車は何速で走っているのだろう?と疑問に思ってしまうほどにスムーズ。燃費が良いのも嬉しいポイントですね。シフトノブは近年のBMWと同様の電子シフトノブで、素早い操作が可能なスポーツシフトノブを採用しています。また、ステアリングから手を放すこと無く、シフトアップ&ダウンが可能なパドルシフトを装備しています。 修復歴は無く、記録簿もしっかりと完備した車両となります。インテリアの灰皿やシガーライターは使用した形跡もなく、シートやカーペットへの焦げ跡や嫌なタバコ臭さもない禁煙車となります。また、写真には掲載されていませんが、インテリアの足元を精悍にしてくれるBMW純正オプションの、Mパフォーマンスの、ステンレススチールペダルを装着しています。ノーマルのF10系5シリーズでは物足りない方の為にMスポーツ・パッケージが存在しますが、こちらの車両はすでにMスポーツをベースに手が入っているので、このまま乗ってもいいですし、さらなるドレスアップをしてもサマになる1台と言えますね。 平成23年12月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成24年12月 004080キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年11月 007481キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成26年12月 010626キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成27年11月 013298キロ 臨時整備履歴(リコール対応・オイルフィルターモジュール交換・BMWサービス工場) 平成28年09月 014066キロ 臨時整備履歴(リアブレーキパッド交換・リコール対応・燃料高圧レール交換・BMWサービス工場) 平成28年11月 029743キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成29年11月 034009キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成30年10月 039439キロ 法定2年定期点検(3回目車検・BMWサービス工場) 令和01年11月 048695キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
スズキ
ワゴンRスティングレーX エアロ16AW車高調マフラーHIDLEDフォグナビ地デジ
55万円
スズキ ワゴンRスティングレー X エアロ16AW車高調マフラーHIDLEDフォグナビ地デジ

スズキのワゴンRスティングレー(Id:4847577)の中古車詳細 >

28400km
千葉県
H.22年(2010)
修復歴 : 無し
高画質HD動画はこちら(YouTube)↓ https://www.youtube.com/watch?v=rBYwAmUMbJg 詳細画像はこちら(YouTube)↓ https://www.youtube.com/watch?v=LIcIjrtZHIg ★出ました!軽カーの定番!スズキMH23S型ワゴンR/スティングレー!H22年6月登録! ★660X/2WD/5ドア/4人乗り!O/D付インパネCVTオートマ車!パールホワイト(Z7T)! ★実走行28,400km!取説&新車時保証書/整備記録簿完備!車検R3年8月22日まで! ★修復歴無し!ボンネットやフェンダーの脱着歴もございません!第三者AIS鑑定書付! ★660cc/K6A型直列3気筒DOHCエンジン搭載の54馬力!気になる燃費は23,0km/L! ★H22年度燃費基準+25%達成車!H17年排出ガス認定基準/四ツ星低排出ガス車です! ★純正フルエアロ!純正専用エアロバンパー前後!サイドステップ!純正リアスポイラー! ★純正クリアスケルトンタイプフロントグリル!ハイマウントランプ!ルーフアンテナ! ★純正HIDプロジェクターヘッドライト!社外LEDキット付フォグランプ!エンブレム! ★純正クリアレンズコンビネーションランプ!リアワイパー!純正サイドドアバイザー! ★UVカットガラス!プライバシーガラス!リア5面フィルム施工!同色アウターハンドル! ★同色電動格納式ドアミラー!柿本改製GT-BOX/06&Sチタンフェイス/ステンマフラー! ★オフビート製バウンティコレクションBD00(ゴールド)16インチアルミ!5.5J+45! ★タイヤはクムホ製ECSTA!165-50R16!4本山有ります!純正アルミ14インチ有ります! ★RS-R製Black☆i/フルタップ式車高調(レンチ有)!F/ディスク:R/ドラム式ブレーキ! ★社外電子ホーン!ポジション球&ナンバー灯/LED化!純正マフラー&足廻り有ります! ★イクリプス製地デジワンセグ付メモリーナビ/AVN1000!6スピーカー!CD+ラジオ! ★パナソニック製アンテナ分離型ETC/CY-RT906D!純正イルミネーションフットランプ! ★Wエアバック!ABS!スマートキーx2!イモビライザー!純正セキュリティーアラーム! ★プッシュ式エンジンスターター!ユピテル製リモコンエンジンスターター/VE-E37! ★KEIYO製ドライブレコーダー/AN-R012!フロアマット!パワステ!パワーウインドー! ★集中ドアロック!オートエアコン!抗菌フィルター!純正革巻ステアリング(チルト付)! ★ブルー照明自発光式3連アナログスピードメーター!足踏式パーキングブレーキ! ★メッキインナードアハンドル!フロントベンチシート!シルバー加飾付き黒インパネ! ★フロントアームレスト!運転席シートアジャスター!運転席格納式ドリンクホルダー! ★サングラスホルダー!運転席助手席シートバックポケット!買い物フック!ドアポケット! ★インパネボックス!グローブボックス!助手席アンダーボックス/取り外し可能です! ★サンバイザー!運転席助手席バニティーミラー!ルームランプ!ラゲージルームランプ! ★分割可倒スライド式リアシート!リアセンターアームレスト!リアデフォッガー! ★ラゲージルームサイドボックス!パンク修理キット/ジャッキ/車載工具も完備です! ★すべての機関整備済みで納車になりますのでご安心下さい!もちろん保証付き! ★格安にてドレスアップパーツやETC等のアフターパーツもお取付け可能です! ★北海道から沖縄まで全国どこでもお納車致します!格安にてお見積もり致します! ★お気軽にお問い合わせ下さい!全国からのお問い合わせをお待ちしております! ★当社にてお車をご購入頂きますと、お乗りの間ず~とオイル交換無料です! ☆☆まだまだ他にも在庫がたくさんございます☆☆ ☆☆☆☆お問い合わせお待ちしております☆☆☆☆ ☆☆スズキMH23S型ワゴンRスティングレーの詳細は!?☆☆ 正常進化で使い勝手と快適性がさらに増した!4代目となる軽ハイトワゴンの人気モデル。新プラットフォームなどにより室内はさらに広くなり、室内長は旧型より105mm拡大。前後の乗員距離は140mm拡大している。静粛性を向上させ、リアフロアを、フラットでステップとフロアの段差をフラットとするなど、快適性も配慮。もちろん、シートアレンジや豊富な収納などの使い勝手もさらに進化した。また、スケルトンクローム仕様のフロントグリルの外観や、黒基調にシルバー加飾やイルミネーションで演出された室内が特徴の、個性的なスティングレーもラインナップする。低速トルクをアップさせたNAエンジンには5MT/4AT/CVTを、64psを発生する新開発ターボエンジンにはCVTが組み合わされている。
株式会社 カーショップライズ 千葉店
BMW
3シリーズ320iA エクセレンスエディション 限定車 ベージュレザー 17インチアルミ HDDナビ
79.7万円
BMW 3シリーズ 320iA エクセレンスエディション 限定車 ベージュレザー 17インチアルミ HDDナビ

BMWの3シリーズ(Id:4826938)の中古車詳細 >

56600km
埼玉県
H.23年(2011)
修復歴 : 無し
「希少性」という言葉に弱い方も多い事でしょう。かく言う私もその一人ですが、誰も持っていない物を所有する優越感は、何事にも代えがたいですよね。もちろん自己満足と言ってしまえばそれまでですが、同じ車種で同じボディカラーの車とすれ違ったときや、駐車場で並んでしまった時など、なんとなく心に引っかかるものがありますよね。それを解消するいい方法は、他の人が持っていない車を所有する事。そんな事を言うと、BMWならMモデルやアルピナ、いや、もはやビンテージカーと言われるような高額な車を買うようじゃないか、なんて思われてしまいそうですが、今あなたの目の前にある車は、180台しか存在しません。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1台は、わずか180台しか用意されなかった特別な3シリーズ。もっとも限定車ですから、普通の3シリーズと同じように、フレンドリーに付き合える1台です。「エクセレンスエディション」というネーミングのこちらの車両は、E90系の320iの最終モデルをベースに、特別装備を装着した車両。ちなみに、セダン180台、ツーリング70台ですが、ボディカラーはブラックサファイアとプラチナブロンズの2色がチョイスできたので、厳密に言えばプラチナブロンズのエクセレンスエディションは180台以下なのですがね。 320iには「ハイライン」というパッケージオプションも存在しますが、エクセレンスエディションではハイラインよりもさらに装備が良くなっているのが特徴。外から見ると、アルミホイールが違うのに目が行きます。標準モデルでは16インチサイズですが、エクセレンスエディションでは、17インチサイズの、Vスポークスタイリング285が装着されます。タイヤはBMW認定のスターマークが入ったピレリ製のランフラット・タイヤが装着されます。また、サイドガラスのモールはクローム加工されたステンレス製モールの、クロームライン・エクステリアとなります。フロントバンパーのロワーグリルモールも、マットシルバーになるのも特徴的ですね。 コンフォートアクセスが装備されているので、キーをバッグやポケットから取り出さなくても、ドアハンドルに触れるだけでロックオープンになるドアを開けると、エクセレンスエディション専用のエントランスプレートが出迎えてくれます。キラリと鋭く輝くメタル製で、助手席ドア部分にも装着されているので、助手席に座る方へのインパクトもありますね。シートはベージュよりも明るい、オイスターというカラーネーム。上質なダコタレザーは触り心地が良く、もちろん寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれるシートヒーターを装備しています。ダッシュボードに装着されるトリムパネルは、エクセレンスエディション専用のインテリアトリムの、ハイグロスインテリアトリムパネルを装備。艶のある漆黒で、鏡面仕上げのピアノのような美しさとなります。 もはやE90系の最終モデルでは、3シリーズとは言え、兄貴分の5シリーズに負けず劣らずの標準装備ですから、装備に関しては文句が無いでしょう。美しいグラフィックに、処理速度の速いHDDナビゲーションは、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、DVDプレーヤー、スマートフォンでハンズフリー通話できるBluetooth、スマホやMP3プレーヤーの音楽をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXジャックなど、アメニティ面も充実。オーディオを、ステアリングを握ったままで操作が可能な、ステアリングスイッチのマルチファンクション・スイッチを装備しています。エアコンは、左右独立で温度の調節が可能なフルオートエアコン。どうしても運転しているドライバーさんの方が、涼しい設定にしたくなるので、左右で温度が変えられるのは嬉しいですね。ETCはBMW純正のルームミラー内蔵タイプですから、カードもスッキリと収納できます。 ヘッドライトは明るさと優れた省消費電力を兼ね備えた、バイキセノン・ヘッドライトで、ウインカーはLEDとなります。もちろんヘッドライトには、BMWの夜の顔とも言える、リング状に輝くポジションライト(もはやイカリングと言った方が伝わりやすいですね)が装備され、テールランプもLEDテールとなります。ライトは周囲の明るさを感知して、ライトのON/OFFをしてくれる、オートライトを装備。ワイパーはフロントガラスに当たった雨粒を感知して、適切なスピードでワイパーを動かしてくれる、オートワイパーのレインセンサーを装備しています。 搭載されるエンジンは、省燃費と高性能の両方を兼ね備えた直列4気筒2000CCエンジンを搭載します。LCIモデルでも前期と後期があり、後期ではエンジンが直噴エンジンとなり、燃費が大幅に良くなった点や、パワフルになった点など、やはりエンジンは新しいに越したことないな、と思わせてくれます。カタログパワーは170馬力で、トルクは21.4キロと、軽量なボディをグイグイ走らせてくれます。組み合わされるATは、マニュアル操作も可能なステップトロニック搭載の6速ATとなります。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります。インテリアの灰皿やシガーライターは未使用で、シートやカーペットへの焦げ跡や、イヤなタバコのにおいもありません。希少性の高い限定車ですから、初めての輸入車としても良いですし、様々な輸入車を乗り継いだ通な方にもピッタリ。BMWライフを満喫するのにちょうどいい1台と言えるでしょう。 平成23年03月 新車保証書発行 (BMWサービス工場) 平成24年02月 005029キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成25年02月 011658キロ 法定1年定期点検・サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成25年04月 012497キロ 臨時整備履歴(リコール対応・BMWサービス工場) 平成26年02月 017907キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成27年02月 025096キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年03月 032690キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 平成28年05月 034205キロ サービスキャンペーン(BMWサービス工場) 平成29年03月 039809キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成30年10月 044366キロ 法定2年定期点検
ロッソカーズ
BMW
ミニミニクーパーD ナビゲーション&ペッパーパッケージ 後期テール LEDライト
248.6万円
BMW ミニ ミニクーパーD ナビゲーション&ペッパーパッケージ 後期テール LEDライト

