-並び替え-

-現在の検索条件-

5
見つかったよ

指定条件の中古車(1ページ目)

BMW
ミニミニコンバーチブル クーパー ワンオーナー カロッツェリアナビ
239.8万円
情報更新
BMW ミニ ミニコンバーチブル クーパー ワンオーナー カロッツェリアナビ

BMWのミニ(Id:4082713)の中古車詳細 >

4680km
埼玉県
H.24年(2012)
修復歴 : 無し
オープンカーを所有したことがあるという人は、日本では意外に少ないでしょう。しかし世界的に見てみると、予想以上にオープンカーの比率は高く、各メーカーでも思ったよりもオープンカーがラインナップされています。特にヨーロッパでは、当たり前のようにオープンカーも併売されていて、オープンモータリゼーションが生活の一部のように日常に溶け込んでいます。オープンカーに否定的な意見をおっしゃるお方なら「日本は高温多湿でオープンカーに向かない」と反論するかもしれませんが、よくよく考えてみると、イギリスもドイツも厚い雲に覆われて晴天率は低い地域。それでもオープンカーを愛して止まないのは、開放的な頭上へのあこがれが特に強い国民性なのでしょうね。そんな国からやってきた、ミニコンバーチブルが、ロッソカーズのラインナップに仲間入りしました。 「オープンカーのある生活」というと、何台も車を持っているセレブのような印象を受けますが、ミニのコンバーチブルなら、全てを1台でまかなえる程のフレキシブルさを持ち合わせているのが大きな特徴。幌を閉めれば普通のミニと同じ快適さ・いざと言う時にはちゃんと大人が乗れる広さの後席・どこに乗って行っても恥ずかしくないオシャレさ・燃費も税金も有利なエンジン。すべてが高次元にまとまっていて、3ドアのミニと同じくフレンドリーに向き合える1台と言えます。 こちらの車両のトピックスとしては、4700キロほどのローマイレッジ。ミニが好きな方は、たいてい車が好きな方。車が好きな方は長距離ドライブも楽しまれるので、だいたい走行距離は多めになるもの。今までの車歴の大半をガレージで過ごしたであろう事は想像に難くありませんね。ワンオーナーで、記録簿もしっかりと残っています。また、アイス・ブルー・ソリッドのボディカラーも実に魅力的。本当にソーダ味のアイスキャンディーのような色合いで、ミニならではの、ほんわかした癒し系ルックスにピッタリなカラー。現在の人気からは想像がつきませんが、意外に新車当時の販売台数も少なく、お探しの方は必見と言えるでしょう。 基本的にはフルオリジナルをキープしていますが、ボーイズレーサーのようにグッと精悍に見せてくれる、ミニ純正オプションのエンジンフード・ストライプが貼られているのは嬉しいですね。また、ヘッドライトはハロゲンではなくてミニ純正オプションのバイキセノン・ヘッドライトですから、明るさも十分。室内はカロッツェリア製のナビゲーションを装着しています。ミニのダッシュボードのデザインの良さをスポイルしない程良いサイズのモニターで、ワンセグの地上デジタル放送をお楽しみいただけます。 ミニではワン・クーパー・クーパーSと、順を追ってハイスペックなエンジンとなりますが、こちらの車両はクーパーですから、ちょうど中間のエンジンパワーとなります。ターボが装着されて胸のすくような加速が魅力のクーパーSと比較しては分が悪いですが、日常で不満ない走りを楽しめて、燃費も良いからお財布にも優しい。やっぱり毎日付き合うには、このグッドバランスな丁度良さも魅力のひとつと言えるでしょう。ちなみにATは6速。このクラスでは贅沢な多段ギアは、もちろん燃費対策でもありますが、各ギアの幅も小さいので、加速の良さも自慢のひとつ。その気になればマニュアルモードのステップトロニックを搭載していますから、シフトノブを+-操って、人知れずワインディングでドライビングを愉しむのも悪くありませんね。 修復歴は無く、記録簿も完備した車両。第三者から見れば「あの人は車好きだな」と思われそうな趣味性の高い車両ですが、普段から普通に乗っても違和感が無く、この1台ですべてをカバーできるミニのコンバーチブル。こんな車がガレージにある生活は魅力的ですね。憧れの輸入車のオープンカーがある生活の第一歩を、ミニコンバーチブルで初めてみてはいかがでしょうか。 平成24年07月 000014キロ MINI納車前点検(MINIサービス工場) 平成25年07月 001340キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成26年06月 002402キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場) 平成27年05月 003118キロ 法定2年定期点検(1回目車検・MINIサービス工場) 平成28年03月 003674キロ 臨時整備履歴(DMEプログラミング・MINIサービス工場) 平成28年05月 003813キロ 法定1年定期点検(MINIサービス工場)
