-並び替え-

-現在の検索条件-

5137
見つかったよ

埼玉県の中古車(52ページ目)

トヨタ
C-HRハイブリッド 1.8 G
248万円
新着
トヨタ C-HR ハイブリッド 1.8 G

トヨタのC-HR(Id:4655530)の中古車詳細 >

20000km
埼玉県
H.30年(2018)
修復歴 : 無し
C-HR ハイブリッド 1.8 G ★★ナビ・ETC・バックカメラ★★
☆ご覧頂きありがとうございます☆
オートエアコン・スマートキー・TV・ナビ・革シート・バックカメラ・オートハイビーム・ETC付のC-HRです。
レイズは乗出し総額掲載店!!記載されている費用で乗出し可能ですので、安心してお求めいただけます♪
※登録場所により別途登録費用が発生する可能性が有りますので、遠方の方はお問い合わせください。

車両本体価格 2,480,000円
乗出し諸費用 140,000円
乗出し総額 2,620,000円

★☆★10月のご成約者様対象キャンペーン★☆★
●北川辺の新米10㎏プレゼント●
●全車オートローン金利3.9%●
●納車時ガソリン満タン●
●新品バッテリー&オイル交換後納車●
●消費税分2%還元●
※注意※今月のキャンペーンを見たと、必ずご成約時にお伝え下さい。
後からの申請はキャンペーンの対象となりません。 また、キャンペーンが不要であっても値引きの対象にはなりません。

■□■LINE@はじめました■□■
在庫確認、整備のご相談、査定依頼等なんでもお気軽にお問合せ下さい。
お得なキャンペーン情報も配信中ですので是非お友だち登録お願いします!
※友だち追加方法※
LINEメニュー「その他」→「友だち追加」→「検索」で「@ooh5998w」ID検索お願いします。

レイズのホームぺージ【http://t-reiz.com/】
スマートフォン用ページ【http://reizcom.ucarsmp.jp/】
インスタグラム【https://www.instagram.com/reiz.2000/】

★この車への「お問合せ」「無料見積り依頼」「在庫確認」は、お気軽にどうぞ!
★当店の在庫情報、お店へのアクセスは【店舗詳細ページ】をご覧ください。
スタッフ一同、お客様からのお問い合わせをお待ちしております。
株式会社レイズ【Reiz】
BMW
1シリーズ116iA ファッショニスタ ドライビングアシスト ベージュレザー 純正ナビ&バックカメラ
189.2万円
新着
BMW 1シリーズ 116iA ファッショニスタ ドライビングアシスト ベージュレザー 純正ナビ&バックカメラ