BMWのミニ(Id:4811467)の中古車詳細 >

8900km
埼玉県
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
ミニと言うとそのボディサイズから、やはり街中を走る車というイメージが先行しがちですが、ここ最近のミニはBMWのFFレイアウトのプラットフォームを使っている事もあり、実は長距離移動も得意分野になっています。そして長距離の高速道路を走る時に楽なのは、トルクのあるエンジンである事。トルクのあるエンジンなら、排気量の大きいエンジンを選ぶが、ディーゼルエンジンを選ぶかの二択と言えるでしょう。街中から高速移動まで、不満の無い動力性能を持ちながらも、スタイリングも可愛らしく、過密した都市部でもスイスイ走れるボディサイズという、魅力がギュギュっと凝縮した、ミニクーパーDを入荷しました。 過去の東京都知事が行った、黒い粉をペットボトルに入れて振り回して、地球環境の敵と言わんばかりのパフォーマンスのおかげで、日本ではディーゼルエンジンは肩身が狭い思いをしてきたかと思いますが、確かに以前のディーゼルエンジンを搭載した車と言うと「遅い」「うるさい」「振動が大きい」「黒煙を吐く」と、いいとこ無しな車が多かったですが、近年では日本でもだいぶ市民権を得てきた印象のあるディーゼルエンジンを搭載した乗用車。実はヨーロッパではずいぶん前からディーゼルエンジンの車は市民権を得ていて、ほぼすべての車種にガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方を選ぶことが可能。日本にもここ最近では両方を選択でき、好きな方を選ぶ事ができますが、年配の方であればあるほどガソリン車を選び、若い方ほどディーゼルエンジンを選ぶという統計が出ているのも、昔のディーゼルエンジンの印象の悪さでしょう。逆を言えば、昔のお粗末なディーゼルエンジンを知らない若い方たちからすると、ガソリンエンジンよりも魅力的に見えるのでしょうね。昔ほどうるさくなく、燃費が良くて、ガス代も少なくて済むわけですからね。ちなみにミニクーパーDに搭載されるエンジンは、直列3気筒1500CCターボのディーゼルエンジンで、パワーは116馬力、トルクは27.5キロと、軽量なボディをグイグイ引っ張って行きます。 エンジンの前置きが長くなりましたが、やっぱりミニの魅力と言えば、そのデザインの良さ。近年では車幅が拡がり3ナンバーサイズとなりましたが、それでも十分にコンパクト。でも室内は意外に広く、スタイリングの良さと使い勝手と、キビキビした走りの、すべてを高次元で兼ね備えています。特に新世代ミニの「三代目」と言えるF56系では、先に記載したとおりにBMWのFFプラットフォームを共用している事で、従来のミニとは格が違う、上質な走りを体験して頂けます。F56系にモデルチェンジして失ったものは、強いて言えば今まではギリギリで5ナンバーサイズを保っていた点ですが、数センチばっかり大きくなったからと言って目くじら立てて「あんなのミニじゃない」なんて言ってる人には、ぜひ実際に乗っていただき、良さを味わって頂きたいですね。ミニ伝統の走りの良さとパッケージングの良さを、現代風にアレンジしたドライバビリティに、誰がどう見てもミニにしか見えないスタイリングで、あっという間に否定派の皆さんの意見は説得力を失って行く事でしょう。 ミニの良いところは、伝統を守るところは守って、他のところは今の車と遜色なくお乗り頂けるところ。装備に関してご説明しますと、こちらの車両は純正オプションのHDDナビゲーションを装着しています。AUX/USB/Bluetoothを装備していますので、スマートフォンやMP3プレーヤーなどに入った音楽を聴いたり、ミュージックサーバーのMusicコレクションなどを装備。もちろんアーティスト名やアルバム名、曲名やCDジャケットなども表示され(一部CDや外部機器では表示されない場合があります)、Bluetoothはハンズフリー電話としても使用可能です。また、バックカメラが装備され、ギアをリバースに入れると画面がバックカメラと障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)に切り替わります。PDCはリアバンパーに内蔵され、音とグラフィックで障害物が近づいている事を知らせてくれます。 また、パッケージオプションのペッパーパッケージを装備しています。ペッパーパッケージの内訳は、 ・ラゲッジスペースの深さを拡大できる、ストレージ・パッケージ ・室内のアンビエントライト(間接照明)をお好きなカラーに変更できる、ライト・パッケージ ・センターメーターの周囲のメーターリングがLEDのディスプレイリングで、お好きなカラーやエンジン回転数と同調させられる、MINIエキサイトメントパッケージ ・フロントガラスに当たる雨粒を感知して、適切なスピードでワイパーを動かしてくれるオートワイパーの、レインセンサー 上記のオプションをセットしています。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両となります。ボディカラーはF56系ミニのデビュー当時のイメージカラーだった、ボルカニックオレンジと、ブラックのルーフの組み合わせとなります。ヘッドライトは明るいLEDヘッドライトで、この年式ではデイライトも装備しています。ディーラーオプションとして、本来はクロームのヘッドライト&テールライトリングが、艶のあるブラックに変更された、シャドーライン・エクステリアを装着。インテリアでは、ドアロックピンと、足元を照らすカーテシライトがミニのエンブレムとなるドアプロジェクターを装備。また、後期モデルに装着される、ユニオンジャック・テールライトを装着しているのも魅力的ですね。 平成29年04月 000007キロ MINI納車前点検(MINIサービス工場) 平成30年03月 002917キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成31年03月 006174キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 令和01年09月 007469キロ リコール対応・EGRモジュール点検&交換(MINIサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
1シリーズ116iA ファッショニスタ インテリジェントセーフティ ベージュレザー ナビ&バックカメラ タイヤ新品
159.5万円
BMW 1シリーズ 116iA ファッショニスタ インテリジェントセーフティ ベージュレザー ナビ&バックカメラ タイヤ新品

BMWの1シリーズ(Id:4811465)の中古車詳細 >

18300km
埼玉県
H.25年(2013)
修復歴 : 無し
近年のBMWの大きな動きと言えば、BMWが嫌いだったはずのFF化がどんどん進んでいる点ではないでしょうか。BMWと言うと、操舵と駆動が別々のFRレイアウトにこだわっていたイメージが大きく、往年のBMWファンにとっては嘆かわしいに尽きると思います。しかし乗ってみると、他メーカーのFFの車両よりも、FF特有の嫌な癖がなく、さすがBMWだなと納得してしまう部分もあります。しかし残念なことに、もうひとつのBMWのこだわりの、前後配分を50:50に近づけることはフロントヘビーになるFFには無理な様子。今後もFFのBMWが増えてゆく事を考えると、今のうちにコンパクトなFRのBMWを体験しておいた方がいいかもしれませんね。 今回ロッソカーズのラインナップに加わったBMWは、末っ子の1シリーズ。とは言えプラットフォームが新設計(というよりも上級車種に近い設計)のF20系ですから、上質な走行フィールと、BMWらしいアクティブでエモーショナルな走りをお楽しみ頂ける1台。走りの良さと言うと、BMWではMスポーツが大看板と言えますが、少し窮屈なスポーティネスを強いられるMスポーツよりも、毎日の生活に溶け込む「ちょうどよさ」が魅力のファッショニスタを入荷しました。 ファッショニスタは1シリーズをベースに、魅力的な装備を満載した車両。何度か登場しているお馴染みの限定車となりますが、こちらの車両では、ベース車両にドライビングアシスタントや、BMWコネクテッド&SOSコールが装備された年代となります。ファッショニスタのエクステリアは、専用の17インチサイズのYスポークスタイリング380アルミホイール。BMWの象徴と言えるキドニーグリルは、縦のバーがホワイトとなります。そして何と言ってもインテリアの上質さが見事。通常のベージュよりも明るい色味で華やかなインテリアにしてくれる、オイスターカラーのインテリア。シートは上質な触り心地のダコタレザーで、寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれる、シートヒーターを装備しています。組み合わされるインテリアトリムは、ダークな色調のファインライン・ストリームウッドトリム。天然木材を加工したトリムパネルで、美しい木目と、鏡面仕上げが特徴的ですね。近年のBMWと同様の操作方法の電子シフトノブの前方には、ファッショニスタ専用のエンブレムが装着されます。 アメニティについても紹介しましょう。BMW純正のHDDナビゲーションには、ラジオチューナーとCD再生は当たり前ですが、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、DVD再生、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXとUSBオーディオインターフェース(iPODなどを使用すれば、アーティスト名・タイトル・ジャケット画像などが表示されます)、Bluetoothなど、多彩な装備となります。ギアをリバースに入れると、バックカメラと障害物センサーのPDCが作動する、パーキングサポートパッケージを装備。ナビゲーションなどを操作するiーDRIVEコントローラーは、指で文字を直接書き込むことができるタッチパッドに進化しています。 搭載されるエンジンは直列4気筒1600CCターボエンジン。もはや近年のBMWでは定番といえる直4エンジンですが、パワーは136馬力と控えめ。しかし街中での運転のしやすさの指標と言えるトルクは、22,4キロ。おまけにエンジン回転数が1350rpmから4300rpmまでフラットにトルクが出るので、低回転しか回せない街中から、高速道路の追い越し車線まで、見事にカバーしてくれるグッドバランスなエンジン。エコプロモードなどを選択できる、効率の良い8速オートマチックで燃費も良好なのも嬉しいですね。 特に近年、注目されているのが安全装備。毎日のように痛ましい自動車事故がニュースで報道されますが、こちらの車両にはドライビングアシスタントが装備されます。フロントガラスに装着された、前方をモニタリングするカメラにより、前車接近警告や、必要に応じて自動ブレーキ介入で衝突被害を最小限に軽減。また、一定以上のスピードでは道路の白線をモニタリングして、車線に近づき過ぎた時にステアリングでドライバーに警告を促すレーンデパーチャーウォーニングを装備。BMWファンのみなさんは、一定以上のドライビングスキルをお持ちでしょうから、こういった装備は余計なお世話、なんて方も多いかもしれませんが、今までは散ってしまった命が、こういった装備を装着することにより、ひとつでも多く助かるのであれば、いち車好きとしては、車社会の未来は明るいのではないかと安心できますね。そんな小難しい事を考えなくても、人間はうっかりミスもありますし、平等に歳を取って行きますから、車が助けてくれるのが有難い限りですね。 修復歴は無く、新車当時からの点検記録簿もしっかりと完備した車両となります。ボディカラーはホワイトですが、ソリッドのアルピンホワイト3ではなく、メタリックの粒子が美しい、ミネラルホワイト・メタリックとなります。タイヤは4本とも新品に交換済みとなります。BMW認定のランフラットタイヤではありませんが、ノーマルタイヤの乗り心地の良さも捨てがたい部分で、特に1シリーズのように軽量な車両重量の場合、ランフラットタイヤよりもノーマルタイヤの方が車のキャラクターに合っていると言えるでしょう 平成25年09月 000014キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成26年05月 001291キロ サービスキャンペーン・排水グロメット取り外し(BMWサービス工場) 平成26年09月 002290キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成27年08月 005879キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 平成28年09月 010290キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場) 平成30年09月 015440キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場) 令和02年07月 017589キロ リコール対応・フューエルタンク交換(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
BMW
1シリーズ116iA Mスポーツ・パッケージ ワンオーナー HDDナビ バックカメラ
159.5万円
BMW 1シリーズ 116iA Mスポーツ・パッケージ ワンオーナー HDDナビ バックカメラ