ロッソカーズ
プジョー
106ラリー1.3 AC・PS付き
86.4万円
プジョー 106 ラリー1.3 AC・PS付き

プジョーの106(Id:4081105)の中古車詳細 >

208172km
東京都
H.6年(1994)
修復歴 : 有り
PEUGEOT106RALLYE1.3 94年式 平成30年9月17日 ホワイト 走行距離208,172km 新車並行車 装備(5速 AC PS ETC ABCペダル Defi3連メーター(油圧、油温、水温)ミシュランスティールホイール(6J×14インチ) センターパイプ デビルマフラー ビルシュタインショック フロント:H&Rリアスプリング リア:CLOS強化トーションバー ロッソコルサオリジナル強化コンデンサー センター吹き出し口) ※当社整備・販売車両!. ※希少!エアコン・パワステ付きテンサンラリー! ※タイヤ交換サービス! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付(3ヶ月、又は3000km) ※修復歴車(左フロントに軽微な修復歴有り) ※メーターASSY交換歴あり(99,049km時に91,349kmのものと交換)*当社にて ※クラッチ交換済み(平成28年10月15日、194,323km時)! ※オルタネーター交換済み(平成27年10月4日、174,193km時)! 「車輌データ」 全長(mm):3,565全幅:1,605全高:1,360 ホイールベース:2,385トレッド前/後(mm):1,450/1,430 車両重量(kg):840 車両総重量:1,115 最低地上高:--- 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):1,920,000円(税抜き) 「エンジンデータ」 種類:直列4気筒SOHC 8V 総排気量(cc):1,294cc ボア×ストローク(mm):75.0×73.2 圧縮比:10.2:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):100/7,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):11.2/5,400 ラリー1.3専用アルミブロックエンジン、専用ファイナル、軽量フライホイール(約4kg) 燃料タンク容量(L):--- 駆動方式:FF ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:175/60-14 ホイール:ミシュラン製スティールホーイール(ホワイト)5.5J×14インチ ET16 【前回車検整備内容】 平成27年8月9日(171,907km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ミッションオイル交換(マジック5添加)、 ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド残9.0mm、リヤブレーキライング残 3.8mm、リアハブロックナット交換、 ブレ-キオイル交換、エンジン廻り点検・修理、タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、ウォーターポンプ点検、 オルタネーターベルト点検、エアクリーナー点検・清掃、プラグ交換、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換、 ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ライト廻り点検、 ワイパーブレード交換、ウォッシャータンクキャップ交換、ナンバー灯バルブ交換、RECS施行、クラッチペダル調整、他 【前々回車検整備内容】 平成26年9月7日(167,550km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ミッションオイル交換(マジック5添加)、 