BMWの1シリーズ(Id:4655526)の中古車詳細 >

13100km
埼玉県
H.26年(2014)
修復歴 : 無し
残念ながら新しい1シリーズは前輪駆動となりましたが、BMWは元々はFR信者というのはみなさんご存じの事と思います。操舵と駆動が別々だからこそ成し得た自然なフィーリングは、1シリーズというボディの小ささを感じさせずに、ひとつ上のセグメントの車を運転してる錯覚に陥ってしまいそうに上質な走りが魅力と言えます。しかし第一印象なんてアテにならないとは、まさにこの事で、初めて見た瞬間に違和感を感じたデビュー当時の変顔のF20系1シリーズ。しかし時間が経過して見慣れたせいでしょうか、それともBMWの末っ子ながらダイナミックな走りは兄貴分に引けをとらないという実力を備えてるからでしょうか、「なかなか良い面構えじゃないか」と思えてきます。もっともフェイスリフトでだいぶ「普通の顔」になったところを見ると、BMW側も少々やりすぎた感を否めないのかもしれませんが。今回ロッソカーズのラインナップに加わった1シリーズは、F20系でもファニーフェイスの前期モデル。116iとはいえ次世代ターボエンジンを搭載している文武両道・・・じゃなかった、走りと省燃費の両方を兼ね備えたベストバイな1台です。 こちらの車両は、1シリーズの数少ない弱点と言える「上質さ」を補った車両。とは言えコンパクトカーになればなるほど、生産コストがシビアになりますから、他メーカーの同セグメントの中では1シリーズは十分に上質ではあるとは思いますが、装備の面では兄貴分のBMWには負けてしまうのは当然と言えば当然。しかしご安心を。こちらの車両は、厳選した充実装備が魅力の限定車の「ファッショニスタ」になります。ファッショニスタは1シリーズをベースに、魅力的な装備を満載した車両。何度か登場しているお馴染みの限定車となりますが、こちらの車両では、ベース車両にドライビングアシスタントや、BMWコネクテッド&SOSコールが装備された年代となります。ファッショニスタのエクステリアは、専用の17インチサイズのYスポークスタイリング380アルミホイール。BMWの象徴と言えるキドニーグリルは、縦のバーがホワイトとなります。そして何と言ってもインテリアの上質さが見事。通常のベージュよりも明るい色味で華やかなインテリアにしてくれる、オイスターカラーのインテリア。シートは上質な触り心地のダコタレザーで、寒い日でも暖かく身体を包み込んでくれる、シートヒーターを装備しています。組み合わされるインテリアトリムは、ダークな色調のファインライン・ストリームウッドトリム。天然木材を加工したトリムパネルで、美しい木目と、鏡面仕上げが特徴的ですね。近年のBMWと同様の操作方法の電子シフトノブの前方には、ファッショニスタ専用のエンブレムが装着されます。 実は日本仕様は、ドイツ本国ではフルオプションと言える程に装備が充実しているのもうれしいポイント。毎日使うコンパクトカーですから、この点は見逃せませんよね。純正ナビゲーションは情報量が豊富でグラフィックも美しいHDD方式。CD音源をどんどん録音できるミュージックサーバーはもちろん、スマートフォンなどの音楽を気軽にお聴き頂けるBluetoothや、USB/AUXなどを備えていますから、音楽に関しては不満が出る事はないでしょう。シフトノブをリバースに入れると映る純正のバックカメラは、ステアリングガイドなども出て、障害物センサーのPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)がリアバンパーに内蔵されていますから、苦手な車庫入れも容易に行えますね。すべての操作はセンターコンソールに鎮座したiーDRIVEコントローラーで操作。上級車種に負けない装備が魅力ですね。 エンジンは直列4気筒の1600CCエンジン。こちらは当時のBMWの日本仕様の中では最も小さいエンジンとなります。ここまでしか聞かないと、少々悲観的になりそうなイメージですが、そこはエンジン屋と言われるBMWのエンジンですから、もちろん普通ではありません。先に記載したとおりに過給機を備えて、消費燃料は少なく、しかしパワーだって妥協しないという、近年のBMWのスローガンのエフィシェント・ダイナミクスをそっくりそのまま具現化したようなエンジン。ツインスクロールターボの恩恵で136馬力のパワー、22.4キロのトルクとなります。パワーは数値上では控えめな印象を受けるかもしれませんが、「加速の時に力強さを感じさせるのに重要なのはトルクで、なんとタコメーターが1350rpmの時にはすでにピークトルクを発生してくれるので、いわゆる「かったるさ」は皆無。このクラスには贅沢な8速のオートマチックとの相性もバッチリで、剛性タップリのボディをグイグイ走らせてくれます。それも消費燃料を最小限に。 こちらの車両にはドライビングアシスタントが装備されます。フロントガラスに装着された、前方をモニタリングするカメラにより、前車接近警告や、必要に応じて自動ブレーキ介入で衝突被害を最小限に軽減。また、一定以上のスピードでは道路の白線をモニタリングして、車線に近づき過ぎた時にステアリングでドライバーに警告を促すレーンデパーチャーウォーニングを装備。また、BMWが提供するテレマティックサービスの、BMWコネクテッドを搭載しています。万が一のトラブルや、体調不良などで運転が困難な時などは、ルーフに装着されたSOSコールのボタンを押せば、オペレーターと会話が可能。もはや車は、ただ移動するだけの物ではなく、万が一の時には止まってくれたり、助けを呼んでくれたり、頼りになる執事に近いかもしれませんね。 こちらの車両は修復歴は無く、取扱説明書やサービスブックを含むすべての備品が揃った車両で、注目すべきはその走行距離でしょう。約13000キロというローマイレッジは、まだまだナラシ運転すら終わっていないと言っても過言ではありません。ボディカラーは近年のBMWの定番カラーとなる、アルピンホワイト3。毎日の生活が華やかになる、BMWのある生活を始めるにはピッタリの1台ですし、古くからBMWを愛好しているファンの方も、少々失礼な話ですが御歳を召して大きい車が必要ないなんて方も多い昨今、どなたの生活にも溶け込んでくれる、ベストバイな1台と言えるでしょう。
ロッソカーズ
menu