BMWの1シリーズ(Id:4731437)の中古車詳細 >

18200km
埼玉県
H.27年(2015)
修復歴 : 無し
BMWファンであれば、近年の残念なニュースと言えば、1シリーズのFF化が筆頭となるでしょう。先代となったF20系1シリーズの生産が終了したことで、Cセグメントで唯一と言えるFRコンパクトカーは消滅してしまいました。BMWが満を持して出した新型1シリーズですから、良くできた車に間違いはありませんが、なんとなく寂しいというか、ぽっかりと心に穴が開いてしまったような気分のBMWファンも多い事でしょう。そうなってくると、俄然 歴代の1シリーズが魅力的に見えてきますね。BMWらしい活発なエンジンのパワーをリアタイヤで蹴飛ばすように走れるFRの1シリーズの中でも、兄貴分の3シリーズに近い上質さも兼ね備えたF20系あたりを次の相棒に考えている方も多いのではないでしょうか。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった1シリーズは、前期モデル。デビューした時には見慣れなかった顔つきですが、見慣れるの悪くない、いわゆる「ブサカワ」な前期モデルとなります。ファニーな見た目と、ダイナミックな走りというギャップもたまらないですね。こちらの車両はBMWであればついつい選びたくなってしまうMスポーツで、ボディカラーもMスポーツ専用のエストリル・ブルー・メタリックです。 こちらの車両は都内ワンオーナーの車両で、点検整備などはすべてBMWサービス工場で行われています。また、2019年3月にはBMWオリジナルのボディコーティングのイノベクションと、ホイールコーティングを施工していますので、ボディやホイールのコンディションも良好です。走行距離も18200キロと、ローマイレッジな車両。インテリアは禁煙ですから、シートやカーペットへの焦げ跡や、嫌なタバコ臭さもまったくありません。また、前期モデルでもLCIモデル登場の直前のモデルだと、BMWが提供するテレマティックサービスのBMWコネクテッドドライブや、緊急時にオペレーターと会話ができるSOSコール、ミラーETCがITSスポット対応のETC2.0に進化している点も注目ですね。 BMW純正のHDDナビゲーションには、ラジオチューナーとCD再生は当たり前ですが、CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション、DVD再生、スマートフォンやMP3プレーヤーの音源をクリアな音質でお楽しみ頂けるAUXとUSBオーディオインターフェース(iPODなどを使用すれば、アーティスト名・タイトル・ジャケット画像などが表示されます)、Bluetoothなど、多彩な装備となります。ギアをリバースに入れると、バックカメラと障害物センサーのPDCが作動する、パーキングサポートパッケージを装備。ナビゲーションなどを操作するiーDRIVEコントローラーは、指で文字を直接書き込むことができるタッチパッドに進化しています。 搭載されるエンジンは直列4気筒1600CCターボエンジン。もはや近年のBMWでは定番といえる直4エンジンですが、パワーは136馬力と控えめ。しかし街中での運転のしやすさの指標と言えるトルクは、22,4キロ。おまけにエンジン回転数が1350rpmから4300rpmまでフラットにトルクが出るので、低回転しか回せない街中から、高速道路の追い越し車線まで、見事にカバーしてくれるグッドバランスなエンジン。エコプロモードなどを選択できる、効率の良い8速オートマチックで燃費も良好なのも嬉しいですね。 修復歴はなく、前述したとおりに都内ワンオーナーで禁煙車の車両となります。 平成27年02月 BMW納車前点検(BMWサービス工場) 平成30年02月 012040キロ 法定2年定期点検(1回目車検&リコール対応・BMWサービス工場) 平成31年02月 015006キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場) 令和01年12月 017173キロ サービスキャンペーン(ETC2.0・BMWサービス工場)
ロッソカーズ
ランボルギーニ
アヴェンタドールLP700-4
売約済み
ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4

ランボルギーニのアヴェンタドール(Id:4817500)の中古車詳細 >

16600km
東京都
H.27年(2015)
修復歴 : 無し
ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 リープデザインカーボンエアロ COLOR: リープデザインカーボンエアロ フォージド F20 R21アルミ パワークラフト切替マフラー クリアエンジンフード フロントリフティング カーボンパーツ多数 純正ナビテレビ バックカメラ 電動シート リアウイング 前後クリアランスソナー プロテクションフイルム GPSレーダー探知機 タイヤP-ZERO4本新品交換後走行200km 純正ボディーカバー有 ETC 正規ディーラー車 スーパー・スポーツカー・セグメントの頂点を再定義したV型12気筒6.5L搭載のランボルギーニアヴェンタドール(AVENTADOR)クーペモデルのLP700-4 【Aventador】 アウトモービリ・ランボルギーニにとって革命的な考えはLamborghiniそのものです。航空機からインスピレーションを得たデザイン、V12エンジンやカーボンファイバー等の技術の使用について議論し、一般的に受け入れられている限界を超えることこそが当社の哲学の一部です。Aventador はパフォーマンスのコンセプト自体を超えるよう設計され、すぐにスーパー・スポーツカー業界の基準となり、すでに未来の車を先取りしています。すでに伝説となっているスーパーカーのファミリー。 Aventador の全てのディテールが、闘牛をシンボルに掲げるランボルギーニのDNAを体現するものです。それは、ダイナミズムとパワーを表現し、カーボン製モノコックを主要部品とした本物のデザインの傑作です。インテリアには、最高レベルの技術と最高品質の材料を使用した豪華な設備を組み合わせています。これらには、ノウハウに裏打ちされた高度な仕上げが施されています。 駆動方式は、電気制御式ハルデックス・カップリングが駆動力をフロントとリアに配分する4WD。シングルクラッチ・シーケンシャルトランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」が組み合わせられる。ドライバーはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール、ステアリングを統合制御する「ドライブ・セレクト・システム」によって、「Strada(ストリート)」、「Sport(スポーツ)」、「Corsa(レース)」の3種類の特性変化が楽しめる。左ハンドル設定。 安全装備として運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバック、ABS、ESP等を装備。 ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4780×2030×1136mm ホイールベース:2700mm 車重:1575kg タイヤ前 255/35 ZR19 タイヤ後 335/30 ZR20 駆動方式:FULL4WD エンジンはV型12気筒DOHC48バルブ トランスミッション:7速ISR 最高出力 515kW(700ps)/8250rpm 最大トルク 690N・m(70.4kg・m)/5500rpm タンク容量/90リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 フォージド F20 R21 アルミ
有限会社 アリーナ
BMW
5シリーズ523dツーリング Mスポーツ・パッケージ ハイライン インテリS 新車保証継承可
売約済み
BMW 5シリーズ 523dツーリング Mスポーツ・パッケージ ハイライン インテリS 新車保証継承可

BMWの5シリーズ(Id:4623937)の中古車詳細 >

710km
埼玉県
H.31年(2019)
修復歴 : 無し
5シリーズは常にライバルメーカーが目標とする、Eセグメントの世界的指標となります。上質な乗り味だけではなく、スポーツマインド溢れるその造りは、世界中にファンが多く、やはり他のメーカーのように安楽な車では満足できない、ステアリングを握っている時間が至福の時間とお考えの方が多いのでしょう。室内空間を大きくとる為、床に盛り上がるセンタートンネルを小さくする為に、もはやEセグメントでもFFレイアウトが増えてきていますが、操舵と駆動が別々のFRレイアウトは、自然なステアリングフィールと加速感、極限のような限界でのハンドリングの良さは、いくら技術が進化してもやはり後輪駆動にはかなわないと言えるでしょう。 今回ロッソカーズのラインナップに加わった5シリーズは、現行モデルのG30系5シリーズをベースに、ルーフを伸ばしてラゲッジスペースを大きくとった、ワゴンボディのツーリング。BMWでは伝統的にワゴンボディの事をツーリングと呼びますが、4ドアセダンの走りの良さはそのままに、使い勝手の良さが大幅に向上している車両。事実、ドイツ本国では6:4の割合でツーリングの方が多く販売されているところを見てみても、ビジネスとプライベートを上手に使い分けるヨーロッパならではと言える割合。どこに乗り付けても恥ずかしくないプレステージ性と、どこまでも走って行きたくなるドライバビリティの両方を、高次元で兼ね備えています。 BMWと言うと、やはり走りの良さに期待する方が多いでしょうが、こちらの車両は走りの良さにさらに磨きをかけた、Mスポーツ・パッケージ装着車。もはやBMWを選ぶ上でMスポーツは外すことが出来ない程に人気のグレード。ダイナミックなスタイリングのエアロ形状のスポーツバンパーに、締め上げられたサスペンション&大径のアルミホイールを装着した足回りの精悍なエクステリアに、ブラックを基調としたアンソラジットカラーのインテリア。シートやステアリングは、激しいドライビングでもしっかりと身体をホールドしてくれて、正確なステアリングワークを約束してくれる、Mスポーツ専用設計。シフトノブだけではなく、ステアリングに装着されたパドルシフトでも、シフトアップ&ダウンが可能。Mモデルほど過激な車は必要ないけれど、並みのサルーンでは満足できないという「うるさ方」にも満足できるパッケージオプションとなります。 ちなみにこちらの車両は、Mスポーツ・パッケージの走りの良さに、上質さをプラスした、ハイライン・パッケージをオプション装着しています。こちらはダコタ・レザーシートとフロント&リアシートヒーティング、電動ランバーサポートをプラスしたパッケージオプション。いくらMスポーツと言えども、やっぱりBMWたるもの上質な車でありたいとお思いの方も多いでしょう。ファブリックのシートも冬に冷たくないことや、滑りにくい点などがスポーツ走行に適している事で、BMWファンではファブリックのシートを敢えて選びたいという方も多いのですが、5シリーズともなれば上質感を求めても良いカテゴリーですから、ハイライン・パッケージはありがたい装備と言えるでしょう。 インテリアは先に記載したとおりにMスポーツに準じた装備。標準グレードではグレーとなるルーフライニングも、アンソラジットカラー。パドルシフトが装着されやスポーツステアリングは、標準と比較するとより小径でグリップが太く、手にしっくりと馴染むデザイン。スポーツシートは激しいドライビングでの強烈な横Gでも、しっかりと身体をホールドしてくれ、なおかつゆったりとした長時間のドライブでも疲れる事のない設計。インテリア・トリムパネルは鏡面仕上げが美しいダークなウッドの、ポプラグレー・ファインウッドトリム。ドアを開けると、Mスポーツ専用のエントランスプレートが乗員を迎えてくれます。こちらはキラリと輝くアルミ製で、ルームランプに連動して光るイルミネーションが内蔵されます。 ニーズの変化により、年々厳しくなる安全性能ですが、この点も十分。もはや前車や人を検出してブレーキが介入する衝突被害軽減ブレーキはもちろん、前の車との車間距離を常に保つアクティブクルーズコントロールと、車線をモニタリングしてステアリング操作をする、ステアリング&レーンコントロールアシストをプラスした、ドライビングアシストプラスでは、半自動運転が可能。もちろんドライバーがステアリングを握っている事が前提条件となりますが、長距離のドライブでの疲労がグッと減る装備と言えます。各部をモニタリングしてると言えば、ドアミラーなどで気が付きにくい、後方から近づく車両の注意を促すレーンチェンジ・ウォーニングなども有効な装備。車庫入れなどで便利なバックカメラはもちろん、フロント・サイドにもカメラがあり、3D画像で車両付近の障害物などを確認できるトップビュー+サイドビューカメラと、障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)で、死角が大幅に減るのも嬉しいですね。目線を下げずにナビゲーションや必要な情報をフロントガラスに投影できるヘッドアップ・ディスプレイなども使いやすい装備。メーターは液晶メーターで、走行パターン(スポーツモードやエコプロモード)により変化したり、スピードなどの表示を大きくしたりできて安全運転に貢献するマルチディスプレイ・メーターパネルなど、様々な装備が装着されています。 インテリアに関して、もう少し記載しましょう。近年の車両のアメニティは、ナビゲーションだけではもはや不十分。知りたい情報を車に乗りながら素早く知ることが求められます。BMWコネクテッドでは、それが可能。例えば最新ニュース。例えば今日の天気。例えば車両情報。すべてをセンターにあるインフォメーションディスプレイで知ることが可能。もちろんナビゲーションや、地上デジタル放送・ラジオ・CD・CD音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクション・MP3プレーヤーやスマートフォンの音楽kをクリアな音質でお楽しみ頂けるBluetooth・USB・AUXなど、さまざまなソースをお楽しみ頂けます。また、BMWコネクテッドでは、困ったことなどがあったらオペレーターと接続できるSOSコールなども備わっています。インテリアの各部に間接照明のアンビエントライトが内蔵されていて、ナイトドライブを美しく演出してくれます。BMWの伝統カラーのオレンジはもちろん、ブルーやグリーンなど、お好きなカラーに変更が可能です。リアゲートを開けると、大きな荷物も積み込みができるラゲッジスペースが存在しますが、リアゲートのオープン&クローズは電動で、スイッチひとつで可能。また、両手が荷物でいっぱいの時には、リアバンパーの下に足をかざすと、オープン&クローズが出来る、テールゲート・スマートオープン機能を備えています。 搭載されるエンジンは、現在の世界的なCO2削減に真剣に取り組んだ、現段階におけるもっともエコな内燃機と言えるディーゼルエンジン。直列4気筒のディーゼルターボは、ターボを装着しているおかげで2000CCながら190馬力のパワーと、40.8キロの大きなトルクとなります。ガソリンエンジンのようなシャープな吹け上がりではありませんが、大トルクを使って街中でも高速道路でも、BMWらしい走りは健在と言えます。 新車から700キロ少々を走っている車両で、2019年登録ですので、BMWサービス工場の納車前点検の記録簿のみとなります。もちろん新車保証の継承が可能で、BMWサービスインクルーシブに加入している車ですので、最長で5年間のメンテナンスパックに加入することが可能です。ボディカラーはブラックサファイア・メタリック。実はBMWの5シリーズのMスポーツでは、長きにわたりブラックを選びたい場合は濃紺に近いカーボンブラック・メタリックを選択せざるを得なかったのですが、G系からは真っ黒なブラックサファイアを選ぶことが可能になったのも嬉しいポイント。ボディカラーに合わせて、BMWの象徴と言えるキドニーグリルは、Mパフォーマンスのブラックキドニーグリルに交換されていて、実に一体感がありますね。 平成31年02月 000008キロ BMW納車前点検(BMWサービス工場)
ロッソカーズ
トヨタ
プリウスS 純正ナビテレビ
売約済み
トヨタ プリウス S 純正ナビテレビ