シフトリンクブラケット交換、フロントスタビリンクロッド交換(左右)、ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド残9.0mm、 リヤブレーキライング残 3.8mm、リアホイールシリンダー交換(左右)、ブレ-キオイル交換、サイドブレーキワイヤー点検調整、 エンジン廻り点検・修理、タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、ウォーターポンプリアカバー交換、 オルタネーターベルト点検、エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換、 ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ライト廻り点検、他 【前前々回納車整備内容】 平成24年9月10日(150,270km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジンアッパーマウント交換(左右)、右側バッファー交換、 ショック交換(ビルシュタイン)、フロントショックアッパーマウント交換(左右)、フロントロアアーム交換(左右)、フロントスタビリンクロッド交換(左右)、 フロントハブナックル・ドライブシャャフト/S16用に交換(左右・中古部品にて)、タイロッドエンド交換(左)、リアトーションバー交換(CLOS強化品)、 ミッションオイル交換、クラッチO/H(ディスク・カバー・ベアリング)、フライホイール面研磨、リアクランクシール交換、デフサイドシール交換(左右)、 シフトシャフトシール交換、シフトロッド交換(3本)、ステアリングラックブーツ交換、ステアリングエンドブーツ交換、スタビブッシュ交換(左右)、 ラジエーター交換、サーモスタット交換、ラジエーターホース交換(UP/LOW)、ドライブシャフトIN/OUT交換(左右)、ハブロックナット交換(左右)、 ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド・ローター交換、リヤブレーキライング残 4.0mm、ブレーキホース交換(ステンメッシュタイプ)、 ブレーキマスターシリンダー交換(中古部品にて)、ブレ-キオイル交換、リヤ左右ホイルシリンダー点検、サイドブレーキワイヤー点検調整、 エンジン廻り点検・修理、エンジンASSY載せ替え(中古エンジンにて43,214km走行のもの)、 タイミングベルト・テンショナ-交換、ウォーターポンプ交換、オルタネーターベルト交換、バルブクリアランス点検・調整、タペット カバーパッキン交換、 エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、エンジンオイル、エレメント交換、ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、 スロットル廻り脱着清掃、アイドルモーター点検・清掃、ライト廻り点検、エアコンコンデンサー交換(ロッソコルサオリジナル強化品)、 ワイパー前後交換(3本)、タイヤ4本交換、他 【前々前々回納車整備内容】 平成21年6月6日(110,976km時) 法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、ブレーキ廻り分解・点検・修理、 フロントブレーキパッド残9.3mm、リヤブレーキライング残 4.0mm、ブレ-キオイル交換、リヤ左右ホイルシリンダー点検、 サイドブレーキワイヤー点検調整、エンジン廻り点検・修理、エアクリーナー点検・清掃、プラグ点検・清掃、ホース廻り点検、 タイミングベルト・テンショナ-点検、ウォーターポンプ点検、オルタネーターベルト点検、エンジンオイル・エレメント交換、 ク-ラントオイル点検、パワステオイル点検、ライト廻り点検、バッテリー点検、リアウッオッシャーノズル交換、タイヤローテーション、他 【前々前々前回納車整備内容】 平成20年10月18日(109,657km時) 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジンマウント交換(左・右)、エンジンロアマウント交換、 ミッションオイル交換、フユーエルフィルター交換、フューエルタンクキャニスターラインジョイント部折れ製作・修理、フューエルメーターレベルゲージ交換、 ブレーキ廻り分解・点検・修理、フロントブレーキパッド・ローター交換、リヤブレーキシュー残 4.1mm、リアハブベアリング交換(左右)、 