トヨタのプリウス(Id:4606130)の中古車詳細 >

25700km
東京都
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
平成26年 プリウス S COLOR:ホワイトパールクリスタルシャイン 後期型 フル装備 純正SDナビテレビ バックカメラ 黒革調シートカバー DVD再生CD録音可能 フォグランプ シャークアンテナ Buluetooth キセノンライト 純正アルミ ABS スマートキー エアバック ビルトインETC フイルムドアバイザー 記録簿 保証書 プリウスは、「世界最高の環境性能」と「走りの気持ちよさ」の両立をめざした“ハイブリッド・シナジー・ドライブ”を進化・熟成させることで、これから誕生するエコロジーカーのコア技術となる、かつてないハイブリッド性能を実現。 人の感覚を起点にしたインテリア。プリウスは、目で確認するディスプレイゾーンと、手で操作するコマンドゾーンを明快に分離。ドライバーの視認性と操作性を、いちだんと向上させています。 ラゲージスペース 446Lを実現 マイナーチェンジでは、内外装を変更し、個性や先進性を強調するとともに、質感の向上を実現した。また、吸音材の追加などにより静粛性を高めたほか、ボディ剛性を強化し、乗り心地と操縦性・走行安定性を向上させた 内装では、シフトノブ周りやステアリングスイッチベースを高輝度シルバー塗装とするなど、質感を向上させ、シートカラーにブルー&ブラック、ブラウン&ブラックのツートーンカラーをメーカーオプションで設定している。また、コンソールボックスのカップホルダーをオープン収納型とし、利便性を向上させている。 グレード S ・15インチアルミ(ホイールキャップ付) ・ディスチャージヘッドランプ ・UVカットグリーンガラス ・撥水機能付フロントドアガラス ・ウレタンステアリングホイール ・運転席スタートシステム ・ファブリック(スエード調) ・イルミネーテッドエントリーシステム ・大型コンソールボックス ハイブリッド・シナジー・ドライブ メリット ・低燃費 10.15モード走行燃費 35.5km ・低排出ガス平成17年基準排出ガス75%低減レベル ・走行性能 2.4L車並のパワー ・静粛性 EVドライブモード走行時は、エンジンの音や振動を感じない未来感のある走りが楽しめる。 ドライブモード ・通常走行モード 低燃費とパワーバランスの走り ・エコドライブモード エコ運転を実現 ・EVドライブモード モーターのみで静かな走行 ・パワーモード 俊敏な走り エレクトロシフトマチック シフト操作を電子信号で送信できるシフト・バイ・ワイヤ技術採用で、もっとも操作しやすい位置に設定。チェンジ後、シフトレバーは自動的にホームポジションに戻るので、次の操作が素早く行えます。 空気抵抗係数 cd値0.25を実現 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバック、アクティブヘッドレスト、ABS、ブレーキアシスト、トラクションコントロール、衝突安全ボディー、S-VSC/ステアリング協調車両安定性制御システム、TRC、緊急ブレーキシグナル、ヒルスタートアシストコントロール等を装備 エンジンは水冷直列4気筒DOHC+モーター 最高出力 73kW(99ps)/5200rpm 最大トルク 142N・m(14.5kg・m)/4000rpm タンク容量 45リットル 燃料消費率 35.5km/リットル 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン 最小回転半径 5.2m 平成26年 プリウス S COLOR:ホワイトパールクリスタルシャイン グー鑑定評価. このお車は第三者機関(JAAA)が鑑定を行い、その結果を鑑定証として発行しております 車体(車両外装)5 ★★★★★ 内装(内装状態)5★★★★★
有限会社 アリーナ
マセラティ
グランカブリオMC
売約済み
マセラティ グランカブリオ MC

マセラティのグランカブリオ(Id:4523602)の中古車詳細 >

32000km
東京都
H.28年(2016)
修復歴 : 無し
2016年 マセラティ GranCabrio MC COLOR:ビアンコ・エルドラド ワンオーナー フル装備 地デジHDDナビテレビ ハーフレザー 電動オープン ラリーニ切替マフラー MC専用20インチアルミ カーボンパネル シートヒーター パドルシフト バックカメラ GPSレーダー探知機 キセノンライト コーナーセンサー ミュージックサーバー CD エアバック ABS クルーズコントロール セキュリティー ETC ディーラー車 ディーラー点検記録簿 保証書 ※純正マフラー有 抜群の開放感と独特なエンジンサウンドとともに。記憶に残るレースシーンを彷彿とさせる最高のドライビング。 パフォーマンス 最高速度291 km/h 0-100km/h 加速4.9 sec コンパクトかつ軽量で、グランカブリオ スポーツとグランカブリオ MCに搭載可能な4.7? V8エンジン。最高出力460 hp、最大トルク520 Nmを発生、エンジン回転数は7,500 rpmに到達。最高速度は、グランカブリオ スポーツが288 km/h、グランカブリオ MCが291 km/hです。 マセラティの空間においては、最上の快適性と利便性とが両立します。標準装備となる、照明付きストレージスペースが備わったアームレスト、クルーズ・コントロール、ヘッドライトの自動点灯、トランクと各ドアに実装した電動開放アシスト、後部座席のための空調調節インストルメントパネル。他にも、素晴らしい装備を準備しております。勿論のことではありますが、マセラティは安全性能に強く注力しております。 グランカブリオのパフォーマンス、快適性、佇まいを洗練するマセラティ純正アクセサリー。アクセサリーのディテール、スタイル、品質への配慮は快適さと性能の完璧なバランスを常に追求する、マセラティ ブランドの本質を表しています。グランカブリオ向けのアクセサリーには、限定ホイールとマセラティ純正タイヤ等のブランドタイヤの準備があり、さらにはカーボン製ドア・シル・プレート、車両カバー等のプロテクションソリューションまで、幅広いラインアップを提供しています。 エンジン 真のイタリアオープンカー、グランカブリオには、グランドスケールのエンジンが宿っています。大陸を横断できるポテンシャルと圧倒的な瞬発力を秘め、ドライバーが求めるときはいつでも、その力を発揮できるエンジン。つまり、フェラーリ製4.7 ? V8エンジンです。 コンパクトかつ軽量で、すべてのマセラティグランカブリオに搭載可能。最高出力 460 hp、最大トルク 520 Nmを発生、エンジン回転数は7,500 rpmにまで達します。このエンジンはまた、モータースポーツ由来のテクノロジーを大幅に採用し、レース並みの高い負荷に耐えながら、高い洗練度を維持できるポテンシャルを備えています。 グランカブリオ スポーツとグランカブリオ MCは、0-100 km/h 加速がそれぞれ5.0秒と4.9秒。最高速度は288 km/hと291 km/hを達成しています。 このパワーを路面に伝達するのはZF製6速MCオートシフト ギアボックスです。「オート・ノーマル」「オート・スポーツ」「マニュアル・ノーマル」「マニュアル・スポーツ」「I.C.E.」の5種類の走行モードをご用意。幅広いドライビングスタイルをお楽しみいただけます。このギアボックスにより、シフトダウンがスムーズになると同時に、耳の肥えたモータースポーツマニアを楽しませるブリッピングサウンドを発します。 車輛ダイナミクス わずかにリア寄りで、ほぼ理想的な前後の重量配分はマセラティ車の伝統です。 マセラティグランカブリオでは、従来通りV8エンジンをフロントアクスルのすぐ後に搭載することでこれを達成しました。 開けた道路に出たとき、あるいはサーキットを走るとき、この理想的な重量配分が真価を発揮。バランスの取れたナチュラルなハンドリング、最良のグリップ、濃密なステアリング フィードバック、正確な方向安定性がもたらされます。 ダブルウィッシュボーン サスペンション、油圧ステアリング(ドライビングプレジャーの点で見劣りする電動ステアリングではなく)、Brembo® 製ブレーキ、精巧な機械式リミテッドスリップ ディファレンシャルといったコンポーネントもその運動性能に大きく寄与しています。 グランカブリオ スポーツでは、スポーツ・スカイフック・ダンピングを装備(グランカブリオ MCではオプション)。 道路状況に応じて、常に設定を最適化させています。日常的な走行に適したノーマル仕様では、ドライバーがマセラティに期待するドライビングプレジャーを十分に提供。スポーツ仕様では、遥かにダイレクトで引き締まったドライビング・エクスペリエンスを約束します。 安全装備として運転席・助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、トラクションコントロール、サイドインパクトバー、ABS、EBD、前席シートベルトプリテンショナー、後席3点式シートベルト、マセラティ・スタビリティ・プログラム(ABS・EBD・ASR・MSR)、盗難防止システム等を装備。 エンジンはV型8気筒DOHC32バルブ 最高出力 339kW(460ps)/7000rpm 最大トルク 520N・m(53kg・m)/4750rpm タンク容量/75リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 2016年 マセラティ グランカブリオ MC COLOR:ビアンコ・エルドラド
有限会社 アリーナ
メルセデスベンツ
GLSGLS63 4MATIC
売約済み
メルセデスベンツ GLS GLS63 4MATIC