リアトレーリングアーム交換(左・中古部品にて)、リアブレーキバックプレート交換(左右)、リアホイールシリンダー交換(左右)、サイドブレーキワイヤー点検・調整、 リアハブロックナット交換(左)、ブレ-キオイル交換、エンジン廻り点検・修理、エアクリーナー点検・清掃、プラグ交換(入庫時交換済み)、 ホース廻り点検、タイミングベルト・テンショナ-交換、ウォーターポンプ交換、オルタネーターベルト交換、エンジンオイル、エレメント交換、 ク-ラントオイル交換、パワステオイル交換、スロットル廻り脱着・清掃、アイドルモーター脱着・清掃、各部ホースバンド交換、 エキゾーストマニホールドヒートシールド取り付け、(中古部品にて)、オルタネーター交換、オイルレベルゲージ交換、 フューエルホース交換(エンジンルーム内)、マフラージョイントガスケット交換、マフラークランプ交換(センター・リア)、 ADファン取り付け・配線、ステー製作、ライト廻り点検、バッテリー交換、ワイパー前後交換(3本)、油量/油温計修理、 スピードメーターケーブル交換、スピードメーター交換(中古部品にて)、タコメーター交換(中古部品にて)、タイヤ4本交換、4輪アライメント調整一式、、他 【整備内容】 エンジン点検調整、タイミングベルト・テンショナ-ベアリング点検又は交換、各ベルト・テンショナー点検又は交換、ブレ-キ点検調整、 E/Gマウント点検又は交換、足回り点検又は交換、ブッシュ、ブーツ類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、油脂類交換(エンジン、ブレ-キ、パワーステアリング、ミッション、冷却水)、タイヤ交換、他 【お店から一言】 当社にとって間違いなく特別な存在であるテンサンラリー。当社から巣立っていった多くのテンサンラリーがそうであるように、このテンサンラリーも歴代のお客様に愛され大切に乗り継がれてきた個体です。 テンサンラリーも販売されてから20年以上が経過していますがここ数年私が懸念していることがあります。 それはテンサンラリーを理解していない、あるいは知らない人の手によって不適切な整備をされてしまっている個体が増えていることです。 日本には並行輸入という形で入ってきましたが私の勝手な想像ですが300台は入っていないと思っています。 そうなるといくら車のプロでもテンサンラリーのことを良く知らないとしても無理のないことかも知れません。 仕方のないことかも知れませんが新車時から今まですっと扱ってきた私にとってはどうしても見過ごせない心配事なのです。 せっかくテンサンラリーを手に入れたのに本来の姿からはかけ離れてしまった状態ではオーナーさんも車もお互いに不幸だと思うからです。 偉そうなことをいっていますが自分の言ったことを実現するには本当に大変な思い出取り組んでいます。部品調達はもちろん入手が困難な部品をどうするのか?ということをいつも考えています。 やっぱり理想に近いテンサンラリーに乗って頂きたいから。 現車は希少なエアコン・パワステ付きの個体です。エアコンは旧いタイプのコンデンサーをラジエーター屋さんにワンオフ製作してもらったオリジナル部品を装着しています。 ですのでちゃんと効いてくれるのが密かな自慢です。ただし現在コンプレッサーから異音が出ているので納車整備でO/H予定です。 これからの日本の夏でも毎日テンサンラリーの乗っていただけるように修理させていただきます。 パワステもちょっと不調です。予想ではパワステポンプの不良だと思われますがこちらも納車整備でポンプ交換します。 テンサンラリーでは唯一の快適装備ですからきちんと機能しないとダメですよね。 当社のお客様5名の方に乗り継がれてきた生粋のロッソコルサ育ち!その度に納車整備を実施していますから今でもテンサンラリーとしての走りをしっかりと味わって頂けるコンディションだと自負しています。 たった800kgちょっとの車重にビンビン回る痛快この上ない1.3L、100PSを叩き出す専用エンジン!一度乗ったら貴方のハートをわしづかみにしてくれること間違いなしです! 現代の車と比較して余計な装備がほとんどついていないテンサンラリー。今時の軽自動車よりもシンプル! テンサンラリーにはテンサンラリーでなければ味わうことの出来ない世界があります。 2年振りに里帰りしたテンサンラリー。又ここで整備を実施することでさらなるコンディションアップを計り、25万km、30万kmを元気に走って頂けるようにしっかりと手を入れていきます! 106ラリーの中でも唯一ホモロゲーションを取得しているテンサンラリー!「ラリーの中のラリー!」それがこのテンサンラリーなのです!
ロッソコルサ
アルファロメオ
1473.2 GTA
売約済み
アルファロメオ 147 3.2 GTA

アルファロメオの147(Id:3944880)の中古車詳細 >

67308km
東京都
H.15年(2003)
修復歴 : 無し
ALFAROMEO147GTA 03年式 平成30年1月30日 ロッソアルファ 走行距離67,308km ディーラー車 装備(6F 左ハンドル FULL CL キーレスエントリー ETC CDデッキ CDチェンジャー ABS 4エアバック HIDヘッドライト(LOWビーム) イモラナチュラルレザーシート アルミABCペダル アルミフットレスト VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール) 、ASR(アンチスリップ・レギュレーション) 、MSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール)、 FPS(火災防止装置) 、他) 「装着済み社外パーツ」 ASSO17インチ軽量アルミホイール DECK APレーシング6PODキャリパー、ビッグローターキット(340mm/2ピース):フロント DECK ビッグローターキット(2ピース):リア ステンメッシュブレーキホース 等長フロントパイプ チタンリアサイレンサー(センター~エンド) DECK 車高調整式サスペンション スプリング:ハイパコ LSD リアタワーバー フレックス強化アルミラジエーター:放熱塗装・RED リア強化ピロパラレルリンク フロントカーボンリップスポイラー ※2オーナー車! ※イモラナチュラルレザー! ※前回入庫時、ヘッドO/H済み!ウォポンを含むベルト廻り全交換済み! エンジンオイル、エレメント、クーラントオイル交換済み! ※前回入庫時、レベリングインジェクターに交換済み! ※前回入庫時、前後エンブレム新品交換済み! ※前回販売時、タイヤ4本交換(DUNLOP DIREZZA ZⅡ★) ※前回販売時、フロントローター&パッド(DS2500)交換!FキャリパーO/H! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※保証付き(3ヶ月、3,000km) 【車輌データ】 全長(mm):4,200 全幅:1,765 全高:1,430 ホイールベース:2,545 トレッド前/後(mm):1,520/1,505 最低地上高:--- 車両重量(kg):1,390 車両総重量:1,665 乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):4,441,500円 【エンジンデータ】 種類:V型6気筒DOHC24バルブ 総排気量(cc):3,179 ボア×ストローク(mm):93.0×78.0 圧縮比:10.5:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):250/6,200 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):30.6/4,800 燃料タンク容量(L):60 駆動方式:FF ミッション形式:6速マニュアル タイヤサイズ:225/45ZR17 【前回納車整備内容】 法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、フロントブレーキローター交換、フロントブレーキパッド交換(FERODO DS2500)、 フロントブレーキキャリパーO/H、フロントショックアブソーバーバンプラバー交換、マフラーハンガーブッシュ交換、前後ワイパーブレード交換、 ウォッシャーホース交換、エアコンガスチャージ、バッテリー充電、エアコンフィルター交換、ブレーキフルード交換、パワーステアリングフルード交換、 タイヤ4本交換、4輪アライメント調整、他 【整備内容】 法定12ヶ月点検一式、下回り点検・締め付け、ブレーキ廻り分解点検、ウォーターポンプを含むタイミングベルト廻り点検、 ブッシュ、ブーツ、マウント類点検又は交換、各ホース類点検又は交換、ミッション・駆動系点検、エアコン点検、バッテリー点検、 油脂類点検交換(エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキ、パワーステアリング)、他 【お店から一言】 当社販売・管理車両のアルファロメオ147GTAが入庫しました! 今回下取り車として戻ってきたこの個体は私が以前勤務していたディーラーで新車を購入されたお客様からお譲りいただいたワンオーナー車でした。 連絡をいただき引き取りの相談を受けたときに「タイミングベルトのコマ飛びでエンジンが・・・」とのこと。 