メルセデスベンツのGLS(Id:4519542)の中古車詳細 >

17100km
東京都
H.28年(2016)
修復歴 : 無し
2016年 メルセデスAMG GLS63 4マチック COLOR:ダイヤモンドホワイト フル装備 純正HDDナビテレビ 8インチワイドディスプレイ 黒革シート サンルーフ リアモニター×2 AMGエアロ 22インチアルミ レッドキャリバー マフラー ブラックピアノウッドパネル 360°カメラシステム バックカメラ harman/kardonスピーカー ブランドロゴプロジェクターライト ステンレス製ランニングボード LEDライト多数 DVD再生CD録音可能 パークトロニクス ベンチレーションシート ブラインドスポットモニター パワーバックドア 7人乗り 純正ドアバイザー プライバシーガラス ETC セキュリティー ディーラー車 ベンツ新車3年保証付 記録簿 保証書 モータースポーツを起源とするMercedes-AMGが創り出す、他にはないトップパフォーマンスモデル、Mercedes-AMG GLS 63 4MATIC。 最高峰のラグジュアリーSUVのための、美しいダイナミズムをまとう洗練されたスタイリング。 厳選されたマテリアルと高度なクラフトマンシップが、贅を尽くした心地よさで乗る人を包み込む広大な室内。 Mercedes-AMGの粋を結集した5.5? V型8気筒直噴ツインターボエンジン、その性能をフルに引き出す強さと俊敏性を備えたAMGスピードシフトプラスや 専用セッティングのAMG 4MATICがもたらす圧倒的な加速と絶大なスタビリティ。 さらに、AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション、ACTIVE CURVEシステム、AMGパラメーターステアリングなどが、様々な道で高い安定性と快適性をもたらします。 そこにあるのは、Mercedes-AMGのダイナミズムとラグジュアリーを極めた、王者のパフォーマンスです。 エクステリアは、フロントグリルには2本のルーバーと大口化したエアインテークなど特徴的なAMGデザインを採用するとともに、アンダーガードやルーフレール、サイドスカートなど随所にクロームルックのエクステリアパーツを取り入れ、スポーティとSUVのデザイン要素を融合。足元には、メルセデス・ベンツの現行ラインアップで最大径となる22インチのブラックAMGマルチスポークを装備。インテリアは、シートレイアウトを変更することで、ラゲッジルームを680リッターから最大積載量2,300リッターまで調整することが可能となり、ライフスタイルにあわせて乗る事ができる。安全面には、車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」などを標準装備。 5.5V型8気筒直噴ツインターボエンジン ツインターボチャージャー、大型インタークーラー、高性能かつ高効率な燃料噴射を実現するピエゾインジェクターのほか、常に理想的な吸排気を行う電子制御可変吸気バルブタイミング、軽量化を図ったアルミ製クランクケースなど、数々の革新技術を搭載。これにより、430kW(585PS)/5,500rpmの最高出力と、760N・m(77.5kg・m)/1,750~5,250rpmの最大トルクを発生。ハイパフォーマンスと環境適応性をさらに高いレベルで両立します。 また、AMGデュアルツインクロームエグゾーストエンド(スクエアデザイン)を備えた軽量なAMGスポーツエグゾーストシステムが、アクセルワークに呼応して迫力に満ちたサウンドを奏でます。 AMG専用A/T AMGスピードシフトプラス 伝達効率とレスポンスをさらに向上させた7速A/T、AMGスピードシフトプラス。センターコンソールのAMGダイナミックセレクトコントローラーで、Slippery、Individual、Comfort、Sport、Sport+の5つのモードが選べます。選択したモードに応じて、エンジンレスポンス、シフトプログラム、ESPRプログラム、ステアリングのパワーアシスト、サスペンション制御などが変化。Sport、Sport+では素早いレスポンスによるエモーショナルなギアチェンジを実現します。爽快なクルージングからダイナミックなパフォーマンスまで、Mercedes-AMG GLS 63 4MATICの魅力が余すところなく愉しめます。 AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション 様々なシーンで快適な乗り心地と安定した走行性を両立するAIRマティックサスペンションをAMG専用に最適化。 自動車高調整機能と電子制御連続可変ダンパーの採用で、AMGダイナミックセレクトで選択したモードに応じて、サスペンションを最適に制御します。 ComfortやSlipperyモードでは、快適で安心感の高いハンドリングを実現。 Sport、Sport+では、自動的に車高が下がり、思いのままのドライビングが愉しめます。 AMG強化ブレーキシステム フロントに390×36mmのドリルドベンチレーテッドディスクとAMGロゴ入6ピストン固定式キャリパー、リアに345×26mmのドリルドベンチレーテッドディスクとAMGロゴ入シングルピストンフローティングキャリパーを装着。 ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮します。 Mercedes-AMG GLS 63 4MATIC ブラックペイント22インチ AMGマルチスポークアルミホイール AMGスポーツエグゾーストシステム Mercedes-AMGが専用に開発したエグゾーストシステム。 AMGダイナミックセレクトでSport、Sport+モードを選ぶと、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時などに、エモーショナルなV8エンジンサウンドを放ち、モータースポーツシーンを彷彿とさせるような、ドライバーの心まで震わせるAMGサウンドが愉しめます。また、Comfortモードでは、住宅街や街中はもちろん、長距離クルージングなどにも最適な落ち着いたサウンドが愉しめます。 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSニーバッグ、SRSサイドバッグ、SRSウィンドウバッグ、シートセンサー、ABS、BAS、アダプティブブレーキ、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)、アテンションアシスト、パークトロニック、360°カメラシステム、NECK PROアクティブヘッドレスト、クラッシュセンサー連動機能、レーダーセーフティパッケージ等を装備。 エンジンはV型8気筒DOHCツインターボ 最高出力 585ps(430kW)/5500rpm 最大トルク 77.5kg・m(760N・m)/1750~5250rpm タンク容量/100リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.7m 2016年 Mercedes-AMG GLS63 4MATIC COLOR:ダイヤモンドホワイト
有限会社 アリーナ
メルセデスベンツ
SクラスS560 4MATIC ロング AMGライン
売約済み
メルセデスベンツ Sクラス S560 4MATIC ロング AMGライン

メルセデスベンツのSクラス(Id:4432333)の中古車詳細 >

4600km
東京都
H.29年(2017)
修復歴 : 無し
2017年 メルセデス・ベンツ S560 4MATIC ロング AMGライン COLOR:オブシディアンブラック フル装備 純正ナビテレビ 黒革シート サンルーフ AMGスタイリングパッケージ 専用19インチアルミ ヘッドアップディスプレイ メルセデスミーコネクト リモートパーキング 12.3インチワイドディスプレイ 360°カメラ レーダーセーフティーパッケージ ベンチレーションシート ウッドパネル LEDヘッドライト オートトランク ETC ベンツ新車3年保証 記録簿 保証書等 よりアグレッシブな個性を主張する AMGライン Sクラスのエクステリア、インテリアに精悍でスポーティな存在感を加えるAMGライン。Mercedes-AMGのエアロダイナミクス技術を採り入れた力強いフォルムや、19インチのAMG5ツインスポークアルミホイールが演出するダイナミックなスタイリング。さらに、Mercedes-Benzロゴをあしらったブレーキキャリパーが卓越した走りのパフォーマンスを主張します。そしてインテリアにはスポーツスピリットを熱く駆り立てるステンレスアクセル&ブレーキペダル、上質で精悍なブラックハイグロスポプラウッドインテリアトリムを装備。Mercedes-AMGの情熱を色濃く映す個性が、ドライビングの歓びを際立たせます ・AMGスタイリングパッケージ [フロントスポイラー・サイド&リアスカート] ・ 19インチAMG5ツインスポークアルミホイール Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク [フロント・リア] ・ステンレスアクセル&ブレーキペダル ・ブラックハイグロスポプラウッドインテリアトリム ・ヘッドアップディスプレイ ・本革巻きウッドステアリング 全天候型フルタイム四輪駆動システム4MATIC 様々な天候や路面状況下で最適なトラクションを発揮。オンロードでは、コーナリング時や高速走行時の高い安定性を実現。スポーティなドライビングが安心して愉しめます。また、オフロードや雪道などでは、タイヤの空転や横滑りを抑制し、高い操縦性や走行安定性を確保。軽量コンパクトな設計などにより燃費向上にも貢献します。 次世代のハイパフォーマンスを実現する 4.0 V型8気筒直噴ツインターボエンジン Mercedes-AMGの最先端テクノロジーが投入された、Mercedes-AMG GTのエンジンをベースに開発。2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトは、コンパクトなサイズとともに、ターボチャージャーへの最適なエアフローをもたらすことでハイパワーと俊敏なレスポンスを実現します。また、軽量でありながら高い強度を実現する、砂型鋳造のクローズドデッキアルミクランクケースを採用。345kW(469PS)、700N・m(71.4kgf・m)という強力なスペックを獲得しています。さらに、クルージングなど低負荷での走行時に、4つの気筒が休止して燃料消費を抑えるシリンダーマネジメントシステムを採用。これらレーシングテクノロジーと先進の高効率技術によって、素早いレスポンス、溢れるほどのパワー&トルク、優れた環境性能を実現しています。 快適性、効率性、俊敏性を備えた 電子制御9速A/T、9G-TRONIC イナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィールと高い静粛性を同時に実現。さらに多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングが愉しめます。また、パドルシフトを使えばドライバーの意のままにシフトチェンジが行えます。伝達ロスの低減などによって燃費向上も実現します。 高度な環境性能を実現するシリンダーマネジメントシステム ダイナミックセレクトの「Eco」または「Comfort」モード選択時かつ、低中速エンジン回転での走行時に、2、3、5、8番の4つの気筒が休止することで燃料消費を抑えるシステム。力強い加速が必要なときなどは、瞬時に8気筒に復帰します。4気筒と8気筒の切り替えは素早く行われるため、高い快適性も実現しています。 次世代高級車が求めるすべてを高次元で実現した アルミニウムハイブリッドボディシェル ボディシェルは軽量高強度の高張力鋼板を多用しながら、アルミニウム素材を積極的に導入。これにより重量の増加を抑制しながらクラス最高水準のねじれ剛性を達成。高度な衝突安全性はもちろん、卓越したハンドリング、極限的に低いノイズや振動レベルを実現。次世代の高級車に求められるすべてをかつてない高度な次元で調和させています。 室内を様々に演出できる アンビエントライト(64色) インストゥルメントパネル、ダッシュボード下部から前席、後席のドアトリムとセンターコンソールにかけて、間接照明が美しいラインを描き、ラグジュアリーな雰囲気を醸成します。照明色は64色から選べ、室内のエリアごとに明るさの調整も可能です。さらに、照明色がグラデーションしながら入れ替わるダイナミックモードなど、上質な室内を演出する10個のモードを採用しました。気分に合わせて車内を様々に演出できます 【セーフティ】 アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック (自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)は、高速走行から渋滞時まで、前走車との最適な距離をキープします。さらにアクティブステアリングアシストは、車線のカーブと前走車を、車線が不明瞭な道ではガードレールなどを認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストします。 アクティブレーンチェンジングアシスト アクティブステアリングアシストがONのとき、移動したい車線側のウインカーを点滅させると、車両周囲を監視しているレーダーセンサーが他のクルマなどとの衝突の危険がないことを確認。ステアリング操作のアシストによって、車線変更をサポートします。 アクティブレーンキーピングアシスト フロントウインドウのステレオマルチパーパスカメラが車線を検出し、フロントホイールが走行車線を越えたと判断するとステアリングを断続的に微振動させてドライバーに警告。ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻そうとします。 アクティブブレーキアシスト 前走車、前を横切るクルマや合流してくるクルマ、歩行者、路上の物体などとの衝突の危険性を感知すると、ディスプレイ表示や音でドライバーに警告。ドライバーがブレーキを踏むと、必要な場合はシステムが衝突を回避するための強力な制動力を発揮できるようブレーキ圧を高めます。ドライバーが反応しない場合、最大のブレーキ力で自動緊急ブレーキが作動します。 渋滞時緊急ブレーキ機能 渋滞の後尾車両との衝突の危険を検知して、その左右などに回避スペースがないと判断すると、即座に自動ブレーキが作動。衝突回避または被害軽減を図ります。 緊急回避補助システム 車両前方にいる車道横断中の歩行者などとの衝突の危険を検知すると、システムが正確なステアリングトルクを計算して、ドライバーのステアリング操作をアシスト。回避後も走行していた車線をスムーズに走り続けられるように挙動の安定化もサポートします。 トラフィックサインアシスト 一般道や高速道路を走行中、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示。制限速度を超えた場合は、警告音によってドライバーに注意を促します。初めての道でも、安心して走ることができます。 マルチビームLED(ウルトラハイビーム付) ステレオカメラで前方の交通状況を検知。さらに、片側84個のハイパフォーマンスLEDを瞬時に個別に制御することで、前走車などのドライバーを眩惑せずに、より広い範囲を明るく正確に照射し続けます。さらに、前走車や対向車がいない場合に、最長約650mを自動で照射するウルトラバイビームを新たに搭載しました。 アクティブブラインドスポットアシスト 都市や高速道路などの走行時に、リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告します。さらに、側面衝突の危険があるときはブレーキを自動制御して、危険回避をサポートします。 アクティブエマージェンシーストップアシスト アクティブステアリングアシストがONのとき、両手がステアリングから離れているのをシステムが検知すると、警告音が鳴り、ドライバーが反応しない場合は、さらに警告音を鳴らしながら、緩やかに減速して完全に停止します。 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSサイドバッグ、SRSウインドウエアバッグ、シートセンサー、ラグジュアリーヘッドレスト、レーダーセーフティパッケージ、ABS、BAS、ESP、クロスウィンドアシスト、LEDインテリジェントライトシステム、アダプティブハイビームアシスト・プラス、アダプティブブレーキライト、アテンションアシスト、360度カメラシステム、パークトロニック、アクティブパーキングアシスト、タイヤ空気圧警告システム、アクティブボンネット、クラッシュセンサー連動機能等を装備。 エンジンはV型8気筒DOHCツインターボ 最高出力 345kW(469ps)/5250~5500rpm 最大トルク 700N・m(71.4kg・m)/2000~4000rpm タンク容量/80リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.7m 2017年 メルセデス・ベンツ S560 4MATIC ロング AMGライン COLOR:オブシディアンブラック
有限会社 アリーナ
トヨタ
ヴェルファイアZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ
売約済み
トヨタ ヴェルファイア ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ

トヨタのヴェルファイア(Id:4401547)の中古車詳細 >

30km
東京都
H.30年(2018)
修復歴 : 無し
平成30年 ヴェルファイア 3.5ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド+パノラミックビューモニター 21インチアルミ COLOR:ブラック フル装備 ・オプション ・T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド ・リアエンターテイメント ・黒革シート ・3眼LEDヘッドランプ ・シーケンシャルターンランプ ・ツインムーンルーフ ・デジタルインナーミラー ・モデリスタエアロ ・パノラミックビューモニター ・ITSコネクト 21インチアルミ 左右自動スライドドア パワーバックドア ドライブレコーダー GPSレーダー探知機 テレビキャンセラー セーフティーサポートカーS ステアリングヒーター ベンチレーションシート ETC トヨタ新車5年保証 記録簿 保証書等 MODELLISTA for AERO BODY エクステリア フロントビューを中心に進化を遂げたエクステリア。ヘッドランプの大型化に加え、エアロボディはダンベル形状をテーマとしたデザインでよりダイナミックに。スタンダードボディは、ひとつの金属の塊のように見えるグリルでクールかつモダンなテイストを加えました。 ダンベル形状をテーマとしたフロントビューで、ワイド&ローなスタンスを表現。さらに、バンパーコーナーからボディ後方へ抜ける大型サイドポンツーンで、ボディの下まわりにダイナミックさを与えました。また、最上級グレードのExecutive Lounge Zはサイドマッドガードにメッキ加飾を施し、低重心感を強調しています。 インテリア 全グレードで木目調加飾を一新するとともに、シート表皮の質感などを向上させ、さらに高級感に満ちた空間に。ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動。フロントエリア最後端で一旦停止します。そして再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になります。 スイッチ操作でシートポジションを自在に調整 乗車する方の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へスイッチ操作で簡単に調整可能。運転席は前後スライド・リクライニング・シート上下・座面前端上下の調整(チルトアジャスター)を、助手席は前後スライド・リクライニングの調整をそれぞれ電動で無段階に行えます。運転席のシート、ドアミラーポジションを3パターン登録して再現できるマイコンプリセットドライビングポジションシステム付です。 助手席パワーオットマン エグゼクティブパワーシート[7人乗り・セカンドシート] エグゼクティブパワーシート[7人乗り・セカンドシート]は、最大500mmの前後シートスライド(手動)が可能。さらには電動でオットマンの展開・収納とリクライニング操作が行えます。アームレストには、美しい木目調加飾とメッキ加飾を施したフタ付カップホルダーを設定。またシート間には、木目調加飾の折りたたみ式サイドテーブルを設定しています。 明るく開放的なドライブを。 ツインムーンルーフ(フロントチルト&リヤ電動スライド+挟み込み防止機能付) パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューを採用しています。 シースルービュー ボディやシートなどを透かして見たような透過表示により、車内から見た新しい視点の映像を表示。大きい画像で、目視できないエリアの周辺確認をサポートします。また、画面スイッチをタッチすることで、見たい箇所で静止可能。車両の周りを一周表示する従来のムービングビューと画面スイッチで切替えできます。 T-Connect SDナビゲーションシステム SDカードによる情報更新が可能なSDナビゲーションシステムを採用。高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載しました。フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などが可能で、タブレット端末のような軽快な使い心地と洗練されたデザインを実現しています。また、Blu-ray Disc対応プレーヤー、地上デジタルTVチューナーなども搭載。最先端の情報通信サービスT-Connectにも対応しています。 ETC2.0ユニット(VICS機能付) 高速道路上に設置されたITSスポットと双方向通信を行うETC2.0ユニット(VICS機能付)は、ナビゲーションとも連動して、ETC機能に加え、安全運転をサポートする交通情報を画像や音声などで提供。たとえば、見通しの悪いカーブの先に停止している車両や渋滞の情報をカーブの手前で知らせたり、道路上の落下物情報を事前に知らせるなど、より早い段階で危険を察知することが可能となります。また、前方の渋滞情報や、雪や霧などの天候状況も静止画像や音声でお知らせし、快適なドライブをサポートします。 ヴェルファイアは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」 です。 セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 優れた燃費性能と、力強いパフォーマンス。走りの歓びを増幅させる新型エンジンを搭載。 V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジン。筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えた、トヨタ独自の燃料噴射システム“D-4S“を採用しています。さらに、運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDuaI VVT-i(吸気側VVT-iW)や、排気冷却を強化したシリンダーヘッドといった最新技術を採用。力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や極限まで高めた熱効率による優れた燃費性能を実現しました。 Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル) ギヤ比設定の範囲を広くする(ワイドレンジ化)とともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、ロックアップ領域を拡大。機械的に直結させることで、アクセル操作に即応し、ドライバーの思い通りに反応するダイレクト感あふれる走りを追求しました。さらに、すべての部品を徹底的に磨き上げることにより、大幅な伝達効率の向上を実現しました。 8速シーケンシャルシフトマチック マニュアル感覚のドライビングが楽しめる。 シフトを「M」ポジションに入れることで、マニュアル感覚のドライビングが楽しめます。シフトレバーをショートストローク化することで、小気味よい操作フィールを実現しています。 走行中でも会話のしやすい室内環境を実現 振動・騒音を抑える高剛性ボディに塗布型制振材を適切に配置し、さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させています。また、吸遮音材の最適配置と、高遮音性ガラスの採用に加え、ダッシュサイレンサーに部分接着フィルムを採用し、優れた遮音性を実現。さらに、フェンダーライナーやドアミラーステーカバーの素材や形状を変更し、静粛性を向上させています。 ITS Connect ITS Connectは、クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して取得し、マルチインフォメーションディスプレイ表示やブザー音でドライバーに知らせることで安全運転を支援します。 デジタルインナーミラー 車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。切替レバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替えることができます。視界を遮るものがない映像による後方の安全確認を可能としました。 JBLプレミアムサウンドシステム(17スピーカー) 高性能な12chアンプの採用により、広い室内空間で最適な音質を確保したJBLのサウンドシステムです。十分な低音再生のため専用サブウーハーをバックドアに設定。後席用のルーフスピーカーなど、17のスピーカーを最適にレイアウトしました。5.1chサラウンドシステムにも対応しています。また、音源のディテールを高く再現しながら、省電力・軽量化も同時に実現するGreenEdgeTMテクノロジーを採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム 後席に高精細12.1型ディスプレイ(WVGA*1)を設定。各種コンテンツを迫力ある大画面で楽しめます。また、後席独立機能により、前席と後席で別々の音声を聞くこともできます。電動開閉式のディスプレイはリモコンによる操作が可能。座席に座ったままでも開閉や角度調整を行え、走行中でも安全に操作ができます。 ヴェルファイア ZG 主要装備/エクステリア ・18インチ(切削光輝+ブラック塗装) ・エアロ専用フロントバンパー ・エアロ専用リヤバンパー ・サイドマッドガード ・2眼+LEDクリアランスランプ+LEDアクセサリーランプ ヴェルファイア ZG 主要装備 /インテリア ・メタルウッド+スパッタリング ・オプティトロンメーター ・4本スポークステアリングホイール ・シート表皮 ・大型ハイグレード(メタルウッドリヤエンドボックス付) 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、ヘッドレスト、トラクションコントロール、EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト、S-VSC、盗難防止システム、衝突安全ボディ“GOA”、アジャスタブルシートベルトアンカー、ELR付3点式シートベルト、プリテンショナー機構付シートベルト、クリアランスソナー&バックソナー、セーフティーサポートカーS、ITS Connect、デジタルインナーミラー等を装備 エンジンはV型6気筒DOHC 最高出力 222kW(301ps)/6600rpm 最大トルク 361N・m(36.8kg・m)/4600~4700rpm タンク容量/75リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.8m 平成30年 ヴェルファイア ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ COLOR:ブラック
有限会社 アリーナ
メルセデスベンツ
GLクラスGL550 4マチック AMGエクスクルーシブパッケージ
売約済み
メルセデスベンツ GLクラス GL550 4マチック AMGエクスクルーシブパッケージ