結局、修理には多額の費用が掛かるために、悩んだあげく修理を断念、でも、このまま解体されてしまうのはあまりにも忍びないということで、 当社にお声をかけていただきました。そんな事情の車をいままでも引き取って修理をして復活させてきた私のところにお話がきたのも何かの縁。 幸い、エンジン以外は大きな問題もなく、エンジンさえちゃんと直せば、まだまだ十分楽しめるコンディションに復活させる自信がありましたから、 迷わずエンジンを開けることに。幸い、片側のバンクだけのダメージだったので、曲がったバルブを新品に交換してやり、ヘッドのO/Hを実施。 もちろん、ベルト廻りも全て交換!147GTAの心臓は再び鼓動を打ち始めました! その後2ndオーナーさんへ当社から販売させていただいた2オーナー車になります。 前回納車整備時にAPracingの6PODキャリパーが装着されている340mm、2ピースタイプのフロントブレーキローターとパッドを交換! パッドはフェロードDS2500!合わせてフロントブレーキヤリパーのO/Hも実施、タイヤはDIREZZAのZⅡ★にて4本交換、油脂類全交換などの作業を実施しました。 この個体の特徴は1stオーナーさんが走りの147GTAをさらに尖らせるべく大枚をつぎ込んでインストールされたスペシャルパーツ! これ以上何をすれば良いの?と言わんばかりの充実ぶり!新しいオーナーをGTAの快楽の世界へと誘ってくれること間違いなしです! 正直に言ってノーマルの147GTAとは別物です! 今では生産が終わってしまったアルファロメオ史上最高のV6エンジンこそ147GTAを手に入れる最大の理由と言っても過言ではありません。 さらにはこの147GTAにはそのエンジンを余すことなく味わうためのスパイスがふんだんに散りばめられています! この147GTAを手に入れる資格がある者はこのエンジンを使い切る自信がある者だけ!と言ってもいいくらい! 電子スロットルとはとても思えないアクセルレスポンス!回せば回すほど底なしのパワーが湧き出てくるDOHC、3.2L、250PSの自然吸気エンジンは エンジンをかけた瞬間チタンリアサイレンサーから放たれるエキゾーストノートがドライバーを挑発してきます。 とにかく、せっかくの147GTAに乗っていただくなら、全開で走れるコンディションでないと意味がありません! その為には、エンジンだけが良くてもダメ!しっかりと納車整備にて「攻めの整備」を実施いたします。 近年エコの呪縛に牙を抜かれた車ばかりですが、147GTAは今では絶滅危惧種の「超攻撃型」の車です! ひとたびアクセルを床まで踏み込めば、あっと言う間に別世界! あっ、言っておきますがくれぐれも免許がなくならないように気をつけてくださいね!大人が本気で遊べる車、それがこの147GTAです!
ロッソコルサ
フィアット
アバルト プントスーパースポーツ
売約済み
フィアット アバルト プント スーパースポーツ

フィアットのアバルト プント(Id:3885104)の中古車詳細 >

5875km
東京都
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
ABARTH Punto super sport 14年式 平成29年3月26日 グリジオカンポボーロ 5,875km ディーラー車 装備(左ハンドル 6Fマニュアル レザーステアリング FULL フロントフォグランプ リアスポイラー CDデッキ ETC Wエアバック サイドエアバック サイドインパクトバー ABS EBD(電子制動力配分装置) ESP(ASR/MSR/HBA/ASR-OFFスイッチ付き) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング 17インチ専用アルミホイール ブレンボ4PODモノブロックキャリパー(フロント) プライバシーガラス BMC製エアクリーナー RaceChip(228PS) ※特別限定車!超希少車! ※ワンオーナー車! ※納車整備付(12ヶ月点検+α) ※ディーラー保証付き(保証継承手続きサービス) 【車輌データ】 全長(mm):4,080 全幅:1,720 全高:1,470 ホイールベース:2,510 トレッド前/後(mm):1,480/1,475 最低地上高: 車両重量(kg):1,250 車両総重量:1,470 乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):--- 新車価格(円):3,090,000-(税別) 【エンジンデータ】 種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ 総排気量(cc):1,368 ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1 最高出力(ps/rpm)(DIN):180/5,750 最大トルク(kgm/rpm)(DIN):27.5/2,500 燃料タンク容量(L):45 駆動方式:FF ミッション形式:6速フロアマニュアル タイヤサイズ:215/45R17 【整備内容】 保証継承点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検 、足廻り点検、駆動系点検、油脂類点検又は交換(エンジン、ミッション、クーラント、ブレ-キ、クラッチ、冷却水)、他 【お店から一言】 ABARTHプントの最終モデルが入庫しました!