メルセデスベンツのGLクラス(Id:4405902)の中古車詳細 >

3950km
東京都
H.27年(2015)
修復歴 : 無し
2015年 メルセデス・ベンツ GL550 4マチック AMGエクスクルーシブパッケージ COLOR: オブシディアンブラック ワンオーナー フル装備 純正HDDナビテレビ 黒革シート パノラマルーフ AMGエアロ AMG21インチアルミ ON&OFFロードパッケージ ベンチレーションシート 360°カメラ 前後ドライブレコーダー スマートキー TVキャンセラー 7人乗り キセノンライト LEDポジションランプ LEDテールレンズ ウッドパネル パークトロニクス ABS エアバック 電動リアゲート 電動サードシート ETC ディーラー車 記録簿 保証書 30年1月ヤナセ車検取得 ヤナセ点検記録簿 GLクラスはメルセデス・ベンツのSUVのなかで、Gクラスを本格クロスカントリーとすれば、最上級SUVで、全長5.145m×全幅1.98m×全高1.85mのボディサイズと重量2.62t、7人乗りです。 大型のワイドなフロントグリルや、最新のメルセデス・ベンツデザインを取り入れたヘッドライトなどを採用したほか、Dピラーまわりのウインドーデザインの変更など、細部に渡ってリファイン。前後オーバーフェンダーや大型のエアインテークを備えたフロントバンパーを装備し、よりダイナミックなスタイリングとした。 インテリアには、ファーストクラスSUVにふさわしい厳選された素材が使用されている 路面を選ばない高い走破性と高級感溢れるインテリア 7名すべての人が寛げる居住性 AMGエクスクルーシブパッケージ 精悍さとステータスをまとうAMGエクスクルーシブパッケージ 贅を尽くした心昂ぶる空間を創り出すAMGエクスクルーシブパッケージ AMGエクスクルーシブパッケージ (70万円) ・Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク ・AMGスタイリングパッケージ ・21インチAMG 5ツインスポークアルミホイール ・ステンレス製ランニングボード ・パノラミックスライディングルーフ ・本革巻きウッドステアリング ・シートベンチレーター ON&OFF ROADパッケージ(22万円) 4.7L V型8気筒直噴ツインターボBlueDIRECT(ブルーダイレクト)エンジン(最高出力320kW/435馬力、最大トルク700Nm)搭載のGL550 4マチック AMG エクスクルーシブパッケージ 7速ATの7G-TRONIC PLUSの組み合わせ。アイドリングストップ機構が採用され、従来型比で約44%燃費が向上 電子油圧制御されるアクティブアンチロールバーがコーナーリング時のロールを軽減する「ACTIVE CURVEシステム」を備えています。これは、例えば右カーブなら進行方向左側のサスペンションが縮もうとするのを防ぎ、より車体を安定したコーナリングを狙ったものです。 レーダーセーフティパッケージ 合計 5 つの長距離レーダーと近距離レーダーセンサーと1つのカメラで天候や時間の変化にも対応し、前方や左右後方の車両、障害物との距離や相対速度を測定し、万一の際には自動的にブレーキを作動させます。 衝突回避のためのブレーキ力をサポートする「BAS(ブレーキ・アシスト・システム)プラス」、自動緊急ブレーキにより衝突回避を支援する「PRE-SAFEブレーキ」、ブレーキとアクセルを自動制御して、車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」、車線変更による側方の衝突を回避する「アクティブブラインドアシスト」、車線逸脱を防ぐ「アクティブレーンキープアシスト」などが含まれます。 クロスウインドアシスト 80km/h以上で走行中、強風や追い越し時などの一定レベル以上の横風を ESPによって検知すると、必要に応じてブレーキ制御により各輪のトルク配分を制御し横風の影響を相殺、直進安定性をサポートします。 360°カメラシステム 駐車時や狭い道などで車両周囲の状況を 4 つの広角・高解像度カメラを用いて俯瞰映像としてモニター画面に映し出す アクティブパーキングアシスト 縦列駐車時のステアリング操作をサポートする 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSサイドバッグ、SRSぺルビスバッグ、シートセンサー、ABS、BAS、アダプティブブレーキ、4ESP、ディストロニックプラス、ブラインドスポットアシスト、リアビューカメラ、パークトロニック、NECK PROアクティブヘッドレスト、クラッシュセンサー連動機能等を装備。 エンジンはV型8気筒DOHCツインターボ 最高出力 435ps(320kW)/5250rpm 最大トルク 71.4kg・m(700N・m)/1800~3500rpm タンク容量/100リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.7m 2015年 メルセデス・ベンツ GLクラス GL550 4マチック AMGエクスクルーシブパッケージ 4WD
有限会社 アリーナ
トヨタ
ヴェルファイアZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ
売約済み
トヨタ ヴェルファイア ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ

トヨタのヴェルファイア(Id:4397525)の中古車詳細 >

30km
東京都
H.30年(2018)
修復歴 : 無し
平成30年 ヴェルファイア 3.5ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド+パノラミックビューモニター COLOR:ブラック フル装備 ・オプション ・T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド ・リアエンターテイメント ・黒革シート ・3眼LEDヘッドランプ ・シーケンシャルターンランプ ・ツインムーンルーフ ・デジタルインナーミラー ・モデリスタエアロ ・パノラミックビューモニター ・ITSコネクト 左右自動スライドドア パワーバックドア セーフティーサポートカーS ステアリングヒーター ベンチレーションシート 18インチアルミ ETC トヨタ新車5年保証 記録簿 保証書等 MODELLISTA for AERO BODY エクステリア フロントビューを中心に進化を遂げたエクステリア。ヘッドランプの大型化に加え、エアロボディはダンベル形状をテーマとしたデザインでよりダイナミックに。スタンダードボディは、ひとつの金属の塊のように見えるグリルでクールかつモダンなテイストを加えました。 ダンベル形状をテーマとしたフロントビューで、ワイド&ローなスタンスを表現。さらに、バンパーコーナーからボディ後方へ抜ける大型サイドポンツーンで、ボディの下まわりにダイナミックさを与えました。また、最上級グレードのExecutive Lounge Zはサイドマッドガードにメッキ加飾を施し、低重心感を強調しています。 インテリア 全グレードで木目調加飾を一新するとともに、シート表皮の質感などを向上させ、さらに高級感に満ちた空間に。ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動。フロントエリア最後端で一旦停止します。そして再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になります。 スイッチ操作でシートポジションを自在に調整 乗車する方の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へスイッチ操作で簡単に調整可能。運転席は前後スライド・リクライニング・シート上下・座面前端上下の調整(チルトアジャスター)を、助手席は前後スライド・リクライニングの調整をそれぞれ電動で無段階に行えます。運転席のシート、ドアミラーポジションを3パターン登録して再現できるマイコンプリセットドライビングポジションシステム付です。 助手席パワーオットマン エグゼクティブパワーシート[7人乗り・セカンドシート] エグゼクティブパワーシート[7人乗り・セカンドシート]は、最大500mmの前後シートスライド(手動)が可能。さらには電動でオットマンの展開・収納とリクライニング操作が行えます。アームレストには、美しい木目調加飾とメッキ加飾を施したフタ付カップホルダーを設定。またシート間には、木目調加飾の折りたたみ式サイドテーブルを設定しています。 明るく開放的なドライブを。 ツインムーンルーフ(フロントチルト&リヤ電動スライド+挟み込み防止機能付) パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューを採用しています。 シースルービュー ボディやシートなどを透かして見たような透過表示により、車内から見た新しい視点の映像を表示。大きい画像で、目視できないエリアの周辺確認をサポートします。また、画面スイッチをタッチすることで、見たい箇所で静止可能。車両の周りを一周表示する従来のムービングビューと画面スイッチで切替えできます。 T-Connect SDナビゲーションシステム SDカードによる情報更新が可能なSDナビゲーションシステムを採用。高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載しました。フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などが可能で、タブレット端末のような軽快な使い心地と洗練されたデザインを実現しています。また、Blu-ray Disc対応プレーヤー、地上デジタルTVチューナーなども搭載。最先端の情報通信サービスT-Connectにも対応しています。 ETC2.0ユニット(VICS機能付) 高速道路上に設置されたITSスポットと双方向通信を行うETC2.0ユニット(VICS機能付)は、ナビゲーションとも連動して、ETC機能に加え、安全運転をサポートする交通情報を画像や音声などで提供。たとえば、見通しの悪いカーブの先に停止している車両や渋滞の情報をカーブの手前で知らせたり、道路上の落下物情報を事前に知らせるなど、より早い段階で危険を察知することが可能となります。また、前方の渋滞情報や、雪や霧などの天候状況も静止画像や音声でお知らせし、快適なドライブをサポートします。 ヴェルファイアは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」 です。 セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 優れた燃費性能と、力強いパフォーマンス。走りの歓びを増幅させる新型エンジンを搭載。 V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジン。筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えた、トヨタ独自の燃料噴射システム“D-4S“を採用しています。さらに、運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDuaI VVT-i(吸気側VVT-iW)や、排気冷却を強化したシリンダーヘッドといった最新技術を採用。力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や極限まで高めた熱効率による優れた燃費性能を実現しました。 Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル) ギヤ比設定の範囲を広くする(ワイドレンジ化)とともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、ロックアップ領域を拡大。機械的に直結させることで、アクセル操作に即応し、ドライバーの思い通りに反応するダイレクト感あふれる走りを追求しました。さらに、すべての部品を徹底的に磨き上げることにより、大幅な伝達効率の向上を実現しました。 8速シーケンシャルシフトマチック マニュアル感覚のドライビングが楽しめる。 シフトを「M」ポジションに入れることで、マニュアル感覚のドライビングが楽しめます。シフトレバーをショートストローク化することで、小気味よい操作フィールを実現しています。 走行中でも会話のしやすい室内環境を実現 振動・騒音を抑える高剛性ボディに塗布型制振材を適切に配置し、さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させています。また、吸遮音材の最適配置と、高遮音性ガラスの採用に加え、ダッシュサイレンサーに部分接着フィルムを採用し、優れた遮音性を実現。さらに、フェンダーライナーやドアミラーステーカバーの素材や形状を変更し、静粛性を向上させています。 ITS Connect ITS Connectは、クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して取得し、マルチインフォメーションディスプレイ表示やブザー音でドライバーに知らせることで安全運転を支援します。 デジタルインナーミラー 車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。切替レバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替えることができます。視界を遮るものがない映像による後方の安全確認を可能としました。 JBLプレミアムサウンドシステム(17スピーカー) 高性能な12chアンプの採用により、広い室内空間で最適な音質を確保したJBLのサウンドシステムです。十分な低音再生のため専用サブウーハーをバックドアに設定。後席用のルーフスピーカーなど、17のスピーカーを最適にレイアウトしました。5.1chサラウンドシステムにも対応しています。また、音源のディテールを高く再現しながら、省電力・軽量化も同時に実現するGreenEdgeTMテクノロジーを採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム 後席に高精細12.1型ディスプレイ(WVGA*1)を設定。各種コンテンツを迫力ある大画面で楽しめます。また、後席独立機能により、前席と後席で別々の音声を聞くこともできます。電動開閉式のディスプレイはリモコンによる操作が可能。座席に座ったままでも開閉や角度調整を行え、走行中でも安全に操作ができます。 ヴェルファイア ZG 主要装備/エクステリア ・18インチ(切削光輝+ブラック塗装) ・エアロ専用フロントバンパー ・エアロ専用リヤバンパー ・サイドマッドガード ・2眼+LEDクリアランスランプ+LEDアクセサリーランプ ヴェルファイア ZG 主要装備 /インテリア ・メタルウッド+スパッタリング ・オプティトロンメーター ・4本スポークステアリングホイール ・シート表皮 ・大型ハイグレード(メタルウッドリヤエンドボックス付) 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、ヘッドレスト、トラクションコントロール、EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト、S-VSC、盗難防止システム、衝突安全ボディ“GOA”、アジャスタブルシートベルトアンカー、ELR付3点式シートベルト、プリテンショナー機構付シートベルト、クリアランスソナー&バックソナー、セーフティーサポートカーS、ITS Connect、デジタルインナーミラー等を装備 エンジンはV型6気筒DOHC 最高出力 222kW(301ps)/6600rpm 最大トルク 361N・m(36.8kg・m)/4600~4700rpm タンク容量/75リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.8m 平成30年 ヴェルファイア ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ
有限会社 アリーナ
トヨタ
ヴェルファイアVL 本革 サンルーフ モデリスタエアロ
売約済み
トヨタ ヴェルファイア VL 本革 サンルーフ モデリスタエアロ