しかも特別限定車の「スーパースポーツ」です!走行距離も6千km弱! ガレージ保管のワンオーナー車!前オーナーはタバコを吸われませんほとんど新車といってもいいくらいです! 残念ながら2014年を最後にABARTHプントのデリバリーは終了・・・。 確かに人気ではABARTH500には負けていましたが車の「でき」は圧倒的にABARTHプントのほうが上でした。 「これぞターボ!」と思わず叫びたくなる180PSのパワーと世界的エコの呪縛をぶった切るようなクロスした6速ミッション! この組み合わせで面白くないはずがないではないか!熱くなった頭が少し冷静さを取り戻した頃に 「そう言えばこの車、17インチだったよね?」と疑ってしまうほどのボディ剛性! アルファロメオでも18インチはおろか17インチでさえ履きこなせているとは一度も思ったことのない自分が 17インチであることを忘れてしまうのだから恐れいるしかありません。「イタリア車だって、やればできるじゃん!」 ここ数年で私に一番衝撃を与えてくれました。 標準のABARTHプントをさらにチューニングした「スーパースポーツ」。パワーは163PSから180PSに! 23.5kg/rpmから27.5kg/rpmへアップしたトルクは低速域から胸の空くような加速を手に入れました! 昔と違い、エンジンだけではなく大幅にアップしたパワーに見合う改良が各部にも施されています。 20mm低められた車高、大幅にアップしたパワーを確実に路面に伝えるべく17インチの専用アルミホイールに 215/45サイズのタイヤ、そこに「ブレンボ製」モノブロック4PODキャリパーを奢り、「走る・曲がる・止まる」を 高次元で堪能することができる!正にこれこそ真の「ABARTH」だ! もう一つ付け加えておくと、ノーマルでも180PSを叩き出すこの車に、前オーナーはさらにパワーアップを望んで 「Race Chip」という部品を取り付けて、こともあろうに228PSを叩き出すモンスターに仕立てて乗っていたのだから驚く・・・。 ちなみに部品の脱着は簡単なのでいつでもノーマルに戻すことも可能だ。 それでもこのパワーを一度味わってしまったら・・・やっぱりこのままでいい!と思うかも? 販売当時、何故かABARTH500よりもABARTHグランデプントのほうが安かったが、 両車を乗り比べて思ったのは「この価格、逆じゃやないの?」という素朴な疑問。率直に言って、車の出来が全然違う! その後、新車価格は逆転したことで、私の感覚は間違っていなかったと納得することに。 確かに、ABARTH500のほうが見た目は可愛いし「うけ」は良いかもしれないが、本当に走りを楽しめるのは 、間違いなくABARTHプントのほうだと断言したい! そして、リアシートもちゃんと使えることもABARTHプントの魅力ということも付け加えておこう。 最近の「あれ?いつからターボが効いてるの?」というような「eco」目的のへなちょこターボとは違う 「これぞターボエンジン!」という加速を味わえるのは、このABARTHプント「スーパースポーツ」こそ!頭で考えるな、感性で操るんだ! それが「ABARTH」の乗り方だから!
ロッソコルサ
ランチア
デルタHFインテグラーレ エボルツィオーネ2
売約済み
ランチア デルタ HFインテグラーレ エボルツィオーネ2

ランチアのデルタ(Id:3046719)の中古車詳細 >

21634km
東京都
H.6年(1994)
修復歴 : 無し
LANCIA DELTA HF EVOⅡ
94年式 平成27年12月27日 レッド 21,634km 新車並行車
装備(左ハンドル 5F FULL CL ABS AW レカロ製アルカンタラセミバケットシート CDデッキ ETC リアスポイラ- フロントタワ-バ- リアタワーバー ボンネットアウトレット コレッツィオーネ用シフト マルティニ5用ルーフアンテナ 他)
※ワンオーナー、低走行、ガレージ保管!
※納車整備付(12ヶ月点検+α)
※保証付き販売(3ヶ月、3,000km)
※全車検記録簿あり!
※タイヤ新品交換サービス!
※エアコン強化コンデンサーに交換サービス!
【車輌データ】
全長(mm):3,900 全幅:1,770 全高:1,365 ホイールベース:2,480
トレッド前/後(mm):1,516/1,504 最低地上高:
車両重量(kg):1,300 車両総重量:1,595
乗車定員(名):5 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):---
新車価格(円):5,650,000-(税別)
【エンジンデータ】
種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ
総排気量(cc):1,995
ボア×ストローク(mm):84.0×90.0 圧縮比:8.0:1
最高出力(ps/rpm)(DIN):215/5,750
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):32.0/2,500 燃料タンク容量(L):57
駆動方式:フルタイム4WD
ミッション形式:5速フロアマニュアル タイヤサイズ:205/45R16
【整備内容】
法定12ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン点検調整、クラッチマスタ-シリンダ-、レリ-ズシリンダ-点検又は交換、タイミングベルト類及びテンショナー類点検又は交換、ウォーターポンプ点検又は交換、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検交換、足廻り点検、駆動系点検、エアコン修理・強化、タイヤ4本新品交換、油脂類点検交換(エンジン、ミッショントランスファ-、ブレ-キ、パワステ、クラッチ、リアデフ、冷却水)、他
【お店から一言】
ワンオーナー、低走行、ガレージ保管と信じられないようなEVOⅡが入庫しました!私も現車を見るまでは「本当?コンディションは大丈夫?」などと斜めに構えていたのですが、現車を見てビックリ!目の前には想像以上のコンディションを維持しているEVOⅡがガレージにひっそりとたたずんでいました。外装なら全塗装をすれば綺麗になりますが、例えばドアガラス窓枠の塗装が剥がれはおろか退色もなし!もちろん、レッドのボディには色焼けによる色むらも無し!フロントグリルの赤枠も割れなし!サビの類いも一切ありません!というか、板金修理さえ一度もやったことがないというからビックリ!何と、ボンネットも外した形跡がありません・・・・これには恐れいりました。さらに驚くのは内装のコンディション!天井はたれていないし、ドア内張にはビニールが!助手席は当然、運転席もほとんど痛み無し!どんなにコンディションの良いEVOⅡでも、運転席は乗り降りで背中と太ももが当たる部分は擦れてしまい、最悪は穴があいていることも。こんなにオリジナルで痛んでいないシートは何年ぶりでしょうか。エンジンも走行距離に相応しい滑らかな回転は、さすが2万km!と思わず手を叩きたくなりました!私がこのEVOⅡに好感を持ったのは、前オーナーさんが新車登録時から車検を切らさずに乗り続けてこられたということ。走行距離は少ないけれど、放置されずにちゃんと動いていた証拠でもあります。あまり乗らないからと言って車検費用がもったいないと車検を切ってしまうと、エンジンをかけるくらいしかできなくなり、結局動かせなくなってしまいます。ガレージ保管は最高の保管方法ではありますが、前オーナーさんは念には念を入れて、紫外線が入ってきそうな窓には暗幕を貼って対処するなど、EVOⅡに惜しみない愛情を注がれていました。オークションや業販とは違い、直接オーナーさんから譲っていただく買取の場合、そんな前オーナーさんの人となりも垣間見ることができるので、遠方まで出向いていくだけの価値はあります。
走行距離が少なくコンディションもすばらしい個体ですが、年数的には20年近くが経過しています。また、当社で初めて整備を実施する個体ですから、ここはしっかりと「攻めの整備」ロッソコルサ仕上げにて徹底的にチェックさせていただきます!現在ガスが抜けているようでちゃんと効いていないエアコンの修理をいたしますが、一緒に当社オリジナルの強化コンデンサーに交換させていただきます!これで夏場でもちゃんと乗ることができるデルタとして家族にもOKがもらえますね!別途費用がかかりますが、さらにオリジナル強化エバポレーターを導入されれば間違いありません!今やデルタに快適性を求めてもいい時代なんです!スペック相応のコンディションにて新しいオーナーさんにお渡しいたします。年々コンディションの差は個体によって開く一方ですが、近年ではコンディションの良い個体は価格も上昇気味。本当に「一生もの」のEVOⅡをお探しなら、こういう個体をなるべく早く手に入れることをお勧めします。気がついたら手の届かない車になる前に、今こそ決断のときです!
ロッソコルサ
menu