トヨタのヴェルファイア(Id:4347956)の中古車詳細 >

100km
東京都
H.30年(2018)
修復歴 : 無し
平成30年 ヴェルファイア 3.5VL リアエンターテイメント モデリスタエアロ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド+パノラミックビューモニター COLOR:ホワイトパールクリスタルシャイン フル装備 ・オプション ・T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド ・リアエンターテイメント ・本革シート ・3眼LEDヘッドランプ ・シーケンシャルターンランプ ・ツインムーンルーフ ・デジタルインナーミラー ・モデリスタエアロ ・パノラミックビューモニター ・ITSコネクト 左右自動スライドドア パワーバックドア エグゼクティブパワーシート 助手席オットマン セーフティーサポートカーS ステアリングヒーター ブラインドスポットモニター インテリジェントクリアランスソナー LEDフロントフォグランプ LEDルーフカラーイルミネーション ベンチレーションシート 17インチアルミ ETC テレビキャンセラー ドライブレコーダー トヨタ新車5年保証 記録簿 保証書等 オプション詳細  T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド+パノラミックビューモニター 712,800円 モデリスタエアロ 226,800円 12.1型リアシートエンターテイメントシステム 183,600円 ツインムーンルーフ118,800円 3眼LEDヘッドランプ+シーケンシャルターンランプ+LEDクリアランスランプ 115,560円 デジタルインナーミラー 64,800円 ホワイトパール 32,400円 ITSコネクト 27,000円 ドライブレコーダー 32,400円 テレビキャンセラー 16,200円 合計約153万円 MODELLISTA for AERO BODY エクステリア フロントビューを中心に進化を遂げたエクステリア。ヘッドランプの大型化に加え、エアロボディはダンベル形状をテーマとしたデザインでよりダイナミックに。スタンダードボディは、ひとつの金属の塊のように見えるグリルでクールかつモダンなテイストを加えました。 ダンベル形状をテーマとしたフロントビューで、ワイド&ローなスタンスを表現。さらに、バンパーコーナーからボディ後方へ抜ける大型サイドポンツーンで、ボディの下まわりにダイナミックさを与えました。また、最上級グレードのExecutive Lounge Zはサイドマッドガードにメッキ加飾を施し、低重心感を強調しています。 インテリア 全グレードで木目調加飾を一新するとともに、シート表皮の質感などを向上させ、さらに高級感に満ちた空間に。ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動。フロントエリア最後端で一旦停止します。そして再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になります。 スイッチ操作でシートポジションを自在に調整。 乗車する方の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へスイッチ操作で簡単に調整可能。運転席は前後スライド・リクライニング・シート上下・座面前端上下の調整(チルトアジャスター)を、助手席は前後スライド・リクライニングの調整をそれぞれ電動で無段階に行えます。運転席のシート、ドアミラーポジションを3パターン登録して再現できるマイコンプリセットドライビングポジションシステム付です。 パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューを採用しています。 シースルービュー ボディやシートなどを透かして見たような透過表示により、車内から見た新しい視点の映像を表示。大きい画像で、目視できないエリアの周辺確認をサポートします。また、画面スイッチをタッチすることで、見たい箇所で静止可能。車両の周りを一周表示する従来のムービングビューと画面スイッチで切替えできます。 T-Connect SDナビゲーションシステム SDカードによる情報更新が可能なSDナビゲーションシステムを採用。高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載しました。フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などが可能で、タブレット端末のような軽快な使い心地と洗練されたデザインを実現しています。また、Blu-ray Disc対応プレーヤー、地上デジタルTVチューナーなども搭載。最先端の情報通信サービスT-Connectにも対応しています。 ヴェルファイアは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」 です。 セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジン。筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えた、トヨタ独自の燃料噴射システム“D-4S“を採用しています。さらに、運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDuaI VVT-i(吸気側VVT-iW)や、排気冷却を強化したシリンダーヘッドといった最新技術を採用。力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や極限まで高めた熱効率による優れた燃費性能を実現しました。 Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル) ギヤ比設定の範囲を広くする(ワイドレンジ化)とともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、ロックアップ領域を拡大。機械的に直結させることで、アクセル操作に即応し、ドライバーの思い通りに反応するダイレクト感あふれる走りを追求しました。さらに、すべての部品を徹底的に磨き上げることにより、大幅な伝達効率の向上を実現しました。 8速シーケンシャルシフトマチック マニュアル感覚のドライビングが楽しめる。 シフトを「M」ポジションに入れることで、マニュアル感覚のドライビングが楽しめます。シフトレバーをショートストローク化することで、小気味よい操作フィールを実現しています。 走行中でも会話のしやすい室内環境を実現 振動・騒音を抑える高剛性ボディに塗布型制振材を適切に配置し、さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させています。また、吸遮音材の最適配置と、高遮音性ガラスの採用に加え、ダッシュサイレンサーに部分接着フィルムを採用し、優れた遮音性を実現。さらに、フェンダーライナーやドアミラーステーカバーの素材や形状を変更し、静粛性を向上させています。 ITS Connect ITS Connectは、クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して取得し、マルチインフォメーションディスプレイ表示やブザー音でドライバーに知らせることで安全運転を支援します。 デジタルインナーミラー 車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。切替レバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替えることができます。視界を遮るものがない映像による後方の安全確認を可能としました。 JBLプレミアムサウンドシステム(17スピーカー) 高性能な12chアンプの採用により、広い室内空間で最適な音質を確保したJBLのサウンドシステムです。十分な低音再生のため専用サブウーハーをバックドアに設定。後席用のルーフスピーカーなど、17のスピーカーを最適にレイアウトしました。5.1chサラウンドシステムにも対応しています。また、音源のディテールを高く再現しながら、省電力・軽量化も同時に実現するGreenEdgeTMテクノロジーを採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム 後席に高精細12.1型ディスプレイ(WVGA*1)を設定。各種コンテンツを迫力ある大画面で楽しめます。また、後席独立機能により、前席と後席で別々の音声を聞くこともできます。電動開閉式のディスプレイはリモコンによる操作が可能。座席に座ったままでも開閉や角度調整を行え、走行中でも安全に操作ができます。 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、ヘッドレスト、トラクションコントロール、EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト、S-VSC、盗難防止システム、衝突安全ボディ“GOA”、アジャスタブルシートベルトアンカー、ELR付3点式シートベルト、プリテンショナー機構付シートベルト、クリアランスソナー&バックソナー、セーフティーサポートカーS、ITS Connect、デジタルインナーミラー等を装備 エンジンはV型6気筒DOHC 最高出力 222kW(301ps)/6600rpm 最大トルク 361N・m(36.8kg・m)/4600~4700rpm タンク容量/75リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.8m 平成30年 ヴェルファイア VL リアエンターテイメント モデリスタエアロ COLOR:ホワイトパールクリスタルシャイン
有限会社 アリーナ
トヨタ
ヴェルファイアZG 黒革 サンルーフ モデリスタエアロ
売約済み
トヨタ ヴェルファイア ZG 黒革 サンルーフ モデリスタエアロ

トヨタのヴェルファイア(Id:4313326)の中古車詳細 >

30km
東京都
H.30年(2018)
修復歴 : 無し
平成30年 ヴェルファイア 3.5ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド+パノラミックビューモニター COLOR:ブラック フル装備 ・オプション ・T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンド ・リアエンターテイメント ・黒革シート ・3眼LEDヘッドランプ ・シーケンシャルターンランプ ・ツインムーンルーフ ・デジタルインナーミラー ・モデリスタエアロ ・パノラミックビューモニター ・ITSコネクト 左右自動スライドドア パワーバックドア セーフティーサポートカーS ステアリングヒーター ベンチレーションシート 18インチアルミ ETC トヨタ新車5年保証 記録簿 保証書等 MODELLISTA for AERO BODY エクステリア フロントビューを中心に進化を遂げたエクステリア。ヘッドランプの大型化に加え、エアロボディはダンベル形状をテーマとしたデザインでよりダイナミックに。スタンダードボディは、ひとつの金属の塊のように見えるグリルでクールかつモダンなテイストを加えました。 ダンベル形状をテーマとしたフロントビューで、ワイド&ローなスタンスを表現。さらに、バンパーコーナーからボディ後方へ抜ける大型サイドポンツーンで、ボディの下まわりにダイナミックさを与えました。また、最上級グレードのExecutive Lounge Zはサイドマッドガードにメッキ加飾を施し、低重心感を強調しています。 インテリア 全グレードで木目調加飾を一新するとともに、シート表皮の質感などを向上させ、さらに高級感に満ちた空間に。ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動。フロントエリア最後端で一旦停止します。そして再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になります。 パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) 車両を上から見たような映像をナビ画面に表示するパノラミックビューモニター。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューを採用しています。 シースルービュー ボディやシートなどを透かして見たような透過表示により、車内から見た新しい視点の映像を表示。大きい画像で、目視できないエリアの周辺確認をサポートします。また、画面スイッチをタッチすることで、見たい箇所で静止可能。車両の周りを一周表示する従来のムービングビューと画面スイッチで切替えできます。 明るく開放的なドライブを。 ツインムーンルーフ(フロントチルト&リヤ電動スライド+挟み込み防止機能付) T-Connect SDナビゲーションシステム SDカードによる情報更新が可能なSDナビゲーションシステムを採用。高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載しました。フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示などが可能で、タブレット端末のような軽快な使い心地と洗練されたデザインを実現しています。また、Blu-ray Disc対応プレーヤー、地上デジタルTVチューナーなども搭載。最先端の情報通信サービスT-Connectにも対応しています。 ヴェルファイアは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」 です。 セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 優れた燃費性能と、力強いパフォーマンス。走りの歓びを増幅させる新型エンジンを搭載。 V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジン。筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えた、トヨタ独自の燃料噴射システム“D-4S“を採用しています。さらに、運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDuaI VVT-i(吸気側VVT-iW)や、排気冷却を強化したシリンダーヘッドといった最新技術を採用。力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や極限まで高めた熱効率による優れた燃費性能を実現しました。 Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル) ギヤ比設定の範囲を広くする(ワイドレンジ化)とともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、ロックアップ領域を拡大。機械的に直結させることで、アクセル操作に即応し、ドライバーの思い通りに反応するダイレクト感あふれる走りを追求しました。さらに、すべての部品を徹底的に磨き上げることにより、大幅な伝達効率の向上を実現しました。 8速シーケンシャルシフトマチック マニュアル感覚のドライビングが楽しめる。 シフトを「M」ポジションに入れることで、マニュアル感覚のドライビングが楽しめます。シフトレバーをショートストローク化することで、小気味よい操作フィールを実現しています。 走行中でも会話のしやすい室内環境を実現 振動・騒音を抑える高剛性ボディに塗布型制振材を適切に配置し、さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させています。また、吸遮音材の最適配置と、高遮音性ガラスの採用に加え、ダッシュサイレンサーに部分接着フィルムを採用し、優れた遮音性を実現。さらに、フェンダーライナーやドアミラーステーカバーの素材や形状を変更し、静粛性を向上させています。 ITS Connect ITS Connectは、クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外のクルマや人の存在、信号情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して取得し、マルチインフォメーションディスプレイ表示やブザー音でドライバーに知らせることで安全運転を支援します。 デジタルインナーミラー 車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。切替レバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替えることができます。視界を遮るものがない映像による後方の安全確認を可能としました。 JBLプレミアムサウンドシステム(17スピーカー) 高性能な12chアンプの採用により、広い室内空間で最適な音質を確保したJBLのサウンドシステムです。十分な低音再生のため専用サブウーハーをバックドアに設定。後席用のルーフスピーカーなど、17のスピーカーを最適にレイアウトしました。5.1chサラウンドシステムにも対応しています。また、音源のディテールを高く再現しながら、省電力・軽量化も同時に実現するGreenEdgeTMテクノロジーを採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。 12.1型リヤシートエンターテインメントシステム 後席に高精細12.1型ディスプレイ(WVGA*1)を設定。各種コンテンツを迫力ある大画面で楽しめます。また、後席独立機能により、前席と後席で別々の音声を聞くこともできます。電動開閉式のディスプレイはリモコンによる操作が可能。座席に座ったままでも開閉や角度調整を行え、走行中でも安全に操作ができます。 安全装備として運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、ヘッドレスト、トラクションコントロール、EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト、S-VSC、盗難防止システム、衝突安全ボディ“GOA”、アジャスタブルシートベルトアンカー、ELR付3点式シートベルト、プリテンショナー機構付シートベルト、クリアランスソナー&バックソナー、セーフティーサポートカーS、ITS Connect、デジタルインナーミラー等を装備 エンジンはV型6気筒DOHC 最高出力 222kW(301ps)/6600rpm 最大トルク 361N・m(36.8kg・m)/4600~4700rpm タンク容量/75リットル 燃料消費率 -.-km/リットル 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 最小回転半径 5.8m 平成30年 ヴェルファイア ZG リアエンターテイメント モデリスタエアロ
有限会社 アリーナ
menu